東京センチュリーへの転職は可能?東京センチュリーの転職難易度と転職する方法をご紹介

東京センチュリーへの転職は可能?東京センチュリーの転職難易度と転職する方法をご紹介

東京センチュリーは東証一部に上場している大手リース会社です。

リース業界でもトップクラスの売上高を誇り、リース・レンタル・ファイナンス・ITソリューションなど幅広く事業を展開しています。

そんな東京センチュリーへの転職を考えている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、東京センチュリーへ転職することについて解説します。

東京センチュリーの転職難易度や、転職する方法をご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

東京センチュリーの転職難易度は高い?

東京センチュリーは企業に対してサービスを展開しているので、一般的な知名度はあまり高くないのですが、業界トップクラスの売上高を誇ります。

そんな東京センチュリーの転職難易度は高いです。

そもそも、東京センチュリーが属しているリース業界は全体的に転職難易度が高く、転職先として人気があります。

さらに、東京センチュリーはホームページで中途採用求人が募集されていないので、応募することすら難しいです。

リース業界でNo,1の売上高を誇る「オリックス株式会社」は常に中途採用求人が募集されているので、東京センチュリーよりかは転職難易度が低いと考えられます。

不定期で募集される中途採用求人で、転職を成功させることは難易度が高いです。

しかし、東京センチュリーへ転職を成功させている方は存在します。

実際に東京センチュリーが公表しているデータでは、2020年度に新規採用した33人のうち、20人が中途採用になっています。

東京センチュリーの転職難易度は高いですが、誰でも転職できるチャンスがあるので、東京センチュリーへの転職を諦める必要はありません。

東京センチュリーに転職する方法

東京センチュリーに転職する方法

東京センチュリーに転職する方法は大きく2つあります。

1つ目がホームページで中途採用求人が募集されているときに応募する方法です。

東京センチュリーの採用情報ページには、「キャリア採用」という項目が掲載されていたので、不定期ではありますが、ホームページから中途採用が募集されると推測できます。

一般的には、1月〜2月、6月、10月が中途採用が活発になる時期です。

将来的に東京センチュリーへ転職したいと考えている方に、おすすめの方法になります。

2つ目が転職サービスを活用して転職する方法です。

転職サービスとは、中途採用求人を掲載している「転職サイト」や、転職に関するサポートサービスを提供している「転職エージェント」などを指します。

これらの転職サービスでは、時期は関係なく、東京センチュリーの中途採用求人を取り扱っているかもしれません。

この方法は、「すぐに東京センチュリーへ転職したい」と考えている方におすすめです。

転職サービスを活用して東京センチュリーに転職する方法について詳しくご紹介します。

東京センチュリーの求人が掲載されている転職サイト

転職サイトを活用して転職するには、東京センチュリーの中途採用求人を掲載している転職サイトを見つける必要があります。

しかし、東京センチュリーの中途採用求人を掲載している転職サイトはありませんでした。

東京センチュリーほど大きな会社であれば、転職サイトに求人を掲載しなくても、求めている人材を獲得できていると考えることができます。

ただし、東京センチュリーが事業を拡大するために人出が必要になったりした場合には、転職サイトに求人が掲載される可能性があります。

今の状況が変われば、転職サイトに掲載される可能性は十分にあるので、今のうちに転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

東京センチュリーの転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントには、転職サイトに掲載されない「非公開求人」というものがあります。

非公開求人とは、転職先として人気がある大手企業が利用している採用方法で、求めている人物像をキャリアアドバイザーに伝えて、条件に合った転職者を紹介してもらう仕組みになっています。

膨大な応募から求めている人材を見つけ出す手間を省くことができるため、利用している企業が多いです。

そんな非公開求人であれば、東京センチュリーの中途採用求人を取り扱っているかもしれません。

ただし、非公開求人は一般に公開されないので、「〇〇エージェントが取り扱っている」とお伝えすることはできません。

東京センチュリーの非公開求人を取り扱ってる可能性が高い転職エージェントは下記の通りです。

そして、転職エージェントでは非公開求人の紹介だけではなく、面接対策や日程調整など、転職に関することを幅広くサポートしてくれます。

プロにサポートしてもらうことで、転職難易度の高い東京センチュリーへ転職しやすくなるでしょう。

東京センチュリーの非公開求人をどの転職エージェントが取り扱っているか分からないので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職サイト・doda(デューダ)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

パソナキャリアの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクルートエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

東京センチュリーの企業基本情報

 

東京センチュリーは1969年に「センチュリー・リーシング・システム株式会社」として設立されたリース会社です。

2009年に「センチュリー・リーシング・システム株式会社」と「東京リース株式会社」が合併し、社名を「東京センチュリーリース株式会社」に変更しました。

現在の「東京センチュリー」という社名には、2016年の10月に変更しています。

東京センチュリーは、国内リース事業や国内オート事業、スペシャルティ事業、国際事業を展開していて、リース業界ではトップクラスの売上高を誇ります。

さらに、海外へも進出していて、「中国・インド・シンガポール・アメリカ・カナダ・ブラジル・フランス・イタリア」など、30以上の国と地域に事業を拡大しています。

東京センチュリーは、「リースの枠を越えて新たな事業領域を切り拓く」という積極的な方針を打ち出していて、今後も業界を牽引する存在になるでしょう。

東京センチュリーの平均年収

東京センチュリーの平均年収

東京センチュリーの平均年収は、800万円〜850万円と言われています。

リース業界でもトップクラスの平均年収を誇り、年収を高めることを目的に東京センチュリーへの転職を希望される方も少なくないです。

30代で平均年収である800万円〜850万円を得ることができ、40代になると900万円以上の年収を得ることができます。

さらに、役職に就いている方は、年収が1,000万円を超えることもあり、部長クラスになると年収が1,300万円以上です。

今後、東京センチュリーの業績が著しく低下することは考えにくいため、平均年収が800万円を下回ることはないでしょう。

東京センチュリーの福利厚生

東京センチュリーは東証一部に上場している大手企業ということもあり、手厚い福利厚生が設けられています。

東京センチュリーで設けられている福利厚生は下記の通りです。

  • 年次有給休暇
  • リフレッシュ休暇
  • アニバーサリー休暇
  • 看護休暇
  • 産前、産後休業
  • 退職金制度
  • 従業員持株会
  • 時間外勤務免除
  • 短時間勤務
  • 借上社宅 など

東京センチュリーは、「ワークライフバランス」を重要視していて、従業員一人ひとりが理想的な働き方ができるように福利厚生を整えています。

実際に男性でも育児休暇を取得する方が多いようです。

さらに、東京センチュリーは「なでしこ銘柄2017」「準なでしこ2020」に選定されるほど、女性でも働きやすい環境が整っています。

東京センチュリーは福利厚生が充実している企業になるので、転職後でも安心・満足して働くことができるでしょう。

東京センチュリーの口コミ・評判

東京センチュリーの口コミ・ひょうばん

転職する前に、転職先企業の口コミ・評判を確認することはとても大事で、転職後に後悔することを防ぐことができます。

東京センチュリーの口コミ・評判は下記の通りです。

女性にとってはとても働きやすい会社だと思う。産休育休を取る若手社員も多く、復帰する場合は残業の少ないフォローアップ万全の部署に配属されます。部署によりますが、業務内容の割にお給料も賞与も高いので、満足して長く働くことができる会社だと思う。

部署にもよるが働き方改革が進み、一気に労働時間の改善が進んだ。休日出勤は原則なく、1日の勤務時間は営業で19時ごろ、バックオフィスで18時ごろになっている。リモートワークやフレックスが導入されていることで、子供を育てながら働いている女性社員も多い。東京センチュリーはワークライフバランスが保ちやすい会社という印象を受けている。

東京センチュリーの口コミ・評判では、「女性でも働きやすい」「ワークライフバランスが保ちやすい」「賞与が手厚い」などの内容が多く見受けられました。

東京センチュリーのマイナスイメージにつながる口コミ・評判は少なかったです。

東京センチュリーへの転職を考えている方は、自身でも口コミ・評判を確認することをおすすめします。

東京センチュリーの転職におすすめの人物像

東京センチュリーの転職におすすめの人物像は、リース事業の経験がある方です。

募集されている中途採用求人がないため、東京センチュリーが求めている人物像を明確には把握できませんが、経験者が歓迎される可能性は高くなっています。

基本的に中途採用では、「即戦力で活躍できる人材」が求められるので、未経験者よりも経験者の方が転職しやすいです。

東京センチュリーは、リース事業以外にも、「ITソリューション・コンサルティング・ファイナンス・販売支援・海外進出サポート」などさまざまな事業を展開しているため、経験者に該当する方は多いと思います。

東京センチュリーが展開している事業の経験がある方は、東京センチュリーへの転職をおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件