看護プロの電話はしつこい?電話連絡がしつこいときの対処法

看護プロの電話連絡はしつこい?

『看護プロ』は看護師の転職に特化した転職支援サービスです。

求人を検索できるだけではなく、専任のコンサルタントに仕事探しや面接対策などをサポートしてもらえるのも魅力です。

そんな看護プロのコンサルタントとは、基本的に電話でやり取りをします。

中には、この電話をしつこいと感じてしまう方も…。

そこで今回は、電話に対してしつこいと感じた方の口コミや、しつこい場合の対策などについて解説していきます。

看護プロから電話が入るタイミング

看護プロは登録制のサービスです。

登録後にコンサルタントと様々なやり取りをしながら仕事を探していきます。

ではまずは、どんなタイミングで何のための電話が入るのかを解説していきます。

まずは登録後の電話

サービスに登録すると、だいたい1営業日以内には確認の電話が入ります。

この電話では、希望の勤務地や勤務時間、仕事内容など、仕事探しへの要望をヒアリングされます。

ここで伝えた内容をもとにあなたに合った仕事を探してくれるので、もし要望があれば細かく伝えておきましょう。

求人紹介の電話

次に、希望に沿った求人を紹介するための電話です。

看護プロのような転職支援サービスからの電話がしつこいと感じる大部分は、この電話だといえるでしょう。

すぐに希望の職場が見つかって転職ができれば、求人紹介の電話の回数もそこまで多くはならないでしょう。

しかし多くの人はそうはいきません。

自分の希望に沿った仕事と出会えるまで何度も求人を紹介してもらい、やっと出会えたと思ったら選考を通過せずまた振り出しに…。

それを何度も繰り返していきます。

ですので、必然的に求人紹介の回数は多くなり、人によってはしつこいと感じてしまうようになるのでしょう。

とはいえこの電話がなければ仕事を探すこともできません。

企業との調整に関する電話

看護プロのような転職支援サービスの場合、企業との面接日程の調整や条件交渉などを、全てコンサルタントが代わりに行ってくれます。

その調整・交渉結果については全て電話で連絡が入ります。

これらの電話は回数も知れていますし、必要な連絡です。

とくに回数などが気になることはないでしょう。

看護プロからの電話はしつこい?

では看護プロからの電話は本当にしつこいのでしょうか。

何をもってしつこいというのかは人によって違うと思いますが、今回は実際に看護プロを使った方の口コミを調べてみることにしました。

Twitterや2chには書き込みなし

まずはTwitterや2chでしつこさに関しての書き込みを調べてみましたが、1件もヒットしませんでした。

Twitterや2chのユーザー層と看護プロのユーザー層があまり合致していないことも要因かもしれませんが、1件もネガティブな書き込みがないのはサービスの質の高さの裏付けともいえるかもしれません。

しつこさへの評判は見つからず

いくつかのサイトを調べましたが、しつこさに言及しているような口コミは見当たりませんでした。

電話がしつこいと感じてしまうのは、その人の感覚にもよります。

インターネットの情報だけに踊らされることなく、実際にサービスを利用してみて、自分自身で確かめてみるほうがよいと思います。

看護プロを実際に利用した人たちの口コミ・評判は、こちらの記事を参考にしてください。

看護プロの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

看護プロの電話連絡がしつこい!と感じたらどうする?

では実際にサービスを利用してみて、本当に「しつこい!」と感じてしまった場合はどうすればよいでしょうか。

対処法はいくつかありますので、今回はそれらについて解説していきます。

ご自身が一番伝えやすいものを選んで、参考にして頂ければ幸いです。

電話の頻度を落としてもらう

コンサルタントに、電話の頻度を落としてもらうように要望してみましょう。

コンサルタントとしては少しでも転職を成功に導くために、何度も電話をしてしまうのは当然のこと。

もしそれを負担に感じてしまうようであれば、転職活動どころではありません。

頻度を落としてもらう電話をするのは気が引けるかもしれませんが、優先すべきは転職の成功なので、遠慮することはありません。

コンサルタント側も言われ慣れていると思いますので、きちんと伝えましょう。

電話の時間を指定する

日時かまわず電話が来ることがストレスなのであれば、こちらから時間を指定してみましょう。

例えば「水曜か金曜の午後5時~6時の間に電話をしてください」など。コンサルタント側も、確実に連絡が取れるほうがありがたいはずです。

メールでの連絡にしてもらう

電話連絡をあまりにストレスに感じてしまうのであれば、メール連絡に変えてもらっても構いません。

電話よりも文字にして読んだほうが分かりやすい場合もありますし、何よりメモなどを取らなくても情報が残ります。

コンサルタントとしては気軽に連絡ができない分手間を感じてしまうかもしれませんが、この場合も優先すべきは自分の転職活動のことなので遠慮なく伝えましょう。

何をしても、やはりしつこいと思ってしまったら…

ここまで色々な対策をご紹介してきましたが、どんな対策を取っても、要望を伝えても、やっぱりしつこさを感じてしまう場合は、思い切って担当変更を依頼してみましょう。

「担当変更を、担当の方に依頼するのはさすがに気まずい…」

と思われるかもしれませんが、転職のためにも言うべきことは言わなければなりません。

コンサルタント本人に連絡するのが気まずい場合は、他のコンサルタントに伝えても構いませんし、メールで伝えてもOKです。

伝える内容もシンプルで大丈夫です。「担当のコンサルタントの方とコミュニケーションがとりづらいので、担当を変更していただけないでしょうか」というように伝えれば問題ありません。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件