未経験でも経理になれる?転職を成功させるポイントと経理の魅力について

未経験でも経理になれる?転職を成功させるポイントと経理の魅力について

経理の仕事は、専門性が高いイメージがありますが、実は未経験からでも経理の仕事に就くことは可能です。

最初は簡単なデータ入力や経費精算などから、徐々にステップアップしていきながら実務を積んでいきます。

では、未経験から経理になるためには、どのような知識やスキルが必要になってくるのでしょうか?

入社する前に知っておきたい、経理の仕事内容や魅力について、詳しく説明しています。

これから経理職を目指す人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

経理ってどんな仕事?

経理とは、会社のお金の動きを数値化するのが仕事です。

その中でも毎日行う「日次業務」、月ごとの「月次業務」、年度ごとの「年次業務」に分類されます。

日次業務

  • 交通費や接待費などの経費精算
  • 現金出納管理
  • 伝票記帳
  • 売掛金・買掛金管理
  • 帝国バンクなどによる与信確認

月次業務

  • 入金確認・消し込み作業
  • 月次決算書の作成
  • 給与計算
  • 取引先への支払いや顧客への請求書発行
  • 社会保険・源泉所得税・住民性などの納付

年次業務

  • 決算整理
  • 年次決算書・連結決算の作成
  • 税務申告
  • 年末調整
  • 賞与計算

一般的に会社の業績に大きく関わる決算業務は、社長や株主総会に提出する重要な任務ですので、経理の中でもベテランの社員が担当することが多いです。

未経験入社の場合は、売掛金・買掛金の管理や経費処理などの日次業務からスタートすることになるでしょう。

経理の年収

未経験での転職となると、給与が下がってしまうのではないかと不安な人も多いかと思います。

経理の年収データを参考に、将来どのくらいの収入が見込めるかを計算してみましょう。

経理の実務経験 資格 平均年収
未経験から転職 簿記2級程度以上 200万円~350万円程度
1~2年の実務経験 簿記2級程度以上 300万円~450万円程度
3年以上の実務経験 簿記2級程度以上 350万円~600万円程度
3年以上の実務経験+英語力 簿記2級程度以上 400万円~700万円程度

参考:会計人材バンク 経理職の年収(モデル給与)
http://www.biz-career.com/kaikei/keiri/model

未経験ということもあり、転職したばかりのころは低めの年収です。

しかし2年、3年と経験を積むごとに50万単位で年収がアップしています。

経理は業務が細分化されているため、担当の業務が広がるごとにスキルアップでき、結果が収入に反映されやすい傾向があります。

未経験から経理になるための必要なスキルや資格

企業によって求めるスキルは異なりますが、資格が必須の職種ではありません。

しかし未経験であれば、経理について最低限の知識を習得しておく必要がありますので、何かしらの資格をとることをオススメします。

また試験勉強は、これから自分がどんな仕事をしていくのかという座標にもなりますし、経理職に向いているか否かの判断基準にもなるでしょう。

さらに面接で「経理職に就くために〇〇の資格を取得しました」というと、仕事に対して意欲があるとプラスに評価され、ライバルに差をつけることもできます。

持っていると評価される経理の資格

経理への転職にオススメしたい資格は、以下の5つです。

  1. 日商簿記検定
  2. 給与計算実務能力検定
  3. MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  4. 日商PC
  5. FASS検定

日商簿記検定

経理や財務などのお金に関する資格の中で、もっとも知名度の高い資格です。

1級〜3級までありますが、3級は初歩的な基礎レベルの習得になるため、2級までとっておきたいところです。

2級を取得すると、財務諸表や損益計算書を読む力が身につき、経営内容を把握できるようになります。

1級は税理士や公認会計士などを目指す人が受ける難易度の高いものになりますので、未経験からの転職ではここまで持っておく必要はありません。

給与計算実務能力検定

給与計算業務に特化した資格で、給与や賞与、年末調整などまで年間を通じて行う給与計算に精通した知識をマスターできます。

資格には1級と2級があり、2級は3月と11月の年に2回にわたり試験が行われ、1級は毎年11月のみ実施されています。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

経理はデータ入力などの仕事も多く、基本的なパソコンスキルは必須です。

なかでもエクセルを使用した表計算を行うことが多いため、MOSの資格を持っておくと優遇されます。

エクセルをどれだけ使いこなせるかで業務効率も変わってくるので、入社前にピボットテーブルやVLOOKUPなどは抑えておくといいでしょう。

日商PC

日商PCは、MOSよりもビジネス向けの知識や実技を習得できる資格です。

ワードやエクセルなどの基本操作に加え、IT関連の知識も求められます。

検定では、ワードを文書作成、エクセルをデータ活用、パワーポイントをプレゼン資料作成と呼ぶのが特徴です。

FASS検定

FASSとは、Finance & Accounting Skill Standardの略称です。

実務スキルを測ることを目的とした資格で、「資産」「税務」「資金」「決算」の4分野の知識を習得することができます。

FASS検定の特徴は合格・不合格の概念がないところで、代わりに結果のスコアにより、A〜Eレベルにランク分けされます。

コミュニケーションの能力

意外と思われるかもしれませんが、経理は他部署とのやりとりが多く、コミュニケーション能力が求められる職種です。

例えば経費精算の締め切りを社内に通達したり、入金や請求の件で顧客と話したりする機会があります。

新規取引の口座を開設するときには、調査内容によっては取引ができない会社もあるため、営業部の部長や課長などに報告や相談をする役割も担っています。

数字に対する正確さや慎重さ

経理は会社の売上や利益、資金などを扱う仕事ですので、数字に対して正確でミスをしないことが大切です。

性格でいうと几帳面なタイプが向いており、適当でおおざっぱな性格の人には不向きです。

「0」がひとつ多い、少ないなどのミスは、会社にとっても責任問題になりかねませんので、二重チェック、三重チェックを怠らないような慎重さが求められます。

経理の魅力ややりがいとは?

経営者側から頼りにされる

経理部がまとめるデータから、会社の利益や資金、経営などを読み解くことができるため、「自分たちが会社を支えている」というやりがいや誇りを感じることができます。

さらに経験を積んでいくと、新規事業の開拓やコストの見直しの際に意見を求められることもあります。

企業が健全な経営をする上で、経理はなくてはならない貴重なポジションであることは間違いありません。

一見地味に見られがちですが、会社の将来を担っているといっても過言ではないほど、会社にとっては欠かせない存在なのです。

キャリアパスが描きやすい

未経験からのスタートでも、業務を一つひとつこなしながら実務スキルを磨いていくと、仕事の幅も自然と広がっていきます。

総務や事務職と比べてキャリアアップしやすいのが、経理の魅力のひとつです。

手に職がつけられるため転職しやすい

実はこれが一番大きな魅力で、経理は専門のスキルを必要とする仕事のため、転職しやすいというメリットがあります。

経理はどの会社でも必要とされますし、経理がいない会社はありません。

また派遣社員や契約社員の求人でも、経理の場合は正社員になりやすい傾向があるようです。

経理未経験が転職を成功させるポイント

事業規模が大きな会社を狙う

会社の規模が大きいと、業務が細分化されていることが多く、未経験でも仕事が覚えやすいというメリットがあります。

一方で事業規模が小さいと、売掛金・買掛金の管理や小口計算、給与や経費の支払い、決算処理などと広い業務を少人数でこなさなくてはなりません。

覚えることも多く、月次締めや年度締めのスケジュールもありますので、未経験者には大きな負担となってしまうでしょう。

経理部の人数や一人当たりの業務量については、求人サイトに書かれている情報を吟味したり、面接で聞いてみたりすることをオススメします。

資格を取得しておく

上記でも述べましたが、簿記やMOSなどの経理知識とパソコンの基礎知識の両方を持っておくと、採用されやすい傾向があります。

業務が未経験でも、経理の知識があるのとないのとでは、面接官の印象も全く違ってきます。

簿記2級であれば、独学でも半年くらいの勉強期間で取得できるので、転職前に取得しておくのがオススメです。

前職で経理に活かせそうなアピールポイントを調べておく

転職活動をスタートさせるにあたり、これまでの実務で経理に活かせるアピールポイントを見つけておきましょう。

営業としての実務経験があれば、数字報告の資料作成や粗利を意識した営業活動を行なっていたことが武器になります。

サービス業でしたら、お客様が求めているものを事前に察知し提供する、「先を読む力」やホスピタリティをアピールできるでしょう。

営業事務の経験があれば、多くの営業や顧客とコミュニケーションをとっていた経験や、パソコンスキルがアピールできます。

資格とコミュニケーション能力をアピールして転職を成功させよう

未経験でも経理へ転職することは可能で、頑張り次第ではキャリアアップが目指せる職種です。

20代であれば資格がなくても採用されるケースがありますが、30代以上であれば簿記とパソコンの資格を持っておくと有利でしょう。

またコミュニケーション力も非常に重要になってきますので、これまでの経験で人と関わってきたことをアピールすることも、採用に有利に働きます。

面接では、「経理の仕事を積極的に学び、1日も早く戦力になるよう努力したい」という想いを伝え、内定を勝ち取りましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件