きらケア介護は社会保険・福利厚生が充実した求人が多い?

きらケアの社会保険は大丈夫?

きらケア介護は社会保険が充実した求人が多い

介護系の職種に特化した転職・就職サービス『きらケア介護』。

求人の検索だけでなく、転職に関するサポートを受けられる点などが特徴です。

きらケア介護に掲載されている求人を見てみると、社会保険が充実している求人が多いことが分かります。

正社員の求人においては社会保険が整っているのは納得できますが、パートやアルバイトの求人も含めて、社会保険に加入できるものが多い印象です。

例えばアトランダムに関東の求人(正社員/同一企業無し)を20件抽出して、求人内容を確認しました。

すると全てで社会保険に関する表記が見られました。

これはあくまで一例にすぎませんが、関東以外のエリアの求人を見ても、やはり社会保険の記載があるものばかり。サービスを利用するユーザーにしてみれば、信頼できるポイントだと思います。

厳選した求人を掲載しているからブラック施設は少ない

きらケア介護の特徴として、ブラック施設が少ないことも挙げられます。

ブラック施設とは、ブラック企業の介護施設版と考えてください。介護業界は慢性的な人で不足から、業務過多の状態にある施設も珍しくはありません。

その結果、働き方や給与面で、いわゆるブラックといわれるような状態になっているケースも見られます。

きらケア介護に関する悪い評判をSNSやインターネットの掲示板で調べてみましたが、目立った悪評などは見られません。

ブラック施設などが多く掲載されているのであれば、それを不満に感じたユーザーが書き込みを行う可能性が高いはず。

実際に、他の転職サービスであれば、目に余るような悪評が書かれていることも多数あります。

匿名性が高いというインターネットの特性上、悪い評判は書きやすいからです。

きらケアにはこうしたネガティブな書き込みがない点を見ると、やはりブラック施設の掲載は限りなく少ないといえるのではないでしょうか。

もちろんきらケア介護に掲載されている求人の内容が全てではありませんし、SNSやインターネット上の情報を鵜呑みにして良いわけではありません。

最終的には面接で話を聞いたり、キャリアアドバイザーに相談したり、実際に働く施設を見学してみたりと、自分自身で見極めていくことが大切です。

パートでも社会保険ありで働ける

パートだから社会保険はない。…というのは、実は間違いです。

パートやアルバイトでも社会保険に加入することはできますし、勤務条件によっては法律で義務付けられているケースもあります。

企業規模(就業人数)などによっても条件は変わるのですが、例えば従業員501名以上の会社においては、週20時間以上勤務する方は社会保険に加入することが必須となっています(平成28年10月1日~)。

もちろん規模の小さな会社についても加入の条件があり、より多くの人が社会保険に加入し、安心して仕事ができるような制度へと変わってきています。

なお、入社後に自分が社会保険に加入するかどうかについては、勤務時間などの条件によって変わりますので、面接や条件面談時に採用担当に確認をしましょう。

加入できるつもりだったのが、勤務時間の関係で加入できなかったというケースも多々あります。

ブラック施設には社会保険なしも多い

残念なことに、世の中には労働者にとって敵ともいえる施設もあります。

勤務時間が長く、サービス残業も当たり前になっている施設。休日が法外に少ない施設。

ひとり当たりの業務量が、異常に多い施設。

社内の雰囲気が悪く、人権を無視したようなコミュニケーションが横行している施設など。

労働者と施設は、雇われる側と雇う側です。

日本では雇い主である施設の立場が圧倒的に強いため、結果的に労働者が泣き寝入りをしてしまうようなケースも少なくありません。

こうした施設は、『ブラック施設』と言っても過言ではないでしょう。

そしてブラック施設の中には、法律を遵守していないケースもあります。

サービス残業などはその代表例ですが、他にも「社会保険に加入していない」ことも挙げられます。

社会保険の加入については、その基準が法律で細かく決められています。

しかしながら、こうした法律があるにも関わらず、社会保険に加入せず、その分の費用を浮かせているような企業があることも事実です。

中には、フルタイムで働く正社員にも社会保険に加入させないような場合もあります。

当然ながらこれは法律に反していますし、ゆえに『ブラック施設』と言ってもまったく過言ではありません。

もちろん社会保険は一つの例にすぎません。

勤務時間や休日、給与など総合的に見て、ブラックではないきちんとした施設を探していく必要があります。

社会保険がないとどうなる?

では社会保険に加入していないとどうなるのでしょうか?

例えば健康保険料。社会保険に加入している企業であれば、保険料を企業と労働者が折半して支払うことになります。

ゆえに労働者にとっては負担金額が安くなるため、大きなメリットです。

もし加入していない場合は全額自分で負担することになり、かつ自身で支払いに行かなければならないなど手間も増えます。

また社会保険の被保険者は様々な保証制度を受けることができ、例えばケガや病気で仕事を休む場合などは、条件を満たせば傷病手当金などを受給することも可能です。

その他にも出産の場合、出産手当金や出産育児一時金をもらえるなど、資金面でもメリットがあります。

加入していない場合は、当然こういった手当を受給することはできません。

これはあくまで一例ですが、社会保険に加入していないことによって、お金や手間の面で様々なデメリットを被ることになります。

また、社会保険に加入していない企業には罰則もあります。

最悪の場合、2年までさかのぼって強制加入となるため、資金状況によっては倒産のリスクも。

そうなれば会社どころか、働く人々にとっても職場を失うことにつながってしまいます。

だからこそ、社会保険に加入していない企業で働くことはオススメできません。

福利厚生が充実している施設を探そう

仕事を探す際は、ぜひ社会保険をはじめとした福利厚生が充実している施設を選んでいただきたいと思います。

福利厚生とは、従業員の経済的保証を手厚くするための制度のことで、社会保険以外にも住宅手当や家族手当、資格取得支援制度、保養所の利用、社員旅行、クラブ活動など企業によって様々な制度があります。

こうした制度があるだけで、手取り金額が増えることもありますし、会社の費用で勉強やリフレッシュができたり、生活を充実させたりと様々なメリットを享受することができます。

介護施設であれば、資格取得支援制度などが整備されていることも。

介護系資格の取得には、どうしても講座の受講料や受験料がかかります。

こうした費用負担をしてもらえるだけでも、かなりお得だと思います。

かつ取得によって、資格手当などが支給される場合もあります。詳細については、応募先企業へ個別に確認をしてください。

年収は同じでも福利厚生によって充実度は全然違う

例えばA社とB社、年収の金額は300万円でまったく同じとします。

A社は福利厚生が何も用意されていない反面、B社には住宅手当や家族手当、役職手当などがあり、年収に100万円ほど上乗せされたとしたらいかがでしょうか。

A社は給与300万円、B社は400万円となり、収入額は大きく変わります。

これは極端な事例ですが、このように福利厚生が整っているかどうかで、生活の充実度は全く違います。

当然ながら充実している会社で働いたほうがメリットは多いといえるでしょう。

何より社員のためを思って福利厚生を充実させている会社は、その姿勢そのものが社員にとってうれしいといえるのではないでしょうか。

誰しも、社員を大切にしない会社よりも、大切にしてくれる会社で働きたいというもの。

その姿勢を見極めるための尺度として、求人の福利厚生欄に注目してみてください。

ちなみに、福利厚生についてはかなり内容が細かい場合もあるため、求人で書ききれないこともあります。

その場合は詳細な内容についてを採用担当者に問い合わせてみましょう。

働く上で大切なことなので、ぜひ遠慮なく聞いてみてください。

就職後に条件が違う…となったらきらケアに相談しよう

これは絶対にあってはならないことですが、就業前に求人情報や条件提示書で確認した給与・働き方・福利厚生などが、実際に働いてみたら違ったというケースがあります。

これらは求人業界では比較的多いトラブルなのですが、一度労働契約を結んでしまうと労働者のほうが立場が弱くなってしまうため、中には泣き寝入りしてしまう方も少なくないのが実情です。

このように条件の違いがあった場合は、必ずきらケアのキャリアアドバイザーに相談をしてください。

自分で労働基準監督署に相談したり、企業に指摘したりという解決方法もあるかもしれませんが、手間や知識も必要なため、なかなか上手に交渉できないこともあるでしょう。

きらケアのキャリアアドバイザーであれば、介護業界の労働状況にも詳しいと思いますし、こうしたトラブルにもきちんと対応してくれます。

遠慮することなく、少しでもおかしいと思うことがあればすぐに相談してみてください。

自分の身を守るのは、自分自身です。労働条件の違いは給与の金額にも直結しますし、日々の生活を圧迫しかねません。

おかしいことはおかしいと、しっかりと声を上げる姿勢を持てるようにしましょう。