飲食業界に転職することが向いている人の特徴をご紹介!

飲食業界に転職することが向いている人の特徴をご紹介!

どの業界に転職する時でも、業界に対する向き不向きがあります。

その向き不向きを考えずに転職をしてしまうと、「ミスマッチ」いわゆる転職失敗になってしまいます。転職にはリスクがありますので、失敗したくないですよね。

そこで今回は、飲食業界に転職することが向いている人の特徴をご紹介します。

ご紹介する特徴を参考にして、飲食業界に転職するのか決めてみてください!

飲食業界に向き不向きはあるの?

転職する業界によって向き不向きはあるのですが、あまり気にしなくても良い業界もあります。

では、飲食業界は向き不向きを気にした方が良いのでしょうか?

結論から申しますと、飲食業界にも向き不向きはあり、向いていない人が転職してしまうとミスマッチを起こしてしまい、何度も転職することになってしまいます。

飲食業界に転職しようか考えている人は、向いている人の特徴を参考にして転職するのか決めた方がいいです。

しかし、あくまで向いている人ですので、働いてみないとわからないことも多いです。

実際働いてみると「飲食店に転職してよかった」と思えるかもしれません。

そのため、あくまで参考程度に考え、最終判断は「転職したい」という気持ちを重視してください!

飲食業界は転職する人が多い?転職の理由をご紹介

飲食業界に向いている人の特徴

  • 協調性がある
  • コミュニケーションを取ることが好き
  • 体力に自信がある
  • 料理が好き
  • 忙しい仕事が好き
  • 人を育成することが好き

協調性がある

飲食業界で大切になることは「協調性」です。

お店の規模にもよるのですが、従業員同士での協調性がないと、スムーズにお店を回すことができずに、利益を生み出すこともできません。

協調性を生み出すために大切なことが人間関係です。

人間関係が良好ではない人と、協調性のある仕事ができるでしょうか?

最終的には協調性を大切にしなくてはいけないのですが、前段階で「人間関係」を大切にする必要もあります。

そのため、飲食業界に向いている人は「良好な人間関係を築け、協調性を大切にできる人」になります。

1人で仕事をすることが好きな人やうまく人間関係を築けない人は飲食業界には向いていないことが多いです。

コミュニケーションを取ることが好き

上記の特徴にも似ているのですが、飲食業界に転職すると、コミュニケーションを取る機会が多いです。

従業員間でもコミュニケーションを取りますし、お客様ともコミュニケーションを取ります。

仕事柄コミュニケーションを取る機会が非常に多く、避けては通れないことです。

そのため、コミュニケーションを取ることが好きな人は飲食業界に向いている人です。

自分の好きなことを仕事にできるということは、転職する価値がありますよね。

反対に、コミュニケーションを取ることが苦手な人は飲食業界には向いていないことが多いです。

体力に自信がある

飲食業界は、デスクワークではありませんので、常に立ちっぱなしで業務を行います。

料理を作る時も立っていますし、ホールスタッフは常に動いていますよね。

そのため、体力が必要な仕事になります。

飲食業界に向いている人は「体力に自信がある」という特徴があります。

さらに、労働時間が長いことや休日が少ないという部分もありますので、肉体的にも疲労が出てきます。

腰痛を抱えている人や体力に自信がない人は、飲食業界に向いていないでしょう。

料理が好き

「飲食業界=料理」です。

飲み物もありますが、メインは料理ですよね。

そのため、飲食業界に向いている人は、料理が好きという特徴があります。

その業界のサービスや商品を好きではないのに、働くことは難しいです。

例えば、旅行することが嫌いな人が旅行代理店で働いても続かないと思います。

それは飲食業界でも同様で、料理を嫌いな人が飲食業界で続けられると思いません。

「料理が嫌い」という人は少ないと思いますが、特徴の1つとして頭に入れておいてください。

忙しい仕事が好き

業界によっては、仕事内容自体が忙しくない場合もありますよね。

例えば、受付ですと「激務」というほど忙しいことはないでしょう。

忙しくないことが悪いというわけではなく、忙しい仕事が好きな人は、飲食業界に向いている人になります。

飲食業界は人手不足という問題も抱えていますので、ギリギリの人数でお店を営業している場合が多いです。

そのため、常に忙しい仕事になり、時間の経過も早く感じるはずです。

「忙しい仕事の方が好き」と考えている人は飲食業界に向いている人だと思います!

人を育成することが好き

飲食業界は、バイトを雇うことが多く、従業員の半数以上がバイトなんてこともあります。

立場上、社員がバイトに業務を教えるということになりますよね。

そのため、人を育成することが好きな人は、飲食業界に向いている人になります。

特にバイトで飲食業界に入ってきた人は、未経験の場合が多く成長を感じられる場面が多いです。

他人の成長よりも自分の成長と考える人には、向いていない業界になりますが、他人の成長を喜べる人には向いている業界だと思います!

以上が飲食業界に向いている人の特徴になるのですが、あくまで特徴ですので働いてみないとわからない部分も多いです。

そして、今からでも改善できることはあると思いますので、「飲食業界に転職したい!」と強く考えている人は、向いている人のなるよう改善できることは改善しましょう!

飲食業に未経験で転職する上で抑えておきたいポイントを解説

飲食業界で働くメリット

転職する時の判断材料として、大切なことがメリットを考えることです。

飲食業界で働くメリットをご紹介しますので、参考にしてみてください。

仕事場が楽しい

飲食業はお客様とコミュニケーションを取ることが多いため、仕事が楽しいと思うようになります。

感謝されることやお客様の笑顔が見れる機会も多いため、やりがいのある仕事でもあります。

さらに、飲食業界は従業員間のコミュニケーションも多く、楽しい職場と感じている人が多いです。

そして、料理が好きな人にとっては天職に感じるのではないでしょうか?

自分の好きなことや趣味を仕事にできれば、楽しい仕事になりますよね!

そう感じて飲食業界で働いている人も多いですよ。

食費が浮く

飲食業界でバイトなどをしたことがある人はご存知だと思いますが、働いていると「まかない」を食べることができます。

飲食業界ならではのメリットで、その他業界で食事を提供してくれることは少ないでしょう。

飲食業界では多くの企業が「まかない」を提供していますので、食費を浮かすことができ、経済的なメリットもあります。

例えば、毎日1000円分の食費を浮かすことができれば、月で大体2万5000円分の食費を浮かすことができます!

さらに、美味しいご飯を勤務後に食べれるとなると、仕事も頑張れますよね!

飲食業界は給料が少ないと言われていますが、「まかない」などの食費も給料に加算すると、決して給料は低いと感じないでしょう。

独立しやすい

飲食業界は、他の業界と比べ独立がしやすいです。

「自分でお店を経営したい」「自分のお店を持ちたい」と考えている人ですと、大きなメリットになりますよね。

飲食業界で働いている人の中には、独立することを目的に働いている人も多いです。

さらに、出世もしやすい業界になっていますので、将来プランが立てやすいです。

自分の実力があれば、店長になることもできますので、大きな目的を持って働くことができます。

モチベーションを保てるというメリットもありますよね。

飲食業界で働くデメリット

メリットを判断材料とするのも大切ですが、同時にデメリットも考えてください。

メリットとデメリットを比較して考えることに意味がありますので、ご紹介するデメリットを参考にしてみてください。

プライベート時間が少ない

飲食業界は、人手不足という問題を抱えていますので、労働時間や出勤日数が必然的に多くなってしまいます。

労働時間が増えれば増えるほどなくなるものが「プライベートの時間」です。

趣味充てる時間も取ることができず、家族との時間も大切にすることができないことが多いです。

さらに、飲食店の場合は土日祝も営業します。

お店によって違うのですが、「火曜日休み」「水曜日休み」とお店も週一回しか休まないことがほとんどです。

そのため、従業員は週一回の休みしかもらえないことが多く、なかなか希望通り休むこともできません。

そして、年末やGWなどの世間が休みなっている時でも働かなくてはいけません。

プライベートの時間が圧倒的に少ないことは大きなデメリットでしょう。

体力的にしんどい

上記でご紹介してきたように、飲食業界の労働は楽ではありません。

プライベートの時間も少なく、労働内容自体も楽なものではありませんよね。

さらに、肉体的にもしんどい仕事になっており、基本的には立ちっぱなしで仕事を行いますので、足腰に負担がきます。

キッチンスタッフは火傷することも多々ありますし、洗い物担当の場合は、手が荒れることも多いです。

そのうえ、休日も少ないとなると、体力的にしんどい部分がありますよね。

体力に自信がある人はデメリットに感じない部分ですが、飲食業界のデメリットな部分と言えるでしょう。

まとめ

今回は飲食業界に向いている人の特徴についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

転職において、向き不向きを考えることは非常に大切になっており、向いていない業界に転職をしてしまうと、何度も転職活動をしなくてはいけなくなりますので、自分が飲食業界に向いている人なのか考えて、転職するようにしてください。

そして、転職する時には転職サイトを利用して、理想の職場を見つけましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件