台風で仕事を休むのがおかしい?日本人の働き方は異常?

台風で仕事を休むのがおかしい?日本人の働き方は異常?

日本には年に数回台風が直撃することがあります。

しかし台風が直撃でも、なかなか仕事が休みにならない、諸外国から見ると少し変わった国のようです。

また台風時に出社をすることには、リスクや危険が伴います。

そこで今回は台風の直撃と仕事に関してお話していこうと思います。

海外では台風直撃時に仕事を休むのは当然

日本では台風であっても、前もって電車が止まる予定が組まれているときや、国や行政から出勤停止を求められた際に休みになる会社もあります。

しかし多く会社では、通常通り出勤をしなければならない習慣があります。

諸外国では台風が直撃することがわかると、仕事や学校が休みになる場合が多いようです。

さらに出勤を命令されても、無視をする従わないなどの対応するという人もいるようです。

日本では台風の直撃を予想される場合にも、早めに家を出たり、時差出勤をするなどの対応で何とか出勤しようとする人が問題視されることもあります。

海外では台風直撃の際に仕事を休むことは当たり前とされているのに対して、日本ではまだまだ休む習慣は浸透していないようです。

台風直撃時に出勤するリスク

台風が直撃する時に出勤することは、様々なリスクを負っているのではないでしょうか。

まず電車が時刻通り運行していないことが予想されます。

そのため、会社に行けない帰れない状態になってしまう可能性があります。

近年では苦労して出勤しても、帰れないなんてことになり困ってしまう帰宅困難者がニュースで取り上げられることも多くあります。

また、強風や大雨によりケガをしてしまうこともあるかもしれません。

台風の直撃によるリスクはこれ以外にもあるでしょう。

しかし、台風が直撃することが予測されている場合に、強制的に出社をさせる会社はあまり良いとは言えないかもしれません。

会社から帰れなくなる可能性がある

近年台風の直撃によって帰宅することができなくなる、帰宅困難者についてのニュースが多く取り上げられるようになってきました。

台風直撃がわかっていながら、どうにかして出勤しなければならない、という習慣が定着している日本ならではなのかもしれません。

会社から帰れなくなってしまう可能性があるとわかっていながら、出勤しなければならないので、元から帰るつもりがないという人もいるようです。

会社の近くにホテルの手配をしたり、会社に泊まったりと自分で工夫して帰らないという選択をする人もいる日本は、すごい国だと諸外国から見られているかもしれませんね。

怪我をする恐れがある

台風直撃でケガをしてしまう可能性もあります。

強風で看板が飛んできたり、落下してくる映像とともに、けが人などの情報が流れることもあり、大変危険です。

また大雨も予想されるので、転倒したりと台風の直撃にはたくさんの危険があります。

危険を犯してでも出社をしなければならない日本の働き方は、台風ぐらいで欠勤なんてという考え方が一番危険なのかもしれません。

台風直撃での出勤には、たくさんのリスクがあります。ここであげた二つ以外にも考えられるリスクはあると思います。

台風直撃だから休みという選択をしづらい日本は、海外の人から見たら特殊な日本と思われているのかもしれませんね。

出社のストレスを抑える方法

台風直撃なのに出社をしなければならない雰囲気があることで、仕方なく出勤をするという人もいるのではないでしょうか。

しかし、台風が直撃するような悪天候のなか出勤をすることは、大きな負担にもなりますし、ストレスが溜まるのではないでしょうか。

少しでもストレスを軽減して出社したいですよね。どうしたら出社をストレス少なくできるのか?

ということを考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

そこで多くの人がやりがちなのが、SNSをチェックすることと一層のこと仮病で休んでしまうことなのではないでしょうか。

SNSには、他にも「台風なのに出社~」という人の書き込みが見つかり、自分だけじゃないんだという気持ちにさせてくれるかもしれません。

また、どうしても出社したくない場合には、仮病を使って休んでしまっても仕方ないでしょう。

SNSを見る

「SNSを見てなんの解決になるの?」と思ってしまう人もいるかもしれません。

実際解決になることはないかもしれません。しかし、SNSが身近なツールの若い世代の人は、台風直撃なのに出社の場合に書き込みをしていることが多いです。

その書き込みを見ることで「自分だけじゃないんだ」という安心感をもらえます。

他にも頑張っている人がいることで、少しでもストレスが軽減されることもあります。

SNSを見ることで安心感を得ることはできますが、出社をすることが普通だという負の感情を抱いてしまいそうな人は、見ることはおすすめできません。

体調不良(仮病)で休む

台風直撃で、電車は止まるし帰れない可能性もある。出勤に対してストレスが溜まりすぎているという人は、一層のこと体調不良などの理由で欠勤してしまうことをおすすめします。

もちろん仮病なので良いことではありません。

しかし台風の直撃でも休ませてもらえない場合は、強行突破で仮病を使ってしまっても仕方ない判断かもしれません。

もちろん台風でも全ての仕事が休めるわけではありません。

台風の中働いてくれている方もたくさんいるでしょう。

しかし、台風の直撃には多くの危険とリスクを伴うので、どうしても出社しなければならない場合を除き、家でゆっくりと過ごしたいですよね。

無断欠勤が続くと懲戒解雇に!無断欠勤をしないための対処法を紹介します

仕事を休みすぎでクビになるケースは?休み癖のある人の特徴や解消法はある?

社員の安全に配慮しない会社は辞めるべき

台風の直撃でも、会社に出社をしなければならない職業ももちろんあります。

私たちが生活するうえで必要なライフラインなどの場合です。

しかし、そうでない場合に出社を求めるような会社は、社員の安全に対する配慮がない会社といえます。

またそう思われても仕方がないのではないでしょうか。

仕方なく出社をしなければならない会社は、出社する社員に対して安全に出社できるような配慮をする必要があります。

そのような配慮にかけているなと感じた場合には、辞めても良いのではないでしょうか。

通常、台風直撃などのイレギュラーの時などには、自分の安全を優先しても会社に文句は言われないのではないでしょうか。

台風時に出社させる会社はおかしいかも?

台風直撃の時の会社への出社について、お話してきました。

日本では、どのような状況であっても会社に行くことが、美学とされていた時代もありました。

しかし今はそのような習慣に疑問を感じる人も多くいるようです。

また海外では、台風時に仕事を休むことは当たり前のことで、出社を求められても拒否をする人もいるようです。

日本はまだまだ、会社に尽くすという考え方の人も少なくない印象を持っている外国人もいるようです。

台風時に危険を犯してまで、出社を求める会社というのは長く勤めるべき会社とは言えないかもしれません。

社員の安全に配慮できない会社は、定着率も低くなってしまうかもしれません。

もし、台風時などイレギュラーな時の会社の対応に疑問がある場合には、転職を検討してみても良いかもしれません。

会社に行きたくないあなたに考えて欲しい本当の原因と解決策

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件