契約社員を辞めたい!会社が納得してくれる退職のタイミングは?

契約社員を辞めたい!会社が納得してくれる退職のタイミングは?

契約社員として働いている人は、退職できるタイミングをご存知でしょうか?

雇用期間の契約を結んでいるので、正社員のように辞めたいタイミングで退職できるのか謎ですよね。

退職のタイミングについて知りたくても、人事や上司にも聞きづらい内容ですので、ここで詳しく説明したいと思います。

この記事では、契約社員が会社を辞めたいと思う理由や、退職を伝えるときの注意点、契約社員から正社員になる方法なども掲載しています。

これから転職を考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

契約社員を辞めるタイミングはいつがベスト?

会社を辞めるときは1ヶ月くらい前に言ったらいいのか、2、3ヶ月前の方が親切なのか、悩ましいところですね。

あまり早くいうと、長い期間気まずい思いをすることになってしまいます。

さらに契約社員の場合は企業と結んだ雇用契約があるため、辞めるタイミングは決めることができないのかも不明な人が多いようです。契約社員が退職を申し出るタイミングについて、ここで詳しく説明します。

2週間前に伝えていいのは正社員だけ

法律では、従業員は退職日の2週間前に退職の意思を伝えればいいとされています。

しかし、これは雇用期間に定めがない正社員の話です。

契約社員は正社員とは異なり、雇用期間を満了したときが退職できるタイミングになります。

退職を決意したらスケジュールを立て、スムーズに引き継ぎができるよう準備を進めましょう。

契約期間を満了して退職する

円満退職したいと思えば、契約期間を満了して辞めるのが一番です。

企業側が決めた期間なので、繁忙期であっても引き継ぎの社員が見つかっていなくても、堂々と会社を辞められます。

契約期間をキチッと守って退職したことは、次の会社でも高く評価されるでしょう。

早めに退職したいと思っても、あと少しの期間で満了になるのであれば、そのタイミングを待って退職するのがオススメです。

契約社員は契約期間内でも退職できる?

契約社員は入社時に雇用期間を決めて、お互いに同意して働いているため、基本的には途中退職は認められません。

しかし最初に聞いていた業務内容と違うことをさせられたり、サービス残業が発生したりと、約束を破られることもあります。

その場合は契約の期間中であっても、途中で退職することが可能です。

途中退職をするには条件がありますので、詳しくみてみましょう。

途中退職できる理由とは

基本的に契約満期になるまでは退職することは認められていませんが、下記のような事情がある場合は、契約期間内であっても会社を辞めることができます。

  • いじめ・パワハラ・セクハラがある
  • 契約内容と労働条件とが著しく違う
  • 体調不良や病気などで働けなくなった
  • 家族の介護や育児などで働けなくなった

途中退職ができない理由

基本的に契約期間内でも、きちんとした理由があれば退職は可能ですが、以下のような自分勝手な都合での退職は認められません。

  • 仕事が楽しくないなど自己都合による退職
  • 人間関係に対する不満

しかし契約が3年などの長期間で、1年以上勤務していれば、正社員のように自分の意思で退職を申し出ることが可能です。

契約社員とは?正社員と比べたメリット・デメリット

契約社員を辞めたいと思う理由

契約社員という働き方は、自由なワークスタイルや副業が可能、性格が合わない同僚や上司がいても期限があるなどのメリットがあります。

一方で、契約社員ならではのデメリットも存在します。

ここで契約社員を辞めたくなる、代表的な理由を紹介したいと思います。

  1. 不安定な雇用状態である
  2. 正社員になれない
  3. 昇給・賞与がない
  4. どんなに頑張っても正社員のように評価されない
  5. 正社員と同等の業務をしても収入に差がある

忙しい職場は大変ですが、やりがいがあります。頼りにされるともっと頑張ろうと残業もします。

しかし思うような評価がされず、結局それが「契約社員だから」ということになると、自分の置かれている立場に不満を感じる原因になってしまうのです。

契約社員を辞めるときの注意点

契約社員は契約期間が過ぎれば辞められますが、タイミングが重要です。

注意点をよく読んで、ご自身の退職計画を立てましょう。

退職の意向は更新タイミングより前に伝えておく

入社してから何度か更新をしている場合、企業側が次も更新してもらえるという気持ちでいることが多いです。

業務に不満があるような様子がなかったら、次年度の計画もあなたが在籍してくれているという認識で進めているかもしれません。

もし次の契約更新はしないでおこうと決めているのなら、先方から声をかけられる前に、更新する気持ちがないことを伝えておくといいでしょう。

企業側は人員が減った分を補充し、引き継ぎをしなくてはいけないため、早めの報告が親切です。

退職者が少ない時期を見極めて退職する

企業によっては、事務員のほとんどが契約社員ということがあります。

退職の話なども気軽にできるような仲であれば、一斉に退職するようなタイミングで辞めてしまうのは避けた方がいいでしょう。

契約社員が一度に辞めてしまっても困るのは会社だけですし、仕方ないことかもしれません。

しかしこれまでお給料をもらいながら働かせてもらった、という気持ちは忘れずに。

いつかまたお世話になるかもしれませんので、辞めたら知らんぷりというのは人として避けるべきです。

12月や3月の繁忙期は避ける

決算月や年度末は多くの企業が忙しく、人の入れ替わりも多い時期です。

この月に転職してしまうと、転職先の社員も忙しく、丁寧に指導してもらえない可能性があります。

また在籍している会社も忙しいことが予想されますし、後任の人に業務の引き継ぎをしなくてはなりませんので、面接の休みが取りづらくなってしまいます。

9月や10月も求人が増える時期と言われていますので、会社全体が落ち着いている時期に行動するのがオススメです。

退職金はもらえないものと考えておく

契約期間は長くても5年間で満了となります。

2013年から開始された「契約社員の無期転換ルール」により、5年以上勤務すると「無期労働契約社員」に切り替わることができるのです。

企業側が無期雇用として契約をしない場合は、最長5年で退職になりますが、契約社員に退職金は支給されません。

退職金は賞与と同じで、法律的に支払う義務はないのです。

もし退職金をもらうつもりで1ヶ月くらいのんびりしようと思っていると、痛い目にあってしまうので注意して下さい。

企業によっては「満了金」と言われるものが支給されるケースがあります。

契約社員は正社員へ転職できる?

契約社員の退職理由として多く挙がるのが「雇用の不安定」です。

そこで契約社員を経て正社員への転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

そのような人は、「契約社員で働いていたことは転職に不利になるのか?」が気になるところだと思います。

結論からいうと、契約社員としての実績はなかなか認めてもらえません。

しかし同じ企業で3年以上勤めている場合は、認めてもらえるケースもあります。

とくに大企業の契約社員は、中小企業の正社員よりも優秀だと思っている人事もいるようです。

自信を持って転職に臨んでいいでしょう。

企業の正社員登用制度を利用する

転職理由が会社への不満でない場合は、正社員登用が可能かを上司や人事に確認してみるといいでしょう。

勤務態度がよく、業務も正社員と同じレベルでこなしている場合は、正社員になれる可能性があります。

「これまで契約社員から正社員になった人を見たことがない」「自分に自信がないから言いづらい」ということもあるかもしれません。

しかしこれまで頑張ってきた経験を捨てるのは非常にもったいないことです。

会社の業績がよかったり、上司が普段の仕事ぶりを認めていたりすれば、転職をせずとも正社員になれます。

転職は体力も時間もかかるため、「無理を承知でお願いがあるのですが」と切り出してみてはいかがですか?

契約社員から正社員登用は可能?5年働いたら正社員になれるって本当?

就職エージェントを活用して正社員になる

1年未満の退職や、更新をしてもらえなかったという人は、正社員としての転職はむずかしいかもしれません。

その場合は、ひとりで転職活動をするよりも、就職エージェントなどの職業支援サービスを利用するのがオススメです。

就職エージェントの中には、履歴書や職務経歴書の提出をせずとも、面接してくれる企業を紹介してくれるサービスがあります。

登録するには条件がありますので、紹介してもらえるか問い合わせてみましょう。

応募書類が不要な企業は、学歴や職歴よりも人柄を重視してくれます。

これまで正社員としての職歴がない人にもオススメのサービスです。

契約社員におすすめ転職サイトランキング

まとめ

契約社員は基本的に企業と結んだ雇用期間を満了するか、更新のタイミングで退職を願いでることができます。

時期を間違えてしまうと転職活動がうまくいかなかったり、仕事が忙しく面接にいけなかったり、ということにもなりかねません。

退職のタイミングは、会社の繁忙期を避けるなど配慮して伝えるようにしましょう。

正社員への転職を目指しているのであれば、職歴よりも人柄を重視してくれる企業を探すのがオススメです。

転職は経験がある業界内で行われることが多いため、会社に迷惑をかけたりトラブルを起こしたりして退職するようなことは避けて下さい。

円満退社目指し、感謝の気持ちを伝えた上で転職を成功させましょう。

契約社員を正社員って嘘ついてもバレないって本当?契約社員からの転職

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件