接客業に転職することが向いている人の特徴10選!

接客業に転職することが向いている人の特徴10選!

転職をお考えの人の中には「接客業に転職しようかな…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

しかし、転職には失敗いわゆる「ミスマッチ」を起こしてしまうことがあるため、なかなか転職に踏み出せていない人も多いと思います。

ではどうすれば転職を失敗せずに、成功させることができるのでしょうか?

この記事では、接客業に転職する時に大切にして欲しい「向き不向き」についてご紹介します。

接客業に転職することが向いている人の特徴はご紹介していきますので、自分は向いている人なのか参考にしてみてください!

接客業の当てはまる職種は?

接客業に転職を考えている人の多く「接客業に転職したい!」と考えます。

それでも転職することはできるのですが、成功率を高めるためには、職種を絞る必要があります。

接客業の中でも転職したい職種を絞ることにより、ゴールがより明確になり、転職が成功しやすくなります。

接客業に当てはまる職種は下記になります。

  • 販売スタッフ
  • 飲食店のホールスタッフ
  • 宿泊ホテルのスタッフ
  • 乗り物の接客スタッフ
  • 美容師やエステティシャン
  • 受付

などが接客業に当てはまり、主にお客様と接する仕事全般のことを接客業といいます。

接客業に転職したいと考えることも大切なのですが、職種をイメージして向いているのか参考すると、より明確に向き不向きを感じることができますので、おすすめします!

接客業に向き不向きはあるの?

上記でご紹介しましたが、接客業はお客様と接する仕事になりますよね。

そのため、人と接することが嫌いな人は接客業には向いていないでしょう。

反対に、人と接することが好きな人は接客業にぴったりと言えます。

このように接客業には、向いている人、向いていない人が存在します。

さらに、向いている人、向いていない人が働く前から想像できる業界とも言われておりますので、転職する前に一度考えるようにしてください。

接客業から異業種に転職するためには?転職に欠かせないポイントを解説

接客業に転職することが向いている人の特徴10選

接客業に転職する前に、自分が向いている人なのか考えてみましょう!

向いている人の特徴を10個ご紹介します!

人に関わる仕事がしたい人

接客業は、人と接する仕事になりますので、業務のほとんどがお客様と接しています。

そのため、人と関わることが好きな人は接客業に向いている人になります。

自分の好きなことを仕事にできるというのは、理想の形ですよね。

さらに、人と接することが好きな人ですと、時間の経過も早く感じると思います。

仕事自体も楽しく感じて、天職に感じている人も多いのではしょうか?

反対に、人と関わることが嫌いな人は接客業に向いていないです。

時間の経過も遅く感じ、仕事自体も楽しくないでしょう。

コミニュケーション力がある人

接客業で働く上で欠かせないスキルが「コミニュケーション力」です。

コミニュケーション力は高いほどいいのですが、話す力だけが合っても意味がありません。

「コミニュケーション=話す力」と思われる方が多いのですが、接客業に大切なコミニュケーション力は「話を聞く力」です。

話す力がなくても、聞く力があれば仕事はやっていけます。

そのため、人の話を上手に聞くことができる人が接客業に向いている人になります。

自分では自覚しにくい部分ですが、「話聞くの上手いね」「どんどん話してしまう」なんて言葉を周りの人から言われたことがある人は、向いている人になりますので、そのまま聞く力を大切にしてください。

労働時間にこだわりがない人

接客業は、お客様と接する仕事になりますので、営業時間も長く、土日祝でも営業しています。

接客業の中には、定休日を設けていない企業が多く「元旦のみ休み」という企業も多いです。

そのため、労働時間にこだわりが無い人は接客業に向いている人になります。

接客業で働くと退勤時間は遅いですし、土日祝でも出勤になりますので、プライベートの時間が圧倒的に減ってしまいます。

プライベートの時間を大切にしたい人や定時に帰りたいという人は、接客業には向いていないでしょう。

臨機応変に対応できる人

接客業に、マニュアルみたいなものはなく、お客様によって働き方が変わります。

例えば、アパレル店員をイメージしてみましょう。

アパレル店員の仕事は、お客様に似合っている服やファッションの相談を受けることが多いのですが、男性の場合もあれば、女性の場合もありますよね。

性別によって働き方を変えなくてはいけませんし、年齢層によっても働き方を変えなくてはいけません。そのため、臨機応変に対応できる人が接客業に向いている人になります。

性別や年齢は同じでも、お客様一人一人思っていることや感じることは違いますので、対応力が大切になります。

決められたことを行うルーティンワークが好きな人は、接客業に向いていません。

喜ばれることが好きな人

接客業の特徴でもあり、やりがいの1つになることがお客様からの感謝やお客様の笑顔です。

接客業はお客様が喜ばれている場面を見ることが多く、その場面をやりがいに感じている人も多いです。

そのため、自分の幸せよりも他人の幸せを喜べる人は接客業に向いている人になります。

さらに、感謝されることも多いですので、働いていて気持ちがいいです!

なかなか直接感謝を伝えられる仕事はありませんので、喜ばれることが好きな人は接客業がぴったりです。

気配りができる人

皆さんも一度は、お客様側として接客を受けたことがありますよね。

その時に、気配りができるスタッフと気配りができないスタッフを感じたことはないでしょうか?

例えば、飲食店のホールスタッフをイメージしてみてください!

自分の水がない状態になると、呼ぶ前に水を入れにいてくれるスタッフ、もしくは呼んでから水を入れてくれるスタッフ。

どちらでも悪いなんてことはありませんが、お客様側としては呼ぶ前に気付いて水を入れに来てくれると嬉しいですよね。

これが「気配り」です!

気配りがなくても接客業として働くことはできるのですが、気配りができる人の方が接客業に向いている人になるでしょう。

自分から行動できる人

接客業の業務は基本的に、1人で行います。

上司が付いて仕事をするわけでもなく、決められたことを行う仕事でもありません。

そのため、自分で考えて行動することが大切で、指示待ち人間ではダメです。

そのため、自分から考えて行動できる人が、接客業に向いている人になります。

さらに、自分から行動ができると先輩や上司から評価を受けることができ、出世するスピードも早いでしょう!

ストレスを抱え込まない人

接客するお客様の中には、理不尽なことを言ってくる人もおり、クレーム対応は接客業では避けては通れない道です。

クレームの多くは、理不尽のことが多くストレスが溜まりやすいです。

そのため、ストレスを抱え込まない人が接客業に向いている人になります!

ストレスを抱え込んでしまうと、仕事に行くのが嫌になり、せっかく転職してもまた転職しなくてはいけないことになります。

ストレスを感じることは前提として、ストレス発散ができるようになる必要があります。

接客業に転職する前に、自分なりのストレス発散方法を見つけているといいでしょう!

体力に自信がある人

上記でもご紹介しましたが、接客業は労働時間が長いです。

労働時間が長い上に、夜遅くまで労働しますので、体力的にしんどい部分があります。

そのため、体力に自信がある人が接客業に向いている人になります。

さらに、接客業の多くが立ち仕事になります。

ホールスタッフも販売スタッフも立ちっぱなしで仕事をこないますので、足腰への負担が大きく肉体的にもしんどいことが多いです。

接客業から転職する人の理由は「体力的な限界」と答える人も多いです。

腰痛持ちの人や体力に自信がない人は、接客業に向いていない人でしょう。

元気のある人

接客業では、お客様から「不快」に思われてしまうといけません。

不快に思われてしまう人の多くが、元気がなく暗い人です。

元気のない暗い人から接客を受けても嬉しくないですし、不快な気持ちになることもあるでしょう。

そのため、明るく元気な人が接客業に向いている人になります。

時には、落ち込むことや体の調子が悪く、明るく元気に振るまえないこともあると思いますが、お客様はお客様ですので、接客しているときだけでも明るく元気に対応しましょう!

以上が接客業に向いている人の特徴になるのですが、あくまで特徴ですので働いてみないとわからない部分も多いです。

「体力的に厳しいかな」と思っていても、働いてみると「転職してよかった!」と思えるかもしれませんので、向いている人の特徴は参考程度に考えるといいでしょう!

さらに、転職したい企業にお客様として来店してみること接客業に雰囲気を感じることができると思いますので、おすすめです!

接客業に転職する時の志望動機を考える上で大切なポイントをご紹介

まとめ

今回は接客業に転職することが向いている人についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

最後に向いている人の特徴をまとめましたので、参考にしてみてください。

  • 人に関わる仕事がしたい人
  • コミニュケーション力がある人
  • 労働時間にこだわりがない人
  • 臨機応変に対応できる人
  • 喜ばれることが好きな人
  • 気配りができる人
  • 自分から行動できる人
  • ストレスを抱え込まない人
  • 体力に自信がある人
  • 元気のある人

全ての特徴に当てはまることはなくても「接客業に転職したい!」という強い気持ちがあれば、問題ありません!

向いている人、向いていない人ということは、転職を決める判断材料として、最終判断は自分の気持ちを大切にしてください!

そして、転職したいという気持ちを大切に、理想の職場で働きましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件