マイナビ保育士は新卒でも利用できる?どんな求人が紹介されている?

マイナビ保育士は新卒でも利用できる?

「保育士の転職サービスとして有名なマイナビ保育士って誰でも使えるの?」

「マイナビ保育士にはどのような求人が掲載されているのか知りたい」

保育士の転職サービスとしては、大きなサービスとなっているマイナビ保育士ですが、転職専門のイメージが強いですよね。

新卒にはあまり対応していないような感じもします。また転職専門になると、新卒との求人とは少し違うのではないかと思いますよね。

最初に結論を言っておくと、

  • 新卒や既卒関係なく使用することができるサービス
  • 保育所や幼稚園だけでなく学童施設など、幅広い求人を紹介

となっています。

しかしこれだけ見てみると「資格をまだ取得してないけど求人があるのかな」と思ってしまうかもしれません。

実は誰でも使えることは間違い無いのですが、オススメできない人もいるのです。

以下詳しく見て行きましょう。

マイナビ保育士は誰でも使うことができるの?

上にも書いたようにマイナビ保育士は新卒や既卒などに関わらず使用することが可能です。

しかし保育士の資格をこれから先も取得する気持ちのない人は要注意です。

それは登録するときの登録項目を確認すればわかります。

マイナビ保育士の登録内容を確認

マイナビ保育士の会員登録をするときには以下の項目を記入する必要があります。

  • 保有資格(保育士or保育士資格取得見込)
  • ご希望の就業できる地域
  • 希望する働き方
  • ご希望の就業できる時期
  • 性別
  • 生年月日
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • メールマガジン受信の有無

最初にこれだけの項目を登録する必要があります。

これを見てわかることは「保有資格」の欄が保育士か保育士資格取得見込の2つしか選択肢がないことです。

しかもこの項目は選択必須の欄になっています。

登録の際に資格の有無を聞かれる

保有資格の欄は、保育士の資格を持っている人かこれから資格を取得する人か、どちらかしか選ぶことができません。

ですので資格を持っていない人で、これから先取得する予定もない人は登録ができないということになってしまいます。

しかしよく調べてみると、マイナビ保育士では資格を持っていなくても、応募可能な求人がありました。

マイナビ保育士の検索欄に「無資格」と入れて検索すると少なからず求人が出てくるのです。

ですので資格を持っていない人はとりあえず「保育士資格取得見込」にチェックを入れて、応募の際に資格取得の意思がないことを伝えれば良いでしょう。

学歴は関係ない

また登録項目を見てみると「学歴」を記入する欄がありません。

これは学歴に関係なく求人に応募できるということになります。

求人を検索してみると応募条件のところに学歴が記入されている求人は無いようです。

学歴に関係なく応募ができるのは高卒の人でも安心ですね。私が見た限りでは、学歴というより資格の方が重要なようです。

しかし実際のところ応募は可能かもしれませんが、面接などでは学歴のことを聞かれるでしょう。

やはり保育士資格を持った高卒より、保育士資格を持った大卒の方が印象が良いのは確かです。

全く同じ力量で、同じような人間でも学歴で判断されることは実際によくあることです。

登録内容から新卒でも登録可能

マイナビ保育士は資格にはちょっと厳しいようにも感じますが、新卒や既卒などは関係なく使うことができます。

それは学歴を気にしないというところを見てもわかると思います。

またマイナビ保育士は首都圏を中心とした求人がメインです。

現在首都圏は特に保育士が足りないと言われています。

東京都23区内は猫の手も借りたいような状態なのです。

むしろ即戦力にはならない新卒でも大歓迎というのが現状だといえます。

マイナビ保育士で紹介されている求人

マイナビ保育士で紹介されている求人には、保育所や幼稚園だけでなく児童施設や院内保育所、企業内保育所など幅広い求人が紹介されているのが特徴です。

自分のキャリアアップややってみたい仕事などと巡り会える可能性もありますよ。

マイナビ保育士の特徴は?

そんなマイナビ保育士にはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴を知っておくとあなたの求めている求人にたどり着きやすくなったりしますので、特徴を知っておくことは重要です。

以下代表的なマイナビ保育士の特徴を見ていきましょう。

首都圏の求人が中心

マイナビ保育士の特徴としてもっとも注意するべき点は、求人が首都圏(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)にかたよっているというところです。

首都圏だけに力を注いでいるという面ではメリットが大きいでしょう。

狭く事業を行うことでその地域について、どんどん詳しくなっていきます。

他の企業が浅い知識で参入しても、マイナビ保育士の長年貯めた情報には太刀打ちできないでしょう。

そして転職者も多くの情報があると転職もしやすくなりますよね。

逆に全国転勤などがある会社では、人の流れが多くなってしまうので、土地勘のない人がアドバイザーになることもあります。

東京では当たり前のことが地方では当たり前じゃないように、転職も違う部分があるでしょう。

相談してもすぐに返答してくれないアドバイザーでは、少し信用できない部分がありますよね。

求人数が多い

また狭く深くのマイナビ保育士は、求人数がかなり多いです。

全国ではなく首都圏だけなのに、8000件程度の求人が検索できます。

これはマイナビ保育士の狭く深くが関係しているのかもしれません。

2つのサービスを使い分けられる

マイナビ保育士には「マイページ会員サービス」や「転職支援サービス」の2つのサービスがあるのをご存知ですか?

「マイページ会員サービス」は、転職者が自分で求人を検索し、応募して内定までもらうという完全に自分のペースでゆっくりと転職を進めたい人に向いています。

「転職支援サービス」は、転職エージェントと同じ形で、担当のアドバイザーが付き、転職に関するサポートやアドバイスを行ってくれます。

早く転職したい人や転職活動が1人で不安だという方にもピッタリなサービスです。

どちらが人気とかはありませんが、自分にあった方を選んで使うことが重要ですよ。

しかし転職支援サービスのアドバイザーは、他の転職エージェントと比べるとかなりレベルが高いと評判です。

企業の情報を抱えている

転職支援サービスでは担当のアドバイザーが企業の情報を多く抱えていると言います。

それは求人には掲載されていないような情報まで持っているということです。

ですので面接対策を行う際は「面接官はこのような質問をしてきますよ」や「〇〇の話を面接ではよくされるようですよ」などの、転職を成功させるための情報を教えてくれます。

面接は相手に何を聞かれるのかわからないから緊張するということがあると思います。

しかしどんな質問が来るのか、だいたい予想できたら、緊張も少しはほぐれるかもしれませんね。

転職を成功させるポイントを教えてくれるのは転職支援サービスだからできることです。

また職場の見学も可能ですので、職場の雰囲気を確認してから働くことができますよ。

無資格者にはオススメできない転職サービス

マイナビ保育士は新卒でも使うことができますし、保育所や幼稚園だけではなく児童施設などの幅広い求人が特徴的です。

しかし保育士資格を現在持っていない人でこれからも取得を考えていない人にはオススメできません。

「無資格者」でも求人は検索されますが、8000件の求人がある中でも40件もありませんでした。

無資格者で資格取得を考えている人なら良いでしょう。

またマイナビ保育士の特徴を把握し、「マイページ会員サービス」や「転職支援サービス」から自分に合う方を選ぶことも大切ですよ。

アドバイザーのサポートを受けられる転職支援サービスでは、転職もいち早く決まるような仕組みがあります。

早く転職したい方はぜひ使うことをオススメします。

その他、マイナビ保育士の詳細情報は、こちらの記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

マイナビ保育士の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!