Beauty workerの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

Beauty worker

Beauty workerは、美容師の転職に完全特化したサービスです。

自分で企業に応募するのではなく、Beauty workerの美容師専任転職アドバイザーが仕事探しから入社までをサポートしてくれるのが特徴です。

日々業務に忙しい美容師にとって、こうしたサービスはありがたいもの。

では実際の使い勝手やサポートへの評判はどうなのでしょうか。

利用者の口コミや、Webサイトの情報などをもとに検証していきます。

一目で分かるBeauty workerの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

Beauty workerの口コミ一覧

年齢 33歳
性別 女性
前職 スタイリスト
転職前の年収 320万円
転職後の年収 320万円
転職理由 転職サポートがあるので登録しました

転職活動は3回目なんですが、以前は仕事をしながら転職活動をしていたので本当に大変で…。仕事の忙しさから、何度もあきらめようと思いました。

なので今回は、少しでも効率的に進められるようにと転職サポートがあるBeauty workerに登録してみました。サポートはすごくありがたくて、面接の調整や交渉をしてくれるのも助かりました。あと、アドバイザーの方がとても親身に話を聞いてくれたので、相談もしやすかったですね。

年齢 24歳
性別 女性
前職 アシスタント
転職前の年収 200万円
転職後の年収 240万円
転職理由 労働環境の改善

美容学校を出てからずっとアシスタントをしています。以前のサロンはアシスタントの期間が長くて、あと数年はスタイリストになれるイメージがありませんでした。

Beauty workerは先輩に教えてもらって、アシスタントの求人もたくさんあるということだったので見てみると、アシスタント経験があれば1~2年でデビューという求人もたくさんありました。まだ今のサロンで働きだしたばかりですが、1年後のデビューを目指して先輩のレッスンを受けています。

年齢 36歳
性別 女性
前職 主婦(スタイリスト経験あり)
転職前の年収 0万円
転職後の年収 210万円
転職理由 前の職場の閉店に伴って

ネットでたまたま見つけて登録しました。子供を保育園に預けて、今はパートで働いています。最初は求人情報雑誌で探していたんですが、あんまり求人がなくて…。

サイトを使うにあたって、どうせならと転職サポートのサービスも使わせていただきました。パートでもきちんと対応していただいて、すごく頼りになりました。

年齢 35歳
性別 男性
前職 スタイリスト(副店長)
転職前の年収 390万円
転職後の年収 380万円
転職理由 店舗運営を勉強したかった

前職では副店長として店舗の管理を担当していました。系列店もいくつかありましたが、店長のポジションが埋まっていましたし、新店舗の話もなかったので、店舗の経営を学ぶために転職を決めました。

いくつか転職サイトを見ていたのですが、ちょうど希望に合った案件をBeauty workerで見つけました。店長候補としての採用で、数年内に新店舗オープンも予定しているということだったのでチャンスもあるかなと。今は副店長として、店長のもとで経営についてを教えてもらっています。

Beauty workerのメリット

  • 美容師の求人数が圧倒的に多い
  • 求人の情報量が豊富
  • 専任のアドバイザーが転職活動をフォローしてくれる

美容師の求人数が圧倒的に多い

公開求人数6300件以上、未公開求人数3100件以上。

この求人数の多さは、美容業界に特化した転職サービスの中では圧倒的です。

求人数が多いということは、それだけ求職者にとって選択肢が増えるということ。

複数の中から自分に合ったものを選定していけるため、よりミスマッチになりにくいといえます。

求人の情報量が豊富

一つひとつの求人情報が、詳細に書き込まれています。

給与や休日、待遇などのデータだけでなく、『サロンの想い』や『サロンのこだわり』、『おすすめコメント』といった項目も用意されており、各サロンがしっかりと書き込んでいます。

こうした情報があるからこそ、数字やデータだけでは見えてこない社風や雰囲気などが分かります。

特に美容師の場合、仕事内容自体はどこも大きくは変わりません。

店舗で働く仲間や雰囲気が大きく業務環境を左右するため、情報量の多さは求職者にとってメリットです。

またフラグも分かりやすく表示されています。

フラグとは『駅チカ』『個人サロン』『希望シフト制』など特徴を示した印のようなもの。一目でお店の特徴が分かります。

専任のアドバイザーが転職活動をフォローしてくれる

Beauty workerには、美容師専任の転職アドバイザーによる転職サポートサービスがあります。

転職サポートとは、いわゆる転職エージェントのようなサービスです。

通常の転職活動の場合、気になる求人を見つけたら自分で応募して、面接を受け、条件交渉をして…と進めていきます。

しかし転職サポートを使うと、応募書類の提出や面接日程の調整、条件交渉など、企業とのやり取りを全て転職アドバイザーが代理で行ってくれます。

自分の時間を有効に使えるだけでなく、交渉など遠慮してしまうことも任せることができるので、求職者にとってはとてもありがたいサービスです。

特にBeauty workerの場合は、美容師に特化したサービスということもあり、転職アドバイザーも美容業界のことや美容師の仕事のことに詳しい方ばかり。

転職に関する相談にも、どんなことでも乗ってもらえます。

Beauty workerのデメリット

  • 地方求人はほぼ掲載されていない
  • 転職アドバイザーとの相性

地方求人はほぼ掲載されていない

Beauty workerに掲載されているのは、関西(大阪、兵庫、京都、滋賀)と関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)の求人のみです。

これ以外の求人は、今のところ掲載されていません。(2018年9月9日現在)

そのため、これ以外の地域に在住の方にとっては使えないサイトといえるでしょう。

ただ、非公開求人の中に地方求人がある可能性はあるので、もし興味があれば登録後に転職アドバイザーへ確認してみることをオススメします。

転職アドバイザーとの相性

そこまで多くはないのですが、口コミの中には「転職アドバイザーとの相性が合わず、退会した」というものも。

相性に関しては性格次第ということもあり、『必ず素晴らしいアドバイザーが担当してくれる』と保証はできません。

写真情報が少なく、雰囲気をつかみにくい

求人情報について、文章の情報は豊富に書かれていますが、その反面、写真による情報が少ないといえます。

ほとんどの求人は写真1枚で校正されていて、その写真も施術中のものなど社風や雰囲気が分かる物とは言えません。

入社後のミスマッチを防ぐためにも、面接前後に店舗の見学などに行き、雰囲気をつかんでおくことをオススメします。

ちなみに店舗の見学も、転職アドバイザーに相談してみましょう。

店舗側と交渉して日程調整なども行ってくれます。

Beauty workerで転職するまでの流れ

  1. サービスに登録する
  2. 転職アドバイザーによるヒアリング
  3. 仕事の紹介
  4. 面接、条件交渉、内定
  5. 入社後もアフターフォロー

サービスに登録する

まずはサービスに登録しましょう。

Webか電話にて登録を行います。Webの場合は、下記の情報を入力すれば5分もかからずに登録できます。

  • 保有免許
  • 希望職種
  • 希望勤務形態
  • 入職希望時期(任意)
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 郵便番号(任意)
  • 住所
  • LINE ID(任意)
  • その他希望など(任意)

転職アドバイザーによるヒアリング

登録後、転職アドバイザーから連絡が入ります。

電話にて、転職に関する希望を伝えましょう。

例えば希望年収や業務内容、どんな待遇を求めているのかなど。極力詳細に伝えることが大切です。

ここで伝えた内容をもとに仕事を紹介してもらうことになるので、あとで「言っておけばよかった…」とならないように、遠慮することなくとにかく希望を伝えてみましょう。

あまりに理想と現実がかけ離れている場合は、アドバイザーがきちんとアドバイスしてくれます。

仕事の紹介

ヒアリング内容をもとに、アドバイザーが仕事を紹介してくれます。

いくつか紹介される中から、自分に合った求人を探してみましょう。

気に入ったものがあれば、いよいよ応募へ。履歴書など応募書類の提出は、転職アドバイザーを通じて行います。

もちろん、もし希望の求人がなければ無理に応募することはありません。

面接、条件交渉、内定

面接の日程調整なども、全て転職アドバイザーが行ってくれます。

面接の受け答えに不安があれば、面接対策なども実施してくれますのでリクエストしてみましょう。

面接を通過したら、条件交渉を行い、内定となります。条件交渉についても、間に転職アドバイザーが立って行ってくれます。

自分ではなかなか言いにくいことも、転職アドバイザーを通じて伝えることができます。

入社後もアフターフォロー

入社して終わりではなく、入社後もアドバイザーによるフォローが受けられます。

例えば入社してみたら、求人情報で提示されていた給与・待遇と違うものが合ったり、残業が無いと書かれていたのに実際は残業が多かったり。

こうした求人情報との情報の違いは、トラブルになりやすく、また転職者から会社に言いにくいことでもあります。

外部の転職アドバイザーに伝えることで、解決策を一緒に考えてくれますし、条件の改善も期待できます。

Beauty workerの運営会社はどんな会社?

Beauty workerを運営しているのは、株式会社ティスメという会社です。

社名はあまり聞いたことがないかもしれませんが、専門特化した求人メディアを9つ運営しています。

例えば、介護系職種に特化した『カイゴWORKER』、看護師に特化した『ナースWORKER』、栄養士に特化した『栄養士WORKER』など。

また拠点も多く、東京本部と大阪本社のほか、名古屋、札幌、仙台、新潟、大宮、横浜、静岡、京都、神戸、広島、高松、福岡に支社を構えています。これだけ見てもかなりの基盤を持った会社ということが分かります。

Beauty workerはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
在籍中の転職
(3.0)
第二新卒
(4.0)
自分のペースで転職したい
(4.0)
初めての転職
(4.0)
大手
(3.0)
地方
(2.0)

転職活動をサポートしてくれるサービスがあるので、在職中で忙しい方や初めての転職で不安な方、第二新卒の方などに向いています。

また希望の転職時期などを伝えれば、それに向けてアドバイザーが調整してくれるため、自分のペースで転職をしたい方や、急いで新しい仕事を探したいという方にもあっていると思います。

地方に関しては求人が掲載されていないため、関西と関東在住の方向けのサービスです。