エージェント・サーナの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

エージェント・サーナ

エージェント・サーナは障がいを持つ方の転職をサポートするサービスです。

一般に障がい者への求人情報と、健常者への求人情報では異なる特徴が含まれます。そんな中で障がい者に特化した求人情報に特化してサービスを行っているのがエージェント・サーナの大きな特徴です。

そんなエージェント・サーナの口コミや評判などから、メリット及びデメリットを解説していきます。

エージェント・サーナの評判を項目ごとにチェック

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

エージェント・サーナの口コミを3つ紹介

私は足に障がいを持っています。車いすでなければ移動できないので出来る仕事にはやや制限があります。しかしながら、私は簿記2級を有しているので事務作業にはある程度自信を持っていました。そこでエージェント・サーナを利用して転職することに決めた次第です。エージェント・サーナはあっという間に私の力を生かせる求人情報を紹介してくれました。スムーズに転職が決まったので感謝しています。バリアフリーがしっかりと施されている職場だったことも嬉しかったです。
30歳 男性 工場での品質チェック
私は電話のオペレーターとして働いていました。この度結婚をすることになり、現在のままの勤務時間では厳しいと感じ、転職を決断した次第です。エージェント・サーナの丁寧なキャリアカウンセリングにより、自分の正直な希望を伝えることが出来ました。最終的に自分のペースで働くことが出来る会社に転職することが出来たので良かったです。今は既に転職先で働き始めていますが、家事との両立も出来ており、充実した日々を過ごすことが出来ています。
34歳 女性 電話のオペレーター
私は軽度の聴覚障害を持っています。以前働いていた電子機器メーカーで働き始めたころは非常に業務を行いやすい配慮をしていただいていました。しかし、入社2年目からは過酷なノルマが課せられ、その厳しさを年々増していったのが印象的です。私はついにそのメーカーで働き続けることが出来なくなり、転職を決意しました。聴覚障害を持つ私が順調に転職できるかということには大きな不安がありましたが、エージェント・サーナのスタッフの方はその不安を1つずつ解消してくれたので安心して転職活動を行えたことを今でも覚えています。転職をしてからのサポートの連絡も行ってくれて、まさにありがたいことだらけでした。私が転職に成功できたのは紛れもなくエージェント・サーナのおかげです。
23歳 男性 電子機器メーカー

エージェント・サーナのメリットとは

  • 障がいを持つ方に特化して求人情報を掲載している
  • キャリアカウンセリングで細かい要望を伝えることが出来る
  • カウンセリングから2か月以内の内定率が60%に達している

障がいを持つ方に特化して求人情報を掲載している

エージェント・サーナは障がい者に向けた求人サービスのパイオニア的存在です。

障がいを持つ方に向けた求人情報に特化して掲載を行うことにより、利便性を大きく高めています。障がいの内容や程度などに合わせた求人情報を取り扱っていることも魅力です。

中には非公開求人も含まれており、ここでなければ見つけられない情報もたくさんあります。

また、障がい者向けの求人サイトとして高い実績を持つため、企業からの信頼も厚いです。障がいを持つ方ならではの悩みにも対応することが出来ます。

また、障がい者雇用に関する自治体ごとの規定などにも精通しており、サイト上で様々な解説を行っています。転職が初めてという方でも安心して利用できると言えるでしょう。

キャリアカウンセリングで細かい要望を伝えることが出来る

エージェント・サーナでは登録後にキャリアカウンセリングを行う仕組みになっています。このキャリアカウンセリングでは転職に関しての要望などを伝えることが出来ます。

その日時は事前に伝えられますが、都合が悪い場合には他の日に変えることももちろん可能です。

平日夜や土曜日にもキャリアカウンセリングを受けることが出来るので、忙しい方も利用しやすいと言えるでしょう。

キャリアカウンセリングを行うのは障がい者の転職に精通したエージェントです。転職についてのことなら基本的に何でも聞くことが出来るので、聞きたいことを事前に整理しておくことも有効です。

キャリアカウンセリングが終わるとどんどんと条件に合った求人情報が紹介されるようになります。その中から自ら絞り込むことにより効率的な転職活動を実施出来ます。

カウンセリングから2か月以内の内定率が60%に達している

“エージェント・サーナには内定までのスピードが速いというメリットもあります。

利用者の60%はカウンセリングを受けてから2か月以内に内定をもらっています。これはエージェント・サーナが無駄のない転職活動を有効にサポートしていることを裏付ける数字です。

スピーディーに内定を獲得したい方にとってまさにうってつけです。もちろん、じっくりと時間をかけて転職活動を行いたいという方にも対応しています。

エージェント・サーナではスタッフが利用者の求めるペースに合わせる形で求人情報を紹介する仕組みになっていて、利用者の計画通りに転職活動が進みやすいという特徴もあります。

転職市場の推移はエージェント・サーナのサイト上に掲載される仕組みになっているので、利用者本人も転職市場の状況をつかみやすいと言えるでしょう。

エージェント・サーナのデメリットとは

  • 事務職関連など一部の職種の求人情報が高い割合を占めている
  • 都市部の求人情報は多いが、地方の情報はそれほど多くない
  • 精神障がいを持つ方向けの求人情報はやや少なめ

事務職関連など一部の職種の求人情報が高い割合を占めている

エージェント・サーナに掲載されている求人情報をチェックすると事務職関連のものが多いことが分かります。

障がいを持っている方向けの求人情報に特化して掲載している以上、職種がやや偏ってしまうのはやむを得ない部分もあります。

しかしながら、職種の偏りに対して不安を感じる方もいるかもしれません。事務職以外の職種の求人を紹介してほしい場合には必ずそのことをキャリアカウンセリングで伝えておくことが大切です。

自分で求人情報を検索するときには検索ワードを工夫することにより、事務職以外の職種を表示させることが出来ます。

都市部の求人情報は多いが、地方の情報はそれほど多くない

エージェント・サーナには東京や大阪など都市部の求人情報がたくさん掲載されているものの、地方の求人情報はそれほど多くないというデメリットがあります。

都市部の方が企業数が多いのである程度掲載数に差がつくのは避けられないことですが、それを踏まえても求人数の差が大きいことがネックです。

エージェント・サーナに掲載されている求人情報は年々増加傾向にあるので、今後地方の求人情報数が飛躍的に増えるという可能性はありますが、現状ではそのような要素は見受けられません。

地方への転職を検討している方は注意しておきましょう。

具体的な求人数を知りたいときにはサイト上での検索だけでなく、キャリアアドバイザーに質問してみることも有効となります。

精神障がいを持つ方向けの求人情報はやや少なめ

障がいを持つ方の中には身体障がいを持つ方と、精神障がいを持つ方がいます。

このうち、精神障がいを持つ方に向けた求人情報がやや少ないというデメリットがあります。その大きな理由として挙げられるのが法定雇用率の算出条件適用の問題です。

2018年から精神障がい者が法定雇用率の算出条件に適用されるようになったため、企業は精神障がい者の雇用を徐々に積極的に行うようになりつつあります。

しかし、これはあくまで2018年に始まったことなので、まだまだ対応が十分でない企業も多いです。

それが精神障がい者向けの求人情報の掲載数が少ないことに繋がっています。つまり、このデメリットはエージェント・サーナだけのものではないと言えるでしょう。

エージェント・サーナで転職するまでの流れを詳しく解説

  1. エージェント・サーナに登録を行う
  2. キャリアカウンセリングの日程を決める
  3. キャリアカウンセリングを受ける
  4. 求人検索を行う
  5. 情報を受け取り、求人紹介を受ける
  6. 面接を受ける
  7. 転職成功

エージェント・サーナに登録を行う

まずはエージェント・サーナに登録を行います。サービスを利用するためには登録が必須となっています。

登録の際に入力する内容は一般的な求人サイトと何ら変わりがありません。

連絡先の入力を誤っていると次に進むことが出来なくなる恐れがあるので注意しておきましょう。

キャリアカウンセリングの日程を決める

登録が完了するとキャリアカウンセリングの日程に関するメールが送られてきます。

メールに記載されている日程で問題が無ければ了承する旨を伝えます。記載の日程が厳しそうな場合にはスタッフとのメールのやり取りで日程を決めていきます。

予定に合わせてくれるので安心して決めることが出来ます。

キャリアカウンセリングを受ける

決めた日程通りにキャリアカウンセリングが実施されます。

ここでは自分の転職に求める条件を伝えたり、質問をしたりすることが出来ます。

キャリアカウンセリングはエージェント・サーナのサービスの根幹を成す要素です。

なるべく多くのことを伝えることが重要となります。キャリアカウンセリングはしっかりと時間を取って行われるので、じっくりと話すことが出来ます。

求人検索を行う

キャリアカウンセリングを受けた後は求人の紹介待ちの状態になりますが、その間に求人情報について調べておくことも出来ます。

なるべく早く決定したい方の場合には特に求人検索を有効に活用することが重要と言えるでしょう。

情報を受け取り、求人紹介を受ける

キャリアカウンセリングから数日が経過すると求人情報が送られてきます。

その中で特に気に入ったものを選んでいきます。送られてきた求人情報について不明な点がある場合には、すぐに質問をすることが出来るので安心です。

もちろん、紹介された求人の全てをチェックしなければいけないわけではなく、あくまで自分が良いと思ったものだけを確認することも可能です。

面接を受ける

自分が転職したいと感じた企業があれば、そこに面接を申し込みます。

面接の前にはエージェント・サーナのスタッフにアドバイスを求めることも可能です。

充実のサポート体制が整えられているので利用者は万全の状態で面接に臨むことが出来ます。

転職成功

面接をクリアすることが出来れば無事転職成功となります。

エージェント・サーナは転職成功後もサポートを行っているので、転職先で思わぬ事態が発生した場合でも安心です。

エージェント・サーナはどういった人におすすめ?

状況別おすすめ度
3.50
求人数
(4.0)
大手
(4.0)
地方
(2.0)
転職サポート
(3.0)
ハイクラス
(3.0)
初めての転職
(5.0)

エージェント・サーナは障がい者に特化したサービスなのでどうしても業種には偏りが出てしまいます。

例えば脚や聴覚などに障がいを持っている方が福祉関係の仕事に就くことは難しいですが、デスクワーク中心のエンジニアになることは可能です。

そのことが求人情報の数にも反映されていて、エンジニア関係の求人情報は比較的多く見受けられます。

ただし、医療や福祉の分野であっても事務に関する求人は掲載されているので、全くないということではありません。

エージェント・サーナでは自分で求人情報を検索していなくても、紹介によって転職活動を行うことが出来るので在籍中にも利用しやすいと言えるでしょう。

エージェント・サーナの運営会社の情報を紹介

エージェント・サーナを運営しているのは株式会社イフという会社です。この会社は東京都に本社を置いていて、障がい者雇用の支援を主に行っています。

株式会社イフでは多角的に障がい者雇用の情報を収集及び発信を実施していて、それがエージェント・サーナの運営にも活用されています。

エージェント・サーナに関連して就職や転職のイベントも実施しているのが特徴です。

様々な方法により障がい者雇用に貢献している会社であり、社会的にも大きな役割を果たしていると言えるでしょう。

障がい者求人情報サービスのパイオニア

エージェント・サーナは障がい者求人情報サービスのパイオニアであり、たくさんの障がい者の方の転職を成功させてきました。

求人情報の若干の偏りなどいくつかのデメリットもありますが、それを補ってあまりある充実のサポート体制を整えています。

障がいを持つ方が転職する上で大きなメリットを感じられる可能性が高いと言えるでしょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件