中小のホワイト企業の探し方!転職前にチェックするポイント

中小のホワイト企業の探し方!転職前にチェックするポイント

ホワイト企業=上場している大手企業と考えている人も多いでしょう。。

もちろん大手企業には、一般的にホワイト企業と呼ばれる企業が多いのは事実です。

しかし大手のホワイト企業に転職するには、スキルや実績の他に年齢も関係することもあり、簡単ではありません。

そこで今回はもう少し転職しやすい、ホワイト中小企業の見極め方についてお話していきます。

上場していなくてもホワイト企業は多い

上場している大手企業には、ホワイト企業が多い。

中小企業はブラック企業しかないというイメージを持っている人はいませんか?

もちろん会社の規模の差により、福利厚生や社会保障は、大手企業のほうが充実しているかもしれません。

しかし全ての中小企業がブラック企業ではありません。

上場していなくても、大手企業でなくても、中小企業にもホワイト企業は多くあります。

大切なのは、見極めるポイントを知ることです。

中小のホワイト企業の探し方

中小企業にホワイト企業が多いことはお話しましたが、どうやって探せばよいのか?探し方がわからないという方も多いと思います。

働きやすいホワイト企業に転職しようと思っても、自分ではなかなか探すのが難しいです。

そんな時に利用したいのが、転職エージェントとハローワークです。また四季優良・中小企業版を確認してみることも優良企業に転職するには大切です。

転職エージェントに相談する

求人情報を見ただけでは、なかなか会社の実情を把握することはできません。

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーを通して、会社の実情や待遇面を知ることができるので、転職後のミスマッチを減らすことができます。

また事前の職場見学など、転職エージェント側が日程調整を行ってくれるので、自分の目で企業の雰囲気を確認してから、求人を選ぶことができます。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチといえば、ハイクラス求人が多いイメージですが、勢いのあるベンチャー企業など、将来性のある中小企業の求人も多く紹介されています。

成長企業の場合、中途採用を積極的に行っているケースも多く、実績のある人材はいきなり管理職として採用されることもあります。

またベンチャー企業では、企業の考え方が進んでいるところも多く、中小ながら福利厚生や社内制度が充実している企業は多いです。

会員登録時に簡単なプロフィールを登録しておけば、条件にあった企業からスカウトメールが届くので、どんな求人があるか確認してみたい方にもおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

doda

doda

dodaは国内最大級の求人数を誇る転職エージェントで、大手から中小まで幅広い求人を紹介しています。

dodaでは、企業が担当者と転職者をサポートするアドバイザーが完全に分かれているため、100%あなたの転職をサポートしてくれるのが特徴です。

通常の転職エージェントでは、企業側と転職者のサポートを同じ担当者が行うので、どうしても企業側に有利な情報しか流れてこないというケースもあります。

しかしdodaでは、転職者目線で担当者がサポートしてくれるので、会社のリアルな実情など教えてもらうことができます。

ホワイト中小企業を探している方にもおすすめです。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の転職者からの人気が非常に高い転職エージェントです。

大手の人材紹介サービスなので、中小から大手まで求人の幅が広く、転職サポートが充実しているのが人気の理由です。

履歴書添削や面接対策など、若手の転職サポートには定評があるので、優良中小求人を狙う20代の方にもおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

「四季報 優良・中小企業版」を確認してみる

「四季報 優良・中小企業版」とは、企業の基礎情報を全て記載している書籍です。

四季報には、何千という企業の情報が細かく掲載されており、その内容は3年後の離職率、有給取得年平均、平均年収などまでと、入社後をイメージしやすくなります。

応募を考えている企業の社員がどのように働いているのか細かくイメージできるので、入社後に「こんなはずじゃなかった」なることを減らすことができます。

ハローワークでも厳選すれば優良求人は多い

ハローワークに載っている求人に応募したら、ブラック企業ばかりだったというネットの書き込みを見かけることがあります。

しかし、ハローワークにも多くの優良企業が求人を出しています。

ハローワークは公的機関のため、掲載料金がかかりません。

そのため会社の規模や経営状況に関わらず、多くの企業が求人を掲載しています。

ハローワークで優良求人を見極めるポイントは、常時求人が掲載されているか否かです。

常時ハローワークに求人が掲載されている企業は、人が定着しないため、慢性的な人材不足に悩まされている可能性があります。

優良企業であっても、中途採用を行う際には、無料だからとりあえずハローワークも掲載しておこうとする企業は多いです。

求人情報をじっくり見て、試しに応募してみる思い切りも、優良中小企業を探す際には大切です。

ホワイト企業の見つけ方とおすすめの探し方4選

中小企業のチェックすべきポイント

中小企業への転職をする際には、様々なリサーチが大切です。

しかしどのような項目をチェックしたら良いのか、わからないという人も多いいでしょう。

もちろん人によって、重視するポイントは異なります。

しかし最低限これはチェックしておくべきだというものについて、解説していきます。

採用したい企業が見つかった場合に、参考にしてみてください。

福利厚生の充実具合を確認する

まず福利厚生がどのくらい充実しているかを確認することが大切です。

そもそも福利厚生には「法定福利」と「法定外福利」の二つがあります。

法定福利とは社会保険などの法律で義務付けられている福利厚生のことを指します。

法定外福利とは、会社が独自に設定している福利厚生のことです。

法定外福利は、家賃補助や結婚祝い金などが当たります。

福利厚生を重視する方は、法定外福利の充実具合を確認しておくと良いでしょう。

ここ数年の離職率の推移を確認する

ホワイト企業の基準となる離職率の明確な数値はありません。

しかしここ数年の離職率を調べて、あまりに高い離職率の場合には、ブラック企業である可能性が高いです。

ホワイト企業と呼ばれる職場は、働きやすい環境であるため退職者があまり出ません。

すぐ人が辞めてしまう、定着しない慢性的な人手不足の離職率が高い企業は要注意です。

社員の平均年齢を確認する

社員の平均年齢も確認しておくことで、判断材料の一つになります。

離職率と同じで、平均年齢が若い会社は発足間もない会社ということもありますが、離職率が高く人が定着しにくい会社の可能性があります。

若い人が全くいない少ない会社というよりは、年齢が幅広い会社のほうがホワイト企業である確率が高くなるのではないでしょうか。

公開されていれば決算資料を確認する

もし決算資料が公開されているのであれば、チェックしておきましょう。

決算資料を確認することで会社が長期的に存続していけるのか、そもそも業績がよいのか知ることができます。

長期的に業績が良くないと、福利厚生やボーナスといったものを支給・充実させることは不可能です。

ボーナスを継続的に支払うには、単発の業績だけでは無理です。

しっかりと継続して支払うことが可能か、判断残量の一つとして確認してみましょう。

21時以降も残業していないか確認する

採用試験の面接時には、残業はあまりないと言われていたのに、実際に入社してみたら長時間残業を強いられてしまったなんていうこともあります。

それを回避するために、21時以降残業がないかの確認が必要です。

確認方法は実際に21時以降に会社に行ってみて、明かりが点いていないか人が残っていなか?などを確認してみてもいいでしょう。

長時間残業がないと言っておきながら、21時以降も残っている人がいる場合は強いられてしまう可能性があります。

しかし一日見ただけではわからないこともあるので、何日かに分けて確認することをおすすめします。

給与が業界内の平均と比べて低くないか確認する

給与が業界内の平均と比べることも大切です。あまりに低い場合には危険です。

給与の平均額は、職種や業界によって異なるため、一概に金額だけで判断はできません。

しかし業界内と比較して金額が安すぎる場合は、ブラック企業かもしれません。

一点注意しなければいけない点は、あまりに高給を謳っているところも、給料で人をひきつけるための慢性的な人員不足の企業かもないということです。

代表・役員・社員のSNSを確認する

多くの人がSNSをやっている現代ならではの確認方法ですが、代表や役員・社員のSNSをチェックしておくと良いでしょう。

特に代表や役員など、会社の管理側の人のSNSに偏った発言がないか、仕事に精神論を持ち込みすぎていないかなどを確認しておく必要があります。

またリアルな社員の声をSNSでチェックしておくと、実際に働いている人がどのような環境で働いているかをリアルに知ることができるかもしれません。

口コミサイトやSNSで悪評がないか確認する

多くの転職サイトには、退職者や現役社員による口コミが投稿されています。

口コミサイトに多少の低評価があるのは仕方ないかもしれませんが、ほとんどの口コミが悪評の場合は注意が必要な企業かもしれません。

またSNSに悪評が投稿されている場合があるので、SNSや検索エンジンに企業名を入れて検索してみても良いかもしれません。

電話をかけて自然で対応が良いか確認する

企業に電話をしてみて、対応がどのような感じかを確認してみましょう。

電話対応がひどい場合には、会社内の環境があまりよくないことで、社員の心に余裕がないことがあります。

ギスギスしている環境の場合には、電話対応も冷たく、そっけないこともあるようです。

面接で質問に何でも答えてくれるか確認する

面接で質問したことに対して、どのようなことも濁さずに質問に答えてくれるかをチェックするという方法もあります。

残業時間や給与のことなど、あまり良くない会社では答えを濁したり、精神論にすり替えて話したりなど、しっかりと答えてくれない場合が多いです。

質問に対して誠実に答えてくれる会社は、自社の待遇に自信を持っているということなので、ホワイト企業である可能性が高いです。

有給消化率が高いか確認する

どの程度、有給が消化されているか確認しておくことも重要です。

ホワイト企業の有給消化率は90%を超えています。

有給消化率の高い会社は、とりやすい環境の会社ともいえ言え働きやすい会社と言えるでしょう。

反対に有給消化率の低い会社は「取る暇がない、自分だけ取りづらい」など有給をしとくする環境が整っていない可能性があります。

業界の景気が今後良くなるか確認する

転職をしようとしている会社の業界が、今後どのような発展をするのか、業界の景気がどうなるのかの動向もチェックしておきましょう。

会社だけでなく、業界全体の景気が悪くなってしまっては会社の待遇も落ちてしまうかのうせいがあります。

会社だけでなく業界全体の景気を知っておく必要があります。

ホワイト企業への転職はリサーチが重要

ホワイト企業は上場していない中小企業にも多く存在します。

しかしホワイト企業=大手企業というイメージから中小企業に目を向けていないという人も少なくないようです。

しかし、しっかりとホワイト企業を見極めるポイントを押さえて、じっくりとリサーチすることが大切と言えるでしょう。

転職を成功させるには、まず自分の条件や大切にしていることを整理してから、自分の条件に合う企業をリサーチすることが重要です。

ホワイト企業に転職したい人の完全ガイド!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件