接客業に転職する時の志望動機を考える上で大切なポイントをご紹介

接客業に転職する時の志望動機を考える上で大切なポイントをご紹介

多くの人が就職活動の時に、「志望動機」を考えたと思います。

就職活動時には重視されていることなのですが、転職時にはあまり重視していない人が多いのではないでしょうか?

「志望動機は必要なの?」「どう考えればいいの?」と悩みを抱えている人も多いと思います。

そこ今回は、接客業に転職する時の志望動機についてご紹介していきます!

接客業に転職する時の主な志望動機などもご紹介していますので、志望動機について悩んでいる人は参考にしてみてください!

接客業の転職において志望動機は大切なの?

そもそも志望動機とは何を定義しているのでしょうか?

志望動機とは、「応募した企業でなぜ働きたいのかを伝える」ということです!

転職時には大切な項目になるのですが、志望動機に重きを置いていない人が多いみたいです。

今までの職歴や自分のアピールポイントなどばかりを伝え、肝心な志望動機が薄くなってしまい、なかなか採用してもらえないことが多々あります。

企業側も志望動機を採用する判断材料として考えていますので、良い志望動機なほど採用されやすく、転職もスムーズに終わります。

接客業への転職時も同様で、「なぜ接客業に転職しようと考えたの?」「なぜうちの企業に転職したいの?」と聞かれることが多いです。

それだけ、企業側も志望動機を大切にしています。

それに加え、転職となると今働いている仕事を辞めるということになりますので、志望動機を気にする企業が多いです。

曖昧な志望動機ですと、「また転職するのでは無いか」と思われてしまい採用に繋がりません。転職を成功させたい人は、志望動機も大切に考えてください!

接客業への志望動機を考える上で大切なポイント

志望動機は転職したい業界によって変えなければいけません。

接客業への志望動機を考える上で大切なポイントをご紹介します。

接客業を志望する理由を明確にする

志望動機を考える上で大切なことは「企業への気持ち」と聞いたことはないでしょうか?

上記で志望動機の定義をご紹介しましたが、志望動機とは、「応募した企業でなぜ働きたいのかを伝える」ということですよね。

しかし、志望動機を考える上で大切なポイントは「なぜ接客業に転職したいのか」ということです!企業に対する気持ちも大切なのですが、それ以前に業界に対する気持ちが大切です。

接客業に転職したいということは、面接官も接客業を職にしている人ですよね。

そのため、志望動機になぜ接客業に転職したいのか加えると、共感を得ることができるのです。

なぜ接客業に転職したいのかを考えた上で、なぜその企業に転職したいのかを考えると、良いよい志望動機を考えることができます。

あくまで「接客業に転職したい!」という気持ちは忘れないでください。

なぜその企業なのかを考える

なぜ接客業に転職したいのかを考えると、次は「なぜその企業に転職したいのか」を考えます。

転職したい企業に対する気持ちが薄いと、「他の企業でもいいんじゃない?」と思われてしまいます。

そう思われてしまうことは、志望動機を伝える上で注意しなくてはいけないことです。

「なぜその企業に転職したいのか」を明確にするためには、その企業の特徴を把握しなければいけません。

企業研究を行い、その企業ならではの志望動機を考えることができれば、転職活動はスムーズに進むでしょう。

「御社がいいんです!」という熱意を伝えることが必要ですので、覚えておきましょう。

転職したい職種を絞る

「接客業に転職したい」と考え、志望動機を考えてもなかなか明確な志望動機を考えることができません。

その理由は、接客業には様々な職種があるからです!

接客業と言える職種を下記にまとめました。

  • 販売スタッフ
  • 宿泊ホテルのスタッフ
  • 飲食店のホールスタッフ
  • 乗り物の接客スタッフ
  • 美容師やエステティシャン

などの職種が接客業に当てはまります。

大きく接客業への志望動機を考えるのではなく、職種までを絞って志望動機を考えるようにしてください。

職種まで絞って志望動機を考えますと、職種の特徴も捉えれている志望動機が完成しますので、なかなか完成しない人は転職したい職種まで絞って考えましょう!

接客業に転職する時の主な志望動機

接客業に転職する時の主な志望動機をご紹介しますので、参考にしてみてください。

コミニュケーション力

接客業において最も大切なスキルが「コミニュケーション力」です。

初めましてのお客さんと会話をしなくてはいけませんので、職種によってはコミニュケーション力がないと仕事ができない場合もあります。

そのため、コミニュケーション力を志望動機にする人が多いです。

しかし、単にコミニュケーション力を志望動機にすることがよくありません。

自分自身の経験談を交えて、コミニュケーション力の高さを証明してください。

体験談のある志望動機の方が、説得力が生まれます。

さらに、面接時に「コミニュケーション力ないじゃん」と思われることを一番避けたいですので、面接時のコミニュケーションにも注意してくださいね。

今までの職歴

今までに接客業を行った経験がある人は、経験を志望動機にしていることが多いです。

前職が接客業やアルバイト時代に接客業を経験していると、企業側も信頼することができ、採用することに繋がってきます。

さらに、自分なりに工夫したことや評価されたポイントなどを踏まえて、志望動機にしましと、信頼感がさらに増すことでしょう。

志望動機に経験を入れ、アピールしていくことは非常に大切です!

自分自身の体験

接客業は、お客様を相手にする仕事になりますので、接客を受けたことがあると思います。

その時に「働いてみたい!」と感じて、志望している人もいます。

その場合は「この企業だから転職したいのです!」と企業に対する熱い気持ちを伝えることができ、「他の企業でもいいんじゃない?」と思われることが少ないです。

志望動機がどうしても考えられない場合は、転職しようか考えている企業にお客として来店してみると、何か見えてくるかもしれませんのでおすすめです!

お客様への気持ち

接客業はお客様を相手にしている仕事ですので、お客様の笑顔やお客様に感謝される場面が多いです。

それは接客業の特徴でもあり、醍醐味でしょう。

そのため、お客様からの感謝や笑顔を志望動機にする人も多いです。

「お客様の笑顔が見たく、接客業に転職したい」と伝えることができれば、企業側も信頼することができますよね。

さらに、体験談なども踏まえ伝えることができれば、企業側から「ぜひ働いてみないか?」と言われることもあります。

接客業の志望動機を伝える上で注意するポイント

志望動機は採用なのか不採用なのかを決める非常に大切な項目になりますので、悪い志望動機を伝えてしまうと、マイナスの印象を与えてしまい不採用に繋がります。

志望動機を伝える上で注意して欲しいポイントをご紹介します。

その企業ならではの志望動機を伝える

上記で主な志望動機を伝えましたが、大切なことは企業への熱意です。

例えば、コミニュケーション力があるから志望しましたと伝えるとしましょう。

企業側はどう思うでしょうか?

「別の企業でもいいんじゃない?」と思いますよね。

そう思われてしまうと、採用をもらうことはできません。

コミニュケーション力があるから志望したという志望動機でもいいのですが、それに加えて「企業への熱意」も必ず伝えるようにしましょう。

さらに、企業の特徴やその企業ならではの志望動機を伝えることができれば、採用に繋がりますので、企業への気持ちも忘れずに伝えるようにしてください!

金銭にまつわる志望動機はいけない

最も悪い印象を与えてしまう志望動機が金銭にまつわる志望動機です。

例えば、「時給がいいので志望しました」「ボーナスが高いと聞き、志望しました」などの志望動機は悪い影響しか与えません。

本当に志望した理由が金銭的なことでも、それを志望動機で伝えるのはよくありません。

嘘をつくことはよくありませんので、伝え方を工夫して企業側に悪い印象を与えない志望動機にしましょう。

伝え方次第ではすぐに不採用になってしまいますので、注意してください!

接客業への転職を成功させるためには?

接客業への転職を成功させる上で大切なことが、転職サイトを利用することです。

それは接客業に関わらず、転職するときには大切なポイントになっております!

転職サイトを利用して転職しますと、担当のアドバイザーが付いてくれ、転職活動をサポートしてくれます。

求人紹介や面接対策、企業側との交渉、志望動機まで一緒に考えてくれます。

転職する多くの人が働きながら転職することになると思いますので、このようなサポートがあると、安心して転職活動を行うことができますよね!

基本的に接客業の求人はどの転職サイトでも掲載されていますので、今回はサポートが手厚い転職サイトをいくつかご紹介しますね!

サポートが手厚いおすすめ転職サイト

転職サイトを国内に数多くあり、専門的な転職サイトもあります。

転職サイトを選択する上で大切なことが「自分自身に合っているか」ということです。

いくら優良な転職サイトでも「使いにくいな…」と自分が思ってしまう転職サイトは利用すべきではありません。

おすすめした転職サイト以外にも数多くありますので、自分にあった転職サイトを利用するようにしてくださいね!

まとめ

今回は接客業に転職する時の志望動機についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

志望動機の内容によって、転職活動が大きく左右されますので、今回ご紹介した内容を参考にして考えてみてください。

そして、納得のいく志望動機を完成され、転職を成功させましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件