カシオに転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

計算機や時計、電子楽器など様々な事業を展開しているカシオ。

そんなカシオへの転職を考えている場合、どのように転職活動をすれば良いのでしょうか。

ここではカシオへの転職を目指している人に向けて、年収や転職難易度、評判などといった情報をまとめました。

ここで紹介した情報を参考にして、カシオへの転職活動を成功させましょう!

一目で分かるカシオの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

カシオはどんな会社?

会社名 カシオ計算機株式会社
設立 1957(昭和32)年6月1日
資本金 485億9,200万円
従業員数 2,754名
本社所在地 東京都渋谷区本町1-6-2
代表者 樫尾和宏
事業内容 時計、電子辞書、電卓、電子文具、電子楽器、デジタルカメラ、ハンディターミナル、電子レジスター、オフィス・コンピューター、データプロジェクター、金型などの開発・製造・販売

事業方針・経営理念

「創造貢献」

カシオの経営理念は「創造貢献」となっており、今までにない最新の斬新な商品を開発することで、多くの人の生活を助け、楽しませ、社会の進歩に貢献していきます。

また、カシオにはこれを実現するための「カシオ創造憲章」があり独創性を持ちつつも普遍性があり需要がある商品を作ること、プロとして責任のある言動をとり、社会の人のために役立つというカシオの社員としてのルールが存在しています。

事業内容

時計

カシオの時計としてはG-SHOCKが有名です。それ以外にも高級ラインのOCEANUSなどといった様々なラインが存在しており、幅広い層のユーザーから長い間愛され続けています。

また、Android Wear搭載のSmart Outdoor Watchの開発にも力を入れています。

電子楽器

カシオの電子楽器は子ども向けのキーボードが有名です。

それ以外にも本格志向のキーボードや電子ピアノ、シンセサイザーの開発も行っています。

鍵盤楽器以外には、楽曲制作が簡単にできるデジタルダンスミュージックギアなどといったDJ関連商品もあります。

電卓・電子辞書

カシオは元々計算機メーカーであることもあり、この部門では国内トップクラスのブランド力を持っています。

電子辞書も中高生をはじめとする幅広い層がカシオの電子辞書を愛用しており、電子辞書を使用している人の2人に1人がカシオの電子辞書を選ぶほど人気が高いです。

電子レジスター・ハンディターミナル

カシオでは法人向けに電子レジスターやハンディーターミナルの販売・開発も行っています。

食料品店支援に力を入れており、これらの商品以外にも様々なサポート事業を展開しています。

デジタルカメラ

カシオのデジタルカメラはEXILIMシリーズが有名です。

流行に左右されない独自性がファンからの支持を得ており、数ある国内メーカーの中でも高い人気を誇っています。”

売上

カシオの売上はカシオ単体で2,412億6,300万円、カシオグループ全体で3,212億1,300万円となっています。

カシオ単体でカシオグループの売上のかなりの割合を占めており、カシオで行っている事業はかなり安定していると言えるでしょう。

資本金も485億9,200万円としっかり確保されており、不景気の際の給与にもあまり影響しません。

従業員数

カシオの従業員数はカシオ単体で2,754名、グループ企業の従業員も含めると12,287名となっています。

中途採用だけでなく、派遣・契約社員からの正規雇用も積極的に行っており、転職の間口は広いと言えるでしょう。

カシオの転職難易度

カシオの転職難易度はやはり高いです。

安定して働くことが出来るため、離職率が低く、辞める人が少ないためになかなか空きが出ず、自分が希望する職種の募集が行われている可能性が低いです。

このような理由からカシオへの転職を希望する場合はこまめに中途採用ページを確認するようにしましょう。

カシオの募集職種一覧

財務

勤務時間 8:50~17:30
職務内容
  • 国内外の税務関連業務
  • 税務関連施策の立案
  • 税務諸問題に関する各部門の指導
  • 上記に関連した会計処理、決算、税務申告
応募資格 上場企業での連結決算業務経験者(業界不問)
給与 キャリア・スキルに応じて決定
昇給 年1回
賞与 年2回(6月・12月)
手当て
  • 通勤手当(全額支給)
  • 時間外勤務手当
  • 休日勤務手当
休日・休暇
  • 完全週休2日制(土日)
  • 祝日、年末年始休暇、夏期休暇
  • リフレッシュ休暇、年間休日数124日
  • 有給休暇18日
  • 育休・産休

財務

勤務時間 8:50~17:30
職務内容 カシオの海外拠点における管理業務
応募資格
  • 上場企業での連結決算業務経験者(業界不問)
  • 英語で問題なくコミュニケーションをとることが出来る英語力
給与 キャリア・スキルに応じて決定
昇給 年1回
賞与 年2回(6月・12月)
手当て
  • 通勤手当(全額支給)
  • 時間外勤務手当
  • 休日勤務手当
休日・休暇
  • 完全週休2日制(土日)
  • 祝日、年末年始休暇、夏期休暇
  • リフレッシュ休暇、年間休日数124日
  • 有給休暇18日
  • 育休・産休

カシオの年収は平均どれくらい?

カシオの平均年収は811万円となっています。家電関連業界で見ると、大手は800~1,000万円台が相場となっており、カシオは7番目に高いため、平均より少し上くらいと考えておくと良いでしょう。

給与面では他の大手のメーカーよりも少なめではありますが、その分仕事内容は社員一人への負担が少なく、基本的には定時に帰宅することが出来ます。

もちろん残業した際には残業手当が支給されるので安心です。

カシオは年功序列の面が強い企業のため、何か大きなプロジェクトを成功させたからと言って給与が上がるのはごくわずかです。

しかし、その分毎年安定して給与が上がる点と、無理なく働くことが出来る環境が整っていることから離職率がかなり低く、定年まで働く人が多数となっています。

転職後の昇給はしやすい?

カシオの昇給に関しては、年功序列制のため、働く期間が長ければ長いほど給与が上がっていきます。

もちろん大手と言うこともあって転職してすぐの段階での手取りは平均より少し上程度の金額なので不満がある人は少ないです。

ボーナス・賞与は貰える?

カシオのボーナスは年に6月と12月の年2回支給されます。

1回あたりの金額は2か月~2.5か月分の金額となっており、大手企業の中では少な目です。

ボーナスに関しても年功序列の面が強く、長く働けばかなりの金額のボーナスを受け取ることが出来ます。

若いうちは大手の中でも少な目と感じる人が多いため、長い目で見て我慢強く働くことが大切です。

カシオの福利厚生・待遇は充実している?

カシオは大手企業ということもあり、福利厚生制度が充実しています。

残業時間も少なく、家庭と両立しやすい職場環境となっています。

残業時間

カシオでは残業時間の削減に力を入れており、基本的には定時退社で残業になることは部署によりますが大体の部署で定時に退社することが出来ます。

残業や休日出勤に関してもしっかり時間外勤務手当が支給されるため問題ありません。

また、カシオでは裁量労働制を導入しており、15時間までは残業手当が一定額となっていますが、残業が無い部署でも残業代を受けとることができ、かなりお得と感じている人も多いです。

休日・休暇

カシオの休日は週休2日制に祝日、年末年始となっており、年間休日数は125日程度と大手企業の中でもかなり多い方と言えます。

初年度から18日の有給休暇が支給されており、有休も自由に取得することが可能です。

育休・産休や介護休暇の取得実績もあり、特に男性の育児休暇取得例も増えてきています。

かなり休日に関する制度が充実しており、この点においては社員からの満足度が高いです。

福利厚生

  • 育児のための短時間勤務
  • 各種保険
  • 財形貯蓄
  • 持株会
  • 保養所
  • クラブ活動
  • 社宅・独身寮
  • 各種研修

カシオの福利厚生制度は上記の通りとなっています。

大手企業で基本的に揃っている福利厚生制度は揃っており、社員からの満足度も高いです。

また、保養所に関しては少し価格が高いなどといった声もあります。

カシオは研修制度が充実しており、昇格を目指すための研修だけでなく、通信教育や語学研修などといった自分のキャリア形成を見越した研修を受けてスキルアップをすることが出来ます。

カシオへ転職するまでの流れ

  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 面接
  4. 内定

カシオへ転職するまでの流れは上記の通りとなっています。

エントリーは基本的に採用ページにて行いますが、転職サイトや転職エージェントを利用している場合でも選考に影響が出ることはないので、自分に合った方法で応募しましょう。

カシオへ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 38歳
性別 男性
前職 SE
転職理由 残業の少ない職場で働きたかった
カシオは大手でも残業が少ないと聞いていたのでカシオへの転職を決めました。なかなかSE職の中途採用が募集されず、カシオを目指そうと思ってから、入職に至るまでは2年ほどかかりました。実際にカシオで働いてみて、基本的に帰宅は定時で、仕事量も無理のない範囲なのでかなり働き心地が良いと感じたのですが、このような職場環境だからこそ辞める人が少なく、中途採用の求人数が少ないことにも納得がいきました。私の上司もほぼ全員が定年まで働くつもりでいると話しており、プライベートと仕事を両立させやすい職場だと思います。給与面に関しては大手にしては少ないなと感じていますが、大手とは思えないほどの残業の少なさなので、給与面に不満はありません。休暇に関連した制度も充実していますし、基本的には有休も希望した通りに取ることが出来ています。
年齢 42歳
性別 女性
前職 デザイナー(フリーランス)
転職理由 安定した環境で働きたかった
元々ファッションデザイナーなど様々なジャンルのデザイナーの仕事をやっており、時計のデザインに興味を持ったので普段から愛用しているカシオで働きたいと思い、転職活動をしました。元々海外へ行くことも多かったので、英語とフランス語を話すことが出来たのも選考の際に考慮していただき、応募してから1か月ほどで入社が決まりました。転職エージェントを経由して応募したのですが、カシオはデザイナー職の大半が大手のブランドでデザインを経験していて紹介で入社した人ばかりで、自分ひとりで転職活動をしていたらなかなか難しかったと思います。コネも大切なので、カシオへの転職活動を考えているのであれば、カシオにコネがある人の紹介か、転職エージェントを使うのがおすすめです。中途採用で入社する人も少なく、最初は職場になじむまでに時間がかかって大変だったので、チームワークが必要な仕事と言うこともあり、積極的にコミュニケーションを自分から取りに行くことが出来る人の方が向いていると思います。デザイナーとしてカシオに入社してみて、コンプライアンスに関してかなり厳しい企業という点に驚きました。大手企業なので残業は当たり前という覚悟で入社したのですが、残業は基本的になく、労働時間の管理に関してもかなり厳しいです。そのため、子育てとも両立することが出来ており、産休は取得しましたが、育休は取得しなくても無理なく仕事をすることが出来ます。研修制度も充実しており、語学などの勉強費用も会社で持ってくれるので積極的に自分が勉強したいことを学ぶことが出来る環境も整っています。
年齢 33歳
性別 女性
前職 企業経理
転職理由 海外勤務が出来る職場を探していたので
前は一般企業で経理を担当していたのですが、仕事に慣れていくうちに海外で仕事をしてみたいと思ったので、色々な大手企業を受けてみて、カシオから内定をもらうことが出来たのでカシオに入社することを決めました。1~2年国内で仕事に慣れてから海外勤務ということで、それまでに英語に関する研修も受けさせてもらえて良かったです。実際に海外部門で仕事するうえでの目安はTOEIC700点くらいと言われたので、他の企業でもカシオでも海外勤務を狙っているのであればこれくらいの英語力を身に着けて応募してみると良いと思います。経理に関しては海外部門も含めたカシオグループ全体の経理を担当しているので決算期に入るとかなり忙しくなりますが、それ以外の時期は基本的に定時で帰ることが出来ますし、有休も自由に取得することが出来るので待遇には一切不満はありません。海外チームともコミュニケーションをとって仕事を進めるので企業の中心で仕事をしている自覚があり、やりがいもとても感じています。

カシオへの転職におすすめ転職サイト

カシオのような大手の企業への転職はしっかり対策をして転職活動をする必要があります。

やはり自分ひとりでは企業対策もなかなか難しいので、転職のプロがいる転職サイトを活用して転職活動をするのがおすすめです。

ここでは転職サポートサービスが充実している転職サイトを紹介するので、ここで紹介したサイトを転職活動に活用してカシオへの転職活動を少しでも有利に進めましょう!

DODA

DODA

DODAは大手の転職サイトであり、毎日5000件近い求人が更新されており、取り扱っている求人数も10万件以上です。

カシオをはじめとする大手の企業への求人も多数取り扱っており、カシオだけでなく、似たような企業の情報を集めるのにもかなり便利と言えるでしょう。

カシオの求人ももちろん取り扱っており、中にはカシオの中途採用ページに掲載されていないものもあるため、カシオへの転職を考えている際にはぜひ利用しておきたい転職サイトです。

DODAではエージェントサービスも取り扱っており、無料で転職に関するアドバイスの他、面接指導や履歴書添削などと言ったサービスを利用することが出来ます。

実際にDODAの事業所でコンサルタントと会って面談をしたうえで転職活動の方向性を決めるので、しっかりコンサルタントと信頼関係を築いて転職活動が出来る点も安心です。

また、コンサルタントと面談をしていくうえで、カシオ以外の企業が向いているということもあり、面談を進めていくうえで、性格や得意な業務などといった情報から自分に合っているカシオ以外の企業を紹介してもらうことも出来ます。

カシオに転職するという覚悟を持って転職活動をすることも大切ですが、やはりカシオへの転職は難易度がかなり高いということもあり、他の待遇の良い企業への転職も考えておかなければいけません。

そこで、コンサルタントから紹介される職場も候補に入れたうえで転職活動を進めていきましょう。

また、DODAにはエグゼクティブ職への転職に特化したDODAエグゼクティブというサービスも行っています。

こちらでは年収1,000万円以上の求人を中心に取り扱っており、カシオをはじめとする大手企業への転職を考えていて、ある程度のスキルや経歴があるのであればこちらを利用するのがおすすめです。

利用者層がかなり限られている分基本的に取り扱っている求人は大手ばかりであり、カシオ以外のスキルや経歴に合った待遇の良い企業を紹介してもらうことが出来ます。

コンサルタントも厳しめにスキルを評価したうえで職場を紹介しているため、紹介してもらえる職場に納得がいかない人も多いですが、高いスキルを持っていればそのスキルをしっかり評価してもらえるので、思いのほか良い職場を紹介してもらえたという声も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です