ホイクナビの電話連絡ってしつこい?電話がうざいときの対処法

ホイクナビの電話連絡はしつこい?

ホイクナビは全国の保育士求人を簡単に検索でき、一括で応募できる利便性が特徴の転職サービスです。

しかし複数の求人へ応募すると、一日に何度も電話がかかってきて大変だったという口コミも目にします。

そこで今回はホイクナビの電話連絡は本当にしつこいのか、また電話連絡がうざいと感じた時の対処法を解説していきます。

ホイクナビからの電話連絡は一切なし

基本的にホイクナビに会員登録したからといって、ホイクナビから電話が掛かってくることはありません。

電話連絡はホイクナビを通して登録した人材会社から掛かってくるので、基本的に会員登録しただけでは電話はかかってこないと考えていいでしょう。

しかしホイクナビで検索した求人へ応募する場合には、その求人を紹介している人材会社へ登録する必要があります。

そうすると登録先から電話が掛かってくることになり、電話連絡の頻度は会社によって様々です。

複数の人材会社に登録すると電話が鳴り止まないケースも

転職をする際には、並行して複数の求人へ応募するのが一般的ですが、ホイクナビを通して複数の人材会社へ一括登録すると、一日中電話が鳴り止まない…という事態に陥りかねません。

人材会社としても他社に取られたくないため、なんとしても最初に連絡をつなげようとします。

そのためホイクナビへ登録する際には、しばらくしたら電話が掛かってくることを想定しておきましょう。

人材紹介・派遣会社から電話が掛かってくるタイミング

それでは人材紹介・派遣会社から電話が掛かってくるのは、どんなタイミングなのでしょうか。

ここからは求人へ応募したあと、人材会社から電話が掛かってくるタイミングや内容を解説します。

会員登録後のヒアリング

まず会員登録した直後に電話がかかってきます。

これは転職先への要望や現在の就業状況などを確認して、最適な求人があれば追加で紹介するためです。

慣れていない方からすると、直ぐに電話が掛かってくることに抵抗を覚えるかもしれませんが、転職業界では割と一般的と覚えておきましょう。

また会社によっては電話でのヒアリングだけでなく、事業所での面談や出張面談へと続くケースもあります。

求人へ応募するための業務連絡

最初のヒアリングが終わったあとは、希望する求人へ応募を出し、書類選考へと進みます。

その際、履歴書の期限や今後の日程などを連絡するため、2~3回は担当者から連絡が来るでしょう。

またいくらお客の立場だからといって、こういった連絡を邪険に扱うと、優良な求人を紹介してもらえなくなるリスクもあります。

担当者としても採用される人材でなければ、保育施設側に紹介することはできないので、社会人としてのマナーを忘れず、丁寧な対応を心がけましょう。

面接や事前見学の日時調整

書類選考に通過したあとは、面接や事前見学の日時の調整を進めてくれます。

このあたりはメールでの連絡で済ませることもできますが、担当者は同時に複数のクライアントを抱えているので、メールだとなかなかやり取りが進まないこともあります。

本当に行きたい保育施設であれば、積極的に電話で担当者とコミュニケーションを取るようにしましょう。

面接後のヒアリング

面接が終わったあとは、保育施設側の手応えや今後の流れなどを教えてくれます。

このとき面接で心残りだった点など伝えておくと、担当者から保育施設側にアピールしてくれるので、不安な方は気軽に相談しましょう。

無事採用が決まった際には、担当者経由であなたに合格通知の連絡が届きます。

転職後のヒアリング

転職が決まったあとも、契約内容と相違がないかなど、担当者から連絡が来るケースもあります。

聞いていた業務内容と違う…など、転職先へ不満がある際には担当者へ気軽に相談しましょう。

重大な契約違反がある場合など、あなたの代わりに担当者が保育施設側と交渉を進めてくれます。

電話連絡のしつこい時の対処法

もしホイクナビ経由で登録した人材会社からの連絡がしつこかった場合、どうすればいいのでしょうか。

ここからは電話連絡がしつこい時の対処法や改善策を紹介します。

連絡手段をメールに限定する

働きながら転職活動をしており、日中は電話に出ることが難しい…という方は、担当者にメールで連絡するように伝えておきましょう。

どうしても電話でしか話せない内容以外は、メールで連絡をしてくれるようになるはずです。

しかし電話で話すのと比べて、メールはどうしても時間がかかってしまうため、締切が迫っているなど、急ぎの用事にはなるべく電話で対応できるようにしておきましょう。

担当者を代えてもらう

どうしても電話連絡の回数が多いと感じるときには、登録先の人材会社かホイクナビに連絡をして、担当者を代えてもらうのも一つの手段です。

どうしてもこの求人には応募したいけれど、担当者との相性が悪い…と感じたときには、遠慮せずに連絡することをおすすめします。

また同じ求人を他の人材会社でも紹介できるケースもあるので、一度ホイクナビに相談してみてもいいでしょう。

人材会社の登録を解除・退会する

今後やり取りを続けていくのが難しいと感じたときには、思い切って人材会社の登録を解除して、退会手続きを進めましょう。

担当者に退会したいと伝えづらいという方は、ホイクナビに相談をして退会することも可能です。

ホイクナビの場合、全国各地の人材会社が登録しているので、一つ退会してもすぐに次の人材会社を見つけることができます。

本気で転職するなら積極的に電話に対応しよう

本気で転職したいと考えているのであれば、多少面倒であっても積極的に人材会社からの電話には対応しましょう。

優良求人の場合、申込みが殺到するため、採用される見込みのない方は求人の紹介をしてもらえないケースもあります。

そのため保育施設だけでなく、人材紹介会社にも転職熱をアピールするのは非常に大切です。

また登録直後はどうしても電話連絡が多くなってしますので、時間的に余裕があるときに申し込み手続きを行うことをおすすめします。

ホイクナビを実際に利用した人たちの口コミや評判は、こちらの記事で解説しているのでぜひ参考にしてください。

ホイクナビの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!