Re就活の求人にブラック企業はある?危ない求人を避ける方法

Re就活の求人にブラック企業はある?

転職活動を始めるとき、気になるのが企業の質、つまりブラック企業かどうかです。

転職活動を始めると限られた情報の中で、どの企業に応募するか見極めることが重要になってきますが、たくさんの求人を検討しているうちに、どれも好条件でいい企業のように見えてくることがあります。

その結果転職には成功したものの、今までとそう大差ない職場だった、もしくはもっとひどい環境の職場に転職してしまった、というケースもあります。

転職を本当の意味で成功させるために、危ない企業を避ける方法を確認しておきましょう。

今回は20代専門転職サイト「Re就活」の求人についてご紹介していきます。

Re就活の求人にはブラック企業が多い?

今ではブラック企業という言葉が定着していますが、実はブラック企業の定義というものは決まっていません。

挙げるとすれば「過酷な労働条件」「パワハラ」「セクハラ」といった点が、みなさんが想像するブラック企業に対する共通のイメージではないでしょうか。

Re就活では有名企業の求人も数多く扱っていますが、20代専門かつ未経験者歓迎の求人のみということもあり、他の転職サイトに比べて求人の条件や質がいまいちだと感じる人がいることは事実です。

大手企業から中小、ベンチャーという企業規模の違いを考えれば、条件面にも差がでてくることは当然です。

中小企業やベンチャーの場合、仕事量に対する社員の数が少ないという状況は否めません。

そのため、社員一人の仕事量が膨らみ、必然的に労働時間が長くなることはあり得ます。

そういった意味でいえば、Re就活の求人の質は玉石混交といえるでしょう。

ただ、転職先に何を求めるのか、重視する条件によって人それぞれ感じ方は違ってきます。

ブラック企業の求人が多いかどうか、ではなく、自分の判断でブラック企業を見極めることが重要です。

未経験・既卒向けの求人には中小企業の求人が多い

Re就活に掲載されているのは、求人企業の規模としては大手から中小企業、ベンチャー企業で、すべて未経験者歓迎の求人です。

なかでも未経験・既卒向けの求人に中小企業が多い理由としては、若手人材の不足が挙げられます。

新卒採用では大手や知名度の高い企業に人気が集中するため、思うように新卒の学生を採ることができないという現状があります。

そのため、大手企業に比べて中小企業の方が第二新卒や既卒の採用に力を入れていることが多いようです。

ブラック企業ってどんな求人を出している?

転職サイトだけを使って仕事を見つけようと思うと、企業や仕事については自分で調べるか、求人票だけでブラック企業かどうかを判断しなければいけません。

ブラック企業の定義がはっきりしていないため、一概にこんな会社だ!と断定することは難しいですが、こんな求人は気を付けるべき、という特徴をご紹介します。

募集人数が社員数に対して多い

今いる社員数に対して採用する人数が明らかに多い場合、それだけの人数の出入りがある、つまり出入りが激しいということが想定されます。

ただし、事業拡大のためにそれなりの人数が必要なケースもあるので、必ずしも人の入れ替わりが激しいということではありません。

給料が一般的な水準に比べて高い

見かけたことがある人もいるかと思いますが、求人票に記載されている年収が明らかに高いことがあります。

大卒の初任給はおおよそ17~20万円が一般的とされていますので、それをはるかに超える年収の場合は注意しましょう。

労働条件がハードだとか、入社後の昇給がないとか、何かしら理由が想像できます。

他にも基本給に残業が含まれていたり、成果報酬制というケースもあります。

給料をチェックするときは金額だけでなく、どんな給料体系なのかについても確認しましょう。

業務内容が不明確

仕事内容について具体的に記載がない求人には注意が必要です。

あまり具体的に書いてしまうと応募が集まらない仕事内容や、人気がないというケースが考えられます。

求職者にとって重要な仕事内容が具体的に書かれていない場合は、かなりグレーだと考えましょう。

そのうえで気になる企業があれば、面接で直接話を聞いてみてから判断することもできます。

「夢・感動・成長」というアピール

業務内容が不明確という特徴にもつながりますが、業務には関係のない精神論を主張している求人にも注意しましょう。

会社のこれからの具体的なビジョンや仕事について記載はないが、やりがいや成長、夢といったポジティブなイメージだけがやたらと強調されているのは、具体的な内容を書いてしまうと応募者が減ってしまうからだと考えられます。イメージアップを図るような求人には気を付けましょう。

事前に社風を知るために転職イベントの参加をおすすめ

Re就活では「就職博」「転職博」というイベントを定期的に開催しています。

いわゆる合同企業説明会で、開催地は首都圏に限らず全国各地で開催されているので、地方で転職を考えている人も参加できるようになっています。

イベントには企業の話を聞ける企業ブースだけでなく、講演や就職相談コーナーが設けられていて、講演では面接・選考対策、自分に合った仕事の見つけ方、など転職活動に役立つ話を聞くことができます。さらに、就職相談コーナーではキャリアカウンセラーに相談することはもちろん、書類の添削もしてもらえます。

転職活動は求人情報を見て応募するのが一般的ですが、イベントに参加すると事前に会社の社風や雰囲気を知ることができるので、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

直接企業から話を聞けるから見極めやすい

イベントに参加すると、企業の社員や採用担当者から直接話を聞くことができます。

実際に働いている社員の人を見ることができるのは、とても貴重な機会です。

会社説明を聞くことができるので、実際の仕事内容や会社についてのイメージが掴みやすいだけでなく、どの企業が自分に合っているのかを感覚的にも見極めることができます。

「20代転職パートナー」で優良求人を探そう!

ブラック企業の求人の特徴についてご紹介しましたが、自分で判断できる自信がない、信頼できる求人を誰かに見つけてほしい、という人には転職エージェントの利用もおすすめ。

Re就活では、「20代転職パートナー」というエージェントサービスを利用することができます。

プロのアドバイザーがこれからのキャリアや求める条件などを丁寧にヒアリングしたうえで、あなたにマッチする求人を紹介してくれます。

求人の良い点・悪い点、どちらについても正直にアドバイスしてくれるので、エージェントサービスを利用して自分にぴったりの優良求人を見つけましょう。

またエージェントサービスでは、求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書の作成、添削、面接日程など企業との調整、面接対策、などなどはじめての転職で不安なところをプロのアドバイザーがサポートしてくれます。

ちょっとした疑問や悩みをすぐに相談できるので、転職に少しでも不安がある人は利用する価値があります。

Re就活の口コミ・評判からみるメリット・デメリット

求人情報の内容が事実と違ったらRe就活に相談しよう

いいな、と思った求人に応募して選考を通過してみたら、求人情報と実際の仕事内容や条件に相違があった、という場合はすぐにRe就活に問い合わせをするようにしましょう。

残念ながらどんなに求人情報を念入りにチェックしても、そういったことが起こってしまう可能性はあります。

ですがそのままにするのではなく、おかしいなと思ったらまずはRe就活に相談するようにしてください。

Re就活へは、「お問い合わせフォーム」から連絡することができます。

一人で悩む必要はありませんから、判断に迷うことやどうしたらいいかわからない場合は、遠慮せずに問い合わせることをおすすめします。