40代女性の転職におすすめの職種・資格とは?転職を成功させる秘訣を伝授

オフィスで働く女性

育児や介護で、かなり職歴に穴があるけど、40代の女性って転職しても上手くいくのかな?

そもそも女性が仕事を続けていける環境の会社はあるのかな?

その不安な気持ち、よく分かります。

今回は、40代女性の転職市場がいまどうなっているのか。

また転職を成功させる秘訣と、女性の市場価値の高まりについて説明させて頂きます。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

女性正社員の採用熱は近年最高潮に達している!

昨今、大企業を中心として女性管理職を次々と会社が誕生させており、アベノミクスの働き方改革でも女性の積極的活用の影響で、女性社員の積極活用を企業は真剣に考えています。

ここまで女性の採用に経営者や人事部が躍起になっているのは、日本では初めてのことです。

これまでは多くの企業では正社員の男性を標的として採用をしてきました。

しかし、もうそれでは10年後に企業は維持できません。

現在の日本の雇用情勢としては少子高齢化、そして多死社会が問題となっています。

生まれてくる子供の数よりも、亡くなっていく人の数が多く、企業が経済活動を維持するためには、もう女性に頼るほかないのです。

女性の他には、外国人、老人の活用が叫ばれていますが、日本の経済力はもうとっくに他の国より落ちており、外国人研修生も日本には来てくれません。

外国人研修生は、中国や韓国にみな人手を取られています。

老人をはじめとしたシルバーの活用にも限界があります。老人には体力や健康上の理由で働けない人も多くいるからです。

企業はいま、将来のために女性採用に真剣になり始めました。

女性が転職は、いまがチャンスです。

40代の女性は転職が難しいのか?

女性の転職は、今現在、特段に難しいという状況ではありません。

育児休業制度なども改正され、さらには、労働時間の短縮など独自の人事改革を各企業行っており、女性を採用できるようにドンドンと企業でも改善が進んでいます。

これまで女性を採用するのが難しかったのには、理由があります。

それは、労働時間の長短の問題です。

どうしてもフルタイムで働く男性正社員を基準に賃金や雇用形態などの処遇を決めざるを得ませんでした。

そのため男性社員の補助的な仕事内容が多く、どうしても業務内容的にパートやアルバイトでしか活用する方法がなかったのです。

しかし、労働時間自体を短くする取り組みが始まり、女性の正社員活用にいまようやく取り掛かれるという段階に企業が来ました。

労働時間の標準が8時間以下の男性社員が企業に出現しています。

この状態なので、女性が仮に8時間勤務できなくても正社員で雇用されやすい状況となっています。

40代の女性でも転職しやすい職種・業種は?

職種としては、40代の女性が転職しやすいのは総務事務や庶務、経理職といった事務職が転職しやすいです。

元々これらの職種は残業が少ないので、採用されやすいと同時に女性特有の気遣いや先回りして仕事を進める能力や、マルチタスク能力が活きる職種であるというところです。

また経理職や総務事務職などは一度経験しておけばどの会社でも同じ仕事内容であることが多いので、また転職をしたいと思った時に転職しやすいというのもおススメするポイントです。

業種として転職しやすいのは、女性の多い業種をおススメします。

理由としては、女性が多い業種では女性に合わせた人事制度を人事が早く導入していきます。

反対に、女性よりも男性の比率が圧倒的に高い機械系メーカーのような業種であれば、男性社員ばかりなので、女性を採用しやすい制度自体を作ろうとしません。

女性の多い業種は金融や、医療や介護、飲食店のような業種です。

残業が少なく、体力的な心配のない事務職かつ、女性の従業員人数が多い業種を積極的に選ぶようにしましょう。

企業の女性活用のための制度運用への真剣度が全く違います。

40代女性が転職で有利になる資格とは?

簿記二級

女性が転職で有利に立てる資格の代表格は、簿記2級の資格です。

お金の流れが存在しない会社はありませんし、しかも、経理には特有の知識が必要です。

簿記2級の資格を取得しておけば、仕事に困るということはありません。

仮に未経験からの挑戦であったとしても、経理職に就きたい!と思った時には、簿記2級の資格の有無で採用判定に大きな差が出ます。

持っていて損のない資格です。経理は特に決算期以外には残業がほとんどありません。

ワークライフバランスを手に入れるには最も適した資格です。

医療事務

次に、医療事務の資格です。

医療事務の資格があれば病院で事務仕事に就職することが可能です。

診療報酬の計算などが主な仕事になりますが、体力的な負担も少なく、働きやすいです。

病院は各地域にある程度の数がありますし、待遇も比較的良い所が多いです。

社会保険労務士

次に、社会保険労務士の資格です。

かなりの難関資格ですが、人事の社会保険手続きや給与計算という仕事は多くの会社で男性社員がやりたがらない仕事の一つです。

理由としては仕事が単調なことと、制度企画や採用業務などに時間を割いてしまっているので、これらの仕事は後手に回りがちです。

そこをカバーしてもらうために女性の社会保険労務士を必要としている会社が多くあります。

40代女性が転職で意識するポイントとは?

40代の女性が特に意識するポイントは、プライベートなことに関する質問が入っても、必要以上に神経質に反応しないで、正確に回答をするということです。

面接官はセクハラ禁止規定などを全て理解しています。そのため、質問内容にはこれまで以上に神経質になっています。

しかしながら、どうしても確認する必要のある事項があります。

具体的には、このような質問です。

「ブランク期間は育児などをされていましたか?」

「ご両親はお元気ですか?介護の心配などはございませんか?」

「現在は独身ですか?」

「シングルマザーということですが、何が原因で離婚されましたか?」

このような露骨な質問をしてくる企業があります。

質問の意図は就業時間中に就業できるかどうかの確認と、シングルマザーの場合には、離婚した元夫が職場に乗り込んできてトラブルを起こすなど、そういった事例を経験している企業も多いため、問題なく離婚できたかどうかなどを確認しています。

上手な面接官は質問せずとも自然とそういったことを聞き出そうとします。

あくまで就業できるかどうかの確認だけですので、この場合には、就業可能であるということをしっかりと伝えるようにして下さい。

具体的にはこう答えます。

「ブランク期間は、育児に集中しておりました。夫の転勤の都合もあり、なかなか定職に就くのは難しかったのですが、夫もしばらくは転勤もないということで現在の勤務地で仕事を探すことにしました」

シングルマザーの方の場合には、こう答えます。

「元夫とは問題なく離婚しております。性格の不一致が原因でした。現在のところ、大きなトラブルもなく、以前の職場も理解がありましたが、心機一転、新しい仕事に挑戦したいと思い、御社を志望しました」

40代の女性に関しては、勤務できる常態かどうかの質問が最も多くなります。

このように、冷静に面接官の質問を返すように心がけてください。

40代の女性は転職サイトの活用を積極的に行おう!

転職サイトには女性を積極的に活用しようとする企業の求人が数多く掲載されています。

わかりやすく掲載されているので、このキーワードを見逃さない様にして下さい。

「女性活躍中!」

「短時間勤務でプライベート充実!」

このような謳い文句を並べている企業は、女性向けの求人です。

このキーワードを見つけて、積極的に転職活動をしてください。新天地でのご活躍をお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です