一般職への転職は難しい?一般職に転職したい人が抑えておくべきポイントを紹介!

一般職への転職は難しい?一般職に転職したい人が抑えておくべきポイントを紹介!

多くの社会人から人気があり、特に女性に人気な一般職!そんな一般職への転職は、肝心なポイントを抑えることができれば、転職を難しく感じることはないでしょう!

しかし、世間では「一般職への転職は難しい」とよく耳にしますよね。一概に否定することはできませんが、ポイントを抑えれば転職に不安を持つことはないです!

一般職に転職することができれば、多くのメリットが生まれ、理想のライフワークを実現させることができるでしょう!

今回は、一般職へ転職することで得られるメリットや抑えるべきポイントなどをわかりやすくお伝えします。

一般職への転職は難しい?難しくない?

世間では一般職への転職は難しいと言われており、それは一概に否定することはできません。

企業側も一般職を正規社員ではなく、契約社員や派遣社員で補おうとしています。

それに加え、AIでの自動化も進んでいます。ですが、一般職を希望する人は多くいます。求人率がとても高くなっているのが現状です。

では、転職は難しいのか?それは違います。

1番の方法は上記でもお伝えした「転職エージェント」をうまく活用することです。

むしろ転職エージェントをうまく活用できれば転職が難しくなることはないでしょう。求人率が高くても非公開求人なので関係ありませんよね。

それだけ転職エージェントは大切で転職エージェント選びも肝心なのです!

総合職と一般職の違い

  • 転勤がない
  • 昇給が難しい
  • 責任感を持ちにくい
  • 仕事内容が単調

大きな違いは4つ上げることができ「転勤」「昇給」「責任感」「仕事内容」です。

転勤がない

一般職は転勤がありません。総合職が必ずしも転勤があるわけではありませんが、可能性はあります。

企業によれば、国内には留まらず海外にまで転勤になることもあるでしょう。

業務内容も多岐に渡るため、勤務場所だけではなく業務内容も変わることもあります。

昇給が難しい

一般職の昇給は難しいです。総合職は将来の幹部候補生という位置づけがあるため、出世のスピードは速いです。

一般職は評価基準が難しく、なかなか昇給はできません。

責任感を持ちにくい

一般職に大きな責任を感じることはありません。立場は「補佐的な業務」という位置づけになり、決まられた業務を行います。

総合職は「将来の幹部候補生」という位置づけになるので、責任を背負うことは多いでしょう。

仕事内容が単調

一般職は定型型の業務が多く、1つのことを極めていきます。

総合職は判断を要すような基幹業務と言われており、業務内容は多岐に渡ります。

例えば、営業部門に勤務している場合は総合職が顧客の営業を担当し、一般職が営業のサポートを行います。

不規則なことや応用的な業務が多いのが総合職です。

一般職に転職する時に抑えておくべきポイント

一般職へスムーズに転職するには、抑えておくべきポイントが4つあります。

4つのポイントを抑え、スムーズに転職しましょう。

総合職との違いを抑えておく

上記でお伝えした一般職と総合職の違いを把握しておきましょう!

転職をする時に違いがあまりわからないでは転職はスムーズにいきません。

転職する時にはもちろん面接がありますよね。企業は一般職を求人しているのにも関わらず、一般職と総合職の違いがわかっていない人を採用するでしょうか?

それに転職した後にも変わってきます。いざ仕事に就く時も違いは把握していた方が良いでしょう。

総合職と一般職の違いは必ず把握しておきましょう!

企業が求めている人物像を理解する

企業には一般職に求めている人物像があります。

それも元に採用するのが基本的な方法です。

主に当てはまる人物像は「真面目」「継続力がある」「気配りができる」「コミュニケーション力」などが挙げられます。

特に「真面目」「継続力」はほとんどの企業が求めている人物像でしょう。

一般職は決められた業務なため、真面目に取り組まなければいけないです。

その業務にズレが出てしまうと、後に大きなズレに発展します。決められた仕事だからこそ真面目な性格を求められるのでしょう!

一般職は決められた業務なため、決して日々変化のある業務ではないです。

そのため、我慢強く継続力を持って仕事ができる人を求めます。

それに加え、1つのことを極めるため継続して雇いたいものです。長い間一般職として働ける人が求めるでしょう。

求められている人物像を把握して、その人物に近づくことができれば転職はスムーズにいくこと間違い無いでしょう!

一般職は協調性が肝心

一般職は社内でしか仕事をしません。

社内で協調性が取れないとそれはもう地獄ですよね。人間関係でも地獄ですが、仕事にも影響が出てきます。

組織である以上は協調性を持った人が求められますし、仕事もスムーズに運んでいけます。

周りに合わせ、自分をあまり主張しないことが重要です。自分を主張する人は確実に総合職です。

一般職には協調性が肝心ということは押さえておきましょう!

転職エージェントをうまく利用する

転職するときはサイトを使うのですが、転職サイトに一般職の求人はなかなか出ません。

その理由は企業のほとんどが一般職の中途採用を公に行わないため、多くの一般職はサイトには公開されません。

公開しますと、多くの応募が殺到して、余計な手間がかかるからです。

では、どうすればいいのか?それは転職エージェントをうまく利用することです!

転職エージェントとは、カウンセリングを行い、それに合った非公開求人を紹介してくれます。

カウンセリングの時に一般職で働きたい旨を伝えていると、多くの確率で紹介してくれます。

一般職に転職している多くの人が転職エージェントをうまく活用して転職をしています。

スムーズに転職を行うためには、最も大切なポイントが転職エージェントをうまく活用することです。

一般職に転職することで得られるメリット

一般職に転職することができれば、今まで得られなかったメリットを得ることができます。

プライベートのことや仕事内容のことまで多くのメリットが得られます。

今回は3つのメリットをお伝えします!

1つのことに打ち込める

基本的に一般職は1つのことをやり続けます。新たに覚えることや自分から発信していくようなことはなく、決められた仕事を黙々と行うことがほとんどです。

1つのことをやり続けることは仕事に対する不安がなくなり、日々極めていけますよね!

例えば「明日の営業どうしよう」「新企画うまくいくかな」など日々仕事に悩むことも減ります。

それに加え、仕事で感じる責任感もないです。何度もお伝えするように一般職は決められたことを行います。

大きな失敗を背負うこともないですし、ノルマを求めれることもないのです。

一見、退屈に思われがちですが、考え方1つでメリットになります。

結婚・子育てを安心して行える

一般職は転勤がありません。

やはり自分の将来のことを考えますと、転勤はネックになりますよね。

「結婚したのに転勤」「マイホームを買ったのに転勤」など将来のことを考えますと、転勤はネックなことですが転勤のない一般職では将来のビジョンを考えることができます。

思い切ってマイホームを購入しても転勤になることはないのですから、将来に向けて行動しやすくなります。

それに加え、一般職は残業もなく、定時に退勤することがほとんどです。

結婚している人や子供がいる人には大きなメリットになりますね。

残業で周りに迷惑をかけることもなく、仕事をしていても子供と向き合うことができます。

一般職を経験しているともう一度転職も難しくない

一般職は1つのことを極めるため、一度経験していることは大きなメリットになります。

一般職をやめてから、もう一度一般職に転職する可能性はあると思います。

「病気」「出産」「育児休暇」など止むを得ず仕事は辞めることはあります。

そんな時に一度経験していると、一般職に復帰することも難しくないです。

企業側からしても、経験者というのは大きな判断基準になることでしょう。

未経験者は転職不可能、というわけではなくあくまで可能性の話です。

一般職の転職におすすめ転職エージェント

スムーズに転職を行うためにも転職エージェント選びは肝心です。

今回はおすすめの転職エージェントを2つお伝えします。

dodaエージェント

doda

dodaエージェントは知名度と実績を誇る大手転職エージェントなのですが、dodaエージェントのオススメは、企業担当と転職担当と二人つくことです。

他社は一人で担当するのがほとんどなのですが、企業を相手にする担当者と転職者を支援する担当者がつきます。

そのため、求めている一般職につける確率がグンと上がります。

そして、転職担当は企業側と接することがありませんので、転職者の味方になってくれます。

ここまで徹底しているサポートをしてくれると、転職が難しくなることはないでしょう!

doda詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの非公開求人数は業界最大級です。

一般職は非公開求人になるので、非公開求人が多ければ多いほど良いですよね!その数は10万件を超えると言われています。

それに加え、リクルートエージェントはとにかくサポートを親身になってしてくれます。

カウンセリングもしっかり行ってくれ、一般職の求人紹介とアプローチを教えてくれます。

サポートはそれだけではなく、面接対策や経歴書の添削などハイクオリティーなサポートもしてくれます。

リクルートエージェントをしっかり使うことができれば転職が難しく感じることはないでしょう!

リクルートエージェント詳細ページ

 

まとめ

一般職に転職するとなると、世間の声もあり不安もありますが「一般職転職=難しい」という考えはもう捨てましょう!

難しい転職なるか難しくない転職になるかは全て自分自身で決まってきます。

しっかりとポイントを抑えて、転職エージェントを使えば転職は難しくないです。

ぜひ、一般職に転職して、理想の仕事に就きましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件