40代で経理転職を成功させる3つのポイント!仕事内容とオススメ転職サイトを紹介!

40代で経理転職を成功させる3つのポイント!仕事内容とオススメ転職サイトを紹介!

40代・50代の中高年に人気があり、女性からの志望も多い経理への転職。

役職定年になったり、会社の将来性に不安を感じたり、などの理由で、経理への転職を検討する方は多いです。

しかし「40代で経理職の転職なんて成功できるの?」という疑問も浮かぶと思います。

結論、40代からの経理転職は可能ですが、成功させるには、以下で解説する3つのポイントを押さえる必要があります。

40代の経理転職にオススメの転職サイトも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

経理の仕事内容

第二新卒とは?いつまで使えるの?転職を成功させるコツを解説!

経理職の仕事内容は大きく分けて4つあり、以下の4つです。

  • 日常業務
  • 月次業務
  • 年次業務
  • その他会計・保険に関する業務

詳しい業務内容について解説します。

日常業務

経理職の日常業務は、以下のようなものです。

  • 現金・預金の出納や取引入力
  • 請求書の発行
  • 入金の確認
  • 支払い業務

日常で発生する様々な金額の動きを管理しており、重大な責任を伴います。

入金の確認などは多岐にわたるため、こまめなチェックを通して、細かな部分に目を配るスキルが必要です。

月次業務

経理職の月次業務の仕事内容は、以下のようなものです。

  • 社員の給与計算
  • 源泉所得税や住民税の支払い
  • 資産台帳の管理
  • 勘定科目の整理と試算表の作成

社員の給与計算や税金関係の支払いを、正確に行う必要があります。

また、試算表を作成することで、現在のどれほど儲かっているのか、資金の余裕はどのくらいあるのかを把握できます

年次業務

経理職の年次業務の内容は、以下のようになります。

  • 決算書の作成
  • 税金の申告・納税
  • 年末調整

基本的には年間でかかる税金・支払い等の決算申告書の作成・提出が主な業務になります。

年末だけでなく、固定資産税や自動車税など、年間を通した税金の支払いはそれぞれ違うタイミングで納付する必要があります。

例えば、固定資産税の納付は4月ですが、自動車税の納付は5月です。

こういった納付イベントごとに資料の作成や申告書を作成するという業務です。

その他会計・保険に関する業務

経理職のその他会計・保険に関する業務内容は、以下のようになります。

  • 賞与計算
  • 社会保険・労働保険の申告
  • 金融機関との折衝
  • 予算案の作成

保険・賞与は福利厚生の部分であり、社内満足度にもつながる重要な段階です。

以上4つが経理職の具体的な仕事内容です。

経理になるのは難しい?経理への転職が難しいといわれるワケは?

40代の経理転職で見られるポイント

公務員のよくある退職理由と面接での答え方

40代の経理転職で、企業の採用担当者が見ているポイントは大きく分けて3つあり、以下のようになります。

  • 経理の実務経験があるか
  • マネジメントに関する豊富な経験があるか
  • 会社に順応する柔軟性があるか

詳しく解説します。

経理の実務経験があるか

40代の経理転職で採用担当者が最初に見るポイントは「経理の実務経験があるか」です。

経理職の仕事内容が既にできるなら、あとは会社の社風にフィットしていくだけなので、転職先の企業にとっては、大きなポイントになります。

転職の際に資格を持っていなくても、実務経験があればその経験を評価する傾向があるため、資格を持っていなくても心配する必要はありません。

40代未経験でも経理転職はできる?

結論、40代で経理職未経験でも転職は可能です。

ただ、実務経験を持っている方と比べると、やはり採用の基準は厳しくなるため、これまでの経験からいかにアピールできるかがカギ。

経理にかかわる会計ソフトなどの使い方が分かっていたりすると、1つの強みになりますね。

マネジメントなどに関する豊富な経験があるか

40代で経理転職するなら、マネジメントに関する豊富な経験があった方が良いです。

40代では管理職の椅子も視野に入るため、これまでの経験でマネジメント力を育てた機械はあるか、主任職などの職に就いたことはあるか、などを見られます。

客観的にも評価しやすい「マネジメント」という実績をアピールできるかできないかで、転職成功は右往左往するので、大きなポイントと言えますね。

会社に順応する柔軟性があるか

40代の転職では、経理職に限らず、新しい会社に順応する柔軟性があるかを見られます。

特に新卒から40代まで、1つの会社でしか働いたことのない方は、その会社の風土に染まっている状態です。

その時点から、新しい会社のルールや風土に順応できる柔軟性があるかで、採用されるかどうかが変わるので、何事も受け入れる姿勢を貫きましょう。

経理は転職して年収アップを目指す!転職を成功させる具体的な方法とは?

40代の経理転職を成功させる3つのポイント

事務職は職場でいらない?理由と自己価値を高める方法を解説します

40代で経理職への転職を成功させるための3つのポイントは、以下のようになります。

  • 経理にかかわる経験や会計ソフトの使用経験がある
  • 経理の仕事につかえる資格を取っておく
  • 未経験でも豊富な経験があることをアピールする

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

経理にかかわる経験や会計ソフトの使用経験がある

経理の仕事内容に関する経験、あるいは会計ソフトの使用経験があることは、経理転職で最も活かせるポイントです。

当然、未経験で転職をする方よりは採用される可能性が高く、すぐに会社の力になれる人材。

経理の業務は、独特な処理方法がたくさんあり、実務からしか学べないモノにあふれているのが特徴です。

したがって、転職先の企業にとって、経理職の実務経験があることは非常に望ましいのです。

経理の仕事につかえる資格を取っておく

40代経理職の転職では、未経験の方は特に、持っていると評価される資格を持っておくべきです。

実務経験に比べると評価対象としては小さいですが、持っておくに越したことはありません。

具体的に経理職に活かせる資格は、以下の3つです。

  • 簿記検定
  • FASS
  • 給与計算実技能力検定

それぞれの資格について、詳しく解説します。

簿記検定(2級以上)

簿記の知識は経理職の仕事内容の基盤となり、実務で学ぶ前に勉強しておくのがオススメです。

すぐに経理職の実務で活かせるように、2級以上であることが理想。

また、簿記の資格を持っていると、採用担当者に「この人は数字の計算に強い」と評価してもらえるため、持っていないよりは持っていた方が良いですね。

FASS

FASSとは「Finance Accounting Skill Standard」の略で、経済産業省が実施している検定試験です。

内容は、業績管理の方法や決算業務の進め方、税金の申告の流れなど、経理の仕事内容に直結するため、持っていればすぐに即戦力になることをアピールできます。

日本の企業でも導入している企業が増えてきているので、取っておくといろいろな場面で活かせる資格だと言えますね。

給与計算実技能力検定

給与計算実技能力検定とはその名の通り、社員の給与を算出するための基本的な技能があることを証明する資格です。

厚生労働省が認可している団体が行っている検定で、経理転職採用の際の1つの指標になることは、間違いありません。

上で説明した通り、経理職の業務内容は社員の給与計算に留まりませんが、一つの業務内容として評価できる対象です。

経理転職の応募をする前に、取っておくのがオススメですね。

未経験でも豊富な経験があることをアピールする

40代の経理転職は未経験でも可能ですが、その場合は経理の実務以外に「業務に活かせる強み」を示す必要があります。

例えば、以下のようなものです。

  • 豊富なマネジメント力がある
  • 計算ソフトの利用経験がある
  • 数字に強くコミュニケーション能力も高い
  • 転職するにあたって経理の勉強をしている

強みは人それぞれなので他にもたくさんありますが、逆に言えば評価される強みがなければ、40代での経理転職を成功することは難しいですね。

40代の経理転職にオススメの転職サイト

営業職は40代でも転職できる?企業が欲しがるミドル層とは?

40代の経理転職には不安がつきものなので、転職サイトを利用することをお勧めします。

その際に、最大限助けてくれるオススメ転職サイトは、以下の3つです。

  • ビズリーチ
  • キャリアカーバー
  • 経理転職.com

各転職サイトについて、詳しく解説します。

ビズリーチ

ビズリーチ

CMでも話題のビズリーチでは、業界トップクラスの求人数を誇り、非公開求人を含めれば10万件を超えます

これほどの求人数があれば、選択肢も多種多様に用意され、自分にとって一番適性のある転職先を見つけることが可能!

また、ビズリーチにはスカウトサービスもあり、登録しておくだけで上流企業からスカウトが来ることもあります。

ビズリーチで条件に合った経理職の転職先を見つけるのはおすすめですね。

ビズリーチ詳細ページ

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは「リクルート」が運営している転職エージェントで、求人数・サポート力はトップクラスです。

こちらもスカウトサービスを提供しており、登録するだけでヘッドハンターからスカウトが届きます。

また、貴くしている情報は匿名になるため、現職の会社にばれる危険性が少ないのは、1つのメリットですね。

キャリアカーバー詳細ページ

経理転職.com

経理転職ドットコム

経理転職.comはその名の通り、経理転職に特化している転職エージェントで、経理のみの求人を取り揃えています。

経理の求人しか扱っておりませんが、経理転職者からしたら、求人の量と質はトップクラスで、満足感満載の転職ができる可能性が高いです。

また、経理転職.comでは「すぐに転職したい方」「じっくり転職したい方」の2種類から選ぶことができ、自分に合ったスタイルで転職をサポートしてくれます。

ポイントを押さえて40代の経理転職を成功させる

50代の薬剤師転職ガイド!未経験にもおすすめの職場とは?

40代の経理職への転職で見られるポイントと、押さえておくべきポイントは、以下のようになります。

40代の経理転職で見られるポイント 40代の経理転職を成功させるポイント
・経理の実務経験があるか
・マネジメントに関する豊富な経験があるか
・会社に順応する柔軟性があるか
・経理にかかわる経験や会計ソフトの使用経験がある
・経理の仕事につかえる資格を取っておく
・未経験でも豊富な経験があることをアピールする

これらのポイントを押さえて、経理への転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件