DODAの正しい使い方!登録・エージェント・各サービス

DODA

「条件は、今より良い会社」というCMでも話題のDODA(デューダ)。

CMの効果もあって知名度も抜群で、就職・転職を考える方にとっては凄く頼りになる存在です。

でも、これからDODAを使って活動を始めようと考えている皆さんは実は、「何から初めてどうしたら良い?」って思ってしまってませんか?

ですから「DODAの登録や各種サービスの紹介&利用方法と正しい使い方」を徹底解説します。

読み終わった時には不安も吹っ飛んで、すぐにでも行動開始できる様になっているはずですよ!!

DODAでは何ができる?

DODAは総合人材サービス会社である「パーソナルキャリア株式会社」が運営する転職情報を取り扱うサイトです。

  • 求人情報の閲覧
  • 転職エージェントとしてのサポート
  • 企業からのスカウトを受ける

この3つがDODAで行える3本柱と言えます。

リクナビやマイナビなどと似たサービスが受けられるわけですが、他社の場合は就職情報を見るならマイナビで転職エージェントはマイナビエージェントという風に分けられているのに対して、DODAはサイトが分けられているわけではありません。

さらにエージェントとスカウトの2つのサービスは利用するかどうかも選択することができますので、「就職情報だけが見れたら良い」という方や「スカウトサービスには興味がない」なんて方も安心して自分らしい使い方ができるんです。

複合型の就職・転職サイトだからこその「便利だけど自由度も高い」ということがDODAの特徴の1つと言えますね。

100万件を超える求人情報が掲載されています!

DODAの基本の使い方は「求人情報サイト」としての使い方です。ネットで気軽に閲覧できる求人情報媒体として使っていただけます。

時期によって変動はあるものの、100万件を超える求人が掲載されていることも多くあります。

実はDODAは会員登録しなくても求人情報をチェックすることが可能です。

でも、それはオープンになっている求人のみです。

魅力的で他社には無いかも知れない「非公開求人」を見るには会員登録が必要になります。

しかもDODAに掲載されている求人の大半は非公開求人ですので、求人情報サイトとして利用する場合にも会員登録は必須と言えますね。

職種と勤務地による簡単検索やキーワード検索、雇用形態や年収などの詳細条件を設定しての検索などで理想の求人を素早く探すことが可能です。

まずは何より会員登録

DODAを使うのに最初にしなければいけないのは「会員登録」です。

求人情報媒体として使うだけだとしても、登録しなければ全てを見ることができませんから何より先に会員登録を行いましょう。

方法はとっても簡単です。DODAの公式サイト(PC・スマホどちらからでも)にある、「会員登録する(無料)エージェントサービス・スカウトサービスもこちら」と書かれたオレンジ色のボタンをタップまたはクリックしてください。

そして表示された画面に従って必要事項を入力していけば登録は完了です。

住所などの「個人プロフィール」に「会員ID&パスワード・学歴・職務経歴・希望条件」と入力内容は少なくはありませんので、パソコンからの方が手続きは行いやすいかも知れませんね。

会員登録することで「会員専用ページ」が開設され、非公開求人を含めての求人情報が見られる様になります。

求人情報のチェックの仕方

求人情報のチェックの仕方も、とても簡単です。まずは登録時に入力したID(またはメールアドレス)とパスワードを使ってログインします。

個人のパソコンであれば「次回から自動でログイン」をチェックすることで、次回以降ログイン情報の入力の手間が省けますよ。

これによって非公開を含めた求人情報が閲覧できる様になります。

実際に求人を探す時には、DODAは求人数が膨大ですので検索機能を使うことによって絞り込むのをおすすめします。

職種と勤務地を選択するだけでもOKですし、「新着・締切間近」のどちらかを選ぶことで対象を絞ることも可能です。

それでも数が多いとなれば「詳しい条件で検索する」を選び、細かな条件をプラスすると良いでしょう。

キーワード検索では、社名や持っている資格から求人情報を見つけ出すことも可能です。

転職エージェントとしても使える!

転職エージェントサービスは他社にも存在しますが、DODAの転職エージェントの特徴と言えるのが「担当者が2人いる」ということです。

面談や電話でキャリアカウンセリングを行ってくれたり面接や、キャリアシートのアドバイスを行ってくれる「キャリアアドバイザー」と、企業の採用計画や求めている人材情報に詳しく求人の紹介や企業の情報提供を行ってくれる「採用プロジェクト担当」の2人がかりでサポートしてくれます。

専門的な業種に強い、分野別の専任コンサルタントもいますのでニッチな業種をされていた方の転職も強力にサポートしてくれますよ。

エージェントサービスへの登録方法

まずはDODAのトップページに表示されている「エージェントサービス」を選択してください。

そうするとDODAエージェントサービスのページに切り替わります。ここで「エージェントサービスに申し込む(無料)」というオレンジのボタンを押してください。

後は必要事項の入力をしていけばOKなのですが、既に会員登録をしているのであればログインをすることで登録情報を読み出すことができ大幅な時間の短縮が行えます。

エージェントサービスへの申し込みは会員登録時に行うこともできますので、最初から使う予定であれは会員登録時に最後に表示される「その他サービスお申し込み」から「希望する」を選んでおけばOKです。

DODAの正しい使い方!登録・エージェント・各サービス

エージェントサービスのメリット・使い方

登録が完了すると数日から1週間の間にメールまたは電話で転職エージェントとの面談予定の連絡が行われます。

公式サイトの「入社までのステップ」には「キャリアカウンセリングを行うことがあります」と書かれていますが、原則的には行われると考えておいた方が無難です。

キャリアアドバイザーとの面談を通して、考えや求めているものを伝えることができますのでキャリアカウンセリングは受けておいて損はありません。

紹介される求人に気に入るものがあれば応募となりますが、その際の手続きもDODA側がほとんど行ってくれます。

職務経歴書の添削や面接ロールプレイなども行ってくれ、万全の体制で内定へ向けて進めていくことができます。

入社となれば、現職場の退職手続きなどのアドバイスもしてくれますよ。

企業からスカウトしてもらえる?!

スカウトサービスは名前の通り「企業側から声をかけてもらえる」サービスです。

簡単に言ってしまえばサービス利用の手続きをしてしまえば、後は待つだけでOKとなります。

大手・優良企業からのスカウトも多数あり、中には書類選考無しで面接が確約される「面接確約オファー」も存在します。

「自分が企業側から声をかけてもらえるはずがない」なんて思ってしまう方も多いかも知れないのですが、1ヶ月辺りのオファー発信数が1,000万通を超えることも少なくはなく、多くの方が企業からのスカウトを受けているのです。

ご自身のキャリアを活かせるオファーが来る可能性も高いので、やりがいを感じる企業へ入社できる期待が持てますね。

スカウトサービスの登録方法

スカウトサービスへの申し込みはエージェントサービスへの申し込みと同様の流れです。

トップページからスカウトサービスを選び同じ様に必要事項の入力などを行ってください。

このサービスも会員登録時に併せて申し込みが行えます。

ですので、会員登録時にエージェント・スカウトの両方の申し込みを済ませることも可能です。

一気に手続きができるのも複合サービスだからこその強みですね。

スカウトサービスのメリット・使い方

企業側からオファーを待つことになるので、申し込みを済ませれば他にしなければいけないことはありません。

ですが企業側は皆さんが入力したWEB履歴書を参考にしてオファーを送ってきますので、WEB履歴書の入力内容の見直しや更新を随時行うことでスカウトしてもらえる確率を上げることが可能です。

全ての項目へ入力するのはもちろんですが、具体的にわかりやすい文章にする様に心がけましょう。

ちなみにスカウト先には現職は含まれない様になっており、名前や生年月日(年齢は公開されます)などの個人情報は公開されないのでプライバシー的にも安心です。

スカウトサービスで届く求人は非公開であることも多く、面接確約オファーなど魅力的な内容が多いので申し込みしておくことをおすすめします。

こんなに使えて費用は0円!

求人情報サイトとして、さらに転職エージェントやスカウトサービスとしても使えるDODAを利用するのにかかる費用は0円です。

つまり無料で使えるサイトと言うことです。「色々できて0円なんて怪しい!逆に使いにくい」なんて思わなくても大丈夫です。

費用に関しては就職先が払ってくれる様になっているので安心してください。

就職を斡旋する側は、求職者から費用などを徴収することができないという法律もありますので何も問題は無いんです。

タダってやっぱり嬉しいですよね。

DODAには嬉しくて便利なサービスが他にもいっぱい!

DODAでは適正年収の診断が受けられる「年収査定」や、現在のキャリアで転職先としての人気企業に採用してもらえるか可能性を探れる「合格診断」など、他にも様々なサービスが利用できます。

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト
  • WEB履歴書
  • イベント

上の4つは、その中でも特に便利で役立つサービスですので、是非皆さんも使ってみてください!

閲覧履歴でチェックした求人の見直しも楽々です

「閲覧履歴」では最近見た求人と保存した検索条件をチェックすることができます。

気になった求人を次々と見たものの、一通り見終わった時に「さっき見た求人どれだっけ?」となるのはよくあることです。

そんな時には閲覧履歴をチェック!

また、保存した検索条件を変更することで見つかる求人も変わってきますよ。

条件検索もできる検討リストが便利!

「応募しようかな?」と迷ってしまう求人が見つかったら、とりあえず検討リストに追加しておきましょう。

たくさんリストに追加してしまっても、リスト内での条件検索もできるので便利です。

家でパソコンから良さそうな求人を探し検討リストに追加して、出先の空き時間でスマホからチェックするなんて使い方もできますよ。

WEB履歴書は入力も修正も楽々で、スカウトにも役立つ!

企業に応募する為に必要な書類の作成がWEB上で行えるのが「WEB履歴書」です。

印刷して使うこともできますし、入力内容を見た企業からスカウトを受けられる期待もあります。

手書きでの履歴書は苦手な方も少なくはないでしょうし大変な手間がかかりますが、パソコンなどから入力できるWEB履歴書なら修正も簡単で負担も小さくて済みますね。

無料のイベントで成長できる!

日本最大級の転職イベント「DODA転職フェア」をはじめ、DODAではイベントやセミナーを開催しています。

キャリアアドバイザーとご自身のキャリアについてなど何でも話せる個別相談会や、社会人としての必要な知識・マナーから転職活動のノウハウまで学べるセミナーまで様々。

そんな役立つイベントが多数開催されていますが、参加無料なのも嬉しいポイントです。

DODAはどんな人におすすめ?

DODAをおすすめできる人は「休職中全ての人」です。

複合サービスなので求人媒体としてだけでなく、転職エージェントとしてもスカウトを受けるためにも使えるのはお伝えした通りです。

それらが1つのサイトで行えるので、手続きが面倒だったり複雑にならなくて済みます。

専門的な職業をされている方、目指している方も専門コンサルトが手厚くフォロー。

新卒や第二新卒、転職希望者の方など誰が使うにも便利なサイトです。

とりあえず「DODA」でも大丈夫な頼れるサイト!

もし、皆さんが就職・転職に向けて頼るサイト選びに迷っているなら「とりあえずDODA」にしておけば問題ありません。

知名度も高く求人数も多く、サービスも豊富なサイトですから選んで後悔することにはなりませんよ。

まずはDODAのサイトにアクセスして、会員登録からスタートしてください!

DODAのメリット・デメリット、実際に利用した人たちの口コミ・評判は、こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

DODAの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!