日本でエンジニアが軽視されるのはなぜ?理由と地位向上の手段を解説

日本でエンジニアが軽視されるのはなぜ?理由と地位向上の手段を解説

エンジニアは「工学(エンジニアリング)に関する専門的な知識やスキルを持った人材」を指す言葉で、IT技術が進んだ現代では世界的に「 ITエンジニア」がさまざまな場で活躍しています。

ただ、日本ではエンジニアという職業は軽視されがちです。

なぜ、IT技術が進んだ現代でエンジニアは軽視されているのでしょうか?

この記事では日本でエンジニアが軽視される理由、地位や給与を向上させる方法などについて詳しく解説していきます。

海外ではエンジニアの地位や給与が向上している

海外では日本のようにエンジニアが軽視されることはなく、地位や給与がどんどん向上していっています。

特にアメリカ合衆国ではエンジニアの年収が「1,000万円」を超えいる実情があります。

なぜ、海外ではエンジニアの地位や給与が向上しているのでしょうか?

考えられる理由を3つご紹介します。

IT企業と需要の増加

1つ目の理由は「IT企業」が増加したことです。

近年IT技術が進化し続けていることから、IT企業が世界的に増えてきています。

有名なIT企業ですと「Microsoft」「Apple」「Alphabet(Google・YouTube)」「Facebook」などが挙げられます。

その他にもベンチャー・中小のIT企業がどんどん増えてきています。

さらに「ITの需要」も年々増しています。日本よりも海外の方がITの需要が増加しているため、海外エンジニアの地位や給与は向上していくのでしょう。

プログラミング言語は世界共通

2つ目の理由は「プログラミング言語は世界共通」だからです。

日本・海外のエンジニアでも同じプログラミング言語を使います。

そのため日本のエンジニアよりも海外のエンジニアの地位や給与が向上していると考えることができます。

日本のプログラミング言語は日本のエンジニアにしか分からないようになっていた場合は、軽視されるなんてことはなかったでしょう。

プログラマーの転職で有利になるプログラミング言語は?

大学で情報技術を学んだ学生が就く職業だから

最後の理由は「大学で情報技術を学んだ学生が就く職業」だからです。

日本の場合は未経験でもエンジニアになることは可能で、未経験の方が多い傾向があります。

ただし、海外のエンジニアは大学で情報技術を学んだ上で就職します。

そのためエンジニアという職業に就くまでの過程の違いから、地位や給与にも違いが生まれているのでしょう。

日本でエンジニアが軽視される5つの理由

上記では海外のエンジニアの地位や給与が向上しているとお伝えしましたが、なぜ日本ではエンジニアが軽視されるのでしょうか?

日本でエンジニアが軽視される理由は大きく5つあり、下記の通りになっています。

  • IT業界内での人材不足が過熱しているから
  • エンジニアの仕事=卒業後でも学べるとの認識があるから
  • 企業内でエンジニアの実力を判断できる人がいない
  • 選考過程でエンジニアの力量を図る手段が少ない
  • エンジニア=単純な労働作業のイメージがあるから

1つ1つ解説していきます。

IT業界内での人材不足が過熱しているから

日本のIT企業の多くは人材不足が過熱していて、エンジニアに注力する時間・お金がありません。

第一に人材確保を目的としているため、エンジニアは軽視される傾向があるのでしょう。

また、「とにかく人材を確保してからエンジニアになってもらう」という考えを持っている企業もあるため、日本では軽視されると考えられます。

ITエンジニアにはどんな種類がある?必要なスキルと仕事内容

エンジニアの仕事=卒業後でも学べるとの認識があるから

上記でもお伝えしましたが、日本では「エンジニアの仕事=卒業後でも学べる」という認識があります。

そのような認識だと「エンジニア」という仕事が全く魅力的に感じないと思います。

そのため日本では軽視されてしまいます。

エンジニアの地位や給与が向上している海外では「エンジニアの仕事=大学で学ぶ」という認識になっています。

この認識の違いで地位も給与も変わってくるのでしょう。

企業内でエンジニアの実力を判断できる人がいない

エンジニアを数多く雇っている企業は少なく、エンジニアの力が必要な場合は「外注する」という企業が日本には多いです。

そのためエンジニアの実力を判断できる人が企業内におらず、軽視されてしまいます。

またエンジニアについて理解している社員も少ないです。

企業内に1人でも多くエンジニアの実力を判断できる人がいれば、軽視される機会は少なくなるでしょう。

選考過程でエンジニアの力量を図る手段が少ない

エンジニアは選考過程で力量を図る手段が少ないため、軽視されると考えられます。

例えば、営業職だった場合は選考過程である程度の力量は図ることができると思います。

ただしエンジニアは選考過程で力量を図れるほど簡単な仕事ではなく、時間をかけて実力を証明していきます。

そのためエンジニアは選考から軽視されてしまいます。

エンジニア=単純な労働作業のイメージがあるから

日本ではエンジニアの知識を持っている人が少ないため、「エンジニア=単純な労働作業」というイメージが持っている人が多いと思います。

本当に単純な労働作業だとすると、軽視されても仕方ないですよね。

ただし海外のエンジニアを見たらわかるように、単純な労働作業に年収「1,000万円」以上支払うなんてことはないでしょう。

知識がない人ほどエンジニアを軽視する傾向があります。

エンジニアの転職ではスキルが最重要?キャリア設計と勉強の進め方

ITエンジニアが転職する前にやっておくべき20のチェックリスト

エンジニアでも軽視されずに地位や収入を上げる方法

日本のエンジニアは軽視されていますが、少しでも地位や給与を上げたいと思っている人はほとんどでしょう。

そこで日本でも軽視されずに地位や給与を上げる方法をご紹介します。

プログラミング言語など業務知識を蓄え続ける

日本で軽視されないためには、期待以上の働きをする必要があります。

そのためプログラミング言語などのエンジニアに関する業務知識を蓄え続けることが大切で、いざというシーンで蓄え続けた知識を最大限に発揮しましょう。

蓄え続けることが大切ですが、蓄えて終わってしまうと意味がありませんので、いつでも発揮できるように蓄えておきましょう。

理系の情報系科目を専攻する

エンジニアは未経験でも卒業後でも学ぶことができると言われていますが、軽視されないためには在学中に理系の情報系科目を専攻しておくことが大切です。

情報系科目を専攻していたということは、記録に残ることで選考過程で実力を示す1つの材料になります。

そのため理系の情報系科目を専攻するようにしましょう。

積極的に仕事に取り組み大きなプロジェクトに携わる

エンジニアとして軽視されないためには、積極的に仕事に取り組むことが大切です。

上記でもお伝えしたように「エンジニア=単純な労働作業」と思わせないためにも、自分から積極的に取り組む必要があります。

さらに企業内の大きなプロジェクトに携わるようにしましょう。

大きなプロジェクトは企業内でも注力されることなので、そこで実力を示すことができれば軽視されることはなくなると思います。

積極的に取り組み大きなプロジェクトに携わることを意識してみてください。

技術向上して海外のエンジニアとして働く

日本で軽視されたくない人は、技術を向上させて海外のエンジニアとして働くのも1つの方法です。

何度もお伝えしているように、海外のエンジニアは地位も給与も日本とはかけ離れています。

そのため海外で働くことができれば、軽視されるなんてことはないでしょう。

ただし海外のエンジニアとして働くことは難易度が高いです。

転職エージェントを利用して他企業へ転職する

企業内で軽視される場合は、他企業に転職することも1つの方法です。

現在の企業で軽視されていても他企業に転職することによって、地位も給与も大きく変わることがあります。

その場合は「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

転職エージェントの利用をおすすめする理由は下記の通りです。

エンジニアとしての成果物をウリに転職できる

転職エージェントを利用するとエンジニアとしての成果物をウリに転職することができて、希望している通りの企業に転職しやすくなります。

今までの成果物をウリにすることが転職では肝心になってくるため、転職エージェントを利用して最大限に成果物をウリにしましょう。

エンジニアの転職成功実績が豊富

転職エージェントには「一般向け・第二新卒向け・事務職向け」などさまざまな種類があります。

そのため「エンジニア向けの転職エージェント」もあり、エンジニアの転職成功実績が豊富です。

エンジニアの転職したい際には「エンジニア向け」も転職エージェントを利用しましょう。

エンジニアに合った転職サポートが受けられる

転職エージェントを利用すると1人1人に合ったサポートを受けられるので、エンジニアに合ったサポートを受けることができます。

エンジニアならではサポート方法などもあるため、転職エージェントを利用することでスムーズに転職できるようになります。

エンジニアのサポートが充実した転職エージェント

上記でもお伝えしましたが、日本には数多くの転職エージェントがあります。

そこでエンジニアのサポートが充実している転職エージェントをいくつかご紹介します。

FolkwellScout(フォークウェルスカウト)

フォークウェルスカウト

FolkwellScoutはエンジニアに特化した転職エージェントです。

ホームページでも「ITエンジニアのためのスカウトサービス」と記載されているほどです。

スカウトサービスとは、企業から転職希望者にオファーがくるサービスで、登録しているだけで転職が成功する可能性が大いにあります。

さらにFolkwellScoutのスカウトサービスでは、一括メールなどを排除しているため採用までスムーズに進みやすいです。

エンジニアの地位や給与を向上させたい方にはおすすめできる転職エージェントです。

フォークウェルスカウト詳細ページ

ワークポート

ワークポート

ワークポートはIT専門の転職エージェントで、トップクラスの求人数・実績を誇っています。

ワークポートの求人数は「9,000件」を超えているため、希望している求人を見つけやすく、好条件の求人も多いでしょう。

ただし、エージェントから紹介される求人は「質より量」になりがちなため、注意が必要です。

幅広い求人の中から選択したい人にはワークポートがおすすめです。

ワークポート詳細ページ

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITは大手人材紹介会社「マイナビ」が運営している、IT・WEBエンジニアに特化した転職エージェントです。

マイナビが運営しているため、取引社数は15,000社を超えていて、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人があります。

さらにマイナビが誇る「転職ノウハウ」を駆使してサポートしてくれるため、スムーズに転職を成功させることができます。

転職に対する不安がある方は業界最大手の「マイナビエージェントIT」がおすすめです。

マイナビエージェントIT詳細ページ

自己価値を高めてエンジニアとして飛躍しよう

この記事では日本のエンジニアについてお伝えしましたが、日本のエンジニアは軽視されることが多いです。

反対に海外のエンジニアは地位も給与もどんどん向上していっています。

日本のエンジニアが軽視される理由はさまざまありましたが、地位や給与を向上させる方法もさまざまあります。

エンジニアとして飛躍したい方は、ぜひ上記でお伝えしたエンジニアとして軽視されない方法を参考にしてみてください。

エンジニア転職厳選8社!200社以上から選んだおすすめ転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件