医師に最適な転職時期とは?あなたの職場は満足ですか?777

医師が転職するなら?あなたの職場は満足ですか?

あなたの職場は満足ですか?

そう聞かれて「満足している」と答えられる医師はどれくらいいるでしょうか。

これは医師に限ったことではありませんが、働いていれば多少の不満はあるもの。

全て満足できなかったとしても、極力不満が少ない職場で長く働いていきたいものです。

今回は、医師が何に不満を感じて転職しようとしているのかをランキングで紹介。

また、職場の満足度を高めるために何をすべきかといったポイントも解説していきます。

せっかく医師になったけど…あなたは今の職場に満足ですか?777

医師になるまでの努力や苦労は、ご自身にしか分からないと思います。

しかし、勉強や研修、私生活をはじめ、その道のりは決して簡単なものではなかったはずです。

夢や目標をもって就いた医師という仕事。しかし今、あなたの職場は満足ですか?

職場の人間関係、業務環境、労働時間、給与・休日などの待遇、医療法人側との考え方…。

少なからず不満を持っている方も少なくないでしょう。

100%満足できる職場というものは、なかなか無いのかもしれません。

しかし、自分自身が納得して働ける職場でなければ、医師として長く働いていくこともできないでしょう。

病院側・医療法人側に働きかけても、全てを変えていくことはできません。

であれば、ご自身のニーズに合った職場へと移るのも手だと思います。

医師が転職を考える時期ベスト5

では他の医師たちは、どんなときに転職しようと思い立つのでしょうか。

今回は、医師の転職理由として多いものをランキングでご紹介します。

【1位】家族や家庭などの生活環境

最も多いのが、生活環境によるものです。

業務時間が長くて家族と過ごす時間が取れなかったり、子育てをしながらの復職が難しかったりと、家庭・家族のことを考えて転職に踏み切っている方は少なくありません。

実際の声

子供の教育を考えて。進学する学校を含めた教育環境が、今の居住地はあまり良くない。娘の進学に合わせて転居する予定で、転居先で就業先を探したかった。

在籍中の病院は、そもそも子育てに前向きな考え方ではありません。今は育休を取得していますが、復帰後に子育てと仕事が両立できるかが不安でした。育休中の転職活動はなかなか難易度も高いと思いますが、時間に融通の利く働き方ができないかと、とりあえず転職エージェントに相談しました。

忙しいのはある程度仕方無いが、家族と過ごせないのは精神的に辛い。子供が成長する中で、子育てにも参加したいと思い、転職に踏み切った。

【2位】医局・大学病院を離れたい

医局や大学病院を離れたいという転職理由も多いようです。

属することによるメリットもあると思いますが、人間関係や人事などにおけるしがらみがストレスとなって、医局・大学病院を離れたいという方も多数いらっしゃいます。

実際の声

医局の人間関係は自分には合わなかった。医師としての仕事よりも人間関係に悩まされることが多くなり、それがストレスで病院を移りたいと思った。

専門医を取得したので。元々大学病院内で長く働く予定もなかったし、上に登っていきたいという意欲もなかった。そうなれば残るメリットもない。

ウチの医局は人間関係はさほどストレスではありませんでしたが、医局人事で異動が多く、私も数年ごとに移動を繰り返してきました。腰を落ち着けて働いていきたいと思うようになり、今の病院へと転職してきました。

【3位】労働環境が悪い

医師不足は医療全体の問題でもあり、特に地方の状況は深刻です。

残業時間の上限緩和が2024年頃を目途に適用されるようですが、労働環境の抜本的な見直しをしなければ、改善されることはないでしょう。

医師も一人の人間であり、プライベートも含めた生活環境を改善したいと思うのは当然のことです。

実際の声

人手不足はどこの病院でも常態化していると思いますが、私の勤務先もです。当直明けも続けて勤務で、しかもオペが数件…ということもあります。今はまだ体力的に持っていますが、年齢を重ねたときに続くとは思いません。患者さんに何かあってからでは遅いので…。

採用が難しいのは分かるが、退職者分の人員補強が出来ていない。しわ寄せは現職の医師に来るので、結果的に休みが取れなくなった。

地方の中核病院で勤務していました。当直時は専門外の緊急オペに入ることも多く、不安が多かったのが正直なところです。自分の技術・知識不足も一因なので、甘いといわれるかもしれませんが、不安を感じながらの勤務は非常にストレスフルでした。

【4位】人間関係への不満

上司や患者、また医療法人側との人間関係へのストレスから、職場を変える人も少なくありません。医師に限ったことはないと思いますが、人間関係は自分自身の努力だけで改善できるものではないため、どうしようもないときは転職するのも手です。

実際の声

うちの病院は貧困層の患者様も多く、支払いを含めたトラブルがかなり多いと思います。クレームが医師たちにも波及することもあり、心を落ち着けて働くことができませんでした。

法人側との考え方の違いです。特に理事長を含む経営トップたちの方針があまりにワンマンで、先輩方も多数退職していきました。研修等への参加もままならないため、スキルアップやキャリアアップのことを考えて転職しました。

上司との関係性が本当に悪い。自分に取り入る部下にだけ甘く、この病院で上は目指せないと思った。

【5位】給与・待遇への不満

専門性の高さ故に、高い報酬が得られるのは医師の魅力でもあります。

しかし業務量に対して報酬や待遇が見合っていなかったり、将来を考えると収入に期待が出来なかったりというケースも少なくありません。

実際の声

給与が他の病院と比較して低い。当直を含め、業務時間は相当長いため、それに見合った報酬が得られていないと思う。

3人の子供をきちんと大学まで出して、家を購入して…と生活を考えると、今の病院の給与の上がり方では不安があります。先輩たちの話を聞いていると、ある程度上が見えてくるので、早いうちに転職を、と思っています。

収入・待遇を含め、満足できるものではありません。技術や知識を磨いても給与の上がり幅は小さいですし、待遇も決して整っているとは言い難い状態です。

職場の満足度を高めるために今日からできること

さて医師たちが持つ不満についてご紹介してきましたが、次は「その不満とどう向き合い、付き合っていくべきか」についてです。

不満があるからとすぐに転職を考えていては、仕事は長続きしません。

また、100%不満のない職場などなかなかないため、不満と上手に向き合い、自分自身も満足度を高めるために努力をしていくことが大切です。

ここでは、満足度を高めるために今日からできることをいくつかご紹介します。

『働きがい』という動機づけに重きを置く

なぜ医師を目指したのか、医師を続ける上で何が嬉しいのか。

こうした『働きがい』は、仕事を続けていく上での重要な動機付けとなります。

『働きがい』は人によって異なりますが、患者様に喜んでいただくことや、医師としての技術を高めることなど仕事を通じて得られるものはもちろん、高い収入を得ることや家族との時間を充分に過ごせることなどによっても得られるかもしれません。

自分自身が何に『働きがい』を感じているのか、まずはきちんと整理してみましょう。

不満ばかりに目が行くとネガティブな思考になりがちですが、自分を自分で動機付けすることで、よりポジティブに働くことができます。

もちろんそれによって不満がなくなるわけではありませんが、不満に向きがちな意識をポジティブな方向へと向けてあげることによって、間接的に不満が気にならなくなっていきます。

満足度が高い業務環境を、自分自身が創っていく

今の環境に満足できないのであれば、それを改善できる制度や環境を自ら創っていくのも手です。

立場によって裁量の大きさに差があると思いますので、一概に全員が出来るわけではないでしょう。ですが、上司や経営陣に対して提言はできると思います。

もし改善の提言によって自身の立場が危うくなるのであれば、自分自身が昇進し、環境を改善できる立場を目指してみましょう。一朝一夕で、というわけではありませんが、仕事へのモチベーションにもなると思います。

満足度が高められる職場を見つける

どうしても現在の職場で満足度が高められないなら、満足度が高い職場を見つけるのも手です。

日本の病院数は約9,000と言われ、これは2位のアメリカの約5,000をはるかに凌ぐ数です。極論ではありますが、勤務先の候補はこれだけあるということ。現在の職場よりも満足度を高められる場所は、必ずあります。

幸いなことに、今は医師専門の転職サイトや転職エージェントなどのサービスも充実しています。特に転職エージェントであれば、医師の転職に詳しいキャリアコンサルタントが職場探しからサポートしてくれます。要望を伝えながら、よりあなたに合った職場を探してみましょう。

医師として働くなら将来のキャリアを常に考えよう

短期スパンだけでなく、10年、20年先のキャリアをどう描いていくかは、常に考えておくべきです。

目指すべき医師としての在り方を踏まえて、そのためにどんなキャリアプランを歩めばよいのか。きちんと考えている方とそうでない方では、同じ仕事をしていても結果が大きく変わります。

既に自分自身でキャリアプランを考えている方も多いと思いますが、客観的な視点でアドバイスをしてくれる存在がいた方が、キャリアプランの精度も高くなるでしょう。

同僚や上司などに信頼できる方がいればその方に相談するのも良いと思います。しかし転職を含めた話となると、同じ職場の方に相談するのは気が引ける部分もあるでしょう。そんなときは医師の転職に精通した、医師専門の転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントを活用してください。彼らは第三者のフラットな立場で、あなたのスキルや経験を踏まえて様々なアドバイスをしてくれます。

医師転職サイトの選び方!おすすめ転職エージェントを徹底比較

今の職場に満足していない医師におすすめ転職サイト・エージェント

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

信頼できる転職サービスを探しているなら、リクルートが運営するリクルートドクターズキャリアが絶対おすすめ!

常時2万件以上の求人を掲載しており、無料会員登録をすれば他サイトにはない非公開求人を紹介してもらえます。

もちろん常勤だけでなく、非常勤の求人も多数紹介しているので、今の働き方に疑問を抱いている医師にもおすすめです。

リクルートドクターズキャリア公式サイト

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリア

医師転職の実績で選ぶなら、エムスリーキャリアエージェントがおすすめです!

独自の非公開求人を多く紹介しており、医師の転職に精通したコンサルタントが、転職先との交渉もサポートしてくれます。

今より確実にいい職場へステップアップしたい人、キャリアアップを目指す医師におすすめの転職エージェントです。

エムスリーキャリアエージェント公式サイト

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件