数学者へ転職するなら?必要な資格・仕事内容・年収事情!おすすめ転職サイト

数学者

数学者に転職したいと考えるようになったときには、数学者になる方法や、なったときにどんな仕事をするのかをよく理解しておく必要があります。

資格の取得が必要かどうか、本当に自分がやりたいと思っている仕事ができるのかどうかといったことを思い巡らせ、正しい情報を手に入れてから転職に挑むことが重要です。

働いたときにどの程度稼げるのかも把握した上で、やはり数学者になろうと思ったら転職サイトを活用して効率良く転職活動を行いましょう。

数学者に必要な資格

まず、数学者になるためには博士号が必要になるのが一般的です。

基本的には研究職に就くことになりますが、そのために十分な修練を積んできて自分なりの哲学を持って研究を遂行できる能力があるかどうかを判断する材料になります。

ただし、どのようにして職場を選ぶかによって状況も異なり、資格がなくても実力があれば良いという場合もないわけではありません。

また、数学の教員免許を持っていることによって数学者になれることもあります。

必要な資格を取得する方法

数学の博士号

数学の博士号を取得するためには大学院の博士課程を修了する必要があります。

大学院の修士課程または博士前期課程の入学試験を受けて合格し、そこで教育を受けつつ研究活動に従事することで修士をまず取得するのが一般的です。

そして、そのまま同じ大学の博士後期課程に進学するか、別の大学の博士後期課程を受験して入学することになります。

博士後期課程でもまた教育を受け、自分なりのアイディアを盛り込みながら研究活動を行い、博士論文にその内容をまとめて提出することで博士号を取得できるというのが基本です。

大学によっては博士号を取得するために筆頭著者になっている論文を一般雑誌に投稿して採用されることが求められる場合もあります。

数学者の仕事内容

数学者の仕事は数学を中心とした数字や空間、次元などに関わる問題を解くことです。

問題提起を始めるところから始まり、仮説を立てて数字や演算などを用いて証明するという形で問題を解決していきます。

これまで未解決とされてきた問題に対して新たな視点から仮説を立てて解決を試みたり、身の回りにある現象を数学の考え方に落とし込んで問題として形作り、その問題に対して仮説検証を行ったりするのが一般的なアプローチです。

企業などからの依頼を受けて問題の解決に挑む場合もあります。

一方、数学者の多くは大学などの教育機関に所属しているため、学生の教育も行わなければなりません。

学部生に対する講義や大学院生に対する研究指導が主な業務です。

高等専門学校や高校などで教員として働きながら数学者としても活躍するというケースもありますが、その場合には給料に直結する仕事は教育指導だけになります。

得られた研究成果は論文にまとめて投稿するか、学会などで発表するのが一般的です。

企業からの依頼の場合には報告書を作成してプレゼンテーションするのが仕事になります。

また、書籍の執筆を行うことも多く、自分の導き出した理論をまとめたり、教科書を書いたりするのが通例です。

数学者の仕事はきつい?

数学者の仕事はきついという人も楽しいという人もいてケースバイケースです。

基本的には問題を前にして様々な角度から仮説を立てていき、それを実証するための方法論を考え出すことが仕事になります。

試行錯誤をしながら考えることも多く、一つの問題を解決するのに何年という単位がかかることも珍しくありません。

辛抱強さが必要ですが、考えることが好きな人にとってはあまりストレスにならず、むしろ考えている時間が楽しみになる場合もあります。

体力的な負担はなくて楽な部分もあるでしょう。きついと感じるか楽しいと感じるかは本人次第なので実際に問題解決に挑んでみるのが重要です。

大学で教員として働く場合にはそれ以外に教育の仕事も行わなければなりません。

社会的には教育の良し悪しの方が評価されることになるため、かなりの時間を割いて教育に従事することは必須です。

学生が育っていく様子を見るのが楽しいと感じられる感性を持っている人の場合にはやりがいのある仕事になります。

しかし、教育と研究を両立させるためには時間的には厳しくなり、長時間労働が必要になることが多いのはきつい点でしょう。

数学者の年収事情

数学者の年収は働き方によって大きく異なります。

研究活動によって直接お金を得られるということはほとんどないからです。

講演に招待されると一回で数万円の収入が入り、雑誌の記事の依頼があれば数千円の報奨金がありますが、年収を大きく左右するものではありません。

大学教員の場合

教員の場合には勤務先とポストによって年収に違いがあります。

教授の場合には平均すると1000万円、准教授で800万円、講師で650万円、助教で550万円程度、月収が30万円程度です。

これは基本給に各種手当と賞与を足し合わせたものですが、大学では裁量労働制になっていることが多く、残業手当や休日出勤手当はない場合がほとんどでしょう。

地域によって地域手当があり、勤勉手当や家族手当、通勤手当などは支給されているのが一般的です。

全体的に見ると国公立大学に比べると私立大学の方が給与水準が高く、教授では1200万円、准教授で1000万円、講師で750万円、助教で650万円程度の年収になっています。

研究員の場合

博士研究員などの研究員として働いているときには年収は250万円から600万円程度です。

年俸制で支払われるのが一般的になっています。

手当があるかどうかはポスト次第であり、ほとんどないというのが一般的です。

研究員としての給料を自分で財団から手に入れているケースでは高めの年収になりますが、勤務先から支給してもらう場合にはその研究機関の規定によって決まるので低めの場合が多くなっています。

高等専門学校や高等学校の教員の場合

高等専門学校や高等学校の教員として働く場合には平均年収は650万円程度、月収が30万円程度です。

大学の場合と同様に公立学校に比べると私立学校の方が年収の水準は高い傾向があります。

賞与はそのうちの20%程度を占めている場合が多く、手当については残業手当も含めた一般的な各種手当が支給されているのが一般的です。

土日に部活動の指導のために出勤し、休日出勤手当を貰っているケースが多いのも特徴でしょう。

数学者の主な勤務先

数学者の主な勤務先は大学や大学院です。

教育活動に従事することで大学側から給料をもらいながら、研究室の運営をすることで独自の研究を進められるという仕組みになっています。

必要な資金については外部から取得する必要が生じる場合もあり、財団などとのやり取りも重要な職務になるのが特徴です。

教授や准教授、講師や助教といったポストがありますが、その他にも博士研究員や一般の研究員として研究をさせてもらえる場合もあります。

各種研究所でも研究員として雇ってもらえることもあるものの、数学者を特別に雇うケースはあまり多くはありません。

高等専門学校、高等学校でも生徒教育を行いながら研究活動に励める環境が整えられている場合もあります。

また、海外では独立して数学者として働いているケースもあり、企業からの依頼を受けて問題を解決し、適切な報告書を作成することで生計を立てることも可能です。

数学の研究自体は自宅でもできるので副業をしながら研究に勤しめます。

数学者への転職は難しい?

数学者への転職はポストの有無に左右されるのでかなり難しいと言わざるを得ません。

博士号を取得する間に十分に学会活動を行って人脈を広げ、成果も上げて論文や学会発表で十分な実績を上げておかなければ大学のポストを手に入れることは困難です。

教員免許を取得した場合にも数学の教員となるのは決して容易ではなく、さらに研究活動をできる環境が整っている学校を選ぶとなるとかなり難しいでしょう。

独立して働くのは日本ではあまり一般的ではなく、海外でも一握りの優秀な数学者だけが成功している働き方です。

しかし、博士研究員のポストについては世界的に見るとかなりの数があります。

大学院に通って博士号を取得することができれば、数年任期のポストを手に入れながら様々な大学や研究所で研究を続けて成果を上げていき、最終的には大学などでポストを手に入れるといった形で働ける可能性はあります。

難しいからと諦めずに努力してみる価値はあるでしょう。

数学者へ転職した人たちの口コミ・評判

私はもともと大学院の数学系の研究科を卒業して博士号を取得していました。企業で働いていてもっと基礎的な研究をしたいと思ってポストを探しましたが、なかなか見つけることができなかったのは確かです。大学院のときの恩師に相談したら特任助教として雇ってもらうことができ、数学者としてまた研究を始められました。

情報系の企業で働いていてもっと基礎的な理論の研究をしたいと思い、大学院に入学して博士号を取りました。そのまま同じ研究室で博士研究員として働き、二年ほどして別の大学に移ってまた博士研究員をしています。このポストなら教育などの他の仕事に従事する必要がなくて研究に没頭できるのが魅力です。ただ、仕事が安定しなくて先行きがわからないのは不安になるのは確かだと思います。

電子工学を学んで企業で働いていましたが、数学に興味を持って大学で数学者になりたいと思いました。アメリカの大学に留学してPh.D.を取得し、日本に戻ってポストを得ることができました。私立大学なのでかなり教育の業務が多いのは難点ですが、終身雇用を得られたので良かったと思います。アメリカの大学の教授と今の研究室の教授が知り合いだったのがポストを獲得できた理由です。

数学者への転職におすすめの転職サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラスの転職に向いている転職サイトです。

博士号を取得するのが数学者としては基本になるので、一般的な見地からはハイクラスの転職先を考えることが必要になります。

ビズリーチでは理系の専門家の転職先を広く抱えているので、数学者として働ける研究所のポストも持っていることがあるのが魅力です。

一般的な転職サイトでは扱っていないことが多いのが大学や研究所での数学研究者のポストであり、ビズリーチだからこそ手に入れられる可能性があります。

スカウトに登録して数学者になりたいとアピールしておくと、そのプロフィールを見たヘッドハンターが求人を探して紹介してくれるので、キャリアがある人ほど魅力的な求人が手に入りやすいのも魅力です。

ビズリーチの詳細ページ