SIerのSE必読!ITコンサルに転職でキャリアアップするために知っておくべきこと

SIer コンサル 転職

IT業界のキャリアの一つに、『ITコンサルタント』というものがあります。

その名の通り、企業のITに関するコンサルティングを行う役割で、システムエンジニアのキャリアプランに挙げられることが多い職種です。

ITのコンサルティングと聞くと難易度が高いように思えますが、実はかなり近い仕事があります。

それがSIerのシステムエンジニアです。

目次

SIerのシステムエンジニアから転職するコンサルへの転職先は「ITコンサル」

SIerのシステムエンジニアからキャリアアップ・キャリアチェンジをしようとすると、コンサルタントへの道が選択肢に上がってくると思います。

コンサルタントは給与相場も高く、独立なども想定しやすい職種なため、IT業界に限らず様々な職種のキャリアプランのゴールに挙げられることも少なくありません。

様々なコンサルタントがいる中で、特にSIerのシステムエンジニアの転職先として考えられるのが、ITのスペシャリストである『ITコンサルタント』でしょう。

実はSIerのSEの仕事はコンサル的要素が強い

ITコンサルタントの仕事は、実はSIerのシステムエンジニアに似ている部分があります。

ゆえにSIerで経験を積み、スキルを身に付けていけば、ITコンサルタントを目指すことは充分に可能です。

実際に日系・外資系コンサルティングファームのIT部門には、SIerのシステムエンジニアから転職してきた方も多数います。

SIerのシステムエンジニアの仕事内容

SIerのシステムエンジニアの仕事は、基本的にはクライアントの依頼を受けて始まります。

「バックオフィス業務を全てシステム化したい」「自社の営業活動に特化した専用システムを作りたい」など、その企業のニーズを受けてシステムを設計・開発していくのが、SIerの役割です。

なのでシステムエンジニアは、どういったシステムにすべきかという業務分析・課題抽出を行い、システムを設計していくのが主なミッションになります。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントは、ITによる経営課題の解決がミッションです。

つまり、「こんなシステムを作りたい」という依頼を受けるのではなく、経営陣や現場の社員とコミュニケーションを取りながら自分で課題を抽出し、どういったシステムで解決すべきかを考えていくことになります。

業務の難易度はSIerの比ではなく、経営的観点を含めてシステム以外の知識・スキルも求められることになるでしょう。

ポイントは顧客のニーズを経営面から見るか使用面から見るか

両者の仕事の違いは、経営視点かユーザー視点かということにあります。

SIerはユーザー側とコミュニケーションを取りながら、より使いやすいシステムを作ることが重要なミッションです。

これに対してITコンサルタントは、経営側とコミュニケーションを取りながら、経営課題をクリアするためのシステムを作ることがミッションです。

後者は経営者としての視点・考え方も必要な分、難易度は高いといえるでしょう。

SIerからITコンサルタントへ転職するメリットはさまざまな面にある

システムエンジニアのキャリアプランとして挙げられる、ITコンサルタント。

では、ITコンサルタントになることによって、どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは主に4つのメリットを解説します。

キャリアアップにより年収アップへつながる可能性大

まずはやはり年収アップです。

スキルや経験次第なので100%年収が上がるとは言い切れませんが、コンサルティングファームに移ることでほとんどの場合年収は上がります。

また転職時に年収が上がらなくても、将来的に年収アップへとつながる可能性は高いです。

たとえばSIer(独立系)の平均年収を見てみると、700万円ほど。IT業界においては充分高収入です。

これに対してITコンサルタントであれば、30代で600万円代、40代で800万円代、経験・キャリアを積んでいけば1000万円以上も充分に可能です。

いかにITコンサルタントが高収入を狙える仕事かどうかが分かると思います。

より大きいプロジェクトに関わることができる

コンサルティングファームが請け負う案件の規模は大きく、大手企業のプロジェクトであれば数十億規模になるものも。

システム開発会社やSIerでは経験できない大規模案件に携わることもできます。

経験さえあれば大企業に勤務できる可能性も

システムエンジニアとしての経験や知識さえあれば、大企業に入社できる可能性も充分にあります。

たとえばアビームコンサルティングやワークスアプリケーションズ、フューチャーアーキテクトなどはIT系コンサルティングファームの代表といえるでしょう。

これ以外に戦略系コンサルや総合系コンサルのIT部門などを狙うこともできるため、誰もが知るような超大手企業も目指せます。

外資系コンサルであればインセンティブでさらに収入アップが見込める可能性

国内のコンサルティングファームだけでなく、外資系を狙うことも可能。外資であれば、日本IBMやアクセンチュアがその代表格です。

外資は日系企業以上に報酬形態がシビアで、インセンティブが占める割合が高く、成果を残せば高い報酬を得ることができます。

中には年収1億円を超えるプレイヤーもおり、実力次第でどこまでも収入アップが目指せます。

SIerからITコンサルタントに転職するデメリットはギャップの大きさ

メリットばかりではなく、もちろんITコンサルタントになることによるデメリットもあります。

ここでは4つのデメリットを紹介します。

顧客との距離が近くなるためヒアリング能力がさらに必要

システムエンジニアであれば、顕在化したニーズを受けてシステムを開発していくため、ヒアリングも難しくありません。

しかしITコンサルタントになると、そもそもニーズが顕在化していないことがほとんど。

顧客と常に近い位置で、多角的に物事を見ながら分析を行っていかなければなりません。

システムエンジニアとは比較にならない知識量やヒアリング能力が求められます。

成果が常に求められるためプレッシャーがかかる

経営課題をITの面から解決することがミッションなので、最終的な成果は経営数字の改善です。システム導入によって業務効率を上げ、企業に利益をもたらす。

システム化によって人件費を削減することで、利幅を増やす。このように経営改善ができたかどうかが評価の指標となります。

システムエンジニアのように、単にニーズに沿ったシステムを納品するだけでは評価はされないため、プレッシャーの大きさも比較になりません。

常に意識を高く持つ必要がある

ITコンサルタントの仕事相手は、経営者や役員が中心です。

そのため経営やビジネスについて、常に意識を高く持ち続ける必要があります。

クライアントと同じ視点で会話ができなければ相手から信頼もされず、結果的に仕事は任されません。

会議に出席する回数が増える

経営課題にアプローチしていく仕事なので、経営上の課題を見つけるために会議に出席する回数が増えます。

経営会議や営業会議など必要なものに顔を出し、潜在的な課題を自ら見つけ出し、それをITで解決していかなければなりません。

実はSIerのSEとITコンサルタントには共通点が多い

『顧客の課題をITで解決する』という意味では、SIerのシステムエンジニアとITコンサルタントの間には共通点があります。

経営視点かユーザー視点かという相違点はありますが、それは身に付けられるものなので問題ありません。

ではもっと細かく、システムエンジニアとITコンサルタントの共通点を3つのポイントに絞って解説していきます。

きっと今の自分でもITコンサルタントに挑戦できるということに気づくはずです。

ITの知識をフル活用する

ITコンサルタントは、ITを駆使して経営課題を解決します。

経営課題の抽出には知識・経験が必要になりますが、解決方法を考えるためのITの知識に関してはすでに持っているはずです。

SIerのシステムエンジニアであれば、システムの知識はもとより業務知識やプロジェクトマネジメントのスキルなどもある程度は有しています。

その能力は、そのままITコンサルタントとしても充分活用できます。

常に新しい技術を追い求める

AIに限らず、IT技術は日進月歩。システムエンジニアには常に新しい技術を追い求め、勉強し続けていく姿勢が求められると思います。

これもITコンサルタントに必要な素養で、新しい技術を含め、様々な可能性の中から顧客の課題を解決に導く方法を探していかなければなりません。

相手の意図を読み取る力が重視される

ユーザーと経営者、相手は違えど意図を読み取る力が求められます。

システムエンジニアとしてユーザーとの折衝の中で課題をヒアリングして意図をくみ取ってきたのであれば、ITコンサルタントとしての素養はすでに育っているでしょう。

ITコンサルに向いているSEは視野の広い人

さてITコンサルタントとシステムエンジニアに求められる能力や素養の共通点はご理解いただけたかと思います。

しかし全員が全員、ITコンサルタントに向いているというわけでもありません。

特にITコンサルタントに向いているのは、『視野が広い』方でしょう。

では具体的にどういうことなのか、3つのポイントを解説します。

物事の本質を追求するのが好きな人

ITコンサルタントは言われたままにこなせばいい仕事ではありません。

自ら課題を見つけて解決していく必要があるので、物事の本質を自分でとことん追求していくのが好きな方に向いています。

言われ仕事ではなく、何事も自分で考えて、自分の思うようにやってみたい。

そんな能動的な姿勢があれば、ITコンサルタントに向いているかもしれません。

顧客のニーズや課題を分析するのが好きな人

課題抽出のためには、現状分析が特に重要です。

経営課題の分析が出来る必要はありませんが、例えばシステムエンジニアとして何かの課題に当たったときに、自分なりに分析して仮設を立てて解決していくプロセスが好きな方には向いています。

情報吸収に対して貪欲であること

ITコンサルタントには、システムエンジニア以上に情報に貪欲な姿勢が求められます。

新しい技術などITのトレンドはもとより、経済や経営、専門外の業務知識など、経営者並みの情報吸収への貪欲さが必要です。

ITコンサルタントへの転職の際に気をつけるべきこと

ではいざITコンサルタントに転職をしようとしたとき、選考に向けてどんなポイントを抑えておくべきなのでしょうか。5つのポイントを解説します。

自分の経験をコンサルにどう生かせるかのアピールポイントづくり

システムエンジニアとしての経験はあっても、ITコンサルタントは未経験職種。

これまでの経験・スキルをどう生かせるかをアピールしなければなりません。

ITに関する知識・技術はもちろん、業務知識や顧客折衝の経験など、コンサルティングに近いことをしていれば、その内容を履歴書・面接で語れるようにしておきましょう。

自分の経験と年齢が見合っているかのチェック

コンサルティングファームは、主に業務知識とプロジェクトマネジメントのスキル、そしてコミュニケーション(顧客折衝)を見ています。

たとえば20代の転職であれば、どれかが欠けていたとしてもポテンシャルを重視して採用してもらえる可能性はありますが、30代中盤~40代になると、上記いずれも即戦力レベルで求められるようになります。

SIerのシステムエンジニアとして第一線で仕事をできていれば問題ないレベルかと思われます。

このように、自分の経験と年齢が、企業が求めるレベルに見合っているかは求人情報と照らし合わせてチェックしておきましょう。

違う業界から何故ITコンサルタントを選んだかの理由付け

なぜITコンサルタントになりたいのか。

システムエンジニアとしてのキャリアは色々とあると思いますが、その中でもコンサルタントを選んだ理由を明確にしておかなければなりません。

たとえば「経営視点でITによる業務改善をしてみたい」「よりインパクトの大きなプロジェクトを手掛けたい」など、面接で聞かれた際に答えられるよう、自分なりの考えを持っておきましょう。

面接の際は相手の質問に対しては結論から話す

面接では、相手の質問に対して必ず結論から答えるようにしてください。

これはビジネスコミュニケーションの基本です。

ITコンサルタントは経営者たちと日々コミュニケーションを取ることになります。

コミュニケーションスピードが遅いと、それだけでコンサルタントとしての素養が無いと判断されてしまいますので注意が必要です。

さまざまな分野の本を読んで知見を広める

ITコンサルタントになるということは、経営者たちと対等にコミュニケーションを取りながら仕事を進めることになります。

彼らと目線を合わせるためにも、幅広い分野の本を読んで知識を吸収していかなければなりません。

ITのこと以外にも、例えば経営や経済、世界情勢など様々な知見を広めてみましょう。

転職エージェントを利用して情報収集に役立てよう

ITコンサルタントへの転職を目指すのであれば、転職エージェントの利用がオススメです。

ITコンサルタントはハイクラス人材なので、転職サイトに求人はほとんど掲載されていません。

まずはIT業界に強い転職エージェントに登録してみましょう。

単に求人を探すだけではなく、転職エージェントに登録することで、ITコンサルタントの業界動向や転職市場のこと、またキャリアプランについてなど、様々な情報をキャリアコンサルタントから共有してもらえます。

情報収集のためにも非常に役立ちます。

ではどの転職エージェントがオススメなのか、ここでは特にITコンサルタントへの転職を考えている方にオススメのエージェントを3社ご紹介します。

ムービン

 

コンサルティング業界に特化した転職エージェント『ムービンストラテジックキャリア』です。

特にITコンサルタントの転職に関しては強みを持っており、IBMや野村総研、NTTデータなど有名コンサルティングファームにも人材を送り込んでいます。

コンサルティング業界への転職実績が業界トップクラス

ムービンはコンサルティング業界への転職実績に限って言えば業界トップクラスで、数多くの表彰を受けています。

例えばリクルート主催のアワードで『高収入転職支援 総合満足度1位』を獲得したり、ビズリーチ主催のアワードでは『No.1キャリアコンサルタント MVP』を獲得しています。

名実ともに優秀な転職エージェントであることは間違いありません。

コンサル業界出身エージェントによるサポート

転職を支援してくれるキャリアコンサルタントたちも、優秀な人材ばかりです。

特にムービンはコンサル業界出身の方が多いのも特徴。例えばWebサイトで紹介されているだけでも、元ボストンコンサル、元IBM、元デロイトトーマツなどそうそうたる名前が並んでいます。

業界のことを知り尽くした優秀人材に転職をサポートしてもらえるのは、相当心強いはずです。

79%が非公開求人

ムービンのWebサイトからは、ある程度の求人が検索できます(ただし、会社名は公開されていないものがほとんどです)。

しかしながらムービンが保有する求人のなんと79%は非公開求人です。つまり登録後でなければ紹介されません。

登録や相談は無料ですし、まずは情報収集のためにもぜひ登録だけでもしてみてください。

マイナビIT

マイナビエージェントIT

大手転職エージェントである『マイナビエージェント』。その中にはIT業界に特化したページがあります。

コンサルティングファームはもちろん、大手SIerやベンダー、WEB・ゲーム系企業など求人の種類・数も豊富です。

日系コンサルへの転職先が多い

マイナビエージェントはコンサル業界の中でも日系企業の求人が多いようです。

社名非公開の求人も多いのですが、例えばアビームコンサルティングや三菱UFJリサーチ&コンサルティング、野村総合研究所、NTTデータなど。国内資本のコンサルティングファームを目指す方にはオススメのサービスです。

若年層の転職に強み

マイナビエージェントの最大の特徴は、経験が浅い若年層に特化している点です。

一般的な転職エージェントはハイクラス人材の求人を中心に扱っていますが、マイナビエージェントは20~30代の若手で、かつ転職自体も初めてのような方をメインターゲットに据えています。

ちなみに登録者の70%以上が20代~30代の若手エンジニアとのことで、若手の転職サポートに強いサービスであることが数字からも分かります。

詳細はこちら

doda

DODA

テレビCMなどでもおなじみの『doda』。業界トップクラスの求人数を保有しており、転職サイトと転職エージェント両方の機能を持っていることが特徴です。

リクルートにも負けない国内最大級の求人数

実はdodaの求人数は業界トップクラス。

常時約7万件を公開しており、非公開求人を含めると10万件以上といわれています。

この数は、業界最大手のリクルートにも引けを取りません。

転職サイトと転職エージェント両方の機能があるので、自分でも求人を探したいし、キャリアコンサルタントのサポートも受けたいという方にはぴったりのサービスです。

エージェントの支援が豊富

大手エージェントサービスということもあり、キャリアコンサルタントによる支援内容が豊富です。

応募書類の添削や手続き代行、企業との交渉、キャリア相談などの基本的な支援はもとより、サイト上で転職ノウハウやコラムをたくさん紹介していたり、提携する転職エージェントのコンサルタントから求人を紹介されることもあります。

他で紹介していない求人に出会える可能性がある

dodaの最大の魅力は、やはり求人数の多さです。

求人が多いということは、ほかに掲載されていない求人に出会える可能性が高いということ。

例えば、職種を『ITコンサルタント・システムコンサルタント』だけに絞って検索しても、なんと900件近くの求人がヒットします。

詳細はこちら

転職エージェントを利用してITコンサルタントの転職を有利に進めよう

SEからITコンサルタントへのキャリアアップを行うことで年収アップやスキルアップをすることができます。

そのため皆さんが転職の際に求める要素を満たすことができるといえるでしょう。

ですが、メリットばかりではありません。

顧客を相手にする機会が多くなりますので大きな責任を伴うプレッシャーが生じ、精神的負担がかかることもあります。

ITコンサルタントに向いている人は視野の広い人と言われていますので、該当するSEはITコンサルタントへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

また、転職する際に必要なのが情報収集です。

IT業界に精通した転職エージェントを利用して、負担を軽減しながら転職活動を行ってみるのもいいでしょう。

この記事で紹介した転職エージェントもぜひ使ってみてくださいね!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件