転職をするべきか辞めるべきか迷ったときの見極め方とは?

転職すべきか悩んでいる人

最近仕事が楽しくないから転職したい…、何か別の仕事をしたいけど特にやりたいことがない…。

今の職場はとりあえず辞めたいけど何がしたいか分からないとき、転職するかどうか迷ってしまいますよね。

何かのきったけで転職したいと思っても今転職するべきなのか、もう少し考えた方がいいのか迷っている人かたも多いと思います。

そんな方のために転職したいと思ったときの見極め方についてまとめました。しっかり見極めてから決断することで後悔することは少なくなりますよ。

転職した方がいい場合とは?

働いていれば「仕事辞めたいな」と思うことも大なり小なりあると思います。

その中でも転職をした方がいい場合について見ていきましょう。

人間関係が悪すぎる

転職を決める理由として人間関係はトップになる理由です。

どうしても人間なので、会社の人とみんな仲良くというわけにはいきませんが、明らかに人間関係が悪すぎる場合転職をした方がよいでしょう。

例えば、

  • いじめがある
  • ハラスメントが普通に行われているにある会社
  • 仕事を教えてもらえない(聞いても教えてくれない。教える気がない)

上記のような環境が悪いまま働いていれば、仕事が厳しくても会社に行きたくなくなってしまいます。

 

ストレスが溜まってしまいますので、人間関係があまりに悪すぎる場合は転職を検討してもいいでしょう。

労働条件が悪すぎる

入社すると求人票にあった労働条件とかなり違っていたというケースもあります。

例えば、

  • サービス残業が多すぎる
  • 残業時間が過労死ラインを超えている
  • 休日出勤が多く、給料もでない
  • 有給休暇をとらせてもらえない

労働時間が法に触れているなど労働環境が悪すぎる場合は、体を壊す前に転職を検討しましょう。

転職するべき人の特徴とは

転職してやりたいことが明確である

転職した後にどうなりたいかが明確であり、自分のビジョンが見えている人は転職に踏み切ってもいいでしょう。

現在の会社では、実現できない仕事内容に興味があり、転職してやりたいことが実現できることは素晴らしいことです。

自分の目標に向けて努力できるというのは大切ですし、自分の成長に繋がりますよね。

ポジティブな転職理由である

今の仕事には不満は感じていないけど、自分のキャリアやスキルアップを考えて転職を考えている人も転職して問題ないです。

ポジティブな動機は面接時も面接官に伝わります。自分のキャリアを見据えての転職なら、もし転職先で多少の不満があっても後悔しないはずです。

このまま働くと心身を壊す可能性がある

今の企業で働き続けたら、精神的にも体力的にも参ってしまう場合は転職することをおすすめします。

働いていたら多少の不満はあるでしょう。しかし、過度な残業・パワハラにより自分の体を壊し、働けなくなってしまっては元も子もありません。

ずっとストレスが溜まっている企業で働き続けて、体を壊し働けなくなってしまうより転職したほうがずっといいです。

転職したいと思ったときに注意したいこと

なぜ転職したいのか考えよう

転職する際になぜ転職したいのかを明確に考える必要があります。

転職したいと思った理由について深く考えず、「何となく仕事に飽きたから転職したい」「自分にあってないような気がするから転職したい」と思いで転職する人は、また同じ理由で転職を繰り返す可能性があるからです。

勢いで転職しない

転職したいと思っても勢いに任せず、冷静に自分と向き合いましょう。

転職することによって自分がどういう生活を送るのかイメージして、本当に転職してよいのかどうか見極めることが大切です。

今転職したいと思っている理由は転職先で解決するのかどうかも考えましょう。

例えば合わない人がいるのはどこの会社にいっても気になる問題です。

目先のことだけで簡単に退職を考えないようにしましょう。

転職したい職種の情報を集める

転職したいと思う職種があるならば、その職種の仕事内容や大変なこと、将来性について徹底的に調べましょう。

イメージだけでなく、友達や知り合いから具体的な情報を集めることが大切です。

例えば接客が好きで事務作業は苦手だから、アパレルの仕事に就いても、勤めてみたら意外とパソコン作業や事務的なメールのやり取りが多くイメージと違った・・。というケースもあります。

憧れや待遇面ばかりみて、また苦手な職種について後悔することがないように、自分の希望する職種や企業について情報を集めましょう。

転職の時期を見極める

本当に転職したいと思ったら具体的な行動スケジュールをたてることが大切です。

転職には求人が多い時期と募集があまりない時期があります。求人が多い時期の方が当然出会うことができる企業も多いです。

一般的には新卒採用の4月、ボーナスが出た後の7月や1月に求人が集まりやすいので、転職したいと思っている方はこのあたりのタイミングを狙って転職活動をするといいでしょう。

転職したいけどやりたい仕事がない人へ

なぜ転職したいのかを考える

転職したいけど、自分が何をしたいのかが分からないという方は、「なぜ今転職したいと思っているのか」を考えましょう。

今の仕事が面白くない人は、なぜ今の仕事が面白くないのかを突き詰めて考えることで転職したい理由や自分が仕事に求めていることを知ることができます。

自分が今までに楽しいと感じたことは何かを考える

自分は何に向いているのか分からない人は「これまでに仕事で楽しいと感じた瞬間」「わくわくしたこと」を思いだしてみましょう。

まったく知らないことからやりたいことを見つけるのではなく、少しでも興味関心があるので伸ばしていける分野を探すので、心理的なハードルも少ないのではないでしょうか。

「夢を叶えるゾウ」という本をご存知でしょうか。

夢を叶えるゾウで、サラリーマンの主人公が「いつか変わりたい」「成功したい」と思いながらも「やりたいことが分からない」と悩んでいるシーンがあります。

そこでの一文で「小学生の時はカブトムシを取るときにいちいち、これはやりたいことなのかな?とは考えていなかったはず。そのわくわくした気持ちを忘れてはいけない」という趣旨の分がありました。

私はこの部分に強く共感しています。

自分が「これが本当にやりたいのかな?」と考える前に自分がわくわくする、そんな瞬間があれば思い出してみましょう。

「転職したいけどやりたい仕事が分からない人」がやりたい仕事を見つける方法

やりたい仕事が分からない人のタイプとは

やりたい仕事が分からないという人は大きく3つのタイプに分けられます。それぞれのタイプごとの対処法もご紹介していきます。

自分の仕事に面白さを感じていないが仕事はできるタイプ

自分の仕事が面白くないなと感じながらも仕事はそれなりにできてしまう

そんな方は仕事に面白さは感じづらく、もっと自分にできることがあるのではないか思うようです。

仕事を面白くないとは思っているけど、仕事は人並みにできてしまうので「向いている仕事が分からない」という状態に陥りがちです。

このタイプは自分の得意なこと、強みを見つけることが大切です。

自分がなんとなくできてしまうことではなく、自覚のある得意分野を持つことは自信にもなりますし、自分の得意なことで評価されたときはすごくやりがいを感じるのではないでしょうか。

別の場所なら自分の力が発揮できると思っているタイプ

環境を変えれば自分の力を発揮できると思っているタイプです。

発揮したい能力があるけど自信がないから、やりたい仕事が見つからないのではないでしょうか?

自信のなさを打ち消すには、まず目の前にある仕事に没頭してみましょう。

目の前の仕事に集中することで自信も湧いてくるでしょう。

慎重すぎるタイプ

失敗したくないと思いすぎて転職に踏み出せないタイプです。

慎重すぎるタイプは頭で考えても堂々巡りになってしまうので、思い切って転職活動を始めてみてはいかかでしょうか。

会社に応募したから絶対に入社しないといけないわけではありません。

まずは求人を見てみることから始めてみましょう。

ネガティブな転職理由ならばもう一度転職を考え直そう

転職するべきか迷ったとき、転職したい理由がネガティブな理由ならもう一度転職を考え直してみましょう。

環境を変えれば変わることもあれば、環境を変えても大して解決できない悩みもあります。

一番やってはいけないことは焦ることです。焦って転職して後悔することがないように、よく見極めて決断するようにしましょう。