未経験からデザイナーを目指す!デザイナーになるための方法や持っておきたいスキルや資格をご紹介!

未経験からデザイナーを目指す!デザイナーになるための方法や持っておきたいスキルや資格をご紹介!

「クリエイティブな仕事がしたい」

「絵を描いたりデザインを考えたりするのが好き」

そういった気持ちから、デザイナーを目指したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

いざデザイナーになろうと思っても、経験が無いことや、どうしたらデザイナーになれるのかわからないといったことがネックとなり、なかなか挑戦できない場合もあります。

この記事では、未経験でもデザイナーになれるのか、デザイナーになるにはどんなことが必要なのかを解説していきます。

デザイナーという夢を掴むための参考になれば幸いです。

デザイナーは未経験でも挑戦できる!

デザインの仕事に興味はあるけれど未経験者には挑戦できない職種なのでは?と考えている方もいると思います。

確かに高いスキルやセンスが求められる仕事ですが、未経験の方でも挑戦することは可能です。

未経験者だからこそ、柔軟にユーザー目線のデザインを考えられる利点もあります。

未経験ということを強みと捉えて、今の自分に足りていないスキルや知識をこれから身に付けていきましょう。

未経験者でも挑戦できる職種ですが、やはり簡単ではありません。

たくさんのデザインに触れて、自分から学ぼうとする姿勢でいることが大切です。

デザイナー&クリエイターは必見!ポートフォリオの重要性と作成時のポイントを解説します!

デザイナーの職種

一口にデザイナーと言っても、業界や仕事の内容により活躍の場は様々で、求められる知識や技術も異なります。

それぞれの仕事の内容や必要なスキルなどを、例を挙げて整理していきます。

グラフィックデザイナー

雑誌や新聞の広告、ポスター、チラシ、商品のパッケージなど、主に印刷物のデザインをする仕事です。

主な就職先は、広告代理店や広告制作会社など。フリーランスとして働いている人もいます。

DTPデザイナー

DTPとは「Desk Top Publishing」のことで、デザインの作業から印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行います。

文章や写真、イラストなどのレイアウトを決め、専用のソフトを使用してデザインを考えます。

WEBデザイナー

WEBサイトのデザインを考える仕事です。

クライアントが思い描いているイメージを形にし、目的やコンセプトに合った、ユーザーが使いやすいデザインを考える力が求められます。

HTMLの知識も必要です。

インテリアデザイナー

家具や照明、カーテンなどのインテリア用品や、部屋や建物全体といった空間のデザインを考える仕事です。

個人の住宅に限らず、ホテルや美術館といった大きな建物を担当する場合もあります。

フラワーデザイナー

結婚式やイベント、ホテル、レストランなどを花で美しくする仕事です。

目的やコンセプトを踏まえて、花で空間をデザインします。

花の知識やセンスが求められる仕事です。

建築デザイナー

建築物のデザインや設計をする仕事です。住宅やビルなど、幅広い建物を目的やコンセプトに合わせてデザインします。

コンピューターグラフィックスでデザインをし、3Dの立体図形を作成します。

設計はCADと呼ばれる専用のソフトを使用します。専用ソフトの操作スキルが求められます。

プロダクトデザイナー

生活用品、家電、自動車…あらゆる「もの」をデザインする仕事です。

文房具や食器などの細かなものから、人を乗せる自動車や飛行機といった大きなものまで幅広くデザインします。

製品の用途を理解し、使いやすさや美しさを損なわないデザインを考える力が必要です。

デザイナーに向いている人の特徴

デザイナーには発想力や思考の柔軟さが求められます。

新しい情報や時代の変化にも敏感であることが必要です。

発想力があり、柔軟な思考を持っている人はデザイナーに向いていると言えます。

何よりも、新しいものを生み出すことや新たな発見を楽しめることが大切です。

IT業界の拡大とWEBデザイナー

近年のIT業界の拡大により、WEBデザイナーの不足が課題となっています。

企業もクオリティの高いデザインを生み出せるデザイナーを求めていますが、採用の窓口を広げる動きも見えてきています。

つまり、未経験者でも応募できる求人が増えてきているということです。

日々進化し続けているIT業界とともに進化できるWEBデザイナーが必要です。

未経験者であっても、続ける意志が強く、何よりも進化を楽しめる人であれば、今からでも十分始めることができます。

もちろんそのためには、必要な知識を身につけ、スキルアップを目指すことが重要です。

WEBデザイナーにおすすめ転職サイト・エージェントランキング

デザイナーを自分の仕事にする方法

デザイナーを仕事にするためにはどんな方法が考えられるでしょうか。

募集を出している求人に応募

一般的な転職活動と同じやり方ですが、未経験者でも応募可能な求人募集を出している企業をあたってみるという方法です。

企業が求めている人材とあなたが重なれば、未経験者でもデザイナーとして採用される可能性があります。

フリーランスとして働く

企業に勤めず、独立してフリーランスのデザイナーになる人もいます。

この場合、自分自身が事業主となるので、営業から経理の面まで自分で管理する必要があります。

一方で、自分の実力に見合った収入が得られるようになり、自分に合った働き方ができるというメリットが生まれます。

企業に勤めてスキルを身に付けてから独立をするというケースが多いです。

企業に勤めている間に人脈ができるという利点があります。

まずは副業として始めてみて、実際にやりながら将来どのような形でデザイナーの仕事をしたいのかを考えてみることもひとつの方法です。

デザイナー職で活かせる資格

未経験者が新しい職種に挑戦するときに、「やってみたいけれど自分にはアピールできるものがない」と不安に感じることも多いです。

資格が絶対に転職に有利になるとは限りませんが、未経験だからこそ、資格を持っていることで、その分野の一定の知識を持っているということを証明できます。

面接や書類でも、自己アピールとして役立ちます。

デザイナーの職種によって役立つ資格も異なるので、自分の希望する職種に合わせて資格取得を目指しましょう。

ウェブデザイン技能検定

厚生労働省が認定している国家資格です。

ホームページ制作に関する、幅広い知識や能力を証明できます。

受験するには、2級は2年以上、1級は7年以上の実務経験が必要な資格ですが、デザイナーとしての経験と能力のどちらも証明できるので、転職を考えている方にはおすすめの資格です。

WEBデザイナー検定

WEBデザインの一連の流れをこなせる能力があることを証明できる資格です。

デザイン能力だけでなく、コンセプトメイキング(自身のコンセプトを明確にするための、デザインの準備段階で必要な作業)、テスト・評価、WEBサイトの運用などの知識も問われます。

ステップアップとして、より難易度の高い「WEBデザイナー検定エキスパート」の取得もおすすめします。

DTPエキスパート

公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)が作成した資格で、DTP制作の基礎や応用能力、時代の変化に伴った印刷技術や知識を身に付けることができます。

DTP関連のなかでも、とても歴史のある資格です。

DTPデザイナーに限らず、印刷業界に携わっているプランナーや編集職の方にもおすすめの資格です。

インテリアコーディネーター

色彩や素材、人体工学などの知識を活かした、機能的で快適な空間づくりが求められるため、資格の難易度も高くなります。

インテリアデザイナーを目指している方だけでなく、お店やイベントなどのデザインに携わっている方にもおすすめの資格です。

難易度は高いですが、取得していることで空間をデザインする知識があることを証明できます。

色彩検定

文部科学省が後援している技能検定です。

光と色、色彩の調和、配色イメージ、インテリア、環境、色彩心理など、色彩活用能力があることを証明できる資格です。

デザイナーやクリエイターにとって、色彩の知識は欠かせないものです。

効率的に色彩を扱える能力があることは、今後の仕事にも大いに役立ちます。

モノづくりに関わる方にはぜひおすすめしたい資格です。

まずはデザイナーとして作品を作ってみよう

まずは頭の中にあるデザインのイメージを、実際に形にしてみましょう。

未経験者でも、クラウドソーシングサービスなどを活用して、実績をつくることも可能です。

実際に形にしてみる

デザイナーになりたいという思いのほかに、「こんなデザインがしたい」「これまでにイメージしてきたものがある」という方も多いのではないでしょうか。

そのイメージを頭の中に留めておくだけではなく、目に見える形にしてみましょう。

自分のデザインを客観的に見ることができるだけでなく、どんなデザイナーになりたいのかということがより具体的に考えられます。

実績をつくる

クラウドソーシングサービスという言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

依頼主と受注者がオンライン上でつながり、仕事を受発注できるというものです。

仕事の種類は多岐にわたり、デザイン関連の仕事もたくさん掲載されています。

ネット環境が整っていることが必要ですが、未経験の人でも挑戦できる仕事があるので実績をつくるチャンスになります。

実績は転職活動でも自己アピールのポイントになり、自分の力試しにもなるので、ぜひ挑戦してみましょう。

クラウドソーシングサービスの代表的なサイトは以下に記載してあるので、ぜひ参考にしてください。

誰でも世の中に発信できる時代

スマートフォンやパソコンの存在が当たり前となり、インターネットを活用すればすぐに人とつながれる時代になりました。

ツイッターやインスタグラムなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やブログを利用すれば、簡単に“自分”を発信できる時代です。

そういったサービスに「使われる」のではなく、上手に「使う」ことで、自分のデザインしたものを多くの人に見てもらうことができます。

人の目に触れることで、自分のデザインに対する意識も変わります。他人からのリアクションは、次の創作活動につながります。

おわりに

いかがでしたか?

未経験から新しい仕事に転職するのはとても勇気が必要ですが、勇気を出して飛び込んでみることで、新しい世界が見えるかもしれません。

未経験ということをチャンスと捉えて、今できることから始めてみましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件