type転職を退会する方法と退会する際の注意点

type転職を退会する方法と退会する際の注意点

type転職は転職業界でもトップクラスの知名度・転職支援実績・アクセス数を誇る転職サイトで、会員登録することで求人に応募できるようになります。

type転職を利用されている方は会員登録していることが多いと思うのですが、「退会したいな」と思っている方も多いのではないでしょうか?

転職が終了していればtype転職に登録しておく必要がないので、この記事ではtype転職を退会する方法と注意点について解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

type転職を退会する方法

type転職を退会する方法は2つあり、どちらの方法で退会しても料金は一切発生しません。

転職サイトを退会する際は「違約金など発生するのかな?」と悩まれる方が多いのですが、転職途中で退会しても料金は発生しません。

type転職では「WEB」もしくは「電話」で退会することが可能です。

それぞれの退会手順を解説していきます。

会員専用ページから退会する方法

type転職では会員専用ページより退会することが可能です。

退会する手順は下記の通りです。

  1. type転職の会員専用ページにログインする
  2. 「登録情報の変更・確認」をクリックする
  3. 「退会」をクリックする
  4. 「退会する」をクリックする

以上の手順で退会することが可能です。

退会する理由や個人情報は一切入力する必要はなく、数分程度で退会が完了すると思います。

「退会する」をクリックする前に「登録された内容はすべて消去されます。本当によろしいですか?」と表示されるのですが、一度退会すると情報は復元できません。

本当に退会して良いのか、考えてから「退会する」をクリックするようにしてください。

type転職に問い合わせて退会する方法

type転職では電話で問い合わせることで退会することが可能です。

電話で退会したい場合は、下記の電話番号に問い合わせてください。

電話番号 050-2018-2521
受付時間 10時〜17時(土曜、日曜、祝日を除く)

電話で退会しても、退会する理由などは聞かれません。

ただし、問い合わせる時間帯によっては混み合っている可能性があります。

そのためtype転職の会員専用ページにログインできる方は、会員専用ページより退会手続きすることをおすすめします。

type転職は利用停止することが可能

type転職では退会するのではなく「利用停止」することが可能です。

利用停止することで、メールが届くことはなくなり求人に応募できなくなります。

しかし情報は削除されないため、もう一度type転職を利用する可能性がある方は「利用停止」することをおすすめします。

type転職の利用停止は会員専用ページより手続きが行えます。

type転職にログインする方法とログインできないときの対処法

type転職を退会する際の注意点

転職が終了したり、type転職のサービスに満足できない場合は、すぐに退会することをおすすめします。

しかし、type転職を退会する際には3つ注意するべき点があります。

  • 登録した情報が全て削除される
  • type転職以外のアカウントは退会できていない
  • 応募・選考を控えていないか確認する

1つずつ解説していきます。

登録した情報が全て削除される

1つ目の注意点が「登録した情報が全て削除される」ということです。

上記でもお伝えしているようにtype転職を退会することで、登録していた情報・履歴書・職務経歴書などは全て削除されます。

求人への応募履歴やメッセージのやり取りなども削除されます。

さらに、削除された情報は復元できません。

そのためtype転職を退会した後に、「もう一度、利用したい」と思った場合は新規登録する必要があり、履歴書・職務経歴書なども再度登録する必要があります。

type転職をもう一度利用する可能性がある方は、退会するのではなく「利用停止」するようにしましょう。

type転職以外のアカウントは退会できていない

2つ目の注意点が「type転職以外のアカウントは退会できていない」ということです。

type転職を運営している「株式会社キャリアデザインセンター」では、「type転職エージェント・女の転職type・type就活」などのサービスも運営しています。

しかしtype転職で退会することができるのは、type転職に登録しているアカウントのみです。type転職を退会しても、他のサービスを退会したことにはなりません。

そのため株式会社キャリアデザインセンターが運営する他のサービスに登録していた方は、サービスごとに退会手続きをしてください。

type転職で退会できるのは、type転職に登録しているアカウントだけです。

応募・選考を控えていないか確認する

3つ目の注意点が「応募・選考を控えていないか確認する」ということです。

type転職に登録することで求人に応募できるようになるのですが、退会する際は応募している求人がないか、選考を控えている求人はないかなどを確認するようにしてください。

応募・選考を控えている求人がある状態で退会してしまうと、type転職と求人先の企業に迷惑をかけてしまいます。

応募・選考を控えている求人がある状態で退会しても違約金などは発生しませんが、後日type転職より連絡が来る可能性があります。

面倒なことにならないためにも、応募・選考を控えている求人がある場合は、キャンセルをしてから退会するようにしましょう。

type転職の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

type転職を退会した後におすすめの転職サイト

転職が終了してtype転職を退会する場合は必要ないですが、サービスに満足できずに退会する場合は他の転職サイトに登録すると思います。

日本国内には数多くの転職サイトあるので「どの転職サイトにしよう…」と悩むと思うので、type転職を退会した方におすすめの転職サイトをご紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXTの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

1つ目の転職サイトが「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTは業界最大手の転職サイトで、大手人材会社「リクルート」が運営しています。

業界最大手ということもあり、掲載している求人数は「4万5,000件」を超えています。

また、求人検索機能が充実しているため、希望する求人を見つけ出しやすいです。

そしてリクナビNEXTには「スカウトサービス」があります。スカウトサービスでは、リクナビNEXTに登録している転職者の登録情報を確認して、「お会いしませんか?」というメッセージが送られてきます。

そのためリクナビNEXTに登録しておくことで、企業先からスカウトされる可能性があります。

求人検索する時間などがない方には、リクナビNEXTがおすすめです。

リクナビNEXT詳細ページ

doda

doda

2つ目の転職サイトが「doda」です。

dodaは転職経験のない方でも一度は耳にしたことがあるほど転職サイトだと思います。

知名度や実績が多いのはもちろんなのですが、提供しているサービスが充実しています。

dodaに登録することで「転職サイト・転職エージェント」両方のサービスを受けることができます。

そのため自分で求人を検索して応募することも可能ですし、キャリアアドバイザーに転職をサポートしてもらうことも可能です。

また、dodaは「非公開求人」が多いです。

非公開求人は高待遇なことが多いため、出会ったことがない求人に出会える可能性があります。

転職サイト・転職エージェント、両方のサービスを受けたい方はdodaがおすすめです。

doda詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件