競艇選手になるには資格が必要?競艇選手になる方法を解説

競艇選手になるには資格が必要?競艇選手になる方法を解説

日本の公営ギャンブルである「競艇」では、競艇選手が職業としてレースを行なっています。

実際にギャンブルとして楽しんだことがある方は多いと思いますが、「競艇選手になるには資格が必要なのかな?」「養成学校に入学する必要はある?」などと気になることが多いのではないでしょうか?

この記事では競艇選手になる方法について解説します。

会社員から競艇選手を目指す方法もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

競艇選手になるには資格が必要?

競艇選手になるには、「国家資格」が必要になります。

「競艇選手資格検定」という国家資格に合格しなければ、競艇選手になることはできません。

試験の受験資格などは定められていないのですが、競艇選手の養成学校である「やまと学校」に入学して1年間の訓練を受けなければ、合格することは極めて難しいとされています。

そのため競艇選手になるには、日本で唯一の養成学校「やまと学校」に入学して、競艇選手資格検定に合格する必要があります。

競艇選手になるには養成学校に入学する必要がある

競艇選手になるには養成学校である「やまと学校」に入学する必要があるのですが、入学試験の倍率が非常に高く20倍〜30倍になっています。

入学試験は1年間で2回行われて、1回の試験で約50人が入学できます。そのため1年間で約100人しか養成学校に入学できません。

ただし、養成学校に入学して卒業できれば、高確率で競艇選手になれます。

競艇選手になるための大きな壁は、養成学校への入学になるでしょう。

養成学校の受験資格

養成学校は誰でも受験できるわけではありません、受験資格は下記の通りです。

年齢 15歳以上30歳未満
学歴 入所日において中学校を卒業している
身長 175cm以下
体重 男性(47kg以上57kg以下)/女性(42kg以上50kg以下)
視力 両目とも裸眼で0.8以上(コンタクトなどは不可)
弁色力 強度の色弱でないこと
聴力 その他の健康状態:選手養成訓練に支障のない者

特に「身長・体重・視力」に関しては厳しく定められています。

養成学校の試験内容

養成学校の試験は第1次試験から第3次試験まであります。

学科試験は中学生レベルの問題が出題され、実技試験では4泊5日の合宿で行われます。

養成学校の詳しい試験内容についてご紹介します。

第1次試験

第1次試験では、学科試験と体力試験があります。

倍率は7倍〜10倍になっているため、第1次試験でも通過することが難しいです。

学科では「国語・数学・理科・社会」に関する問題が各10問出題されます。

5択のマークシート形式での回答で、出題される問題は中学生レベルです。

体力試験では、「握力・背筋力・立位体前屈・上体そらし・垂直跳び」と基礎的な体力を確認されます。

学科は問題が簡単なので、試験結果は体力試験によって決まると言われています。

第2次試験

第2次試験では、体力試験と適正試験があります。

体力試験では、「1500m走・開脚体前屈・乗艇姿勢・関節柔軟・上体おこし・腕立て伏せ・50m走・反復横とび」と8つの科目を確認されます。

適正試験では、「操縦・全身反応力・処置判断・速度見越し・横と縦の動体視力」など12科目を確認されます。

そして第2次試験からは4泊5日の合宿で行われて、合宿中の態度や行動も審査結果に影響を与えます。

試験結果は4日目の朝に発表されて、不合格の場合は即解散となります。

第3次試験

第3次試験では、面接と身体検査があります。

面接では受験生1人に対して面接官が2名〜3名で、面接回数は2回〜3回となっています。

身体検査では、特別に工夫しなくてはいけないことはありません。

以上の試験を通過することができれば、養成学校に入学できます。

卒業試験に合格すると競艇選手になれる

競艇選手になるには、養成学校で行われる「卒業試験」に合格する必要があります。

そして卒業試験に合格すると、国家資格である「競艇選手資格検定」を受けられます。

養成学校を卒業できている場合は、高確率で競艇選手になることができます。

もし卒業試験や資格検定を不合格になってしまうと、半年間の講習を受けて再受験することになります。

不合格になると競艇選手になるまでの期間が延びてしまうので、1回で合格できるようにしましょう。

倍率の高い養成学校へ入学するポイント

倍率の高い養成学校に入学するためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

入学することに何年も時間をかけないためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

学科試験は満点を取る

養成学校に入学するためには、学科試験で満点を取ることが大切です。

上記でもお伝えしたように第1次試験は、体力試験で合否が決まると言われています。

言い方を変えると、「学科試験はできて当たり前」ということです。

そのため満点に近い点数をとることができなければ、第1次試験を通過することは難しいです。

出題されるのは中学生レベルになので、しっかりと勉強をすれば満点は取れると思います。

受験者の中でトップクラスの運動能力を身に付ける

養成学校に入学するためには、受験者の中でもトップクラスの運動能力を身に付けることが大切です。

倍率が高いため、ある程度の運動能力では試験を通過できません。

受験者の中でトップクラスの運動能力を身に付ける必要があるのです。

体力試験の内容は公開されているため、事前に能力値を高めることは可能だと思います。

特に「1500m」は重要視されると言われています。

競艇選手についての理解を深める

養成学校に入学するためには、競艇選手についての理解を深めることが大切です。

第3次試験では面接があるのですが、面接で不合格になる方は多いです。

競艇選手についての理解を深めることで、どんな質問をされても自信を持って答えられると思います。

「競艇選手になりたい」という気持ちも大切なのですが、競艇選手という職業に関する理解も大切になります。

「競艇選手になる」という目標を忘れない

養成学校に入学するためには、「競艇選手になる」という目標を忘れないことが大切です。

第2次試験から4泊5日の合宿で行われます。上記でもお伝えしたように、合宿中の態度や行動も審査結果に影響を与えます。

もし少しでも気を抜いてしまうと、軽率な行動が目立ってしまい、試験以外のことで不合格になることが考えられます。

そのため合宿中は常に「競艇選手になる」という強い芯を持って、生活することが大切です。

中卒が仕事がないは事実!それでも仕事を見つける方法を解説します

会社員から競艇選手を目指すことは可能?

競艇選手は会社員からでも目指すことが可能です。

実際に養成学校に在籍しているのは、20代前半の男性が多いです。

しかし、働きながら養成学校に入学するための準備をしなくてはいけないため、難易度は高いでしょう。

また30歳までに入学する必要があるため、何度も試験に落ちることはできません。

もし働きながら競艇選手を目指す場合は、入学するための準備を行いやすい職業に転職することをおすすめします。

倍率が高いため、仕事ばかりに時間を取られていると合格するのは難しいと思います。

競艇選手を目指しやすい職業

競艇選手を目指しやすい職業として、「ゴミ収集員」「工場作業員」「警備員」の3つおすすめします。

求人が多い職業になるため、転職難易度は低いです。

3つの職業について詳しくご紹介します。

ゴミ収集員

ゴミ収集員は、ゴミ集積所を回って収集車にゴミ積み込んで、積んだゴミを清掃工場などの処分場に搬入する仕事です。

競艇選手を目指す上でおすすめな理由が、働きながら体力を付けられることです。

ゴミ収集員は「肉体労働」と言われる職業で、1日でゴミ集積所を200カ所以上回ることがあります。

また時間が決められているため、急いでゴミを収集する必要があります。

働きながら体力を受けられることは、大きなメリットになると思います。

工場作業員

工場作業員は、「ライン作業・ピッキング」など工場内で作業を行う仕事です。

業務内容は多岐に渡りますが、基本的にルーティンワークになるため自分から考えて行動することはありません。

競艇選手を目指す上でおすすめな理由が、定時で帰られることです。

1日の作業量は決められているためトラブルなどがなければ定時に帰ることが可能で、仕事が終わってからでも養成学校に入学するための準備を行えます。

平均年収は250万円〜300万円と少ないかもしれませんが、競艇選手を目指す環境は整っていると思います。

警備員

警備員はビルや施設で警備を行う仕事です。

建物内を循環しながら、トラブルなどに遭遇した場合は連絡・対応します。

競艇選手を目指す上でおすすめな理由が、働きながら体力を付けられることです。

ゴミ収集員同様に、肉体労働と言われる職業になるため、お金をもらいながら体力を付けられます。

またトラブルなどがない限り定時で帰ることができるため、仕事が終わってからでも養成学校に入学するための準備を行えます。

警備員の求人が多数あるため、転職難易度が低いです。

競艇選手になるには倍率の高い養成学校に入学する必要がある

この記事では競艇選手になる方法についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

競艇選手になるには「競艇選手資格検定」という国家資格が必要になります。

国家資格に合格するためには、「やまと学校」という養成学校に入学する必要があるのですが、倍率が20倍〜30倍と非常に高いです。

そのため会社員から競艇選手を目指す場合は、上記でお伝えした職業へ転職することをおすすめします。

そして高倍率の養成学校に入学して競艇選手を目指しましょう。

年収1000万以上の割合は5%!?目指せる職業と高給取りの落とし穴を解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件