プログラミングを学ぶ前に適性チェック!プログラミングに向いていない人の特徴

他業種から未経験でプログラマーへの転職を考えているあなた。

プログラマーへの転職で必要なのはまずプログラミングの技術ですが、自分がプログラミングに向いているか向いていないか気になってはいませんか?

勉強を始めてから実はプログラミングに向いてない、なんてことに気が付いてしまうのはぜひ避けたいところ。

そこでこの記事では、そんなあなたの不安を解消すべくプログラミングに向いていない人の特徴をお教えします。

プログラミングは勉強すれば身に付けることはできる

最初にお伝えしたいのが、実はプログラミングはある程度勉強をすれば身に着く知識といわれているということです。

プログラミングの専門学校に進学した人の中にも、もちろんプログラミングに向いていない人もいますが、卒業するころにはみんな一定以上の技能は身に付けています。

向いていない人でも努力さえすればプログラミングができるようになります。

そのため、絶対にプログラミングを習得できないといったわけではないのです。

実は文系出身者も多い

実は今活躍しているプログラマーの人には文系出身者も多くいます。

え?プログラミングって理系じゃないの?と思うかもしれません。

プログラマーになるには文系理系は特に関係ないのが実状なのです。

理系の中でもプログラミングに向いていない人は一定数いるんですよ。

また、独学で勉強をしてプログラマーになる人もいます。

プログラミングに向いていない人の特徴

先程プログラミングは努力次第で身に付けることは可能であるとお伝えしましたが、プログラミングに向いていないとプログラマーへの転職はできたとしても、仕事が辛くなってしまう可能性があります。

実際、プログラマーとして働いている人の中にもプログラミングの知識はあるけれど、プログラミング自体に向いていないと感じて悩んでしまう人もいます。

そこで以下ではプログラマーへの転職を希望しているあなたに向けてプログラミングに向いていない人の特徴を紹介します。

そもそもパソコンに興味がない

根本的な問題ですがパソコンに興味がない人には向いていません。

プログラミングはパソコンを使って業務を行います。

また、webやアプリケーションのプログラムを構築することがメインになっているため、パソコンに興味がなければ知識を身に付けることは難しいです。

パソコンに触れることを避けてきた人にはあまりお勧めはできません。

数学が苦手

ここで言う数学が苦手とは計算ができるということではありません。

数学を解くにはもちろん計算が得意であればあるだけ良いでしょう。

しかし、問題を解くには計算だけではなくて論理的思考も重要になってきます。

論理的思考とは正しい法則や筋道にのっとって考え、結論を導き出す思考法です。

プログラミングはその論理的思考を最も重視します。

学生時代に方程式を使った解き方や証明問題など論理的思考を使う問題に苦手意識を持っていた人は要注意です。

ですが、論理的思考法は数学の問題を解くことで鍛えることができますので、苦手意識を持っている人はぜひ数学の問題を解くことをおすすめします。

感覚でものごとを考えてしまう人

プログラミングは常にバグの修正を行い、トラブルが発生した際にコードを見てその問題点を洗い出す仕事が多いです。

そのバグが起きている原因を突き詰めるには論理的に考えることが重要です。

バグが起きるのは日常茶飯事です。

問題点を突き詰める作業になるので「面倒くさいからやりたくない」「なんでこんなことをやらなければいけないんだ」といった感情が先立ってしまう人はプログラミングには向いていません。

感覚でものごとを考えてしまう人は、プログラミングを行う際に生じるストレスをため込みやすい傾向にあります。

そのため、プログラミングをするうえでストレスが溜まりやすい人はプログラミングに向いていないといえるでしょう。

細かいことを気にしない

先程も言ったように、プログラミングはコードを打ち込み、そのバグが発生するとそれに対処して、といった細かく地道な作業が大半です。

一文字違うだけでエラーが出てしまう世界なので、細かいことを気にしないタイプの人は何がエラーなのか見抜くことは難しいです。

掃除が苦手、ケアレスミスが多いと指摘されることが多いという人がこれに当てはまりやすいといわれています。

静かに作業をするのが苦手な人

プログラミングは常にパソコンと向き合って行います。

そのため人と喋ることが少ないです。

喋ることが大好きで静かに作業をするのが苦手な人には向いていません。

また、淡々と作業をするので、集中力も大切です。

集中が切れやすい、散漫になりやすい人も要注意です。

長時間パソコンと向き合って頭の中に思い描いたイメージをプログラムにしていくため、途中で集中力が切れると目的通りのプログラムを構築できなくなってしまいます。

プログラミングは向き不向きを変えることができる

ここまでプログラミングに向いていない人の特徴を上げてきましたが、実は向いていない人でも向いている人になることはできるのです。

その方法について紹介していきます。

日々の心掛けが重要

えっ、そんなことかよ!と思うかもしれません。

ですが、プログラミングに向いていない人の特徴はどれも「普段の生活で身に着くもの」です。

日々小さなことから目標設定をすることで改善できる可能性はあるのです。

例えばパソコンに興味がない人はパソコンに触れる機会を増やしてみたり、細かいことを気にできない人は身の回りのことから少しずつ気を配ってみたりと、日々の心がけ一つでかなり変わってきます。

もし自分が向いていないかも…と思っても気を落とさず、日々の行動を振り返って改善していきましょう。

もし自分であまりその変化が分からない場合は、周りに自分が変わってきたかといった客観的意見を求めることも重要です。

本当に適性があるのかをもっと知りたいならCABテストを利用しよう

先程はプログラミングに向いていない人の特徴について紹介しましたが、自分自身の判断だけでは不安な方もいることでしょう。

そこで紹介するのが「CABテスト」。

このテストはITエンジニアに適性があるかどうかを実際に数値として算出できるテストです。

SHL社という会社が運営しており、95分以内に247問の問題に答えていく方式を取っています。

プログラミングに必要な「論理的思考力」「作業スピード」などの能力があるかどうかを測定できます。

この試験をプログラマーを採用する際に重視する企業もありますので、プログラマーへの転職を検討しているのであれば、受けておいて損はないでしょう。

また、事前に勉強をして受験することも可能です。

CAB適性検査の問題集は本屋に売っていますので、少しでもいい成績を出したいといった方は問題集を買うこともおすすめします。

勉強することによってプログラミングに必要な能力を延ばすこともできますので、是非試してみてくださいね!

プログラミングを学習するならこの言語

今まで紹介してきたプログラミングに向いていない人の特徴に自分が当てはまらない!といった方向けに、ぜひ学習しておくべきプログラミング言語について紹介します。

また、向いていないと感じた方でも、日々の行動を振り返りながら勉強してみることをおすすめします。

Java

Javaはプログラミング言語の中で一番シェアの高い言語とされています。

プログラム初心者からは少し複雑なため敬遠されやすい言語ではありますが、需要が高いため転職に役立つのは間違いないでしょう。

求人数が一番多い

一番シェアの高い言語だけあって、IT関連の転職サイトの中ではJavaを使えるプログラマーの求人数は群を抜いています。

求人数が多いということは転職先を選ぶ選択肢も増えるということなので、幅広い選択肢を持ちたいといった方はこの言語を学んでみると良いでしょう。

幅広いジャンルで使える

Javaは利用できるジャンルの幅が広いことでも有名です。

あなたの身の回りにあるwebアプリやデスクトップアプリなど生活に欠かせないアプリケーションのプログラムからWindows、MacのOS、これからメジャーになっていくIoSを構築しています。

そのため、仕事が将来無くなるといったことはないとまで言われています。

C++

処理速度が速いといわれているC系言語の中で最もシェアの高いC++。

Cを最初に学ぼうかと思う方も多いとは思いますが、Cよりも習得するのが比較的簡単であるといわれています。

求人数が多い

Javaと同様に、C++もIT転職サイトにおいて求人数の多い言語といわれています。

こちらも転職先の選択肢を広く持ちたい人向けの言語といえます。

インフラを支えるプログラミング言語

C++は私たちの身の回りにあるOSやブラウザを構築する上で欠かせない言語といわれています。

現代ではOSやブラウザは私たちの生活を支えるいわばインフラのような機能を持ち始めています。

そのため、C++も需要の高い言語であるといえるのです。

JavaScript

Java同様Java系の言語になります。

こちらも上の二つと同様に需要の高い言語といわれています。

web関係のプログラムを作りたいならコレ

JavaScriptを勉強すると何ができるのか、それはwebサイトの制作やwebアプリを作ることであるといえます。

実は日本のウェブサイトの内90%がJavaScriptを用いて構築されています。

今や情報はwebで収集する時代です。

Web関連の企業に転職したいのであればJavaScriptは必須であるといえるでしょう。

学習しやすい

JavaScriptは書籍が豊富な他、日本にJavaScriptに精通した優秀なメンター(助言者)がいるため学習しやすいといわれています。

また、ネットでもJavaScriptに関する質問ができる場がそろっているため、分からないことを聞きやすいといった点も学習がしやすい要因であるといえるでしょう。

プログラマーへの転職で使うべき転職サイト

プログラミングを勉強して身に付けてから転職先を探すのはあまりおすすめできません。

会社によって重視する言語が違うからです。

そのため、勉強と並行しながら転職先を探すことをおすすめします。

ですが、一人で転職先を探すとなると分からないことだらけで不安になることもあるはず。

そういった不安があると勉強も進まなくなりがちです。

安心して転職活動を進めたい人には転職エージェントを利用することをおすすめします。

以下ではIT業界に精通している転職エージェントについて紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは最近電車の広告でも見かけることが多くなってきたIT業界に精通した転職エージェントです。

特にエンジニア関連の求人が多いことで有名です。

また、プログラマーに関しての情報を多数保持しており、様々なアドバイスをしてくれます。

レバテックキャリア詳細ページ

ワークポート

IT関連企業の求人数が転職業界トップクラスと言われています。

エージェントの知識量も豊富でプログラミングの学習に際する悩みの相談にも乗ってくれます。

プログラミング未経験の人に対する講習会などの情報も流してくれるため、スキルアップを図ることも可能です。

また、通常の企業のみならずベンチャー企業の求人数も多いことで有名です。

もし、主体的に動いて会社と成長を共にしたいと考えているのであれば、ベンチャー企業の求人数の多いこのワークポートをおすすめします。

ワークポート詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

この会社の名前を聞いたことがある人はかなり多いのではないでしょうか。

転職業界最大手といっても過言ではないリクルートエージェントは、何と言っても長年培ってきた情報力がウリ。

非公開求人という一般の転職サイトにも載っていない情報が90%もあるので、転職先の選択肢が広がることは間違いないでしょう。

また、エージェントに電話で相談することも可能ですので、相談しやすい環境がとともっているといえるでしょう。

リクルートエージェント詳細ページ

プログラミングに向いていないと感じても諦めないで!

プログラミングは努力次第で身に付けることができる知識です。

しかし、もちろん向き不向きがあり、向いていない場合はプログラマーとして働くのはリスクがあります。

ですが、向いていない要因の大部分は日々の心掛けでなくすことができます。

そのため、プログラミングに向いていないと言われてもあまり気を落とさずに、まず自分の心掛けから変えていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件