フジテレビの平均年収っていくら?フジテレビに転職することは難しい?

フジテレビの平均年収っていくら?フジテレビに転職することは難しい?

テレビ局の平均年収は高く、企業の年収ランキングトップ10にもランクインしています。

そんなテレビ局の中でも知名度の高いフジテレビの「平均年収っていくらなんだろう?」と気になっている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではフジテレビの平均年収について解説します。

フジテレビの仕事内容や転職難易度もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

フジテレビの平均年収はいくら?

フジテレビの平均年収は1,100万円〜1,200万円と言われています。

日本の平均年収は450万円〜500万円になっているため、約2倍の年収をもらっています。

特別な資格や知識を必要とする職業ではないにも関わらず、平均年収が1,000万円を超えているということは、それだけフジテレビの規模をが大きいということです。

平均年収は1,100万円〜1,200万円ですが、役職によっては1,500万円、2,000万円ともらっています。

年齢別の平均年収

フジテレビの平均年収は年齢によって大きく異なります。

年齢別の平均年収は下記の通りです。

年齢 年収
23歳〜27歳 約600万円
28歳〜32歳 約850万円
33歳〜37歳 約930万円
38歳〜42歳 約1,050万円
43歳〜47歳 約1,200万円
48歳〜52歳 約1,350万円
53歳〜57歳 約1,300万円

年功序列制度を採用しているわけではないのですが、年齢を重ねるごとに年収も高くなっています。

フジテレビで年収を高めるためには、役職に就くことが1番の近道です。

フジテレビの平均年収は低くなっている

フジテレビの平均年収は年々低くなっています。

2011年の平均年収は約1,500万円、2015年は約1,400万円、2017年は1,200万円となっています。

これはフジテレビだけではなく、ほとんどのテレビ局に当てはまります。

フジテレビの平均年収が低くなっている理由は視聴率の低下です。

フジテレビは広告費で売り上げを上げているため、視聴率が低くなると売り上げが下がることになります。

視聴率が低くなっている理由について詳しくご紹介します。

録画機能が普及した

フジテレビの視聴率が低くなった理由として考えられるのが、「録画機能の普及」です。

録画機能が普及したことでリアルタイムでテレビを見る人が少なくなりました。

その結果、フジテレビは視聴率を取ることができずに、売り上げが低下してしまいました。

録画機能が普及し始めた1990年ごろはリアルタイムでテレビを見ていた方が多かったのですが、2010年ごろから高齢者でも録画機能を使いこなすようになっています。

そのためリアルタイムの視聴率が低下したと考えられます。

若者のテレビ離れ

フジテレビの視聴率が低くなった理由として考えられるのが、「若者のテレビ離れ」です。

近年IT業界が著しく成長を続けていて、テレビ以外の娯楽が増えています。

TwitterやInstagramといったSNSや、YouTubeやNetflixといった動画配信サービスが娯楽の主流になり始めています。

また若者はゴールデンタイムといった最も視聴率を取りたい時間にアルバイトをしていることがあり、若者がテレビ離れするようになっています。

若者がテレビ離れすることで、フジテレビの視聴率は低下していると考えられます。

年収1000万以上の割合は5%!?目指せる職業と高給取りの落とし穴を解説

フジテレビの仕事内容

フジテレビの仕事内容は大きく「放送部・技術部・営業部」の3つに分けられます。

それぞれ担当する仕事は全く異なります。3つの仕事について詳しくご紹介します。

放送部の仕事内容

フジテレビの放送部では、その名の通り放送に直接的に関わる部署です。

放送部に属している職種は、番組を企画する「ディレクター・プロデューサー」や、ニュースや中継を担当する「アナウンサー」が該当します。

また事件や事故を取材する「記者」も放送部の一員になります。

フジテレビの看板商品である「テレビ番組」を制作するため、基本的にどの職種でも忙しいのが特徴です。

ただしクリエイティブな仕事なので、やりがいは感じやすいです。

技術部の仕事内容

フジテレビの技術部では、テレビ番組を放送するための技術的なサポートを行います。

技術部に属している職種は、映像を撮影する「カメラマン」や、スタジオを照らす「照明スタッフ」が該当します。

その他にも「音声スタッフ」や「美術スタッフ」などは技術部です。

技術部はそれぞれが技術的な知識やスキルを駆使して番組制作に携わります。

視聴者には見えない部分でフジテレビの番組を支えているのが、技術部です。

営業部の仕事内容

営業部では、CMを放送するスポンサーとなってくれる企業を探して交渉するのが仕事です。

上記でもお伝えしたように広告費で売り上げを上げているため、営業部はフジテレビに欠かせない職種です。

少しでも高い値段でCM契約を勝ち取るためには、フジテレビをプレゼンするスキルが求められます。

直接的に番組制作には関わりませんが、フジテレビの売り上げを支えているのは営業部です。

フジテレビへの転職は難しい?

フジテレビは平均年収が高いため、「転職したい・働きたい」と思われた方は多いでしょう。

しかし、フジテレビへ転職することは難しいです。

年収が高いことから転職市場では人気があり、倍率は高騰しています。

他にもフジテレビへの転職が難しい理由をご紹介します。

中途採用は不定期で行われている

フジテレビの中途採用は、不定期で行われています。

他社の場合は常に求人が掲載されていて、応募することまでは簡単に進めます。

しかし、フジテレビは不定期で求人が掲載されるため、応募することすら難しいです。

そして応募できても倍率が高いため、転職を成功させる難易度は高いと思います。

フジテレビの年収が低くなっていることから、中途採用の回数を増やすことは考えにくいです。

公開求人が極めて少ない

フジテレビの求人は「公開求人」ではなく、「非公開求人」が多いです。

公開求人とは、転職サイトなどに掲載している求人のことで個人からでも応募することが可能です。

反対に非公開求人は、転職サイトなどに掲載されていない求人のこと個人からは応募できません。

非公開求人に応募するためには、転職エージェントを活用して紹介してもらう必要があります。

紹介してもらえる転職希望者はキャリアアドバイザーが選別するため、中途採用が行われても応募できないことがあります。

フジテレビへの転職は、応募することですら難しいです。

フジテレビへの転職を成功させるポイント

フジテレビへの転職は難しいのですが、転職を成功させている方は存在します。

そのためフジテレビへの転職は不可能ではありません。

そこで転職を成功させるために抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

働きながら求人を待つ

転職を成功させるためには、働きながら求人を待つようにしてください。

退職することで転職活動に割ける時間は増えるのですが、中途採用は不定期で行われます。

そのため退職してしまうと、無職の状態で求人を待つことになります。

無職の状態が続くと、「フジテレビは諦めよう」と希望もしていない企業への転職を余儀なくされます。

フジテレビでは不定期で中途採用が行われるため、働きながら転職活動を行うことが大切です。

即戦力で活躍できることをアピールする

フジテレビが中途採用で求めるのは、即戦力で活躍できる人材です。

そのため即戦力で活躍できることをアピールすると、転職成功率は高まります。

希望する職種によって異なるのですが、実績を具体的にアピールすることが効果的です。

人事は面接の場だけで採用・不採用を決めなくてはいけないため、具体的な実績を判断材料とします。

またアピールする実績が直近のものであればあるほど、効果的です。

面接では「即戦力で活躍できる」ということを強くアピールしてください。

「フジテレビ」に対する想いを伝える

フジテレビ以外にも民間放送のテレビ局(テレビ朝日・テレビ東京・日本テレビ等)があるため、転職では「フジテレビで働きたい」という想いを伝えることが大切です。

人事に「他のテレビ局でも良い」と判断されてしまうと、転職成功率は下がってしまいます。

フジテレビに対する想いを人事に伝えるためには、しっかり情報収集を行い自己分析を怠らないことが大切です。

転職エージェントを活用する

フジテレビの求人は「非公開求人」が多いため、転職エージェントの活用は必須です。

転職エージェントは非公開求人を紹介してくれるだけのサービスではなく、転職に関することは幅広くサポートしてくれます。

具体的には「面接対策・書類添削・日程調整・条件交渉」などです。

そして全てのサポートを「無料」で受けられます。フジテレビへの転職が決まっても転職エージェントに料金を支払う必要はありません。

おすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

フジテレビの平均年収は1,100万円〜1,200万円

この記事ではフジテレビの平均年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

フジテレビの平均年収は1,100万円〜1,200万円と言われています。

平均年収は年々低くなっているのですが、日本の平均の約2倍になっています。

もし「フジテレビで働いてみたい」と思われた方は、転職エージェントに登録して求人が掲載されるのを待ちましょう。

そして働きながらいつでも転職を成功させられる準備をしておきましょう。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件