看護roo!(看護ルー)派遣のメリットとデメリット!単発や求人の質ってどうなの?

看護rooの派遣ってどうなの?

看護rooは看護という単語が入っているだけあって、看護専門のサイトだと思われがちですが、派遣サポートも扱っています。

その専門性で圧倒的な支持を受ける看護rooですが、あまり知られていない派遣サービスの充実性を知らいのはもったいないです。

看護roo派遣について詳しく調査したので、ご紹介していきます。

看護roo派遣のサービス内容

看護roo派遣は様々なサービスを提供しています。

ここでは簡単に看護rooのサービス内容を説明していきます。

派遣の種類別サービス内容

看護rooでは派遣の種類別で少しだけサービスの内容が変わってきます。

全部で4つに分かれていて交通費や有休の有無が変わってくるので確認しておきましょう!

単発派遣

単発派遣とは派遣期間が1日~1週間の派遣をいいます。

主な求人としてはこのようなものがあります。

  • 巡回検診や健康診断などの健診業務
  • 看護師が休んだ時の助っ人役
  • その他の看護士が必要になったときの求人

全体的に急に人が必要になった時にヘルプとして出勤するイメージですね。

気になる給料ですが、時給は派遣先の時給と変わらないのですが、交通費はもらえない場合が多いようです。

派遣先から交通費がもらえたらラッキーだと思いましょう。当然、有給休暇は支給されません。

短期派遣

短期派遣は派遣期間が2~3か月の派遣をいいます。

主な求人はこちらです。

  • 社会福祉や介護施設の求人
  • 病院やクリニックの求人が比較的多い

単発に比べると派遣先とかかわる時間も増えるので、本格的に施設の職員として働くことが多いようです。

早い段階で施設の働き方に慣れることが大切になりそうですね。

給料は派遣先と変わらない時給です。短期派遣になると交通費も支給されるので安心です!

有給休暇がないのは短期派遣だから仕方がないと割り切りましょう。

長期派遣

長期派遣は派遣期間が3か月以上で最大3年の派遣です。

主に社会福祉施設や介護施設が求人を出しています。

長期派遣になると派遣というより、もはや契約社員並みの裁量が求められるようになるので、求人も施設が多くなるようです。

給料は派遣先の時給と変わらず、交通費はしっかりと支払われます。

契約社員と同じくらいの仕事が求められるのに、時給が変わらないのはデメリットですが、安定して働けることは長期契約の大きなメリットですね。

長期派遣になると6か月以上働いた場合のみ有給休暇もあります!

紹介予定派遣

この4種類の中だと一番聞き慣れない紹介予定派遣は、派遣期間が1日~最大6か月の派遣です。

最終的には直接雇用化が前提になっているので、紹介予定派遣という名前になっています。

主な求人はこちらです。

  • 介護施設(特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービス、有料老人ホームなど)
  • 訪問看護ステーションの求人

派遣から契約社員になることが前提とされていることから、具体的に施設が限定されて求人が出されているケースが多いようです。

給料ですが、他の派遣と少し違い直接雇用化後の給料を考慮されて設定されます。

つまり、派遣先の業務内容や地位によって変わってきます。

交通費はしっかりと支払われますし、有給休暇は直接雇用化から6か月後に付与されます。

病院以外の求人

看護rooは看護に関する派遣サポートのみ扱っていると思われがちですが、病院以外の求人も扱っているという特徴があります。

病院以外の派遣先としては、訪問介護や介護施設、保育園、透析、保健師などの紹介も可能になっています。

病院以外の派遣先で仕事をしてみて最終的に自分に合った場所で紹介予定派遣として働くと同時に転職もできるかもしれません。

看護rooの求人紹介サービスについては、こちらの記事で更に詳しく解説しています。

看護roo!(看護ルー)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

看護roo派遣を使うメリット

  • サイト登録ですべてのサービスを無料で受けられる
  • 求人の時給はトップクラス
  • 看護賠償保険に無料で加入できる
  • 事前に内部情報を知れる

たくさんある派遣サポートサービスで看護rooを使うメリットをご紹介します。

サイト登録ですべてのサービスを無料で受けられる

看護rooに登録しておくとすべてのサービスを無料で受けることができます。

求人紹介はもちろん、派遣先の見学や打ち合わせもしてくれるのに、無料なのは魅力的です。

転職まで時間が空いてしまって、しばらくは派遣でつなぎたい方は無料なのでとりあえず登録しておくべきですよ。

求人の時給はトップクラス

やはり一番気になるのは派遣先の給料だと思います。

看護rooで紹介している求人の時給は、他の看護系派遣サポートサービスに比べてもトップクラスです。

求人の質も考慮してユーザーのことを一番に考えている看護rooを使わない手はないです。

看護賠償保険に無料で加入できる

看護賠償保険は看護の仕事をしている中での人身事故や物損事故の補償をしてくれる保険です。

看護rooを使って派遣先を決めると無料でのサービスなのにもかかわらず、看護賠償保険が付いてきます。

絶対にあってはならないですが、仕事中に患者さんを怪我させてしまった場合にも安心です。この保険がないと莫大な賠償金を払うことになりかねません。

無料で保険が付いてくるので、派遣先を決める時は看護rooを使うようにしましょう。

事前に内部情報を知れる

看護rooは派遣先でのミスマッチをなくすために、事前に派遣先の情報を収集し利用者に提供しています。

派遣ときくと毎回一緒に働く人が変わるので、どうしても派遣先の情報が気になりますが、看護rooの場合その心配はご無用です。

一般的な求人サイトでは、人が足りない仕事場が多いので魅力的な部分だけを小お買いしていることが多いです。

しかし、看護rooの場合、内部情報が求人を出している職場ではなく看護rooが出しているので客観的な意見を見ることができます。

さらに、看護rooに求人を出している職場は、看護rooに評価されていることを知っているので、質が高まります。

結果的に求人を出している職場の働き方を改善することにもつながるので、内部情報提供サービスは素晴らしいことばかりですね。

看護roo派遣を使うデメリット

  • 派遣先によっては入職時教育が省略される可能性がある
  • 長く働いても給料は上がらない
  • 住宅ローンの審査に通らない時がある

無料なので看護rooにも少なからずデメリットはあるようです。

看護rooに限らず派遣業全体のデメリットも多いですが、一応知っておくと後でミスマッチが防げるので確認しておきましょう。

口コミから明らかになったデメリットをご紹介します。

派遣先によっては入職時教育が省略される可能性がある

派遣先によっては派遣で入ってきた看護師は全員プロだと認識されることがあります。

一般的な入職時研修がないまま、知らない仕事を任されて働き初めに苦労する場合があるようです。

派遣業だとありがちですが、派遣先で働くときにはどこまで仕事ができるのかを事前に伝えることが大切です。

また、仕事中に派遣先特有の風習があれば、仕事中にどんどん質問しておきましょう。

長く働いても給料は上がらない

紹介予定派遣以外は給料が時給制なので、長い間働いても昇給の機会が少なかったり、昇給額が少なかったりします。

しかし、派遣はもとから設定されている時給が高いので、直接雇用化されることが給料アップにつながるとは限りません。

どんなに長くても3年までしか働けない派遣業は通常1年半ほどで職場を離れることになります。

ずっと同じ場所で働いて給料アップを狙いたい方にとっては不向きかもしれません。

住宅ローンの審査に通らない時がある

派遣業をしていると職を転々とするので住宅ローンの審査に通らない時があります。

やはり、契約社員と比べると信用が薄くなってしまうので、お金は借りにくいようです。

しかし、最近は昔よりもフレキシブルな働き方が推進されるようになり、派遣で働く人も増えています。

その結果、派遣社員でも住宅ローンが利用しやすくなっています。

審査に通らなくても住宅ローンの支払いができなくなったわけではないので、金融機関に問い合わせるようにしましょう。

少し覗くと自分に合った求人が見つかるかも?

看護rooは無料ですべてのサービスを使えるサービスなので気になる方は一度覗いてみてください。

求人の時給がトップクラスだったり、看護賠償保険に加入できたり、内部情報をしれたりとお得なことばかりです。

働き方によって派遣先を選ぶことができるので自分に合った職場を見つけられるかもしれません!

派遣先を選ぶのに失敗したくない方はぜひ看護rooをつかってみてください。