40代で税理士への転職はあり?転職を成功させる方法とは

40代で税理士への転職はあり?転職を成功させる方法とは

税理士試験には「科目別合格制度」があるため、40代に入ってから念願の税理士になったという方も多い職業です。

これを機に転職したいと思う反面、「40歳を過ぎてからの転職って不利なのでは?」と不安になる方も少なくありません。

結論からいうと、税理士は定年がない職業なので、40歳を過ぎてからでも転職が可能です。

しかし、これまでの経験や実績によっては、多少の妥協が必要になってくるケースもあります。

この記事では、40代の税理士の転職事情やおすすめの転職先を紹介、面接で有利・不利にはたらくポイントについても触れています。

40代の税理士は転職できるのか?

40代以上の転職では、求められるスキルや経験値は高いのが一般的です。

そんな中、40代の税理士はスムーズな転職が可能なのでしょうか。

税理士の転職事情や市場価値について、詳しくみていきます。

税理士の転職事情

税理士の平均年齢は60歳を超えており、他の業界では考えられないほど高齢化が進んでいます。

そのため40代で税理士に転職される方も珍しくありません。

税理士法人の増加や税法改定の複雑化に伴い求人も増えているため、高い採用率が期待できます。

しかし20代、30代と同じように需要があるかといえば、そうとも言い切れないのが現状です。

40代税理士の市場価値は?

2019年の税理士試験合格発表の結果をみると、40代の合格者が一番多いようです。

つまり40代で転職をしている方は、たくさんいるということが分かります。

しかし税理士とはいえ、40代や50代の転職は困難でそれなりの覚悟が必要です。

税務の知識だけではなく、コミュニケーション能力やマネジメント力、経験値も重要視されます。

また40代ともなれば、現在それなりの役職についている方も多いと思いますが、キャリアアップの転職でない限り、年収が下がることは覚悟した方がいいでしょう。

40代税理士の転職は実務経験が分かれ道

40代でようやく税理士と名乗れるようになった方は、転職において実務経験の有無が問われます。

一般的には20代、30代から税理士事務所で働きながら、資格取得を目指してきた方が多いでしょう。

もし違う畑で就業していたとなると、実務経験があるライバル税理士が大勢いることを意識しなければなりません。

40代の税理士で実務経験がある方

税務の実務経験を持っているのであれば、40歳を過ぎても希望の就職先に入れるチャンスは十分にあります。

多少、妥協すべき点はあるかもしれませんが、転職自体はむずかしくありません。

例えば、一般企業の経理部に責任者として配属されることや、中堅以上の会計事務所に転職することも可能です。

40代の税理士で実務が未経験の方

税務の経験がなく、まったく違う職種で働いていた方の転職は上手くいくのでしょうか。

税理士の資格を持っているという点では、税務や会計における一定の知識を身につけているのは周知されていますが、即戦力を求めている求人の場合は不利です。

しかし市場がないわけではありません。

これまでの他業種での経験を活かし、あなたの強みを発揮できる場所を探しましょう。

営業としての経験があれば、クライアントの獲得に有利ですし、マネージャー職の経験があれば、いずれは若手の教育係に抜擢されることだってあります。

40代税理士が転職でアピールすべきポイント

40代の税理士が面接でアピールできるポイント、不利になってしまうポイントをまとめました。

40代の転職で有利なポイント

多くの社会経験と実績

一般的な採用基準としては20代〜30代の求人が多い傾向ですが、これまでの経験や技能を求める税理士事務所も少なくありません。

40代であれば、上層部と若手とのパイプ役としても期待されますし、マネジメント経験があれば有利に働きます。

またチームをまとめるリーダーとして適材だと判断されれば、新しい分野に挑戦することも可能でしょう。

クライアントの年代が40代〜60代が多い

税理士法人でのクライアントは、40代〜60代がもっとも多い年代です。

そのため40代であればクライアントの動向や意見に寄り添った提案ができる可能性があります。

また経営の相談ともなれば、若手よりも人として経験値の高い40代の方が重宝されるでしょう。

活躍できる場所が多い

税理士が働ける場所は、税理士事務所や会計事務所だけではありません。

経営の知識があればコンサルティングファームで活躍できますし、大手企業の経理を担当し専門性を活かすことも可能です。

語学力があれば、外資系やベンチャー企業で上位ポストに就くこともできるでしょう。

40代の転職で不利なポイント

年下に支持される

40代であれば、現職で責任あるポジションや役職についている方も多いでしょう。

これから転職となると、新しい職場にはあなたより年下の先輩が多いことになります。

さらに若いスタッフに教わったり指示をされたりすることも増えてきます。

そんな状況でメンバーとうまくコミュニケーションが取れないと、入社してからも居心地の悪い思いをしなければなりません。

経験・スキルの過大評価

自己の過大評価は、40代でそこそこのキャリアを積んできた方にありがちな弱点です。

税理士に限らず40代での転職で失敗する人は、自分の能力を正しく評価できなくなっている可能性があります。

経験が豊富なのは素晴らしいことですが、年収やポジションを高望みしていないか確認してみましょう。

キャリアアップのイメージが湧きにくい

会計事務所などでの経験がない場合、キャリアアップのイメージが描きにくいというデメリットがあります。

「とりあえず税理士の資格を活かせればどこでもいい」というような考えでは、転職に失敗してしまいます。

転職先の選択がむずかしい場合は、税理士に特化した転職エージェントに相談してみるのもひとつの手段です。

40代の税理士に求められるスキル

40代では高度なスキルが求められるため、ご自身の強みをしっかり把握して転職先を決めましょう。

たとえば、上場企業で経理・財務部のマネージャー職を経験していた、中堅の税理士法人などで税務の経験を長く積んできた、外資系出身で国際税務に長けているなどです。

また資産税の実績があれば、相続対策や事業継承で高いニーズがあるため、40代という年齢に囚われることなく有意な転職ができるでしょう。

転職先によっては、幹部候補のポジションが用意される可能性もあります。

転職を成功させる40代税理士の特徴

40代といえば社会人としてもベテランで、人としての生き方も確立されているでしょう。

どんな職業であっても経験が豊富であれば転職が有利ですし、英語ができると職場の選択肢も広がります。

しかし転職を成功させる40代には、もっと大切なことがあります。それが「柔軟性」です。

人は誰しも、年齢を重ねるごとに柔軟性がなくなりがちです。

自分より若手に対して聞く耳を持っていない、自分の考えや経験を押し付けてしまうということが挙げられます。

採用側が40代の転職者を受け入れる場合、柔軟性やコミュニケーション能力を重要視します。

転職を考えているのであれば、ある程度プライドを捨てる勇気も必要です。

面接では、これまでの経験やスキルを活かしながらも、周りと協調しながら一から学んでいくという姿勢を見せるといいでしょう。

40代税理士におすすめの転職先

税理士の転職先には以下のようなフィールドが広がっています。

その中でも、40代の税理士におすすめしたい職場は「一般企業の管理部門」です。

  • 一般企業での管理部門
  • 税理士事務所
  • 金融機関
  • コンサルティングファーム
  • 監査法人

おすすめしたいのは一般企業での管理部門

小規模や中堅の税理士事務所から転職させる場合、キャリアアップとして目指すべき職場は「企業の管理部門」です。

税理士としての経験を活かしながら、新しい知識を習得することもできます。

大手企業で税理士の資格を持って経験を積んでいけば、経営者や役員の相談役として活躍することも可能です。

また定期的な人事異動もあるため常に新しい学びがあり、税理士としての仕事の幅も増えていくでしょう。

大手の監査法人や外資系でキャリアアップ

スキルが応募条件を満たせていれば、大手の監査法人への転職もおすすめです。

ベンチャー企業や金融専門職は税理士としてのキャリアを大幅に変えることになるため、転職は慎重に行いましょう。

英語に堪能ならば、国際税務を扱う外資系企業でキャリアップを果たすこともできます。

まとめ

40代で税理士に転職される方へ、転職を成功させる秘訣や注意しておきたいことを紹介しました。

40歳を過ぎてから新しいことにチャレンジする人は少ないなか、40代で税理士として人生の再出発を決意した志を大切にして頂きたいです。

約20年間で培ってきた経験を、どのように活かしていくかが転職の成功、また税理士としての成功のカギを握っています。

税理士という資格にあぐらをかくことなく、これから多くのキャリアを重ねていってください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件