8月に転職を始める方向けの転職対策と傾向を解説!

8月に転職を始める方向けの転職対策と傾向を解説!

夏のボーナス需給後の8月に、転職を始めようと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし8月が転職に最適な時期なのか、どんな対策を取っていくべきなのかはよくわからないという方もいるはず。

そこで今回は8月に始める転職活動にフォーカスして、8月の転職傾向と転職対策を紹介します!

5分程度で読み終わる内容ですので、ぜひお手すきの際に読んでみてくださいね!

8月は秋入社のための準備期間に最適

8月は秋の入社前の準備期間に最適といわれています。

その理由は以下の2つです。

  • 企業の採用活動がお盆休みで一時ストップする
  • 企業の繁忙期から外れているから

以下で詳しく解説します。

企業の採用活動がお盆休みで一時ストップする

皆さんがお盆休みに仕事がないのと同様に、企業もお盆休みは営業を停止するところがほとんどです。

営業を停止しているため、採用活動も1週間程度ストップします。

またお盆休みの前後も採用活動が休みをまたがないように、採用活動を控える傾向にあります。

採用活動が行われていない、あるいは消極的な時期は転職の準備に最適なのです。

8月後半になると、10月や11月の秋入社に向けた採用活動が始まりますので、それに向けての準備期間として活用しましょう。

企業の繁忙期から外れているから

企業側の休みの時期と被るのと同様に、自分の職場も休みに入るのが一般的ですよね。

8月は企業の繁忙期から外れているパターンが非常に多いので、時間や労力のかかる転職準備に時間をかけやすいのです。

通常転職者は仕事をつづけながら転職活動をしますので、負担も軽減されやすくなります。

8月に転職を始める3つのメリット

他の月ではなく、8月に転職を始めるメリットは以下の3つです。

  • 10月の企業内の体制が変わる時期に入社できる
  • 10月採用に向けて求人数が増え始める
  • 他の応募者が転職を始める前に準備を終えられる

以下で詳しく解説します。

10月の企業内の体制が変わる時期に入社できる

一般的に8月に転職活動を始めた場合の転職時期は「10月」です。

10月は年度の中でも下半期のスタートラインですので、この時期は企業内で人材の入れ替えや新規プロジェクト発足といった体制に変化が現れる時期にあたります。

体制が変化する時期は、人間関係や業務を覚えるためにはちょうどいいタイミングですから転職にはぴったりです。

特に、転職先に人間関係を構築しやすい環境を求めている人は、ねらい目だといえるでしょう。

10月採用に向けて求人数が増え始める

上の項目の通り、8月は10月や11月の秋入社が可能な時期にあたります。

企業は10月に向けて採用強化し始めるので、求人数が増え始めます。

10月採用は企業側としても、体制が変わる時期に研修などを終えられるため、メリットが大きいです。

また皆さんと同様に他の企業内でも秋入社を目指して、10月前をめどに退職する人もいますので、人員補填の目的もあります。

そのため、秋入社に向けて求人を出すタイミングとして、8月に求人が出される傾向にあるのです。

他の応募者が転職を始める前に準備を終えられる

8月は長期休みがありますので、他の転職者がまだ転職活動を始めていない可能性が非常に高いです。

他の転職者が動き始めていない時期に転職活動を始めることで、転職活動を本格的に始めるための準備ができます。

他の転職者があわただしく転職活動を始めた時に、スムーズに応募や面接に参加できるようになります。

8月以降に出される求人の2つの特徴

8月の転職傾向をつかんだつぎは、8月の求人の特徴をつかんでおきましょう。

求人の特徴を事前につかんでおくことで、転職の戦略も立てやすくなりますし、転職しやすい企業を見極めることもできます。

8月以降に出される求人の特徴は以下の2つです。

  • 下半期に入るため、経験者が有利になる
  • 下半期スタートに間に合わせるために採用活動のスピードが速い

以下で詳しく解説します。

下半期に入るため、経験者が有利になる

上の項目でお話しした通り。8月に出される求人は、下半期のスタート時期である10月入社を目指すものが多いです。

しかし下半期は年末や年度末を控えているため、人材の穴を補填できて活躍できるだけの即戦力の人材が優遇されます。

即戦力の人材は通常、経験豊富な人材であることが多いので、経験者が有利な求人が多い傾向にあります。

未経験が全く採用されないという訳ではありませんが、同じタイミングで応募してきた人のうち片方が経験者ですぐに現場に出せる人材、片方は未経験の人材となるとどちらが企業にとってメリットになるかは明白です。

下半期スタートに間に合わせるために採用活動のスピードが速い

8月中は長期休みの時期ですから、採用活動が一旦停止します。

休みが終わると9月から採用活動が本格化し始めます。

下半期のスタート時期である10月入社を目指して採用活動が行われるため、採用活動のスピードが速くなる傾向にあります

8月入社の求人なら未経験でも採用されるものもある

しかし、8月に出される求人でも8月の入社を目標とした求人であれば、未経験でも採用される可能性があります。

未経験での転職を考えている人は、入社時期を検討し直してみることもおすすめしますよ!

8月に転職活動を始める人向けの転職対策

8月の求人の特徴を踏まえた上で、時期に合った適切な転職対策を講じることは、内定をもらう確率を上げるうえで非常に重要な項目です。

8月に転職活動を始める人向けの転職対策は以下の通りです。

  • 企業側の選考日程に沿えるようにスケジュールを管理しておく
  • お盆休みを利用して転職で使用する情報を整理する
  • 転職エージェントの利用開始を遅くとも下旬までにはしておく

以下で詳しく解説します。

企業側の選考日程に沿えるようにスケジュールを管理しておく

8月に転職を始める際は、企業側の選考日程に沿えるようにスケジュールを調整しておく必要があります。

8月に転職を始めると秋入社である10月の入社が一般的ですが、企業側の都合によっては、9月に前倒しになることや11月に先延ばしになる可能性もあります。

すると、事前に通告されていた選考日程とは異なるスケジュールで動かなくてはなりません。

そのため、選考日程の変更があっても対応できるように、ある程度のスケジュール管理を行っておきましょう。

お盆休みを利用して転職で使用する情報を整理する

8月といえばお盆休みですよね。

お盆休みは長期間体を休められる期間ですので、この時期を利用して転職で使用する経歴やスキル、経験や業界の傾向などの情報を整理しておくことをオススメします。

普段仕事をしながら整理するのは意外と難しいので、お盆休みを利用して整理しておきましょう。

転職エージェントの利用開始を遅くとも下旬までにはしておく

転職エージェントは在職中でも転職活動が出来るように、専任のコンサルタントが転職に関するサポートを無料でおこなってくれるサービスです。

そのサポートの中には、自分の主観が入り込んでしまって優劣がつけられない書類選考の書類の添削や面接の練習があります。

また転職において自分の求める条件を提示すれば、それにマッチしそうな求人を紹介してくれます。

しかしこのサポートを受けるためには、コンサルタントと最低1回面談を行う必要があります。

8月下旬になってくると他の転職者が利用し始めますので、早めに済ませておいてサポートが受けられる体制を作っておきましょう。

サポートの評価が高い「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは、数多くある転職エージェントの中でも特に、コンサルタントのサポート力に定評があります。

コンサルタントの対応も良く、転職者からの信頼度が高いです。

そのため、初めて転職活動をする人や仕事と両立するのが不安な方は、登録しておくことをオススメします。

求人数も豊富で、公開求人のみならず、非公開求人も多数取り扱っています。

詳細はこちら

8月に転職を始める上で気を付けておくポイント

8月に始める転職は他の月にはない特色を兼ね備えていますが、やはり注意しておくべき点もいくつか存在します。

以下で詳しく解説します。

8月中旬は企業も転職エージェントも休みなので身動きできない

お盆休みは転職エージェントも採用活動を行う企業も休みですので、身動きが取れなくなります。

どんどん転職活動を進めていきたい人にとっては、煩わしく感じてしまうかもしれません。

特に転職エージェントを利用しようとしている人は、要注意です。

早く行動したい方は上旬に面談を済ませておくなど、お盆休みを考慮して動くようにしましょう。

下旬に差し掛かるとライバルたちも動き始める

8月は他の転職者がまだ動き始めていない時期であると紹介しました。

しかし8月後半に差し掛かってくると、他の転職者も徐々に動き始めます。

すると応募に向けて転職エージェントを利用しようとする人も増えてきますので、少々動きづらくなってしまうかもしれません。

8月全体を通して、転職者の動きが落ち着いているという訳ではありませんので、注意が必要です。

未経験の職種や業種の求人は少なめ

上の項目でもお伝えした通り、8月に掲載される求人の多くは経験者が優遇される傾向にあります。

そのため、未経験の職種や業種に転職を希望する方は、厳しい転職活動になる可能性があることを理解しておきましょう。

しかし業種や職種によっては、未経験OKのものもありますので、興味関心があればそちらに応募してみるのもいいでしょう。

8月に転職開始、秋入社で冬のボーナスは貰える?

8月に転職活動を始めて、秋に入社するとなると気になるのが「冬のボーナスをもらえるか」どうかですよね。

8月に転職活動を始めて、秋に入社したとしても一般的には冬のボーナスの支給対象にはなりません。

ボーナスは基本的には査定期間というものが存在し、その期間の社員の成績や取り組み方で支給金額を決定します。

企業での冬のボーナスの査定期間は4月~9月ですので、8月に転職して秋に入社した場合は査定期間外になってしまうのです。

また企業ごとの決まりにもよりますが、ボーナスは一般的に入社してから6ヶ月以上たっている社員に支給されます。

そのため転職をして秋入社をする人がボーナスを始めて受け取れるのは、6月に支給される夏のボーナスになるのです。

8月に転職を始めてライバルに差をつけよう!

いかがでしたか?

8月は企業の休みと重なる為、他の月に比べて転職の動きは落ち着いています。

しかし転職の動きが落ち着いているときに積極的に動くことで、他の転職者に差をつけることができます。

転職者に差をつけることで、より安定して転職活動を進めることができますよ。

今回記事で紹介したような転職対策や転職の傾向をぜひ参考にして、転職を有利に進めていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件