派遣で二週間以内に辞めても大丈夫?今すぐ辞めたいときの対処法

派遣で二週間以内に辞めても大丈夫?今すぐ辞めたいときの対処法

派遣社員として就業するときは契約する期間が決められていて、契約期間満了まで働くことが一般的とされています。

しかし派遣社員として働き始めて、二週間以内で辞めたいと感じている方は多いのではないでしょうか?

この記事では派遣で二週間以内に辞めても大丈夫なのか、今すぐに辞めたいときの対処法について解説します。

二週間以内に辞めるときの注意点やおすすめの派遣会社もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

二週間以内に辞めても大丈夫?

結論からお伝えすると、二週間以内に辞めることは原則「契約違反」です。

派遣は最短で30日の契約になっているため、二週間以内に辞めるということは契約が満了していません。

契約した期間以内に辞めることは契約違反になるので、法律上では二週間以内に辞めることはできないです。

しかし「やむを得ない事情がある場合」「契約期間の初日から1年を経過した場合」の退職は法律上認められています。

そして上記の場合以外でも雇用元になる派遣会社が合意してくれれば、契約違反になることなく辞めることが可能です。

二週間以内に辞めることは原則として契約違反になりますが、場合によっては問題なく辞められます。

二週間以内は「試用期間」にならない?

派遣で二週間以内に辞めたいと思っている方は、「二週間以内は試用期間になるから辞めても問題ないのでは?」と疑問に感じていると思います。

しかし派遣に試用期間は設けられていません。

試用期間が設けられているのは正社員や無期雇用派遣などのように、契約期間に定めのない場合のみです。

派遣社員のように契約期間に定めがある「有期雇用者」は原則として契約期間満了まで働く義務があります。

そのため派遣には試用期間が設けられておらず、二週間以内に辞めると契約違反になってしまいます。

二週間以内で辞める人の理由

派遣社員として二週間以内に辞めないためには、辞めてしまう人の理由を把握しておくことが大切です。

理由を事前に把握することで心構えができて、二週間以内に辞める可能性は低くなります。

そこで二週間以内に辞める人の理由をいくつかご紹介します。

聞いていた給与・業務内容ではなかった

二週間以内に辞める人の理由として「聞いていた給与・業務内容ではなかった」ということが挙げられます。

就業する前に派遣先企業の時給や業務内容を聞くと思うのですが、聞いていた内容とは異なる場合があります。

例えば、「時給1,600円と聞いていたのに、実際に働くと1,500円だった」「肉体労働はないと聞いていたのに、肉体労働があった」など聞いていた内容とは異なる場合があり、その場合は二週間以内で辞める方が多いです。

しかしこのような理由でも契約違反になるため、契約する前にしっかりと確認しておくことが大切です。

初日から残業させられた

二週間以内に辞める人の理由として「初日から残業させられた」ということが挙げられます。

基本的に派遣社員が残業することは少ないのですが、初日から残業させられる場合があります。

残業させられることは法律上問題ないのですが、残業に関することは求人に掲載されていないことが多いです。

そのため二週間以内で辞めることになります。

「派遣社員=残業が少ない」というイメージがあるのですが、契約する前に必ず残業に関することも確認しておきましょう。

人間関係が上手くいかなかった

二週間以内に辞める人の理由として「人間関係が上手くいかなかった」ということが挙げられます。

派遣社員は派遣会社が雇用元になるため、派遣先では「馴染みにくい環境」です。

そのため人間関係が上手くいかずに二週間以内に辞める方が多いです。

大人の人間関係は子供のように簡単に構築できないため、初めにつまずくと上手く関係を築くことは難しいと思います。

人間関係が上手くいっていない職場で、契約期間満了まで働くことは精神的にきつい部分があると思うので、初めでつまずないように意識してみてください。

今すぐに辞めたいときの対処法

派遣社員として働いていて、一度「辞めたい」と思ってしまうとすぐに辞めたくなると思います。

そこで今すぐに辞めたいときの対処法を2つご紹介します。

契約違反にならない方法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

派遣会社に辞めたい理由を素直に伝える

上記でもお伝えしたように派遣会社と合意することができれば、契約違反にはなりません。

そのため今すぐに辞めたいときは、素直に本当の理由を伝えてみてください。

派遣会社が合意してくれる保証はないですが、本当の理由を素直に伝えることで気持ちは伝わると思います。

さらに「次なる派遣先を紹介してほしい」ということも加えて伝えてください。

派遣先に派遣社員を紹介することで利益を上げているため、「次の派遣先でも契約します」ということを伝えることで、合意してくれる可能性が高まります。

そして派遣会社に非があるような伝え方には注意してください。

「派遣会社のせいで二週間以内に辞める」という伝え方をしてしまうと、合意してくれる可能性は低くなります。

嘘をついてやむを得ない事情を伝える

法律上「やむを得ない事情がある場合」は二週間以内に辞めることになっても契約違反にはなりません。

しかし二週間以内に辞めたいと思っている人のほとんどが、やむを得ない事情はないと思います。

おすすめはしませんが嘘をつくことで、契約違反になることなく辞められます。

「親の介護」「家庭の事情で引っ越しが決まった」という場合は契約違反になることなく、二週間以内に辞めることが可能です。

ただし「嘘」をついているため、おすすめはしないです。

あくまで1つの対処法として、考えてみてください。

二週間以内に辞めるときの注意点

派遣を二週間以内で辞めるときには、いくつか注意点があります。

その注意点を把握することで退職後にトラブルが生じる可能性が低くなります。

二週間以内に辞めるときの注意点を4つご紹介します。

自分の中で抱え込まない

1つ目の注意点が「自分の中で抱え込まない」ということです。

二週間以内で辞めたいと考えている方は悩まれることが多いと思います。

「二週間以内で辞めると派遣先に迷惑がかかるな…」「精神的にしんどいけど辞められない」などさまざまな悩みを抱えると思いますが、自分の中で抱え込まないようにしましょう。

自分の中で抱え込んでしまうと、どんどんマイナスに考えてしまい仕事もプライベートも充実しないと思います。

派遣会社の担当者でも良いですし同じ職場の方でも良いので、悩みを相談することが大切です。

派遣先に伝えない

2つ目の注意点が「派遣先に伝えない」ということです。

派遣社員の雇用元は派遣会社になるため、辞めたい旨を派遣先に伝えると複雑な問題に発展してしまいます。

派遣先とのコミュニケーションは派遣会社が取るため、辞めたい旨は派遣会社に伝えるようにしてください。

黙って退職しない

3つ目の注意点が「黙って退職しない」ということです。

二週間以内に辞めることが契約違反になるということを考えると「黙って仕事を休み続けるか…」と思うかもしれませんが、派遣会社は住所も名前も全て把握しています。

後々トラブルに発展することも考えられます。

そのため二週間以内に辞めたくても黙って休み続けることには注意してください。

次なる派遣先を紹介してもらえない覚悟をする

4つ目の注意点が「次なる派遣先を紹介してもらえない覚悟をする」ということです。

二週間以内に辞めることで派遣会社と合意できたとしても、次なる派遣先を紹介してもらえる可能性は低いです。

「紹介してもまた辞める」と判断されてしまうため、二週間以内に辞める場合はその派遣会社も辞める覚悟をしておきましょう。

派遣で初回更新しないのは大丈夫?契約更新を断る際の上手な伝え方

おすすめの派遣会社

二週間以内に辞めると次なる派遣先を紹介してもらえない可能性があります。

その場合は他の派遣会社に登録する必要があるため、おすすめの派遣会社を2社ご紹介します。

併用して登録しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

アデコ派遣

アデコ派遣

1社目が「アデコ」です。

アデコは「アデコ株式会社」が運営している派遣会社で、業界トップクラスの知名度・実績・求人数を誇ります。

拠点は日本各地に展開しているため、地方在住の方でも登録しやすいです。

さらにキャリアサポートとして「ビジネスマナー講座・英語講座・OA講座」などの研修を用意してくれています。

そして担当者は丁寧にサポートしてくれて、実際に利用されている方からも好評です。

アデコ派遣詳細ページ

ウィルオブ

ウィルオブ

2社目が「ウィルオブ」です。

ウィルオブは「株式会社ウィルオブ・ワーク」が運営している派遣会社で、1997年より人材派遣サービスを開始しています。

20年以上の実績があるため、業界ではトップクラスの知名度を誇ります。

そんなウィルオブには「フィールドサポート制度」という独自の制度があります。

フィールドサポート制度とはウィルオブ社員が派遣先企業に常駐して、派遣社員が気になることや困っていることを相談できる制度です。

フィールドサポート制度があるため、契約更新率は高く働きやすい環境が整っています。

ウィルオブ詳細ページ

契約期間満了まで働ける求人にのみ契約しよう

この記事では派遣で二週間以内に辞めることについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

派遣で二週間以内に辞めることは原則「契約違反」になるため、法律上辞めることはできません。

しかし派遣会社と合意することができれば、契約違反にならずに辞めることが可能です。

合意の上で二週間以内に辞めても次の派遣先は紹介してくれないことが多いので、契約期間満了まで働ける派遣先なのかしっかりと考えてから契約するようにしましょう。

派遣会社おすすめランキング【2021年】大手から特化型まで人気の派遣会社を紹介

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件