転職で失敗するエンジニアの特徴!転職で後悔しないためにすべきこと

転職で失敗するエンジニアの特徴

転職で失敗するエンジニアの特徴は大きく以下の5つに分けられます。

  1. 自己分析がしっかりと出来ていない
  2. 企業や転職活動についての情報収集が足りていない
  3. 応募書類の内容が不十分
  4. 面接対策がしっかりと出来ていない
  5. スキルが足りない

転職を成功させるためには「自分と理想の会社のことを知る」「自分の魅力をしっかりと伝える」そして足りないスキルや項目がある場合は、「ギャップを埋めるために努力する」という3つのアクションが必要です。

目次

①自己分析がしっかりと出来ていない

自分の強みを明確にしよう

まずは自己分析で自分の強みを明確にすることが大切です。

エンジニアは技術職なので、プログラミングスキルはもちろん大切ですが、それ以外のチームの中で仕事を進めていく際に発揮できる能力についても、しっかりとアピールできるように整理しましょう。

エンジニアの場合、特に「コミュニケーション力」や「マネジメントスキル」のアピールが出来ると、より有利になるようです。

仕事での経験を整理しよう

強みを明確にする作業にもつながっていますが、マネジメントスキルなどをアピールする場合、それを発揮して成果を出した具体的なエピソードも一緒に用意する必要があります。

具体的なエピソードや体験がないと、強みをアピールしても説得力が弱くなります。

自分がどのような体験をしてきて、それぞれの体験を通して自分の強みをどのように発揮してきたのか、わかりやすく伝えられるように準備しておきましょう。

キャリアプランを考えよう

転職した直後のことだけではなく、1年後、3年後、5年後などのスパンで、将来どのようになっていきたいか整理してみることも大切です。

未来の理想を描いて、そこから逆算して転職先を選ぶことは、転職の理由を説明する際の強いアピール材料にもなります。

あと単純に転職に対してのモチベーションもアップします。

エンジニアの転職ではスキルが最重要?キャリア設計と勉強の進め方

正社員?フリーランス?

正社員として会社の中で昇進していくか、フリーランスとして活動していくのかも検討してみましょう。

他の職種よりも、エンジニアはフリーランスとして活動しやすく、エージェントを利用すれば継続して仕事を獲得することも可能です。

より大きな視点で開発に関わっていきたいのか、それとも出来るだけ開発に集中したいのかなど、それぞれどちらのキャリアを選ぶかで、今後必要になるスキルも変わってきます。

転職か独立か、人事のプロが教える決断するポイント!

そもそも本当にいま転職すべきなのか?

本当に今転職をするべきかどうかなど、タイミングの判断も大切です。

焦って転職活動をしても意味がないので、周りに流されず、自分が本当に転職したいと思ったタイミングで始めるようにしましょう。

もう少し今の仕事で経験を積んでから始めるほうがいい場合も当然あります。

②企業や転職活動についての情報収集が足りていない

転職経験がない人は特に注意

今回初めて転職活動をする人は、新卒の就職活動と同じように捉えて準備をしないように注意しましょう。

新卒採用の時とは違って、転職活動ではポテンシャルよりも実績や経験が重視されます。

エンジニアは他の職種よりもニーズが大きく、人手も足りていないので、20代であればある程度ポテンシャルも考慮してもらえますが、基本的には前職でどのような成果をあげたのか、しっかりとアピールすることが大切です。

企業の求める人物像やスキルのレベルを把握しよう

採用されるために必要なスキルや人物像について把握しておくことは特に大切なポイントです。

このポイントを把握することで、企業が求める条件を自分が満たしているのかどうか把握することが出来ます。

採用される可能性が高い企業に応募しないと意味がありません。

そしてどうしても入社したい企業がある場合も、まずは自分の能力と求められる能力との差分を把握することが必要です。

転職で成功する優秀なエンジニアに共通する6つの特徴

自分の市場価値を正しく理解しよう

自分のスキルはエンジニア全体の中でどれくらいのレベルに該当するのかについても調べてみましょう。

自分一人では判断しにくいことだと思うので、転職エージェントなどに相談してみるのがいいでしょう。

自分の価値をより低く見積もっていて、実際は、より高待遇の条件で働けるエンジニアのほうが、多いはずです。

自分が扱っている言語のニーズは?

自分が扱っているプログラミング言語のニーズや将来性についても調べてみましょう。

将来性が低く、他にもしも興味の強い言語がある場合は、その言語を習得して転職するのもひとつです。

どの言語を選択するかによって、求人の数やもらえる給料の額も変わってきます。

入社してから後悔しないために

入社してから後悔しないようにするために、出来るだけ事前に会社の評判についても調べておきましょう。

Vokersなどの会社の口コミサイトや、TwitterなどのSNSなどで、あまりにも悪い評判が多い会社には注意してください。

③応募書類の内容が不十分

仕事内容をしっかりと理解しよう

魅力的な応募書書類を作成するためには、まずは志望する企業の仕事内容について、しっかりと把握していることが大切です。

志望する企業に求められていることに対応できることを、応募書類を通してアピールする必要があります。

募集要項に直接書かれていることだけではなく、裏側の意図や募集の背景なども想像して作成できると差別化できます。

ITエンジニアが転職する前にやっておくべき20のチェックリスト

過去の実績はできるだけ具体的な数字などで証明しよう

自分が仕事であげた実績は、出来るだけ具体的な数字と一緒にアピールすることも大切です。

数字を使うと、自分がアピールしている内容に客観性を持たせることが出来ます。

自分一人だけが納得できる内容ではなく、読む相手も内容について納得できるのかどうかに注意しながら作成しましょう。

自己PRのポイント

自己PRは、会社に求められている事を踏まえて、それに応えられる自分のスキルや強みを、出来るだけ簡潔にアピールするための項目です。

読む人が自分が強みを発揮している様子などをイメージできるように、出来るだけ具体的に書くことを意識しましょう。

志望動機のポイント

志望動機はなぜその会社を志望したのか、説明するための項目になりますが、問われている主なポイントは「会社の特徴や仕事内容を理解できているか」「自分の特徴を会社で活かすことができるのかどうか」という2つです。

作成する際はこの2つのポイントをしっかりと満たすように注意しましょう。

履歴書と職務経歴書の違い

中途採用の場合、履歴書だけではなく職務経歴書というものも必要になります。

自分が会社で具体的にどのような仕事をしてきたのか、詳しく説明するための種類です。

書き方などに特に決まりはありませんが、WEB上でたくさんのフォマーットが公開されていますので、参考にしてみてください。

自分が特にこだわったポイント、苦労したこと、どうやってトラブルを解決したか、そしてチーム内での自分の役割など、自分の魅力が最大限伝わるような項目を設定してアピールしましょう。

④面接対策がしっかりと出来ていない

第一印象はとても大切

話す内容と同じくらい、第一印象は、面接でとても大切になるポイントです。

面接は第一印象の段階でほぼ決まるという意見の採用担当者もいるくらいです。

まず最初の第一印象でその人についての仮説を立てて、会話でその仮説が正しいかどうかを判断しているとも言われれています。

第一印象で相手に好印象を与えるためには、清潔感が大切です。

髪型やヒゲなどを整える、スーツをクリーニングに出しておく、靴を綺麗に磨いておくなど、事前の準備をしっかりと行いましょう。

動作や間合いなどを意識する

動作や話すテンポなども、自分の第一印象に影響をあたえます。

髪を触りながら話をするのはあまり印象がよくありませんし、話す際のテンポを相手のペースに合わせることも大切です。

自分の行動を相手がどう感じるか意識しながら伝えるようにしましょう。

簡潔にわかりやすく伝える

面接で話す際は、簡潔にわかりやすく内容を伝えることが大切です。

まずは相手に何を聞かれているのかをしっかりと理解し、それに対して、できるだけ結論から答えるように意識しましょう。

好きなのか嫌いなのか、そしてその理由はなぜなのか、など、相手が納得できるように伝えることが大切です。

その場の空気を大切にする

書類だけでは分からないことを確認するために、面接があります。

よって面接では、その場ならではの空気を意識することも大切です。

エンジニアにはコミュニケーションが苦手という人も多いですが、逆に面接の場で直接空気を読んだ発言ができれば、何よりも一番コミュニケーション力のアピールにつながります。

⑤スキルが足りない

スクールに通う

転職するために必要なスキルが足りない場合で、勉強する時間がなかなか取れなかったり、初心者の状態から勉強をはじめる場合は、スクールに通うのがオススメです。

技術を効率よく身につけるためのカリキュラムが用意されていますし、分からないことをすぐに質問できる環境が手に入ります。

ちなみに、エンジニアが途中で勉強を挫折してしまう一番の理由は、質問できる環境がないことが原因と言われています。

お金はかかりますが、自信がない人はできるだけスクールに通って勉強するほうが安心できます。

WEBサービスを使って独学する

2つ目はWEBサービスを使って勉強する方法です。

特にオススメなのはProgateやドットインストールというサービスです。

どちらも、とてもわかりやすいので、途中で飽きることなく進めることが出来るはずです。

簡単に要点だけに絞った内容になっているので、1回だけではなく、2回3回と勉強を繰り返すことが大切です。

書籍を使って独学する

書籍を使って勉強するのも、勉強する内容がまとめられていて、効率的に勉強できるのでオススメです。

ちなみに先ほど紹介したドットインストールというサービスは、1つの動画が3分にまとめられていて分かりやすいので、まずは動画で全体像を掴み、そのあとで本を読むようにするとより効率よく勉強できます。

転職活動がうまくいかない場合、まず①〜⑤のどこでつまずいているのか原因を特定することが大切です。

一つずつ解決していきましょう。

エンジニアの転職をサポートしてくれる転職エージェントは?

自分一人だけで転職活動を進めるのが難しいと感じる人もいると思います。

その場合は転職エージェントのサービスを利用して転職活動を進めていきましょう。

求人サイトと転職エージェントの違い

求人サイトと転職エージェントの一番の違いは、サポートが受けられるかどうかです。

求人サイトは種類別にまとまっているエンジニアの求人情報を閲覧したり、応募するためのサービスですが、転職エージェントを利用すれば企業に応募できるだけではなく、転職を成功させるための様々なサポートも受けられます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは、

  • 応募書類の作成や面接対策のサポートをしてもらえる
  • 面接日程の調整をしてもらえる
  • 採用するかどうか迷っている場合にプッシュしてもらえる
  • 採用された場合、報酬などの条件面の交渉を代わりにしてもらえる
  • 志望している業界や企業の情報を得ることができる
  • 非公開案件に応募できる

このようにたくさんあります。

普段の仕事が忙しくて、転職活動になかなか時間を取れない人や面接が苦手な人にとってはありがたいサービスのはずです。

ちなみに地方から上京して転職活動を行う場合も、転職エージェントを利用するほうが有利に転職活動できると言われています。

転職エージェントを利用する際の注意点

メリットだけではなく、転職エージェントにはリスクもあります。

転職エージェント経由で採用する場合、企業は転職者だけでなく紹介してくれたエージェント分の報酬も支払います。

一方でエージェントを利用していない人を採用する場合は、追加の報酬が必要ありません。

両方に同じくらいのスキルの人がいた場合、よりコストのかからない方法で採用するのが企業にとって合理的な判断です。

よって、エージェントを使わずに直接自分で応募するほうが有利になる場合もあるわけです。

転職エージェントは複数使うことが大切

1つだけでなく、複数の転職エージェントに登録することも大切です。

私たちは無料で転職エージェントを利用できますが、もちろん転職エージェントはビジネスとしてサービスを提供していて、企業にエンジニアを紹介することによって報酬を得ています。

というのは、一つだけしかエージェントを利用していないと、他のエージェントの担当者に報酬を取られてしまう心配がないので、自分を対応する優先度がどうしても下げられてしまうのです。

複数のエージェントに登録をして、エージェント同士で競ってもらうと、より良い条件で転職できる可能性もあります。

また単純に、複数登録しておけば、相性が合わなかった場合のリスクヘッジにもなります。

エンジニアにおすすめの転職サイト比較ランキング【2018年版】

求人サイトと転職エージェントどちらがオススメ?

上で紹介したようなメリットが特に必要ない場合や、スキルと経験に自信がある場合は、自分で転職サイトから求人に応募する方が有利になります。

転職エージェント経由でしか紹介してもらえない非公開案件もあるので一概には難しいですが、自分の状況や能力などを踏まえ、それぞれを使い分けていくことが大切です。

フリーランスになるのも一つの選択肢

正社員になるための転職活動が、もしも上手くいかなかった場合はフリーランスになるのもひとつです。

実際にマークアップエンジニアとして、正社員になる転職活動を進めていたが上手くいかず、あきらめてフリーランスとしてエージェントに登録した結果すぐに働く案件が決まり、収入が1年で2倍以上に増えた人も中にはいます。

フリーランスになって現場での経験を積む

エンジニアの場合、フリーランスの人でも、エージェントに登録して、企業で開発を行うのが一般的です。

フリーランスになっても継続して仕事が獲得できますし、短いスパンで様々な現場を経験することができます。

早ければ3ヶ月スパンで案件を変えることも可能で、1年しっかりと仕事をすれば、ほとんどの人が年収をアップさせられるようです。

フリーランスから正社員に戻ることも可能

もちろん、メリットだけではなくデメリットもあるので、いきなりフリーランスになることには抵抗があるという人も多いと思います。

でも、一度フリーランスになったからといって、その後もずっとフリーランスでいる必要はありません。

やってみて自分には合わないと感じたのであれば、正社員に戻ればいいだけのことです。

フリーランスになれば、仕事をしながら効率よく色々な実績を積むことができます。

自営業・フリーランス・個人事業主から正社員へ再就職する方法!採用されやすくなるコツを教えます

フリーランス向けのエージェントもある

エンジニアの場合は、正社員向けのエージェントだけではなく、フリーランス向けの転職エージェントもたくさんあります。

ちなみに初めてフリーランスになる人に特にオススメなのは、MIdworksやポテパンフリーランスというエージェントです。

特にMidworksの場合は、正社員とフリーランスの中間的な働き方をウリにしているエージェントで、しっかりとしたスキルがあれば、仕事がなくても給料を保証してくれたり、社会保険の半額分をエージェントが負担してくれる制度を用意してくれています。

面接回数も少なく、スキルがあれば不採用になる可能性は低い

フリーランスの場合は、面接というよりも面談という位置付けで採用するかどうかの判断が行われます。

面談の回数も、ほとんどの会社で1回だけですし、エージェントが自分のことをプッシュしてくれるので、求められるスキルがあることを前提に、基本的な会話が出来てマナーなどに問題がなければ、ほとんどの場合不採用にならないといわれています。

今の働き方に疑問を覚えている方は、フリーランスという生き方も考えてみるといいでしょう。