クリエイト転職の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

クリエイト転職の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

小規模な転職サイトは求人を検索しやすい・使い方がシンプルといったメリットがあります。

そのため実は大手転職サイトと併用して使っている人が非常に多いです。

今回は『クリエイト転職』という転職サイトに着目して、具体的なメリットとデメリットを調査します。

一目で分かるクリエイト転職の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

クリエイト転職の口コミ一覧

短期限定求人を使って、1ヶ月で転職できた

Uターン時に活用し、地域に密着した検索機能が非常に便利だった

40代以上でも応募できる案件が多く、希望に合った求人が見つかった

クリエイト転職のメリット

  • 短期間の限定求人が多い
  • 検索機能が使いやすい
  • 転職支援サービスが充実している
  • 資格取得支援・求職者支援訓練・職業訓練を受けられる

短期間の限定求人が多い

さまざまな求人を取り扱っていますが、特に短期間掲載の求人が多いです。

短期間で掲載を終了するため、競争率が低い・スピーディーに転職できるといったメリットがあります。

ちなみに、クリエイト転職は会員登録しなくても、必要事項を入力すれば求人に応募可能です。

会員登録すれば後に説明するメールマガジン・スカウト・転職エージェントといった、さまざまなサービスを受けることができます。

検索機能が使いやすい

職種・特集記事・企業など、数多くのカテゴリーから求人を検索できるシステムが導入されています。

詳細条件には直行や直帰OK・中高齢者や高齢者活躍中・オープニング新規事業開設といった、ユニークなものが多いです。

他の転職サイトにはない条件を採用しているので、自分の求めている求人を見つけやすくなっています。

ちなみに、女性向けには託児所・託児所補助ありなどの条件が設けられています。

月給以外に日給・年俸制・歩合/出来高制といった給与形態を選べることも特徴の1つと言えるでしょう。

条件を選択すると選んだ時点で何件の求人が残っているか分かるので、使い勝手が良いです。

特に地域に絞って検索する機能に長けているため、勤務地にこだわって求人を探したい時に活用できます。

その他に閲覧機能や「後で見るリスト」といったサービスが用意されています。

チェックした求人を自動的に保存してくれるので、求人内容を再度確認したい時に便利です。求人のピンマークをクリックすれば、後で見るリストに保存されます。

このように1度気になった求人にアクセスしやすいことがクリエイト転職のメリットです。

転職支援サービスが充実している

クリエイト転職の転職支援サービスには、

  • スカウト
  • 転職エージェント
  • お仕事ガイド

といったコンテンツがあります。

企業は会員の年齢や経験ポジションなどの条件から人材を検索できるため、条件にマッチしていれば企業側からアプローチして貰えます。

プロフィールは匿名で公開されるので、プライバシー面は問題ありません。

スカウト機能を登録している会員は、クリエイト転職と同時に『クリエイトエージェント』という転職エージェントを利用できます。

キャリアアドバイザーが条件にマッチした求人を紹介してくれるので、余分な手間や時間がかからないことがメリットです。

「お仕事ガイド」では500人のアンケート結果から、働き方について知ることができます。

その他に業界や職種別に求人を探せる特集記事や、書類作成・面接に関するサポートコンテンツも用意されています。

メールマガジンではおすすめの求人や転職ノウハウを教えてくれるので、是非活用してください。

資格取得支援・求職者支援訓練・職業訓練を受けられる

実はクリエイトエージェントだけではなく、『クリエイトの教育・研修』とも連携しています。

クリエイトの教育・研修には利用料金を支払えば誰でも参加できる「公開セミナー」と、社員向けの研修を行っている「カスタマイズ研修」などのサービスがあります。

公開セミナーは社会人に必要なマナーや時間管理テクニックを学べるので、自分のスキルがない時に活用するのが得策です。

2016年は公開セミナーを101回開催し、約2100名が参加した実績があります。

ただ講師の話を聞くのではなく、参加者が話す・考えるプログラムで構成されていることが特徴です。

すぐに使える技術に関するセミナーが多く、実践することでスキルを身に付けることができます。

さらに、株式会社クリエイトは資格取得支援・求職者支援訓練・職業訓練に関するセミナー実績が豊富です。

バリエーション豊富なイベントが開催されているので、自分の能力に合わせて参加できます。

クリエイト転職のデメリット

  • 閲覧履歴の保存件数が少ない
  • 後で見るリストに制限がある

閲覧履歴の保存件数が少ない

閲覧履歴は最高20件保存でき、20件を超えると自動的に最も古い求人が削除されます。

しかし、掲載が終了している求人は自動的に削除されるので、応募可能な求人だけを保存できるメリットがあります。

後で見るリストに制限がある

後で見るリストは30件まで保存できますが、上限に達すると古い求人が削除されます。

さらに、保存期間は閲覧から30日に設定されています。閲覧履歴や後からリストで求人を再度チェックしたい場合は、早めに利用するのが得策です。

また、どちらの機能も端末とブラウザで別々に求人が保存されます。

端末で保存した求人をブラウザでチェックできないので、利用する時は注意してください。

クリエイト転職の求人数と質のレベルは?

転職サイト 求人数
エン転職 約5000件
DODA 約3000件
@type 約2000件

クリエイト転職の求人数は約4000件で、他社と比較すると↑のような結果になります。

小規模な転職サイトの中では比較的求人数が多く、正社員や派遣求人が多いです。

20~50代までさまざまな年代が応募できる求人が多いこともクリエイト転職の特徴と言えるでしょう。

  • 事務
  • ドライバー
  • 建築
  • 医療や福祉
  • フード
  • メーカー

職種は↑の6種類が多い傾向にあります。全国の求人に対応し、1都道府県に約20~30件の求人が存在します。

東京・大阪・愛知が多いものの、福岡を中心とする九州地方の案件に強いことが魅力です。

実は大阪より福岡の求人が多く、九州地方の転職希望者から高く評価されています。中小企業や優良企業が多く、求人の質が高いです。

クリエイト転職はどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.80
在籍中の転職
(4.0)
第二新卒
(3.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
初めての転職
(4.0)
IT・WEB・エンジニア
(3.0)
医療関係
(5.0)
福祉関係
(5.0)
アパレル関係
(2.0)
大手
(2.0)
地方
(5.0)

数ある職種の中でも医療と福祉の求人が非常に多く、これらの業界を目指している人に最適です。

また、地域密着型の特徴があるので、地方の求人を探している人にも向いています。

資格取得支援や転職エージェントなどのサポートコンテンツが多く、初めて転職する・フリーターから転職する人も使いやすい転職サイトです。

クリエイト転職で転職するまでの流れ

会員登録では名前・生年月日・メールアドレスに加えて、IDとパスワードを設定します。

この時、クリエイトエージェントサービスを受けるか決められます。

ちなみに、クリエイトバイトを使っている人は、同じアカウントでも構いません。

スカウト登録では「応募」や「スカウト」のマークが入力欄に表示されているので、どんな時に公開される情報か把握しながら登録できることが特徴です。

会員登録時の情報に加えて、

  • 電話番号や住所
  • 連絡可能な時間帯
  • 自己PR
  • 職務経歴
  • 希望条件

といった内容を登録します。

登録した後にプロフィールを公開すると、スカウトメールが届くようになります。

求人検索・スカウト・転職エージェント、いずれかの方法で求人を検索して応募してください。

さまざまなコンテンツを活用しながら選考試験に挑み、内定を貰えば転職活動終了です。

クリエイト転職の運営会社はどんな会社?

クリエイト転職を運営しているのは、1968年7月に設立した『株式会社クリエイト』です。

資本金は5000万円、従業員は2017年5月時点で480人を記録しています。千代田区の神田司町に本社を構え、約49年間求人広告関連の事業に携わっています。

求人広告のパイオニア的存在として、地域密着型のサービスを提供していることが特徴です。

代表的なサービスは『クリエイトバイト』、求人フリーペーパーの『クリエイト仕事発見』が挙げられます。

  • 誠実であれ
  • 最善をつくせ
  • 人、全て鏡と思え

経営理念にはこの3点を掲げています。

人や企業が地域に力を与える存在と考え、求人広告を中心に人材紹介・人材育成・宣伝広告などの事業を行っている企業です。

宣伝広告の分野では昔ながらの情報誌に加えて、Web技術を使ったインターネット広告まで手掛けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です