20代・30代・40代の女性必見!転職活動中の服装はどんなものがいい?【職種別】

スーツを着た若者たち

転職活動をするときは、面接はスーツの方がいいのかな?

それとも、もう社会人を経験しているので、スーツ以外の服装でも問題ないのかな?

折角面接までたどり着いたのに、ここが気になってしまって、面接に行くまでに気が気でない。
不安になってしまう。

その不安な気持ち、よく分かります。

服装の基準っていまいちよく分からないという方が多いと思います。

転職活動における服装の基準は、新卒採用時と違い、ある程度自由です。

女性が転職活動をする場合には、どのような服装が適切なのかが非常に気になると思います。

男性ほど女性に厳しい服装規定を設けている会社は少ないです。

但し、職種や業種によって服装を見ているポイントが違います。

今回は、職種と業種別に服装規定と照らし合わせながら、適切な服装を紹介していきます。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

就業規則で服装の規定がある会社が多い理由とは?

服装に関しては会社ごとに基準が当然違います。

医薬品を製造する会社であったり、化粧品を製造する会社であれば、当然、異種品混入などに対しては品質基準の向上の観点から服装基準に関しても厳しくなりがちです。

また接客業をはじめとした飲食店では、お客様に不快感を与えない服装が好ましいとされています。

ここが大事なポイントですが、就業規則の服務規程に沿って、面接官は服装を見ています。

決して好き嫌いやなんとなくで「この格好は派手なんじゃないか?」という判断基準で面接時の服装を見ているわけではありません。

就業規則の服務規程が服装についての明確な基準です。

但し、服装については就業規則上の服務規程の文言で表現されているだけなので、面接官のイメージに合った服装というのが難しいというわけです。

よくある文言は「服装は華美なものを避け、その職場ごとに適切な服装を着用すること。」というのが一般的な会社の就業規則上の文言です。

この文言を見てもわかるように、服装の基準は会社によって解釈が違うことが理解できます。

基本的に華美な服装を避けて、TPOをわきまえた服装であれば服装だけでその人を落とすということはあり得ません。

全職種・全業種共通で、面接時に好ましい服装とは?

全職種・全業種う共通で、面接時に好ましい服装とは、スーツです。

まず、これで採用面接で不利になることはありません。

20代であればリクルートスーツでも問題ありません。

理由としては、20代はまだまだフレッシュな印象を与えるスーツを着ていても「頼りない」「しっかりしていない」と見られても問題ないためです。

それ以上の年代であれば、頼りない印象を面接官に与えないために、リクルートスーツ以外の服装をするのが良いです。

具体的にはネイビー系の色合いのスーツなど、相手に「この人はしっかりしていそうだな」という印象を与えられる真面目なスーツが最も好まれます。

理由としては、面接官が男性である場合には、女性の服装についてはいまいちよく分かっていません。

なんとなく真面目そうに見えればそれで良いという場合も多々あります。

無難なスーツを選ぶとよいです。

色でいえば黒以外のネイビー、グレー、ブルー、ベージュなどです。

男性が面接官の場合には服装を特に気にしていませんが、女性が面接官の場合には服装について細かいチェックが入りますので、注意するようにして下さい。

あまりにもビジネスの場に相応しくないような派手な服装は避けるようにしましょう。

具体的にはノースリーブの服、デニム生地のカジュアルパンツのようにあまりにもラフすぎる格好をする女性は採用したくないという女性の面接官もいます。

どちらにも対応できるように、無難なスーツで面接にいくのが最も良いです。

業種別に好ましい服装は全く違う!

服装に最も厳しいのはホテル業界!

服装規定に最も厳しいのは、ホテル業界です。

ホテル業界の女性の服装の基本は目立たないことが第一になっています。

ホテル業界の慣習としては華美な女性は採用したくないという慣習があります。

また女性が多い職種なのであまり派手な人が入るとイジメを受けるという理由もあります。

ホテル業界に就職する場合には、地味なスーツまたは地味な服装が最も良いです。

飲食業界で好ましい服装とは?

次に、飲食店のような接客業です。

飲食業界は飲食店の客単価などによりますが、飲食業界の大手などでは、髪の毛の色の明るさを指定するくらい細かい服装規定と含む規定があります。

こうした接客業では制服が定められていますが、お客様の前に出たときに不快感なく対応できるか?というマナーの面を厳しく見られています。

この場合には、特に服装を厳しく見られますので、地味な服装が無難です。

製造業・メーカーの服装は?

次に、製造業の場合ですが、メーカーではあまり服装に細かい規定がありません。

制服があるという会社も多いです。

営業職以外は製造業は内輪だけの仕事が圧倒的に多いので、お客様のところに顔を出す必要がありません。

そのため細かいところまで服装は見ていないというのが現実です。

特に機械系のメーカーの事務職などは服装について厳しく見られるということはありあません。

現場に金髪の正社員が在籍したりしてますので、服装で面接の採否が左右されることはありません。

医療業界で好ましい服装は?

医療品業界は、黒のスーツが無難です。

医療従事者を相手にしていることもあり、地味な服装が良いです。

化粧品業界なども同様で、作っている製品が人の肌に触れるものなので、清潔感のある服装が好ましいです。

共通しているのは、転職の面接はスーツで地味系の色であればそれだけで印象は左右されないということです。

私服で面接に来てほしいと言われたら?

私服で面接に来てほしいという会社もあります。

いわゆるクリエイティブ系の職種に多い、求人の謳い文句ですが、これにはどんな意図があるのでしょうか?

これは応募する職種で大きく意図が変化します。

製造業の品質管理や検査のように工場内で仕事をする場合には、単純にスーツでこなくてもいいですよという意味が込められています。

基本的に工場の正社員は私服で通勤するので、別にスーツを着てくる必要がないのでこのようになっています。

服装は派手でなければ問題ありません。

クリエイティブ職は服装でも自分をアピールすべき?

クリエイティブ系の職種であればその人の服装のセンスを見ることも意図に含まれています。

この場合には、印象に残るような派手な服装をしていっても問題ありません。

こうしたクリエイティブ系職種の仕事は、服装に関しては自由があります。

分かりやすく転職サイトや企業の紹介ホームページに社員の声などを掲載している場合

も多いので、そこで先輩社員がどのような服装をしているかを見てから選ぶようにして下さい。

そこである程度イメージを固めてから服装を選ぶようにすれば問題ありません。

面接官もそこまでして面接を受けに来てくれれば悪い印象を持ちようがありません。

クリエイティブ系職種で大切なことは企業のイメージに合った服装です。

いかにクリエイティブな仕事をする会社といっても会社には独自の服務規程が存在します。

そこから外れないように先輩社員も服装を着ているだけです。

転職サイトを積極的に活用しよう!

転職サイトを積極的に活用することで、服装に対する不安をなくすようにしましょう。

昨今の転職サイトでは実際に企業に転職サイトの社員が出張取材をして、会社で実際に仕事をしている風景を写真掲載したり、人を集めるための工夫を行っています。

実際に働いている社員の姿を写真で見ることができます。

そこで働いている人たちの普段の服装で、面接に行く際の服装を決めれば良いのです。

地味なスーツで働いている社員が多ければそれに合わせれば良いですし、反対にとても派手な私服で働いている社員が多ければ面接でもそれに合わせた服装をすれば良いのです。

転職サイトを活用することで、服装基準を見ることができます。

転職サイトを積極的に活用し、新天地での活躍を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です