Michael Page(マイケルペイジ)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

Michael Page(マイケルペイジ)

Michael Page(マイケルペイジ)は世界各国の一流企業の求人を取り扱っている転職サイトであり、正社員だけでなく派遣社員など様々な雇用形態の求人が掲載されているのが特徴的なサイトです。

そんなMichael Page(マイケルペイジ)を使って転職活動をする場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

そこで、Michael Page(マイケルペイジ)を実際に使って転職した人の口コミ・評判をもとにサイトのメリット・デメリットをまとめました。

一目で分かるMichael Page(マイケルペイジ)の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい? ×
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

Michael Page(マイケルペイジ)の運営会社はどんな会社?

Michael Page(マイケルペイジ)はイギリスに拠点を持つ外資系企業であり、世界各国に拠点を持っています。

人材派遣事業に関しては世界でもトップクラスの規模を誇っており、ハイクラス求人に特化した事業を展開しています。

取り扱っている求人も管理職からスタッフまで幅広く、雇用形態も様々です。

Michael Page(マイケルペイジ)のメリット

  • 取り扱っている求人は高収入・好待遇ばかり
  • 海外勤務の求人も多い
  • 内定が決まるまでの期間が短い

取り扱っている求人は高収入・好待遇ばかり

Michael Page(マイケルペイジ)で取り扱っている求人は、基本的に年収700万円以上の好待遇の求人ばかりです。

外資系企業の中でも一流企業の求人しか取り扱っていないため、自分のスキルをしっかり評価してもらえる職場に転職することができます。

年収1,000万円以上の求人も多数あり、外資系企業にこれから転職したいという方だけでなく、外資系企業で働いているけれどもキャリアを他の企業で積みたいという方にもおすすめです。

海外勤務の求人も多い

Michael Page(マイケルペイジ)で取り扱っている求人は国内の外資系企業だけでなく、海外の日系企業もあります。

そのため、海外勤務を希望している人向けの求人も多く、自分の希望に合った求人を探しやすいです。

内定が決まるまでの期間が短い

Michael Page(マイケルペイジ)を実際に利用した人が、コンサルタントに相談してから転職が決まるまでの期間は大体2週間程度です。

このようにかなり転職にかかる時間が短く、コンサルタントの提案力の高さ、企業との連携のスムーズさがうかがえます。

Michael Page(マイケルペイジ)のデメリット

ハードルが高く、高いスキルを持っていないと利用できない

Michael Page(マイケルペイジ)で取り扱っている求人は海外でも一流と評価されるような企業のみです。

そのため、企業に見合ったスキルを持っていないと求人を紹介してもらえない可能性が高いと言えるでしょう。

サイトに登録をしたものの一切連絡が来なかったという声も多いですが、そのような評価をしている人は年収700万円以下の人が多いので、年収700万円以上が基準と言えます。

また、職種に関しても専門性が低い職種であると需要がないためにあまり仕事を紹介してもらえないということも多いようです。

Michael Page(マイケルペイジ)はどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(1.0)
自分のペースで転職したい
(3.0)
初めての転職
(3.0)
IT・WEB・エンジニア
(4.0)
医療関係
(4.0)
福祉関係
(2.0)
アパレル関係
(2.0)
大手
(5.0)
地方
(1.0)

Michael Page(マイケルペイジ)で取り扱っている求人は国内だけでなく海外の大手企業も取り扱っているので、世界の最先端で仕事をしたいと考えている人にはかなり便利な転職サイトです。

コンサルタントの提案力も高く、転職が上手く進むように手厚くサポートをしてもらうことができます。

ただ、取り扱っている求人はどの企業もレベルが高いので、それに見合ったスキル・経歴が必要です。

そのため、職務経験が浅かったり、専門性の低い仕事であると紹介してもらえる仕事が少ないどころか連絡が一切ないということもあります。

このようにかなり利用者を選んでいる転職サイトなので、しっかりと自分の経歴を考えて利用する必要があると言えるでしょう。

Michael Page(マイケルペイジ)で転職するまでの流れ

  1. 登録
  2. コンサルタントと連絡
  3. 書類選考
  4. 面接
  5. 内定

登録

会員登録をしなくても利用することはできますが、会員登録をしておいた方が企業からのメールを受け取ることができるので便利です。

登録には氏名とメールアドレスなどといった簡単な情報のみで良いので、メインで利用する場合でなくても登録をしておくと良いでしょう。

コンサルタントと連絡

登録が済むとコンサルタントから電話で連絡が来ます。

登録した情報をもとにカウンセリングを行い、どんな企業が良いのかなどを相談し、自分に合った企業を紹介してもらうことができます。

もちろん事前にチェックしておいた求人に関する相談をしても問題ありません。

面接や応募書類に関する対策事項も教えてくれるので、細かいところをコンサルタントに確認して転職活動をスタートしましょう。

書類選考

コンサルタントと相談してある程度の転職活動の方向性が定まったら気になる企業に応募してみましょう。

履歴書添削などといった対策もコンサルタントがしてくれるので、コンサルタントのサポートを受けて企業の目に留まるような履歴書を準備して挑むと良いでしょう。

面接

書類選考に通れば面接です。

外資系企業は日本の企業と面接で聞かれることも全然違うので、コンサルタントに相談してどんなことを聞かれることが多いのかなどしっかり最終確認をしたうえで面接に挑みましょう。

また、面接は英語で行われることが多いので、英語に不安を感じている方は英語に関する対策もしっかり行っておきましょう。

内定

Michael Page(マイケルペイジ)を利用した場合2週間から1か月程度で内定が出ることが多いです。

内定が決まったら入社日のスケジュール調整や待遇面での交渉を行いましょう。

待遇に関する交渉に関しては相談には乗ってもらえますが自力で行わなければいけないため、不安を感じているのであれば細かいところまでコンサルタントに相談しておくことをおすすめします。

Michael Page(マイケルペイジ)の口コミ一覧

年齢 36歳
性別 男性
前職 企業法務
転職前の年収 900万円
転職後の年収 1,300万円
転職理由 海外勤務に興味があった

 

元々国内の外資系企業で仕事をしていましたが、海外で仕事をすることに興味があり、家族からも同意を得ることができていたので海外勤務の求人を探していました。生活ランクは下げたくなかったので、今以上の待遇を受けられる求人を探していたところ、ハイクラス求人に特化したMichael Pageを見つけたので、こちらを利用しました。転職に関してだけでなく移住に関することにもコンサルタントの方に相談に乗ってもらえたので、海外勤務を希望している人にはかなり良い転職サービスだと思います。ただ、転職活動が始まる前のカウンセリングでは、どんな企業で仕事をしていたか、どんな資格を持っているかという点をかなり掘り下げて聞かれたので、経歴重視の転職サービスなのではないかと感じました。紹介してもらえる求人はどれも魅力的なものばかりで、さらに自分が成長できる場で仕事がしたいという方にはかなりおすすめの転職サービスです。

年齢 34歳

年齢 32歳
性別 女性
前職 企業人事
転職前の年収 800万円
転職後の年収 1,000万円
転職理由 外資系企業で仕事がしたかったため
元々外資系企業で働くことを希望しており、一度Michael Pageを利用したことがあったのですが、その時はまだ社会人4年目で実績が少なすぎて仕事を紹介できないと言われてしまったので、ある程度勤務実績を積んで再度利用しました。年収も上がってある程度の役職まで行くことが出来ていたので、今回は門前払いをされずに相手をしてもらうことが出来て安心しました。ある程度利用者を選んでいる転職サイトではありますが、その分転職することが出来る仕事に関してもかなりレベルが高い仕事へ転職することが出来るので、ある程度キャリアを積むことが出来ていれば利用する価値があるサイトです。年収もどれくらいまで稼ぎたいかなど、将来のこともしっかり考えた転職サポートをしてくれたので満足しています。
年齢 37歳
性別 男性
前職 企業人事
転職前の年収 700万円
転職後の年収 1,600万円
転職理由 年収が仕事量に見合ってなかった
前の職場は忙しくて仕事量に見合った給料をもらえなかったので、忙しくても良いので稼げる職場で仕事がしたいと思い、思い切って外資系企業への転職を決めました。コンサルタントがIT関連の仕事に関して専門的な知識を持っていたので、最初は年収を見てあまり仕事を紹介することが出来ないかもと言われていましたが、制作物を見せてみたところもっと上に行けると言ってくれ、思っていたより年収が高い職場に転職することが出来ました。年収の高さで人を見ている点が少し気になるところではありましたが、しっかりと実力を評価してそれに見合った職場を紹介してくれる転職サイトではあるので、自分が活躍できる場所に転職したい方には良いと思います。ただ、仕事に関するスキルに加えて、英語力も高いレベルが要求されるため、外資系への転職を希望するのであれば、ビジネス英会話程度はしっかり理解できる程度にしておいたうえで利用するべきだと思いました。
年齢 29歳
性別 女性
前職 物流
転職前の年収 800万円
転職後の年収 800万円
転職理由 職場環境が合わなかった
海外生活が長く、海外企業で購買を担当していたのですが、日本に来てしまい、あまり職場環境が自分に合わなかったので別の海外企業に転職したいと思いMichael Pageを利用しました。海外企業に勤務しているということもあり、自分が希望する職種への転職がスムーズに進むようにコンサルタントの方もサポートしてくれたので安心して転職をすることが出来ました。外資系企業に特化した転職サイトは勤務地がアジアばかりでそれ以外の勤務地となると求人が一気に減ることが多かったですが、Michael Pageではそんなことはなく、欧米・北米の求人も多数取り扱っていて勤務地の選択肢が広い点が良かったです。