SIerからWEBエンジニアへの転職に必要なスキル・経験について解説!

普段スマホやPCでどんなWEBサービスを使っていますか?

世の中には多種多様なWEBサービスが溢れ、市場規模は年々拡大しています。

WEBサービスを手掛けるWEBエンジニアたちは今需要がますます高まっており、PythonやPHPをはじめWEB系の言語を学ぶ人も増えています。

そして、これまでSIerで働いていたエンジニアが、WEBに鞍替えするケースも珍しくありません。

今回の記事では、SIerからWEBエンジニアを目指すにあたって、そもそも両社の仕事にどんな違いがあり、何のスキルが求められるのか。そしてどの転職エージェントを活用すれば転職活動を進めやすいのかについて解説していきます!

SIerからWEBエンジニアへの転職は可能だが人が限られる

SIerからWEB、分野は違えど同じエンジニアだから転職は簡単だろう…というワケでもないんです。

もちろんSIerからWEBに転職はできますが、転職可能な方は限られてしまいます。

それは、両者の仕事内容や仕事の進め方、重視すべきポイントなどに違いがあるから。WEB系の仕事の仕方にマッチするかどうかがとても重要になってきます。

文理は関係ない

あくまで仕事の違いの問題であって、文理の違いは重要ではありません。

SIerにも文系出身者はたくさんいると思いますが、同じようにWEB系のエンジニアにも文系出身者がたくさんいます。

むしろ、斬新なWEBサービスを生み出す発想力や企画力が求められるので、SIerよりも文系出身者が活躍しやすいかもしれません。

SIerとWEBエンジニアには3つの違いがある

では具体的にSIerとWEBエンジニアの間にはどんな違いがあるのでしょうか。

ここでは3つの大きな違いについて解説します。

仕事内容

まず大前提として、仕事内容そのものが違います。

仕事内容が全く違うとなれば、現場で業務に携わるエンジニアの仕事も当然違います。

SIerは依頼を行う立場

SIerは企業からの開発依頼を受けてプロジェクトがスタートします。

顧客折衝の中でどんなシステムを構築していくかを定義し、設計後は社内のプログラマーや下請けの開発会社に依頼を行います。

個別のサブシステムをまとめあげて完成させていくことが、SIerの業務内容です。

開発分野も基本的には業務システムや基幹システムで、百名規模、数億円規模の大規模プロジェクトになることも少なくありません。

WEBエンジニアは自分で開発を進めていく

WEBエンジニアは、誰に依頼されるでもなく自分で開発を進めていきます。

自社でどんなWEBサービスを開発していくのかという企画会議を受けて、それを形にしていくのがミッションです。

WEBサイトやWEBサービス、アプリケーションなどの開発が中心で、1名~数名程度で開発する小規模案件が多いといえるでしょう。

重視するポイントが逆方向

開発において重視されることも全く違います。

何に重きを置くかで仕事の進め方が全く変わるので、SIerからWEBに移った方は苦労することが多いようです。

SIerは確実にシステムを開発することを重視

SIerの場合は基幹システムや業務システムを開発するため、システムの堅牢性が求められます。

バグやトラブルが無いように、他ときちんと連動するように、綿密に開発を行った上で完璧なシステムを納品しなければなりません。

ゆえにエンジニアには、スピード感以上に確実性が求められます。

WEBエンジニアは実装スピードを重視

WEBエンジニアの場合は堅牢性や確実性以上に、スピード感が求められます。

よくWEBサービスが“β版”の状態でローンチされますが、これは多少のバグやトラブルは仕方がなく、起こった後に即時対応すればいいという現れでもあります。

日々たくさんのWEBサービスが生み出されている中で、他社よりも先に世の中にサービスを提供するためには、何よりもスピード感が重要。

企画から1週間~数週間でローンチというスピード感も珍しくありません。

仕事の進め方が全体か段階を踏むかで分かれる

開発規模や案件の特性が違うので、業務の進め方も大きく異なります。

特にWEBエンジニアは小回りが求められ、企画から設計、開発、運用、保守など全フェーズでエンジニアがかかわっていくことになります。

SIerは仕事を割り振るための準備段階が必要

SIerが手掛けるのは基本的に大規模案件が中心です。

そのため関わる人数も多くなり、納期を踏まえてスケジュールや予算など仕事を割り振るための準備が重要になります。

WEBエンジニアは全工程でエンジニアが関わる

WEBエンジニアももちろん準備は必要ですが、開発にかかわる人数が少ないため、ある程度のスケジュールや予算をイメージしたらとにかく開発をスタートさせます。

何よりもスピードが重要です。

関わる工程も広く、基本的には全てにエンジニアが介入すると思ってください。

どんなWEBサービスにするかという企画会議ではアイデアを出し、それを自分自身で設計。

その後は実際にプログラミングやデバッグを行い、リリース後は運用や保守、時には顧客対応なども行います。

SIerからWEBエンジニアに転職するのに必要なスキル・経験は4つ

さて、SIerとWEBエンジニアの仕事の進め方の違いについてイメージできたでしょうか。

仕事内容が違えば、当然ながら求められるスキルや経験も違ってきます。

この項目では、SIerからWEBエンジニアになるにあたって、転職活動の際に求められるスキルや経験について解説していきます。

サーバーサイドの開発経験

WEBサービスやアプリケーションを開発するのであれば、サーバーサイドの開発も必須です。

例えばECであればカートやデータベース、セキュリティ面など、特にサーバーサイドの開発が重要になってきます。

中にはサーバーサイドの開発は外部委託している企業もありますが、開発・対応のスピードを考えると、まったく知識が無ければ採用はされにくいかもしれません。

プログラミング知識

企業にもよると思いますが、SIerのエンジニアは極論プログラミングができなくても仕事が成立します。

顧客折衝や要件定義、設計などがメインなので、実装作業自体はプログラマーや外部企業に委託すれば問題ありません。

しかしWEBエンジニアの場合は、設計から開発まですべて自分で行うため、プログラミングができなければ話になりません。

言語についてもWEB系言語の知識が求められ、例えばPythonやPHP、Perl、Javaなどがその代表。

動的サイトやアプリを開発するのであれば、JavaScriptの知識も求められるでしょう。

現状こうした言語の知識がないのであれば、勉強して身に付ける必要があります。

技術や知識を吸収する意欲

WEBやアプリケーション周りの技術・知識は進歩のスピードが速く、新しい言語や技術がどんどんリリースされています。

こうした新技術・知識を日々自ら学んで吸収していく意欲が求められます。

WEB開発を手掛ける企業は中小規模の企業が多く、研修制度などがSIerと比べると整っていないことがほとんどです。

ゆえに教えてもらう姿勢では通用せず、常に自ら情報を収集していかなければなりません。

コミュニケーション能力

WEBエンジニアは社内のあらゆる部署とかかわりながら仕事を進めます。

例えばサービスを考える際は企画部門、受注システムを構築する場合は経理部門、顧客対応を考える場合はカスタマーサービス、サイト内のコンテンツを拡充させる場合はライターやデザイナーなど。

ゆえにコミュニケーション能力や調整力は必須です。

ただ、コミュニケーションや調整のためのスキルは、SIerのエンジニアをしていれば身についている部分も多いと思います。

SIerからWEBエンジニアに転職する際に準備すべきこと

では実際にWEBエンジニアになろうと思ったときに、どんな準備をすべきなのでしょうか。

ここでは転職活動前に抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

WEBエンジニアの情報収集

何よりも重要なのは情報収集です。

WEBエンジニアとはどんな仕事なのか、どんな企業があるのか、給与相場や待遇はどうなのか、将来性はあるのか、今注目のWEBサービスはどんなものがあるのか…。

自分が転職する業界について、あらゆる情報を調べましょう。

企業の公式サイトの他、転職サイトの求人情報に目を通すのもいいかと思います。

また、WEBエンジニアによるトークイベントやセッションなども開催されていますので、そうしたイベントを調べて参加してみるとより理解が深まるかもしれません。

技術の知識を得たら開発をしてみよう

WEB開発に関する技術や知識を学んだら、実際に自分で簡単な開発をしてみましょう。

開発の流れや感覚を大まかに理解できると思います。

簡単なWEBサービスやアプリであれば、自宅のPC環境でも充分開発可能です。

求人情報を集めて必要な言語を学んでおく

どんなサービスの開発に携わりたいのか、ある程度方向性や志望する企業が決まってきたら、実際に求人情報を検索して集めてみましょう。

求人情報内にはその企業の開発環境などが書かれていますので、もしまだ学んでいない言語であれば応募までに学んでおきましょう。

独学で学ぶ他、プログラミングスクールやe-ラーニングなどを活用するのも手です。自分に合った学び方を探してください。

SIerからWEBエンジニアに転職する時にオススメな転職エージェント

準備も進み、いよいよ転職活動!…となったときに活用したいのが、転職エージェントです。

転職サイトだけで転職活動が完結できれば問題ありませんが、IT業界の場合、オープンにできない求人なども多いため、転職エージェント経由のほうがよりたくさんの求人に出会えます。

また、仕事をしながらの転職活動の場合、求人探しや応募書類の提出、面接日程の調整など全てを自分で行うのは負担が大きいと思います。

転職エージェントに登録すれば、こうした面倒な作業は全てキャリアコンサルタントが代行してくれます。

時間を効率的に使うという意味でも、転職エージェントはぜひ活用したいところです。

ただ、転職エージェントは世の中に数えきれないほどあり、どのサービスを選ぶかが難しいところ…。

そこで今回は、SIerからWEBエンジニアを目指す方に向いている転職エージェントを2つピックアップしてご紹介します。

登録先を迷っているのであれば、まずは以下の2つに登録しておけば間違いはないかと思います。

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

人材業界大手のマイナビが運営する転職エージェント『マイナビエージェント』。その中のITに特化したページです。

マイナビエージェントの特徴は、20~30代の若手で、経験が浅い方をメインターゲットにしているところ。つまり、これからWEBエンジニアを目指す方にも使いやすいサービスなんです。

経験が浅い方をターゲットにしているからこそサポート体制も手厚く、ほかの転職エージェントには相談しにくいことでも遠慮なく聞くことができます。

ちなみにさすがは大手だけあって案件数も豊富で、IT系の求人だけで約6000件、WEB系のエンジニアだけに絞っても約2800件もの求人が掲載されています。

詳細はこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・WEB業界のエンジニアとクリエイターだけに特化した珍しい転職エージェントです。

業界・職種に特化しているのでキャリアコンサルタントのスキル・知識レベルが非常に高く、エンジニア同等の業界・職種知識を持っています。

ゆえにキャリアや転職の相談もしやすく、ユーザーからの評価も高いサービスです。

全体の求人数は約3000件と、件数だけではマイナビエージェントITに劣りますが、レバテックキャリアだけの求人も多いため、ぜひ併用したいところです。

また、転職エージェントには珍しく、求人情報が比較的詳細に書かれているのもポイントです。

ただキャリアコンサルタントからの求人紹介を待つのではなく、自分自身でも興味を持てる求人を探すことができます。

詳細はこちら

それぞれの違いを意識してWEBエンジニアへの転職で内定をもらおう!

同じエンジニアでも、SIerとWEB系では仕事内容も求められるスキル・知識も全く違います。大切なのは、その両方をきちんと理解した上で転職活動をするということです。

違いを理解しておけば、履歴書や職務経歴に書く内容や、面接で伝えることも、自ずと見えてくるでしょう。

今回の記事を参考にしながら改めてSIerとWEB系の違いを把握し、WEBエンジニアの内定を勝ち取っていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件