DODAを正しく退会・解約する方法!退会する際の注意点を解説

DODAを退会するポイント

「転職先が決まった」「やっぱり転職はしないことに決めた」という方や、「退会の仕方がわからなくて不安」など、様々な理由で退会を考えている方のためにDODAの退会方法を解説します。

DODAを本当に退会して大丈夫?

まだ利用する可能性はある?退会のリスク

DODAではいったん退会(登録解除)してしまうと、登録情報が完全に削除されます。

苦労して書いた履歴書や職務経歴書は使用できなくなってしまうので、まだ少しでも利用する可能性がある方はよく考えてから退会を決めましょう。

退会した後でもう一度DODAを利用したい場合は前回の登録データは使えませんので、改めて新規申し込みをすることになります。

転職サイト・エージェントを掛け持ちする際の注意点!複数登録のメリット・デメリット

退会(登録解除)とサービスの停止

DODAには退会のほかに、サービスの停止という方法があります。

これは一時的にエージェントサービスやスカウトサービスの利用を止めるためのものです。

上記で書いたように一度退会すると登録情報はすべて削除されてしまいますので、まだ利用する可能性がある方や、一部のサービスだけ利用したいという方は退会ではなくサービスを停止するのも一案です。

退会できる状態?

退会するタイミングは基本的には個人の自由です。

途中で退会すると支払いが発生するのでは?という心配はいりません(DODAのサービスは無料です)。

ですが、活動状況によっては退会するタイミングには注意が必要です。

もし、あなたがDODAから紹介してもらった求人の面接を控えている、選考を受けている最中、という場合は活動を終えてから退会するようにしましょう。

もしくは選考辞退を考えているのであれば、できるだけ早くエージェントに伝えるのが良いでしょう。

エージェントは求人を頂いている企業に、条件に値する応募者としてあなたを紹介しています。DODAと企業の信頼関係に関わってきますので、注意しましょう。

DODA退会の進め方

退会するには2つの方法があります。

ひとつめは担当アドバイザーへ連絡する方法。

ふたつめはDODAのWEBページから自分で退会手続きをする方法です。

どちらの方法も退会の手続きが完了するまでには数日かかります。

では、この2つについて詳しく説明していきます。

担当キャリアアドバイザーにメールで伝える

DODAを利用している方は、エージェントサービス(求人紹介)を受けていることがほとんどのはずなので、お世話になったアドバイザーにメールで連絡するのが一番簡単な方法です。

退会することを決めたら、担当キャリアアドバイザーに連絡をしましょう。

退会希望を伝えれば、アドバイザーが退会処理をしてくれます。

とくに指示がない限り、他にすることはありません。これで退会は完了です。簡単ですよね。

なお、できる方はメールとあわせて電話でもエージェントに連絡することをお勧めします。

転職エージェントは今後も利用する可能性があるサービスです。

次回も同じアドバイザーにお世話になる可能性もあるので、悪い印象を与えることなく退会するのがベターです。

丁寧な対応を心がけましょう。きちんと連絡すれば印象を損なうことなくスムーズに退会できます。

退会理由は正直に言っていい?

退会理由は基本的には正直に伝えて問題ありません。

理由については質問されることが多いので、退会したい旨に理由を添えて伝えるのがいいでしょう。

ただし、不満に聞こえかねない理由にならないよう注意しなければなりません。

退会理由の例を挙げますので、ぜひ確認してみてください。

【OK】
「内定が決まった」
「転職自体を辞めることにした」
「地元に帰って仕事を探すことにした」

【NG】
「いい求人が少ない」「希望の求人が全くない」
「担当アドバイザーと合わない」
「サービスが良くなかった」

何度も言うようですが、転職エージェントは今後も利用する可能性があるサービスです。

下手に悪印象を与えるのは自分にとって損でしかありませんので、NG例のような退会理由は言わないほうが賢明です。

どんなメールを送ればいい?メール例文

具体的にどんなメールを送ったらいいの?という方には例文をご紹介します。

ぜひメールを送るときの参考にしてみてくださいね。

件名:退会希望のご連絡(自分の名前)
(担当者の名前)様
お世話になっております。
この度、貴社とは別の人材会社様からのご紹介で内定をいただきました。
そのため誠に勝手ではございますが、貴社サービスを退会したくご連絡した次第です。
(担当者の名前)様にはここまでサポートして頂いたにもかかわらず、誠に申し訳ございません。多くの求人をご紹介して頂きありがとうございました。
たくさんのアドバイスを頂き、私の転職活動にご尽力頂いたこと大変感謝しております。
末筆ながら(担当者の名前)様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
この度は誠にありがとうございました。
(自分の名前)

アドバイザーとの関係性によってはここまでかしこまらず、もう少し砕けた文面でもいいかもしれません。

親身になってサポートしてくれたアドバイザーには、しっかり感謝の気持ちを伝えましょう。みなさん自分の状況に合わせてアレンジしてみてください。

WEBページから直接退会する

自分で退会手続きをしたいという方は、エージェントを通さなくてもDODAのWEBページから直接退会することができます。

転職活動はとっくに終わっているのに退会手続きを忘れていた、なんていう方にはこちらが便利かもしれません。

手続きはDODAの会員ページにログインすれば簡単に進められます。

【退会手順】

  1.  まず、DODAの会員ページにログインする
  2.  ページの右上「登録情報設定」ボタンをクリック
  3.  ページの一番下(よくある質問の上)のDODA会員登録 退会手続きの欄にある、「退会申請」ボタンをクリック
  4.  アンケートが始まります
  5.  全てのアンケートに回答すると、「退会する」のボタンが表示されるのでクリック

以上でWEBページからの退会手続きは完了です。

5分もあれば手続きができてしまいますので、後回しにせず終わらせてしまいましょう。

登録するとき提出した書類ってどうなるの?

退会するにあたって、提出した書類や電子データがそのあとどうなるのかは気になるところですよね。

DODAでは退会した会員の提出資料及び個人情報は責任をもって廃棄することになっています。

じゃあ、書類を返してほしい場合はどうすればいいの?という方も安心してください。

退会前に手続きをすれば書類を返却してもらえます。

必ず退会手続きの前に依頼する必要があるので、うっかり退会してしまわないように気を付けましょう。

返却手続きの方法は書類の形式(紙または電子データ)によって異なります。

どちらも手続きをして登録者本人であることが確認でき次第、書類が返却されます。

【紙書類】

紙書類の返却には、DODA所定の「個人情報開示請求書」と添付書類(本人確認ができるもの)が必要です。

「個人情報開示請求書」には氏名、住所等の必要事項を記入します。

書類が揃ったら配達の記録が残る方法(書留、簡易書留、配達記録郵便など)で提出します。

これで申請は完了です。書類が返却されるまでには2週間ほどかかるので、返却を待ちましょう。

DODA所定の「個人情報開示請求書」はこちらからダウンロードできます。

【電子データ】

電子データの返却は、こちらのDODAのWEBページから申請ができます。

申請には以下の情報の入力が必要です。

  • ご質問の種類
  • 名前
  • 生年月日
  • 現住所
  • 電話番号
  • 会員ID(メールアドレス)
  • お問い合わせ内容:「電子データ返却希望」

なお、登録者本人であることが確認できなければデータは返却してもらえませんので、登録時の情報を正確に入力しましょう。

本人確認がとれたら書類はメールで返却されます。

まとめ

今回はDODAを退会する2つの方法について注意点を踏まえてご紹介しました。

転職エージェントの利用は無料ででき、退会も個人の自由です。

ですが、無料だからといって不誠実な対応をするのはやめましょう。

エージェントはあなたの転職活動を誠意をもってサポートしてくれます。

サービスを利用したものとして、マナーをもって退会するようにしましょう。