心配性に適した職業とは?自分の特徴を長所に変えるには?

心配性に適した職業とは?自分の特徴を長所に変えるには?

心配性の方は私生活においても仕事においてもストレスを抱えることが多く、ネガティブになりやすいのではないかと思います。

特に仕事においては悩んでいる方も多いことでしょう。

「心配性」ということを聞くと一見デメリットしかないような気もしますが、心配性の特徴を最大限に生かせる仕事に就くことができれば心配性もメリットになります。

この記事では心配性に適した職業やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

心配性に向いてる仕事

心配性の方には「向いている仕事」があります。

向いている仕事に就くことによって心配性を長所にすることが可能になります。

少しでも心配性を「短所」と感じている方は下記の仕事を参考にしてみてください。

事務職

事務職は電話対応や資料作成など「ルーティンワーク」と言われる業務がほとんどです。

そのため心配性の方でも心配になる業務は少なく、勤務年数が増えれば増えるほど効率よく業務を行うことができるでしょう。

さらに事務職は会社の利益に直接貢献することはないので、心配性の方でもあまり心配することはないと思います。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは契約している企業がより発展するべくさまざまな戦略を提案したり、現存の課題を解決できるよう提案する仕事です。

そのためどれだけ契約している企業の問題点を提示して、解決できるかがポイントになってきます。

心配性の方が持つ「考え込む」「計画性がある」などという特徴を最大限に発揮できる仕事です。

さらに経営コンサルタントは契約している企業から信頼を得ることも大切になるので、心配性の方に向いている仕事と言えるでしょう。

経理・財務職

財務・経理は会社のすべての業務を数字によって、正しく計算して測定することが業務になります。

経理・財務が見いだした数字が会社の経営に大きく関わってくるため、正確性が求められます。

そのため心配性の方が持つ特徴を生かすことができる仕事でしょう。

経理・財務職は「会社に直接貢献したい」と考えている心配性の方におすすめの仕事です。

心配性に向いていない仕事

上記では心配性の方に向いている仕事をお伝えしましたが、向いていない仕事もあります。

向いていない仕事に就いていると心配性の方が持つ特徴を最大限に生かすことができないため、上記の仕事へ転職することをおすすめします。

接客職

接客業はお客様をもてなすサービス業の1種なのですが、即興性や臨機応変に対応するスキルが求められるため、心配性の方には向いていない仕事です。

さらにほとんどの業務でスピーディーな行動が求められます。

そのため心配性の方が持つ特徴の「慎重な行動」は必要のない仕事です。

また、接客業にクレームやトラブルもつきものなので、心配性の方ですと精神的にも辛くなる場面が多いと思います。

営業職

営業職は自社のサービスや商品を企業または個人のお客様に売り込むことが業務になるのですが、接客業同様に即興性や臨機応変に対応するスキルが求められます。

そのため心配性の方には向いていない仕事になるでしょう。

ただ、営業職はお客様から「信頼」を得ることができれば成果を上げられる仕事とも言われているため、場合によっては向いている仕事にもなると考えられます。

「仕事したくない!」原因と対処法を紹介

心配性のメリット

心配性と聞くと「直すべきこと」「短所」というイメージを持たれる方が多いと思うのですが、メリットになることもあります。

そのメリットを把握することによって心配性を長所にすることができるようになります。

心配性のメリットをいくつかご紹介します。

責任感がある

心配性の方は何事にも「責任感がある」というメリットがあります。

言い方を変えると、責任感があるから心配性になってしまっているのかもしれません。

心配性と聞くとプラスなイメージはないかもしれませんが、「責任感がある」と聞くと何かプラスなイメージが出てきますよね。

責任感があると、上司や先輩から信頼されやすく仕事でミスをする可能性も少なくなるでしょう。

ただ、責任感が強すぎると自分で自分を追い込み過ぎてしまうこともあるので、メリットにはなるのですが気負い過ぎには注意が必要です。

視野が広い

心配性の方は「失敗したくない」「ミスはできない」という気持ちが強いため、何事に対しても視野を広く持っています。

視野が広いということはもちろんメリットになりますよね。

視野が広いと、多くの人が気付かないことに目が届き、時にはミスを事前に防ぐことができるようになります。

そして視野の広さは簡単に習得できません。

少し言い方を変えると「天性」という考え方もできるため、視野の広さには自信を持ってください。

真面目

心配性の方は「真面目」というメリットもあります。

「真面目ってメリットなの?」と思われるかもしれませんが、真面目ということは仕事をするうえで非常に大切なことで、真面目な方ほど成果も上げやすいです。

単純に「真面目・不真面目どちらの方と一緒に仕事したいですか?」と聞かれると必ず「真面目」と答えるでしょう。

ただ、真面目になりすぎると人のミスを許せない「心の狭い人間」になってしまう恐れがあるため、自分には真面目に他の人には寛大な心で接することを心がけましょう。

計画性がある

上記でもお伝えしましたが、心配性の方は「失敗したくない」「ミスはできない」という気持ちが強いため、計画性があります。

もちろん計画性があるということもメリットになりますよね。

計画性があると、仕事を効率的に行うことができて、ミスをする可能性も低くなるでしょう。

さらに仕事以外の私生活でも計画性をあると、健康状態を維持することができたり、金銭面の管理もしっかり行えると思います。計画性はあるに越したことはないでしょう。

心配性のデメリット

心配性のメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。

メリットを把握することも大切ですが、デメリットも把握することも非常に大切になるので、下記のデメリットを参考にしてみてください。

すぐに決断ができない

心配性の方は言葉の通り何事も心配してしまうため、すぐに決断できません。

「この決断で大丈夫かな」「もっと考えてから決めないと」など決断することが不安になってしまいます。

すぐに決断しなくてはいけない時に決断できないということはデメリットになりますが、全ての決断をすぐにする必要はありませんよね。

すぐに決断しないからこそ防げるミスなどもあると思うので、場合によってはメリットになります。

行動が遅くなりがち

心配性の方は考え過ぎてしまう傾向があるため、行動が遅くなりがちです。

スピーディーな行動が望まれる場面では大きなデメリットになるでしょう。

さらに心配性でない方からすると「早く行動して」と思われてしまいます。

特に上司や先輩からそのような感情を抱かせてしまうことはデメリットになりますよね。

ただ、行動は早くてもミスをする可能性が高いと意味はありませんので、行動が早いことがメリットというわけではないです。

心配性の方におすすめの転職エージェントサイト

上記では心配性の方に向いている仕事と向いていない仕事をいくつかお伝えしましたが、現職が向いていない仕事の場合は「転職」することをおすすめします。

向いている仕事でも向いていない仕事でもない場合は、ぜひこの記事をきっかけに向いている仕事に転職してみましょう。

そこでおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。

国内には数多くの転職エージェントがあるので、下記のエージェントを参考に転職してみてください。

doda

doda

dodaは転職エージェントのサービスだけではなく、転職サイトのサービスも併用して利用できる転職支援会社です。

業界でもトップクラスの実績を誇っています。

そんなdodaはキャリアアドバイザーの質が非常に好評です。

キャリアアドバイザーとは転職をサポートしてくれるスタッフなのですが、丁寧にサポートしてくれて他社ではサポートしてくれない部分までサポートしてくれます。

心配性の方ですと転職することにも心配になってしまうと思うので、dodaの丁寧なサポートがおすすめです。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「マイナビ」が運営しているエージェントサービスで、実績・知名度ともに業界トップクラスです。

そんなマイナビエージェントにはサポート期限がありません。

転職が終了するまでサポートを続けてくれるため、希望する転職ができるでしょう。

サポート期限がないということは、心配性の方でも安心できるポイントだと思うので、「転職できるかな」と心配になっている方はマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職エージェントではなく転職サイトになるため、求人は自分で探す必要があります。

ただ転職者の約8割が利用していると言われるほどの大手転職サイトで、求人数も豊富です。

そんなリクナビNEXTにはスカウト機能があります。

スカウト機能とは企業から転職希望者にオファーがくるサービスで、言い方を変えるとリクナビNEXTに登録しているだけで、転職を成功させることができるということです。

スカウトの種類は「オープンオファー」「興味通知オファー」「プライベートオファー」と3種類あり、自分にあったスカウトを受けることが可能です。

自分で行動することは苦手な方は、リクナビNEXTがおすすめです。

リクナビNEXT詳細ページ

まとめ 向いてる仕事に就けば、心配性はメリットになる

この記事では心配性の方に向いている仕事・向いていない仕事についてお伝えしてきましたが、向いている仕事に就くと心配性もメリットになります。

反対に向いていない仕事に就いている場合は心配性がデメリットになります。

そのため心配性という特徴を生かすも殺すも就いている仕事が肝心ということです。

心配性の方ですと転職することは不安になることだと思いますが、上記でお伝えした転職エージェントを参考にして、ぜひ向いている仕事に転職してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件