JACリクルートメントの面談に断られたときの対処法!登録拒否となる条件は?

JACリクルートメントの面談

JACリクルートメントを利用するためには、まずは会員登録が必要です。

会員登録後に面談という流れになるのですが、会員登録の申請をした際に登録を拒否されるケースがあります。

また、過去に面談を受けたことがある場合でも、2回目以降の面談を断られるケースもあるのです。今回は、JACリクルートメントに面談を断られる理由と対処法について解説します。

JACリクルートメントの面談を断られる理由

JACリクルートメントへの会員登録や面談を断られる理由は様々です。1つずつ確認していきましょう。

紹介できる求人と条件が合わない

会員登録の際には、年収やスキル、職種などについて記載します。

JACリクルートメントが提供している求人への応募条件を満たしていない場合には、会員登録を断られてしまいます。

会員登録できない具体的な基準は公開されていませんが、退職後の空白期間が5年以上、アルバイトの経験しかないといった場合には、断られる可能性が高いでしょう。

また、企業によっては、正社員の経験が3年以上、大卒以上など独自の基準を設けており、この基準に満たない場合にも会員登録を断られてしまいます。

他には、現在の仕事を全く活かすことができないと考えられる未経験の職種への転職を希望したり、希望の年収が現実離れしていたりする場合も、面談を断られる可能性があります。

企業に紹介できないレベルの人物

JACリクルートメントとしては、企業に優良な人材を紹介する必要があります。

そのため、企業に紹介することでJACリクルートメントの評価が下がってしまうような人物は紹介できません。具体的に解説していきます。

希望の職種に対して相応しい格好をしていない

破れたデニムパンツやサンダル、ピアス、茶髪など、希望の職種に対して相応しくない格好をしてきた人物は、2回目以降の面談を断られる可能性があります。

服飾や美容師などであれば茶髪やピアスは認められこともありますが、それ以外の職種では避けた方がよいでしょう。

TPOをわきまえているかどうかは、その人物に求人を紹介するべきかどうか決めるときの判断材料になります。

社会人として恥ずかしくない格好であれば、特に服装の指定はありません。

ただし、できるだけ清潔感のある服装を心がけることが大切です。スラックスに白シャツ、ジャケットなどフォーマルに近いコーディネートであれば、少なくとも服装でマイナス評価されることはないでしょう。

コンサルタントに対する態度や言葉づかいが悪い

転職エージェントにとって、企業と転職希望者は「お客様」という扱いです。

だからと言って、コンサルタントに横暴な態度をとったり、話しを真面目に聞かなかったりすると、2回目以降の面談を断られる可能性があります。

面談の約束を連絡なしにすっぽかした

特別な事情がない限り、面談の約束を連絡なしにすっぽかすことは社会人として恥ずべき行為です。

そのような人物を企業に紹介する訳にはいかないため、改めて面談の約束をしようとしても断られてしまうでしょう。

このような理由によって失った信用は、取り戻すことが難しいです。

過去に紹介を受けた企業の面接を連絡なしに辞退した

過去に紹介された企業の面接を連絡なしにすっぽかした場合には、次回以降の面談を断られる可能性があります。

これは、社会人としての常識がない人物を企業に紹介してしまうと、JACリクルートメントと企業の関係に支障をきたす恐れがあるためです。

また、一度面接を連絡なしにすっぽかした人物は、同じことを繰り返す可能性があります。

過去に紹介を受けて転職した企業をすぐに辞めた

過去に紹介を受けて転職したものの、数ヶ月程度ですぐに辞めた場合にも、面談を断られる可能性があります。

企業としては、予算を割いて優良な人材の確保に力を入れているため、雇った人物がすぐに辞めてしまうと損失を被ることになります。

こういったことも企業とJACリクルートメントとの関係に支障をきたすため、面談NGの対象となるのです。

JACリクルートメントの面談を受けられないときの対処法

一度、社会人としての常識がない人物として認識されてしまうと、どれだけ頼んでも面談はしてもらえないでしょう。

JACリクルートメントは感情で面談の可否を決めているのではなく、正当な理由に基づいて決めています。

そのため、転職希望者としても、JACリクルートメントの期待を裏切らないように行動することが求められているのです。

JACリクルートメントの面談を受けられない場合にとるべき行動としては、次のような選択肢が挙げられます。

仕事を続けてキャリア形成する

もし、勤続年数が短くスキルが低いために登録を断られたのであれば、そのまま仕事を続けてキャリアを形成していくとよいでしょう。

経験は、持っているスキルをカバーできます。

転職に有利になるような資格を持っていなくても、経験によって得た知識や技術、ノウハウがあれば、JACリクルートメントの基準を満たせる可能性があります。

また、仕事を続けることで、当初考えていた職種とは別の職種に転職したくなる場合があります。

これは、仕事で得た知識や経験などによって視野が広がり、より多くの選択肢からキャリアプランを選べるようになったためです。

一般的に、1つの企業に3年は勤めた方がよいともいわれているので、面談を断られた機会に、本当に転職するべきタイミングなのか考えなおしてもよいでしょう。

他の転職エージェントを利用する

どうしてもすぐに転職したい場合や、社会人としての常識がないと判断されてしまった場合には、他の転職エージェントの利用を検討しましょう。

JACリクルートメントにこだわらなくても、希望の企業に転職できる可能性があります。

転職エージェントによって、紹介できる企業の水準が異なるため、試しに登録してみるとよいでしょう。

ただし、面談を断られたということは、他の転職エージェントにも断られる可能性があるということです。

面談や会員登録を断られた理由を把握し、その原因を排除したうえで他の転職エージェントに申し込みましょう。

スキルや実績に自信のない方にも、おすすめの転職エージェントはこちら

そもそも転職エージェントの利用をやめてみる

転職エージェントの利用そのものをやめてしまうのも一つの手段です。

しかし、転職サイトなどから応募し、履歴書の書き方や面接の練習などは全て自分1人で行うことになります。

現在の仕事を続けながら転職活動をするのは、大きな負担になるでしょう。

また、優良求人はすぐに応募が埋まってしまうため、日ごろから転職サイトをチェックしておく必要があります。

このようなデメリットも考えたうえで、他の転職エージェントか転職サイトのどちらを利用するのかを決めましょう。

JACリクルートメント以外の転職エージェントにも目を向けよう

社会人としての常識がないために面談を断られてしまうと、今後一切JACリクルートメントを利用できなくなる可能性があります。

利用を断られるのは、転職希望者に落ち度があるか、求人紹介の基準を満たしていないことが原因です。

このような場合は、JACリクルートメントにこだわりすぎず、転職エージェントの利用や自分だけの力で転職活動をすることを検討しましょう。