エンジニアの転職で有利になる時期はいつ?ベストなタイミングを見極めよう

エンジニアの転職で有利になる時期とは

一般的に、中途採用が活発になる時期は、3月と9月です。

4月と10月は、企業にとって、上半期・下半期が新しくスタートする時期なので、それに合わせて退職者も多くなります。

退職者が出れば、当然そのポジションの後任にあたる人材を採用しないといけないので、その時期は求人が自然と増えるわけです。

ただしこういった大きな傾向はありつつも、IT系エンジニアの場合、他の職種と比べて、時期による差は実はそこまで大きくないとも言われています。

そして中途採用が活発になる時期は、求人の数も多くなりますが、それだけ同じように転職を考えて応募するライバルも増えることになります。

活発な時期だからいいというわけではありませんし、逆にあまり活発ではないみんなが忙しい年末などに転職活動をするほうが、有利になる場合もあります。

よって中途採用が活発になる時期はおさえておきつつも、気になる企業の求人情報は常にチェックしておくことが大切です。

周りの流れに振り回されることなく、あくまでも自分にとってベストなタイミングで転職できるように、しっかりと準備をしておくことが大切です。

エンジニアは何歳ぐらいが一番評価されるのか

他の職種と同様に、エンジニアの場合も、スキルや経験だけではなく、年齢によっても自分の評価は大きく変わることになります。

20代はポテンシャルで採用される可能性も

特に20代の場合は、仮に技術レベルが劣っていても、ポテンシャルで採用してもらえる可能性があります。

実際にプログラミングスクールの就職保証や授業料が免除になるコースの募集要項を見ても、20代までは無条件で応募可能になっているスクールが多いです。

しかし一方で、30代以上の場合は、経験者でないと応募できない場合もあります。

20代と30代の応募者がいて、スキルレベルが同じくらいだった場合、前者の20代のエンジニアのほうが、採用される可能性は高くなると言われています。

30代になるとハードルが高くなり、特に35歳になると一気に評価が厳しくなるようです。

20代の場合でも早めに行動に移すほうが有利

現在20代の人で、環境に不満や疑問を持っている場合は、出来る限り早めに行動に移す方が有利になります。

自分が現在置かれている環境や、将来のキャリアプランなどを一度しっかりと整理してみましょう。

方向性にずれがある場合は、20代のうちに行動すれば、より楽に軌道修正できます。

30代のエンジニアはまず自分の市場価値を把握してみよう

30代以上の人は、自分のスキルや経験は、社外でも評価されるものなのかをまずは整理してみましょう。

自分では大したレベルではないと思っていても、実際に蓋を開けてみると転職するだけで年収が大幅にアップする可能性もありますし、もちろんこの逆もあります。

転職サイトの求人をチェックすると、求められるスキルともらえる給料がなんとなく把握できますし、転職エージェントに登録すればよりリアルに自分の実力を把握できます。

35歳の壁は徐々に壊れつつある?

先ほど上で、35歳以上になると一気に評価が厳しくなると説明しました。

しかしこれまで定説としてあった「35歳の壁」は壊れつつあり、昔よりも40代50代の人材を積極的に採用する企業が増えてきているようです。

若年層の人材を充分に採用できていないことや、そもそも若手だけだと人数が足りないのが理由のようですが、企業選びの幅を広げれば、新しくチャンスを得ることも徐々に可能になってきているようです。

エンジニアに立ちはだかる年収800万円の壁!年収を上げたいなら転職か昇進か

勤続年数はどれくらい積み上げた方がいい?

短い勤続年数で転職をたくさん繰り返していると「うちの会社に入ってもすぐに辞めてしまうのではないか?」と思われて、マイナスになる可能性があります。

ちなみに別の会社に転職する場合は、最低でも2年間以上同じ会社に在籍した経験があると、印象もそこまで悪くならないと言われています。

ただしこれはあくまでも目安の期間です。

場合によっては1年未満でも転職できるケースはあります。

必要以上に我慢しすぎて体を壊してしまっては、かえって時間を無駄にしてしまうことになるので注意しましょう。

転職活動を始める前にやっておきたいこと

転職活動が成功するかどうかは、事前の準備をしっかりと出来るかによって大きく変わってきます。

まずは本当にいま転職するべきなのかどうか、冷静に判断するようにしましょう。

転職せずに不満を解決する方法はないか

転職することを前提に考えるのではなく、まずは転職しないで今の不満を解決することができないか考えてみることも大切です。

例えば仕事内容に不満があって転職を考えている場合は、いきなり転職しなくても、まずは副業で自分がやってみたいことを経験してみれば、不満を解消できるかもしれません。

環境が大きく変わる転職には、メリットだけではなく失敗するリスクもあります。

しかし副業なら、そのリスクをとらずに不満を解消できます。

副業に興味がある人は、コデアルやWantedly、完全在宅で案件をこなしたい場合は、Lancersやクラウドワークスといったサービスで案件を探してみてください。

自分のこれまでの経験と転職先で求められる能力を整理する

転職活動を始めようと思ったら、自分のこれまでの仕事での経験やスキルをまずは整理してみましょう。

新卒採用の時とは違い、中途採用では、ポテンシャルよりもより具体的にどういう事が出来るのかで、合否が判断されます。

よって即戦力になれる能力やスキルがないと採用されるのは難しくなります。

自分のこれまでの経験と転職先で求められる能力とを照らし合わせて、転職することが本当に可能なのかどうか、冷静に判断してみましょう。

相手が求める事を踏まえて、自分の能力を分かりやすくアピールすることは、書類作成や面接をする際の基本でもあり、そのためには経験やスキルをしっかりと棚卸ししておく必要があります。

スキルが足りない場合はスクールに通うのもひとつ

自分の経験を整理してみた結果、志望先の企業に転職するには、まだスキルが足りないということになる人も中にはいるはずです。

でも足りないからといって落ち込む必要はありません。

具体的に足りないポイントを把握して、それを埋める努力をすればいいだけのことです。

スキルの差分を埋める方法は、今の会社でさらに経験を積むか、新しくスキルを学んで身につけるかのどちらかです。

新しくスキルを学ぶ方法は、独学かスクールに通うかのどちらかですが、スクールは仕事で忙しい人でも勉強を継続しやすいですし、中には転職保証制度を用意しているところもあり、サポートがとても充実しています。

有効活用できると転職に必要な時間を大幅に短縮することができます。

もし今の会社で経験を積むのが難しい場合は、経験が積める会社にいったん転職して、そこで経験を積んでから再び転職活動をするのもひとつです。

エンジニアの転職ではスキルが最重要?キャリア設計と勉強の進め方

転職の理由やキャリアプランを明確にする

自分が得意なことや、転職先で発揮できる価値をアピールするだけでは不十分で、なぜ志望先の会社を選んだのかについてもしっかりと説明できるようにしておく必要があります。

そして、そういった志望理由を説明するためには、自分の今後のキャリアプランを整理しておくことも必要です。

志望理由を説明する際は、他の会社にはないその会社ならではの特徴を説明するだけでは不十分です。

自分の将来の希望や願望を達成するために、なぜその企業が最適なのかという理由も、一緒に説明できるようにしておく必要があります。

企業にとってはなんとなくの考えで働く人よりも、ある程度中長期的なビジョンを持って会社を選び仕事する人のほうが、安心して採用できます。

転職の理由やキャリアプランを明確にすることは、自分が転職活動をしていく上での軸を明確にすることにもつながります。

手を抜かずに、時間をかけて丁寧に整理しましょう。

転職で成功する優秀なエンジニアに共通する6つの特徴

転職のタイミングを決める際に注意したいこと

ここで紹介するのは、実際に転職活動することを決断した際に、合わせて一緒に考慮したいことです。

焦って転職することになってしまわないように、ある程度余裕を持って転職活動を進めていきましょう。

転職先が決まってから退職する

貯金にある程度余裕がある場合などは別ですが、今の会社を辞めてから転職活動をスタートするのではなく、出来るだけ在職中に転職活動を行いましょう。

普段の仕事が忙しくて、なかなか時間を取れないという人も多いと思いますが、無職で転職活動をするとなかなか転職先が決まらない場合のプレッシャーも大きくなります。

地方から転職する場合でも、面接の度に出てくるほうが安心して転職活動できます。

日程調整などが大変ですが、エージェントを利用すればそういった交渉も代わりに担当してくれます。

退職しやすいタイミング・時期とは?いつ会社へ伝えるべき?

ボーナスや雇用保険の加入期間

ボーナスが支給される前に転職してしまうのはもったいないので、転職活動を始める前に、改めてボーナス支給の時期を確認しておくようにしましょう。

また雇用保険の加入期間も、9年11ヶ月か10年かで、手当てをもらえる期間が30日も変わります。

たった1ヶ月でこれだけの手当てを失ってしまうのはもったいないので、雇用保険の手当てについても、忘れずに確認しておきましょう。

転職エージェントを利用する際に知っておきたいこと

転職活動を進めていく際に、エンジニアは転職エージェントを利用する人も多いですが、メリットだけではなくリスクも知っておくようにしましょう。

転職エージェントを使うメリット

非公開案件の紹介や、自分を採用してもらえるように、企業にプッシュしてもらえることはもちろんですが、転職エージェントを利用すれば、無料で応募書類の添削や面接日程の調整、そして内定した場合の給料の交渉も自分の代わりに担当してくれます。

エンジニアにはこういった交渉事が苦手な人や、普段の仕事が忙しくてなかなか時間を取れない人も多いと思うので、サポートを利用したいと考える人も多いはずです。

転職エージェントを使うリスク

一方で、自分と同じくらいのレベルの応募者が複数集まった場合、転職エージェントを利用していると不利になってしまう可能性もあります。

転職エージェントは企業に応募者を紹介することで報酬を得ているため、企業が負担するコストは、転職エージェント経由の応募者を採用するとより高くなります。

つまり同じくらいの能力の人が複数いる場合は、エージェント経由でない人を採用する方が、企業は採用コストを抑えることができるのです。

非公開案件を紹介してもらえるという、転職エージェントならではのメリットもありますが、自分のスキルや面接などに自信がある場合は、エージェントを利用しないほうが有利になる場合もあるので覚えておきましょう。

当サイト「転職サイト比較Plus」では、エンジニアの転職に特化したおすすめ転職サイト・エージェントを紹介しています。