キャリアカーバーのヘッドハンターとの面談の流れと準備しておくこと

キャリアカーバーのヘッドハンターとの面談の流れと準備しておくこと

キャリアカーバーに掲載されている求人に応募する場合、基本的にはまずヘッドハンターと面談をしなければなりません。

今回はヘッドハンターとの面談の流れや内容、事前に準備しておくべきことなどをご紹介します。

ヘッドハンターとの面談は、転職活動の成功を決める重要な第一歩です。事前準備が成功を大きく左右するので、ぜひ参考にして準備をしてみてください。

キャリアカーバーのヘッドハンターと面談をするには?

面談をするには、まずはヘッドハンターとコンタクトを取る必要があります。

ヘッドハンターはキャリアカーバーの社員ではなく、提携先の人材紹介会社に属しています。そのため、キャリアカーバーとは別に人材紹介会社への登録も必要になります。

また、興味がある求人があれば無条件で面談ができるわけではなく、ヘッドハンター側もあなたのレジュメを見て、応募に値する経歴やスキルを有しているかを判断します。

こういった転職活動の流れは、転職サイトなどとは大きくことなります。不慣れなうちは煩わしさを感じる部分もあるかもしれませんが、ヘッドハンターを活用することで、一人で転職活動をするよりもはるかに効率よく上手に進めることができます。

キャリアカーバーのヘッドハンターとの面談の流れ

実際にヘッドハンターと面談をするまでの流れ、そして企業に応募して面接するまでの流れについて解説していきます。

ヘッドハンターに転職相談を申し込む

まずはヘッドハンターに転職相談を申し込みましょう。申し込みの方法としては2パターン。希望求人を検索して担当ヘッドハンターにコンタクトを取るパターンと、ヘッドハンターを検索してコンタクトを取るパターンです。

希望求人から担当ヘッドハンターにコンタクトを取る

求人を検索すると、それぞれの求人情報の最下部に担当ヘッドハンターが記載されています。

『応募を依頼する』というアイコンをクリックすると、担当ヘッドハンターに直接コンタクトを取ることができますので、ここから面談へと進んでいきます。

ただし、面談が可能かどうかの判断はヘッドハンター次第。レジュメ内容から経験が足りていないと判断されれば、面談設定はされません。

ヘッドハンターを検索してコンタクトを取る

求人ではなく、ヘッドハンターを検索することもできます。ページ上部の『ヘッドハンター検索』から、担当業種や職種、経験年数、勤務地などの希望を入力して検索します。

ヒットしたヘッドハンターについては、詳細なプロフィールを見ることができます。担当鞘腫・職種など以外に、自己PRや経歴、現在担当している求人なども見ることができますので、自分の転職活動の方向性に合致するかどうかを見てみましょう。

もしそのヘッドハンターに転職活動をサポートしてもらいたいと思えば、『相談する』のアイコンをクリックして、直接コンタクトを取って面談に進んでいきます。

日程を調整する

ヘッドハンターがあなたのレジュメを確認して、晴れて面談可能という回答をもらったら、面談日程を調整します。

調整は電話かキャリアカーバー上のメッセージを使って行います。あなた自身の現職の状況などもあると思いますので、可能な日時を伝えましょう。

基本的にはヘッドハンターが在籍する人材紹介会社に出向いて面談を行うことになりますが、場合によっては電話での面談なども柔軟に対応してくれるので要望を伝えてみてください。

面談をして現状のキャリア・要望をヒアリング

面談では、ヘッドハンターがあなたの現状のキャリアや保有スキル、転職に関する要望などをヒアリングします。

ハイクラス求人は募集条件が厳しく設定されているものが多いため、ヘッドハンターもあなたの経験やスキルを細かく把握しておく必要があります。

きちんと伝えられるよう、面談前には過去の自分を振り返り、言語化できるようにしておきましょう。

要望をもとに適した求人を紹介してもらう

面談で話した内容をもとに、あなたの経験やスキル、キャリアプランに合った求人を紹介してもらいます。

ヘッドハンターにもよりますが、最初のうちは要望に近い求人をかなりたくさん紹介されます。その中から徐々に自分の志向性とチューニングしていき、希望に近い求人を見つけていくイメージです。

自分の要望に近い求人が紹介されるかどうかは、その人材紹介会社が保有している求人数やヘッドハンターの手腕によります。

書類選考・面接へ

興味を持てる求人があれば、応募へ。まずは企業に履歴書と職務経歴書を提出します。基本的にはどちらも自分で作成しますが、内容をヘッドハンターに添削してもらいながらブラッシュアップを重ね、その企業の選考に通過する応募書類を目指していきます。

書類の提出はヘッドハンターが行い、提出時にあなたのことを採用担当者にプレゼンしてくれます。

書類選考に通過したら、いよいよ面接へ。面接にヘッドハンターは同席しませんが、面接までの期間で受け答えの練習を行ったり、その企業の価値観を共有してもらったりと、面接対策を行っていきます。

なお、面接日程や場所などの調整は全てヘッドハンターが代行してくれます。

キャリアカーバーのヘッドハンターとの面談前に準備すること

面談は基本的にヘッドハンター主導で進んでいきますが、準備は必要です。例えば自分のキャリアプランやこれまでの実績、価値観、転職に関する要望などをきちんとまとめておかなければ、ヘッドハンターからの質問に答えることはできません。

何も考えなしに面談に来るような転職者に、ハイクラスな求人を紹介しようと思うでしょうか。

求人にふさわしい求職者であることをヘッドハンターに印象付けるためにも、事前準備はきちんと行った上で面談に臨みましょう。

ではどんな事前準備をすべきか、基本的なものを少しだけご紹介します。

これまでのキャリア・実績を整理しておく

ハイクラス求人にふさわしい人材かを見極める上で最も重要なのは、過去のキャリアや実績です。

自分の過去のキャリアや実績を可視化し、ヘッドハンターに伝えられるようにしておかなければなりません。特に下記を意識して、言語化しておくことをオススメします。

  • 勤務経験のある企業と在籍時の役職が分かるよう書き出しておく
  • 過去の業務や携わったプロジェクトなどを整理しておく
  • 実績が分かるよう、予算額や達成率、成果、マネジメント人数などを数字で分かるようにしておく
  • スキルを出来るだけ可視化する。特に価値のある特殊なスキルは詳細に

転職先に求める要望を固めておく

もし現段階で、どんな仕事に就きたいかという要望が固まっていれば、それも整理しておきましょう。もちろん要望が全て通るような転職先が見つかるかは分かりませんが、ヘッドハンターが求人を探す際の指針になりますので、素直に要望を伝えても構いません。

要望が細かく固まっていないのであれば、「新規事業を手掛けたい」「同業界で経験を活かしたい」「財務のキャリアを他の職種に転用したい」と漠然とした要望でも構いません。

ヘッドハンターに信頼されるよう身なりを整える

服装や髪型などの身なりを整えることは、ビジネスパーソンとしての最低限のマナーです。ヘッドハンターとの面談は合否を決めるものではありませんが、企業に紹介する側として、適切な服装や髪型を選べない転職者に好感は持てないでしょう。

何よりキャリアカーバーが扱うのは、ハイクラス求人。人の上に立つような役職の募集もあり、人間として尊敬できない方は選考の土台には乗らないでしょう。

面談だからとあまりに仰々しく考える必要はありませんが、男性であれば最低限スーツにネクタイを締め、髪型も清潔感を意識しましょう。靴やカバンなどの小物が汚れていないかもチェックしてください。女性も服装はスーツかビジネスカジュアルで、髪型はまとめるなど清潔感を大切にしましょう。

仕事ができる人は、TPOに合わせた装いや振る舞い方ができるものです。自分を売り込む商談の場と考えて臨んでください。

信頼できるヘッドハンターに求人を紹介してもらおう

ヘッドハンターは、信頼できる方を選んでください。

「ヘッドハンターなんて、みんな信頼できる人なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

面談や日々の連絡、キャリアの相談などをする中で、ヘッドハンターの内面も見えてくるでしょう。もしその対応が人として尊敬できないものだったり、不快なコミュニケーションを取られたりしたら、そのヘッドハンターはあなたの転職のパートナーとしてベストではないのかもしれません。

仕事は人生の大部分を締め、転職は人生を大きく左右するものです。信頼できないヘッドハンターに、人生の選択を任せるべきではありません。

ヘッドハンターとあなたの立場はあくまで対等です。あなた自身もヘッドハンターを見極め、信頼できる方と共に素晴らしい転職先に出会えることを祈っています。

リクルートキャリアカーバーの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!