看護のお仕事をスムーズに退会する方法と退会までの流れ

看護のお仕事を退会する方法

看護師専門の転職サービス『看護のお仕事』。

無料で登録でき、登録後はアドバイザーによる求人紹介が受けられたり、履歴書作成や面接のサポートをしてもらえたり、面接日程の調整・交渉を代行してくれたりと、様々なサービスを受けられます。

サービスへの登録自体はとても簡単ですが、退会をする場合はどうなのでしょうか。

他の転職支援サービスの場合、退会フォームがなかったり、退会時にトラブルになったりというケースも時々耳にします。

今回は、『看護のお仕事』のサービスをスムーズに退会する方法や流れ、注意点などについて具体的に解説していきます。

看護のお仕事の登録と退会は公式ページからできる?

まずサービスの登録自体は、とても簡単です。

公式ページに無料登録フォームがあり、下記の情報を入力するだけですぐに登録できます。

  1. 希望の働き方(常勤・日勤・夜勤・非常勤など)
  2. 希望転職時期
  3. 保有資格(正看護師・准看護師・助産師など)
  4. 氏名
  5. 誕生年
  6. 希望の勤務地
  7. 電話番号
  8. メールアドレス(任意)
  9. 希望連絡時間や希望条件など(任意)

全て入力しても5分程度で登録完了です。

この登録フォームを使わなくても、電話で登録することも可能です。

では退会についてはどうなのでしょうか。

退会にフォームや、退会についての言及はなし

残念ながら、公式ページ上には退会フォームはありませんでした。

またサイト内の別ページを探してみましたが、退会に関して言及しているような項目はないようです。

転職支援サービスの多くは、退会フォームを用意していません。

簡単に退会できるようにしてしまうとユーザー離れが早くなるので、退会は担当アドバイザーへの電話やメールなどに限定していることがほとんどです。

看護のお仕事の退会は担当アドバイザーに直接連絡を

サービスに登録すると、アドバイザーが担当として付いてくれます。

このアドバイザーと二人三脚で転職先を探していくことになります。

登録しているということは何かしらの形でアドバイザーとコンタクトを取っているはずなので、退会したい場合は担当アドバイザーに直接連絡を入れましょう。

連絡は電話でもメールでも、都合の良いほうで構いません。

電話で連絡する場合

普段からアドバイザーとは電話で連絡を取り合っていると思いますので、直接電話をして退会したい旨を伝えましょう。

色んな場面でお世話になってきたアドバイザーなので、退会することを伝えにくいと思ってしまうこともあるかもしれません。

とはいえ仕方がないことなので、端的にきちんと伝えましょう。

おそらく理由を聞かれると思います。

他のサービスで仕事が決まったり、知人から仕事を紹介してもらったりと理由は様々でしょう。

どんな場合でも正直に伝えて構いません。

メールで連絡する場合

担当アドバイザーと普段やり取りをしているメールアドレスに直接メールを送りましょう。

メールの場合も理由などは端的に伝えれば問題ありません。

自分でイチからメール文面を作成するのは大変だと思いますので、文例をご用意しました。

ご自身の状況やアドバイザーとの関係性を踏まえて、アレンジして書き換えていただければと思います。

●●さん(担当アドバイザーの名前)

いつもお世話になっています。▼▼(あなたの名前)です。
先日は求人の紹介ありがとうございました。

実はこの度、別のサイト経由で転職先を見つけることができました。
●●さんには日頃からお世話になっていたにも関わらず、
『看護のお仕事』経由で決めることができず申し訳ありません…。

別サイト経由ではありますが、応募書類の書き方や面接での受け答えなど、
●●さんのご尽力があってこその結果だったと思っています。
本当にありがとうございました。

つきましては、『看護のお仕事』のサービスを退会させて
いただければと思います。情報の削除など、よろしくお願い致します。

●●さんの今後のご活躍をお祈りしております。

担当アドバイザーに連絡をしたくない場合

あまり好ましい状況ではないのですが、「どうしても担当アドバイザーに連絡したくない…」という方もいるでしょう。

アドバイザーと相性がよくなかったり、傷つくようなことを言われてしまったり、連絡をしたくなくなるケースもあると思います。

そんな場合は担当アドバイザーではなく、サービスの代表電話に連絡をして退会を伝えても問題ありません。

番号は【0120-963-668】です。

また、公式ページ内にお問い合わせフォームもありますので、そちらから連絡してもOKです。

ページの場所が少し分かりにくいので、下記のURLをご参照ください。

看護のお仕事を退会する場合の注意点は?

退会連絡をしたからOK、というわけではありません。

ぜひご自身のためにも注意していただきたいポイントを2つと、できれば配慮していただきたいポイント1つをご紹介します。

連絡を無視したり、失礼な対応をしたりしない

退会するから対応はおざなりでもいい、というわけではありません。

退会時に失礼な対応をしてしまったり、アドバイザーからの連絡を無視してしまったりすると、例えば再度転職活動をする際に登録を断られたりすることもあるでしょう。

何より、すでに選考に進んでいる会社への対応などもありますので、退会する際はきちんとアドバイザーに連絡をするようにしましょう。

また、医療業界は広いようで狭いものです。

転職予定企業に、失礼な対応の内容が伝わってしまわないとも限りません。

そうなると自分自身に不利益となってしまいますので、最後まで丁寧に対応するほうが得策だといえます。

預けている情報の扱いについてはきちんと確認する

登録に際して個人情報を伝えているほか、場合によっては履歴書や職務経歴書、ご自身の写真なども預けているかもしれません。

こうした情報の扱いについても確認しておきましょう。

全て削除・破棄をしてもらうのか、また履歴書や職務経歴書、写真などは返却してもらうのかなど。

もちろん何も言わなくてもアドバイザーが対処してくれるとは思いますが、自分自身の情報には責任を持つようにしましょう。

お世話になったアドバイザーには感謝の言葉を

退会時、お世話になったアドバイザーにはきちんとこれまでの感謝を伝えるようにしましょう。

転職活動において様々なサポートをしてもらったと思います。

それに関して何の感謝も伝えずに退会するのは、やはり失礼でしょう。

将来もう一度『看護のお仕事』のサービスを使うことがあるかもしれません。

そんなときのために、関係性が良いまま退会できたほうがお互いにとっても良いはずです。

「たくさん仕事を紹介してくださってありがとうございました」「●●さんのおかげで、転職活動を不安なく進められました」など、ちょっとした言葉で構いませんので、伝えてから退会しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件