リクナビNEXTの会員数はどれくらい?なぜ人気があるの?

リクナビNEXTの会員数はどれくらい?

リクナビNEXTは転職サイトの中でもトップクラスの会員数と求人数を保有するサイトです。

転職者の8割がリクナビNEXTに登録しているという調査結果もあり、とても人気のサイトです。

その人気の秘密はどんなものなのでしょうか?

この記事では、リクナビNEXTの会員数と求人数、人気の理由についてご説明します。

リクナビNEXTの会員数は?

リクナビNEXTは転職者の8割が利用しているとされ、その会員数は約780万人です。

毎週3.2万人以上が新しく会員登録しており、「転職を考えているなら、まずはリクナビNEXTに登録しよう」と考えている人が多いといえます。

会員数の年齢割合は、24歳以下が7%、25歳から29歳が16%、30歳から34歳が22%、35歳から39歳が20%、40歳から44歳が15%、45歳以上が20%となっており、24歳以下以外の年代がまんべんなく登録していることが分かります。

特に45歳以上の登録者も多く、高年齢でも応募できる求人がそろっているのがリクナビNEXTの魅力です。

他のサイトの会員数と比較

リクナビNEXT以外の転職サイトの会員数はどのくらいなのでしょうか?

マイナビ転職、doda、エン転職、@typeの会員数をご紹介します。

マイナビ転職 約450万人
DODA 約400万人
エン転職 約650万人
@type 約270万人

他の転職サイトの会員数と比較してもリクナビNEXTの会員数は約780万人なので、群を抜いています。

リクナビNEXTの登録会員数が多いのは、大手リクルートグループが運営しているので「リクルートなら安心だろう」という心理が働いており、グッドポイント診断や履歴書や職務経歴書の「かんたん作成」機能など独自のサービスを提供しているからと考えられます。

リクナビNEXTの求人数は?

リクナビNEXTの求人数は約1万件で、業界トップクラスの求人を保有しています。

リクナビNEXTで取り扱われている職種は以下の通りです。

  • 営業
  • 事務・管理
  • 企画・マーケティング
  • 経営・管理職
  • サービス・販売・外食
  • Web・インターネット・ゲーム
  • クリエイティブ
  • 専門職
  • ITエンジニア
  • エンジニア
  • 素材・化学・食品・医薬品技術職
  • 建築・土木技術職
  • 技能工・設備・交通・運輸
  • 医療・福祉・介護
  • 教育・保育・公務員・農林水産

職種の幅が広いので、自分の希望条件にぴったりの求人を見つけやすいですよ。

幅広い職種だけでなく、リクナビNEXTでは未経験歓迎の求人や高収入求人、40代以降の求人も豊富に扱っているので、経験や年代を問わずに求人が見つかりやすい転職サイトといえます。

求人は毎週水曜日と金曜日に更新され、1,000件以上が更新されるので、「気長に自分にぴったりの求人が出るのを待つ」という考えの人にもおすすめです。

他の転職サイトと求人数を比較

リクナビNEXT以外の転職サイトの求人数はどのくらいなのでしょうか?

マイナビ転職、doda、エン転職、@typeの会員数をご紹介します。

マイナビ転職 約8000件
DODA 約3000件
エン転職 約4000件
@type 約2000件

リクナビNEXTの求人数は約1万件なので、求人数を比較すると次の件数が多いのがマイナビ転職で約8,000件です。

マイナビ転職はリクナビNEXTと同様に大手人材紹介会社が運営している転職サイトなので、大手企業の求人が集まりやすくなっています。

doda、エン転職、@typeはリクナビNEXTやマイナビ転職に比べると求人数は少なめですが、それぞれの転職サイトだけで閲覧できる独占求人を持っていることが多いため、複数登録して求人を比較するのがおすすめですよ。

リクナビNEXTが人気の理由

リクナビNEXTは求人数が多く、会員数も多いので人気の転職サイトです。

では、リクナビNEXTはなぜこれほど人気なのでしょうか?

こちらでは、人気の理由をご紹介していきます。

大手ならではの安心感

リクナビNEXTは、リクナビやリクルートエージェント、就活ジャーナルなど人材に関するサービスを提供するリクルートキャリアが運営する転職サイトです。

大手のリクルートが運営しているとあって大手企業の求人が集まりやすく、「大手のリクルートだから安心」と感じている人も多いようです。

そのため、会員数は約780万人と転職サイトの中で一番会員数を獲得しています。

独占求人が多い

リクナビNEXTでの公開求人数は約1万件で、公開求人だけでも他の転職サイトよりも案件数が多いのですが、リクナビNEXTが保有している求人の8割は非公開求人とされています。

非公開求人は好条件なものが多く、登録しないと見ることができないので、「どんな求人があるかチェックしたい」人は気軽に登録してみましょう。

非公開求人の中にはリクナビNEXTしか保有していない独占求人も多いので、他ではない求人をチェックするためにも登録してみてくださいね。

スカウトサービスが充実している

リクナビNEXTはスカウトサービスが充実しています。

スカウトサービスは、経歴などを登録したスカウトレジュメを見た企業や転職エージェントから応募のオファーが届くシステムです。

スカウトオファーだけでしか紹介されない非公開求人もあるので、好条件の求人を見逃さないためにもスカウトサービスの利用設定をしましょう。

スカウトレジュメの更新日が新しいものほど企業や転職エージェントの目に留まりやすいので、オファーをたくさんもらうためにもスカウトレジュメは頻繁にブラッシュアップするほうがいいですね。

AIによるレコメンド機能

リクナビNEXTでは高精度のAIが入力したプロフィールや経歴などを分析して、たくさんある求人の中からぴったりの求人を紹介してくれます。

自分で検索するときには条件に偏りが出てしまうものですが、AIがおすすめしてくれる求人の中には自分では考えていなかった職種などもあり、意外な適性を発見できることもあります。

グッドポイント診断で強みが分かる

リクナビNEXTでは自分の強みを客観的に診断できる「グッドポイント診断」というサービスがあります。

診断結果は求人に応募するときに添付ができるので、客観的な強みを企業にアピールすることができます。

グッドポイント診断はリクナビNEXTに登録すれば無料で受けることができますよ。

応募書類を簡単作成できる

求人に応募するには履歴書や職務経歴書が必要になりますが、作成が面倒に感じることもありますよね。

リクナビNEXTでは、プロフィールや職務経歴などを入力すれば自動で履歴書と職務経歴書を作成できる「かんたん作成機能」があります。

作成した履歴書と職務経歴書はWord形式でダウンロードできます。

「かんたん機能」を利用するためにはリクナビNEXTへの登録が必要です。

その他、リクナビNEXTのメリットやデメリットは、こちらのページで詳しく紹介しています。

リクナビNEXTの詳細ページ

リクルートエージェントとの併用がおすすめ

リクナビNEXTは自己応募型の転職サイトなので、登録後は自分で求人を探して応募し、面接日を企業と調整し、条件交渉などを行うことになります。

ですが、転職が初めての人や企業と直接やり取りをするのが不安な人、条件交渉などをするのが苦手な人にとってはハードルが高くなってしまいますよね。

そのため、リクナビNEXTと同じ会社が運営する「リクルートエージェント」も併用するのがおすすめです。

リクルートエージェントはエージェント型の転職サイトなので、登録すると専任のアドバイザーがつき、キャリアプランの作成、希望条件に合った求人紹介、書類添削、企業との面接日の調整、面接対策、条件交渉、内定後のフォロー、円満退社のアドバイスなどを行ってくれます。

転職活動をしっかりとサポートしてくれるので、スムーズに転職活動を進めることができますよ。

リクルートエージェント利用のメリット

リクルートエージェントに登録すると専任のアドバイザーが転職に関する不安や仕事に関する悩みなどの相談に乗ってくれるので、一人では転職活動を進めるのが不安な人にぴったりのサービスです。

また、リクナビNEXTでは自分で求人を探して応募することになりますが、在職中で毎日忙しい日々を過ごしていると自分の希望条件に合った求人を探したり、面接日の調整をするのは大変です。

ですが、リクルートエージェントなら担当アドバイザーがすべて代わりに行ってくれるので在職中でも満足いく転職先を見つけることができますよ。

その他、リクルートエージェントのメリット・デメリットは、こちらのページを参考にしてください。

リクルートエージェントの詳細ページ

リクナビNEXTで希望通りの転職先を見つけよう

リクナビNEXTは他の転職サイトを比較しても会員数や求人数が多く人気の転職サイトです。

利用する人は多いということはサービスが使いやすい、求人の質が良いなどメリットが多いということなので、求人チェックだけしたいという場合でも気軽に登録してサービスを体感してみましょう。

登録すると会員しかチェックできない非公開求人を見ることもできるので、希望条件に合った求人を見つけやすくなりますよ。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件