テンプスタッフに登録できないことはある?テンプスタッフに登録できない理由をご紹介

テンプスタッフは「パーソルグループ」が運営している業界最大級の派遣会社です。

派遣社員として働くことを目指している多くの方が登録している派遣会社なのですが、「テンプスタッフに登録できないことはあるのかな?」と悩まれることがあるのではないでしょうか?

この記事では、テンプスタッフに登録できないがあるのか、ということについて解説します。

テンプスタッフに登録できない理由や抑えておきたいポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

テンプスタッフに登録できないことはある?

テンプスタッフのWEB登録は誰でもできるのですが、派遣登録(本登録)は断られる可能性があります。

派遣会社によって登録できない基準などは異なり、テンプスタッフは他の派遣会社よりも基準が低く設定されていると言われています。

ただし、誰でも登録できるわけではなく、テンプスタッフの派遣社員として有益な人材でなければ、登録できないことが考えられます。

そのため「誰でも登録できる」という考え方で、テンプスタッフの登録会に参加すると、登録できないことになる可能性があるので、注意してください。

テンプスタッフの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

テンプスタッフに登録できない理由

テンプスタッフに登録できない理由はいくつか考えられます。

テンプスタッフに派遣登録を断られることがないように、下記の登録できない理由を参考にして、登録会に参加してみてください。

社会経験やスキルが不足している

上記でお伝えした通り、テンプスタッフの派遣社員として有益な人材が求められるので、登録できない理由としては社会経験やスキルの不足が考えられます。

例えば、今までアルバイトや派遣社員として働いたことがない人であれば、テンプスタッフに有益な人材にはならないので、登録できない可能性があります。

他にも、コミュニケーション能力が著しく低い人や、全く漢字が読めない人などは、登録を断られる対象になるかもしれません。

しかし、派遣は簡単な仕事が多いので、ある程度の社会経験とスキルがあれば問題ないです。

登録時の態度や言葉使い

テンプスタッフに派遣登録するときには、社員の方と面談をおこない、今までの職歴や希望している条件などを伝えます。

その面談で、態度が悪かったり、言葉使いが悪かったりすると、登録できない可能性が考えられます。

派遣社員はテンプスタッフに雇用されることになるので、「派遣先の企業に失礼のない人材しか登録させたくない」という考えがあり、登録時の態度や言葉使いによって断られることになります。

ただし、しっかりと敬語を使い、社会人としてのマナーを抑えていれば、態度や言葉使いが悪いと思われることはないです。

「面談ではなく面接」という心がまえで、登録会に参加すると、登録を断られる可能性は低くなるでしょう。

テンプスタッフで紹介できる仕事がない

派遣登録をするときには、「どんな職種を希望しますか?」「職場はどの地域が良いですか?」など働くうえでの条件をさまざまヒアリングされます。

その中で「テンプスタッフで紹介できる仕事がない」と判断された場合には、登録できない可能性があります。

この理由は、登録者に非があるわけではなく、派遣会社とマッチしなかったということです。

テンプスタッフは幅広い職種と日本各地の仕事を取り扱っていますが、希望に添えないこともあり、その場合は登録時点で断られる可能性があります。

ただし、希望する職種や勤務地などを偽ることは、登録後に後悔することになるので、自分が希望することを伝えるようにしてください。

年齢によって登録できない

テンプスタッフに限らず、派遣会社では高校生など18歳未満は登録できないようになっていることが多いです。

また、40代以降は派遣会社によって紹介できる仕事が少なくなる傾向があるため、テンプスタッフに登録できない理由として「年齢」が挙げられます。

テンプスタッフの公式サイトに「〇〇以下は登録できないです」などと掲載されていませんが、テンプスタッフに登録できない1つの理由として年齢が考えられます。

テンプスタッフが登録を制限している

テンプスタッフに登録できない理由としては、「テンプスタッフが登録を制限している」ということが挙げられます。

登録者1人1人には、担当のキャリアアドバイザーが付くのですが、1人のキャリアアドバイザーが管理できる人数が決まっています。

そのため登録者が殺到してしまうと、テンプスタッフが管理できない状態になってしまい、登録を断るしかないことになります。

「管理できないなら、登録を応募しなければ?」と思うかもしれませんが、派遣社員は3カ月・6カ月単位で契約を結ぶため、いつ退職されるかわからないです。

常に一定数以上の登録者を維持したいと考えているため、常に登録は募集しているのでしょう。

ただし、テンプスタッフほどの大きな派遣会社になれば、登録を制限することはケースは少ないです。

テンプスタッフにログインできない原因と対処法を徹底解説

テンプスタッフに登録するうえで押さえておきたいポイント

テンプスタッフは幅広い職種を取り扱い、福利厚生や研修制度などが充実している派遣会社なので、登録を断られることは避けたいです。

そこで、テンプスタッフに登録するうえで押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

自分のスキルや強みを明確にアピールする

テンプスタッフの登録会では、社員の方と「面談をする」と認識をしている方が多いのですが、登録できないようになる可能性を低くするには、「面接を受ける」と認識して、しっかりと自分のスキルや強みをアピールすることが大切です。

少しでもテンプスタッフに有益な人材と伝えることができれば、登録できないということになることはありません。

登録会で取得している資格をアピールしても良いですし、派遣社員として働いている年数をアピールしても良いです。

社会経験やスキルが不足していると判断されないように、アピールすることを意識してください。

社会人としての言動を心がける

テンプスタッフに登録できないようになる最大の理由が、「登録時の態度や言葉使い」です。

そのためテンプスタッフに登録するときは、社会人としての言動を心がけることが大切になります。

例えば、椅子に座るときに「失礼します」と一声添えたり、失礼のない身だしなみに整えたりすることで、テンプスタッフへの登録を断られる可能性は低くなります。

堅苦しくなる必要はありませんが、「社会人としての言動を心がける」ということを忘れないことが大切です。

テンプスタッフに派遣登録するまでの流れ

テンプスタッフの派遣登録をスムーズに済ませるためには、派遣登録までの流れを把握することが大切です。

テンプスタッフに派遣登録するまでの流れは下記の通りです。

  • WEB登録
  • 登録会を予約する
  • 登録会に参加する
  • テンプスタッフの派遣登録完了

以上の流れでテンプスタッフに派遣登録できます。

そして、テンプスタッフの登録会では本人確認書類が必要になります。

必要な本人確認書類は「氏名・生年月日が記載されている公的機関発行の証明書」「ご本人名義の銀行口座の通帳またはカード」の2つです。

本人確認書類を忘れてしまうと、当日中に手続きが完了しないので、忘れないように注意してください。

テンプスタッフの登録拠点

テンプスタッフの登録拠点は日本各地にあり、「奈良・和歌山・徳島・佐賀」以外の都道府県には、登録拠点があります。

東京や大阪、兵庫、名古屋、福岡などには複数の登録拠点があり、住んでいる地域の近くにも登録拠点があると思います。

もし、「近くの拠点がわからない」という方は、テンプスタッフに問い合わせることをおすすめします。

テンプスタッフの問い合わせ番号は下記の通りです。

  • 電話番号:0120-106-102
  • 受付時間:平日9:00~19:00 土曜日9:00~16:00(日祝を除く)

テンプスタッフの登録拠点は、公式サイトの「拠点一覧」より確認できます。

テンプスタッフ以外におすすめの派遣会社

上記でお伝えした通り、テンプスタッフに登録できない可能性があります。

そこで、テンプスタッフに登録を断られたときに、おすすめの派遣会社を2つご紹介します。

複数の派遣会社に登録しても良いので、テンプスタッフに登録できた方も参考にしてみてください。

派遣会社おすすめランキング【2021年】大手から特化型まで人気の派遣会社を紹介

アデコ

アデコ派遣

アデコは、「アデコ株式会社」が運営している業界最大級の派遣会社です。

アデコは登録者数が60万人を超えていて、企業の取引実績が7,500社以上になっています。

そんなアデコは取り扱っている職種は幅広く、「事務系・金融系・営業、販売、サービス系・クリエイティブ系・建築、土木系」など、さまざまな職種に対応しています。

さらに、福利厚生制度が充実していて、派遣社員でも安心して満足した状態で働くことができます。

アデコは派遣社員を目指している多くの方におすすめできる派遣会社です。

ウィルオブワーク

ウィルオブワーク

ウィルオブワークは、「株式会社ウィルグループ」が運営している派遣会社です。

東証一部に上場している会社が運営していることもあり、業界最大級の実績・規模を誇り、アデコ同様に、60万人以上の方がスタッフ登録しています。

そんなウィルオブワークは、研修制度が充実しています。

身だしなみのレクチャーや、PCの基本的な操作、お客様に強い印象を与える接客術など、基本的な研修から業界に特化した研修まで幅広く用意されています。

この研修によって、ウォルオブワークは仕事を半年以上継続している方が、約79%になっています。

派遣会社の研修を重要視する方は、ウィルオブワークがおすすめです。

テンプスタッフに登録できないことはある

この記事ではテンプスタッフに登録できない理由についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

テンプスタッフの登録を断られる最大の理由は、「登録時の態度や言葉使い」です。

テンプスタッフに派遣登録するということは、テンプスタッフの一員になるということなので、マイナスイメージにつながる人材は登録できないようになっています。

他にも、社会経験や年齢によって登録を断られることがあります。

テンプスタッフは国内最大級の派遣会社なので、この記事でお伝えした内容を参考にして、登録を断られることがないようにしてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件