ナースではたらこは一緒に志望動機を考えてくれる!はじめての転職にもおすすめ!

ナースではたらこの志望動機

転職するときに一番重要なのが面接ですが、面接での志望動機に悩む人は多いのではないでしょうか?

特に転職が初めてだと、面接でどのように志望動機をアピールすればいいか分からないですよね。

ナースではたらこでは、面接での志望動機のアピール方法を丁寧にアドバイスしてくれるので志望動機で悩んでいる人は、ナースではたらこのキャリアアドバイザーに相談して、一緒に志望動機を考えてもらいましょう。

この記事では、看護師の志望動機の注意点とキャリアアドバイザーのサポート内容についてご説明します。

看護師の面接では志望動機が大事

看護師の面接では志望動機が重要視されます。

新卒での就職と違って転職のような中途採用での面接では、「即戦力として働ける」ことをアピールする必要があるのです。

ですが、転職が初めての人や、志望動機でアピールするのが苦手な人は面接での志望動機を考えるのは難しいですよね。

看護師の転職をサポートしてくれるナースではたらこでは、面接での志望動機のアドバイスをしてくれます。

医療機関の内部事情に詳しいのでそれぞれの医療機関にマッチした志望動機を作ることができます。

さらに、医療機関ごとに面接でよく問われる質問にも精通しているので、事前に面接の練習もでき、実際の面接であわてることもないでしょう。

志望動機を作る時の注意点

看護師はどんな志望動機が望ましいのでしょうか?志望動機を作るときには、応募先について理解し、看護師としての経験をどのように生かせるのか、なぜ応募したのかを具体的にする必要があります。

こちらでは、看護師が志望動機を作るときの注意点をご紹介します。

志望動機は看護師を志望した理由にしない

転職活動での志望動機は新卒での志望動機と違い「どれだけ即戦力として働けるか」をアピールする必要があります。

新卒での志望動機は「なぜ看護師を目指したのか」をアピールするものですが、転職では「看護師としての経験やスキルを転職先でいかに活かせるか」をしっかりとアピールできるような志望動機を面接で話せるようにしましょう。

経験やスキルをいかに活かせるかをアピールすることで、仕事へのモチベーションが高いことも伝えることができます。

待遇や条件を志望動機にしない

志望動機で転職の理由を説明するときには、待遇や条件を志望動機にしないようにしましょう。

給料がいい、休みが多い、福利厚生がいいということが転職の理由であっても、待遇や条件のみを転職理由として伝えてしまうと、「条件だけが目的で選んでいるのか?」、「他にいい条件の転職先が見つかったら、すぐに辞めてしまうのではないのか?」と思われていい印象を与えません。

志望動機は、「経験を踏まえてどのよう働いていきたいか?」、「どのように貢献できるか?」を伝えるようにしましょう。

志望動機のフレーズをそのまま使わない

参考書やネット上の志望動機をそのまま丸写しにするのはやめましょう。

志望動機を「貴院の理念に共感したため」など誰にでも言えそうな浅いアピールになってしまうと、応募先に熱意を伝えることができません。

具体的にどういった理念に共感したのかを伝えるためにも、応募した医療機関のホームページや求人広告で事前に研究しておきましょう。

勉強させていただきたいという発言は控える

医療機関側は即戦力となる人も求めているので、受け身の姿勢ととられる「勉強させていただきたい」という言葉は控えたほうがいいでしょう。

未経験の分野や業種への転職であっても、それまでの経験を活かして応募先に貢献し、「教えてもらいたい」というアピールではなく「分からないことは自主的に学んでいく」という姿勢を伝えると好印象となります。

応募先の医療機関に「即戦力として働け、やる気もある」と思ってもらえるような志望動機にすることが大事です。

長期的に働きたいことをアピール

採用側は長く働いてくれる人を採用したいと考えているので、「どのように働きたいか」、「どういったことにチャレンジしていきたいか」など、将来的に長く働くことをイメージしてもらえるような内容を志望動機に含めるといいでしょう。

看護師の志望動機の例文

看護師の転職での志望動機の例文をケース別にご紹介します。

面接では事前に考えた志望動機をそのまま暗記して読み上げるように話すと印象が悪くなってしまいます。

面接の場でも志望動機を頭の中でうまく組み立てながら話せるように練習するのがおすすめです。

育児でブランクがある看護師の志望動機の例

出産後長い間育児に専念してきましたが、子育てが一段落したので看護師として復職をしたいと思っています。

ブランクはありますが、出産前は急性期病院で経験を積んだので、その経験を貴院でも活かして貢献したいと思っております。

急性期病院でスキルアップしたい看護師の志望動機の例

療養型病院で働いていますが、働く中で看護スキル不足を痛感しております。

急性期で様々な疾病に対応できるスキルを身に着けたいと考え転職することに決めました。

これまで療養型病院での経験を活かし、急性期でのスキルを身に着けて1日でも早く貴院に貢献したいと考えております。

キャリアアドバイザーのサポート内容

ナースではたらこのキャリアアドバイザーはどんなことをしてくれるのでしょうか?

キャリアアドバイザーのサポート内容をご紹介します。

キャリアカウンセリング

ナースではたらこでは、基本的に電話やメールでキャリアカウンセリングを行います。

キャリアカウンセリングでは、担当キャリアアドバイザーが「将来的にどんな仕事をしたいのか」、「どんな風に働きたいのか」、「給与や休日などの待遇はどのようなものがいいのか」など丁寧に希望を聞いてくれます。

カウンセリングでは、具体的に希望条件や働き方を伝えておくと、希望条件に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

担当キャリアアドバイザーと直接会って相談したい場合には、ナースではたらこのオフィスで対面での面談も可能です。

転職を急いでいる人や転職が初めての人は、対面でのキャリアカウンセリングがおすすめですよ。

希望条件に合った求人紹介

希望条件や仕事での悩みのヒアリングの後、それぞれの希望条件に合った求人を紹介してくれます。

また、希望条件に合った求人だけでなく、適性や将来のキャリアプランに合った業種や求人を紹介してくれるので、自分ではわからなかった仕事の適性や可能性を知ることもできます。

職場の人間関係や働いている看護師の年代など詳しい内部情報も教えてくれるので、転職後に「思っていた職場と違っていた」というミスマッチも防ぐことができます。

履歴書作成のアドバイス

履歴書をしっかり作成しないと書類選考で不採用になる可能性があります。

担当のキャリアアドバイザーが応募先に合わせた履歴書の書き方をアドバイスしてくれるので、相談しながら履歴書を作成しましょう。

面接日の調整

仕事をしながらの転職活動では、応募先の医療機関と面接日の調整をするのは大変ですよね。

ナースではたらこなら担当のキャリアアドバイザーが代わりに面接日の調整を行ってくれます。

面接でどのような質問が問われるか、応募先に合わせた面接対策をしてくれるのも魅力です。

条件交渉

給料、年収、福利厚生、休日などの自分からは言いにくい条件交渉も、キャリアアドバイザーが代わりに行ってくれます。

入職日の調整もしてくれるので仕事が忙しい中でもスムーズに転職活動ができます。

入職後フォロー

内定が決まり、入職した後もしっかりとフォローしてくれます。

転職後に困っていることや悩みがあれば担当のキャリアアドバイザーに相談しましょう。

良い印象を持たれる志望動機作りが大事

転職では面接でも志望動機がとても大切です。

給料や待遇など条件を志望動機に盛り込むのではなく、応募先で「看護師としての経験やスキルをどのように活かすことができるか」を伝えられる内容にすることが大事です。

志望動機を作るのが難しい場合は、担当のキャリアアドバイザーに相談して、一緒に志望動機を考えてもらいましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件